イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,635、パスタのレシピ数は1613。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

真鯛のソテー アンチョビー風味

   

バラバラ
バラ
真鯛のソテー アンチョビー風味

真鯛のソテー アンチョビー風味

イタリア料理レシピ
イタリア料理食材
真鯛切り身80g …………………….4枚
にんにく………………………….2片
ブロッコリー………………………4房
茄子……………………………..2本
ズッキーニ………………………..1本
オリーブオイル…………………….100cc
レモン……………………………1個
塩……………………………….適量
アンチョビーソース
にんにく………………………….1片
アンチョビーフィレ…………………6枚
ケッパー………………………….60粒
イタリアンパセリ…………………..2枝
オリーブオイル…………………….120cc
イタリア料理に使用する食材の紹介

もっとも美味しい時期の鯛です。是非、ご家庭でどうぞ!(活ものを使用)
真鯛の上身
内容量 約360~400グラム

イタリアオイルソムリエ協会最高賞獲得!
こだわりのヴェロネッリ製法で作られた
究極のオリーブオイル!
マドンナ・デッレ・ヴィットリエ
EXヴァージンオリーブオイル

ケッパー塩漬け

青森県産 にんにく A2L1Kg 

☆お洒落パセリ☆
イタリアンパセリ
岐阜県産 1p(20g)

徳島県産他 ブロッコリー(1個)

なす(3本)

ズッキーニ(1本)

愛媛県(宇和島)産レモンたっぷり5kg

家庭で愉しむ本格的イタリア料理【ゲランドの塩】セル マリン ムリュ(細粒・海塩) 250g
イタリア料理レシピ手順
まずはじめにアンチョビーソースを作ります、
①塩ケッパーの塩抜きの手間がかかると思われますが、扱う分だけ、
 ケッパーに付いている塩を洗い流し水で戻します。
 すぐに使いたい場合は水で塩を洗い流した後、
 60℃のお湯で戻せばすぐに扱えます。
②ににんにくは微塵切りにします、
③イタリアンパセリは粗みじんにします、
④フライパンにオリーブオイルを入れにんにくを入れ
 弱火で炒めます、
 このときフライパンの手前を下に下げオイルを寄せ
 その中で炒めるとにんにくに均一に火が通ります、
⑤にんにくに色がつき始めたらアンチョビーを加え
 フォークで潰しながら混ぜ合わせます、
⑥ケッパーを加えます、
⑦イタリアンパセリを入れ軽く混ぜ合わせできあがりです、
⑧鯛の切り身の両面に塩を軽く振ります
⑨茄子はへたを取り縦に2等分します、
⑩ズッキーニはへたを取り1cmの厚さにカットします
⑪レモンは両端をカットし櫛形に4等分します、
⑫ブロッコリーは下茹でします
⑬フライパンにオリーブオイルを入れにんにくを入れ
 弱火で炒めます、
 このときフライパンの手前を下に下げオイルを寄せ
 その中で炒めるとにんにくに均一に火が通ります、
⑭強火にし鯛の皮の方から炒めます、
 皮が綺麗な焼き色になるように炒めます、
⑮茄子・ブロッコリー・ズッキーニを入れ弱火にして
 炒めます、
⑯鯛の身に火が半分ぐらい通ったら火を止め余熱で裏返し火を
 通します、
⑰食器に鯛を盛り付け野菜類を飾りソースを上に回しかけ
 できあがりです
レモンを添えます、
イタリア料理に使用する調理器具
フライパン

【ビタクラフト】ウルトラ フライパン 27cm 
食器

リチャードジノリ(Richard Ginori) アンティコホワイト プレート 25cm

 - レシピ,

Comment

  1. siawasekun より:

    おはようございます。
    真鯛のソテー アンチョビー風味 、・・・・・・。
    高級そうですね。
    美味しそうですね。
    機会みて、食べてみいものです。
    紫色のバラ、綺麗ですね。
    珍しいですね。
    応援ポチ。。

  2. 凪々 より:

    おおっ、アンチョビーは余り食べる機会が無いのですが、鯛で作ればいいかもね!
    これは食べてみたいです。

  3. tansunidon2 より:

    ryujiさん、おはようございます、
    真鯛のソテー美味しそうですね。
    身がくづれないようにソテーしたいです、
    青い薔薇は最近話題になってますが、
    まだ実際に見たことないですが、
    ryujiさんのお家で咲いているのですか?
    珍しいですね。

  4. Sivaji より:

    ニンニクをソースだけでなく魚を焼くときにも入れるのがイタリアンと感じますね~。
    アンチョビソース。おいしそうです。

  5. oko より:

    「鯵に移ろう鯛の味」になる前に
    このお料理、挑戦してみまっす♪
    ブルーのバラ、ホントにあるんですね。

  6. ryuji_s1 より:

    okoさん
    コメント有り難うございます
    ぜひURLをお願いします

  7. ryujiさんもアンチョビーを使ったお料理だったのですね。
    アンチョビーとケイパー、どちらも大好きなものなので
    このソース、とってもおいしそうです!
    淡白な鯛によく合いそうですね。
    ブルーの薔薇、不思議な色ですね。
    吸い込まれそうな美しさですね。

  8. kazuyoo60 より:

    素晴らしい青いバラ、綺麗に咲かされましたね。ここまで青みが出るのは珍しいのでは!。
    アンチョビーソースがあっさりした鯛と相性が良いのですね。ご馳走ですね~。

  9. Rose。 より:

    ryujiさん、こんにちは
    アンチョビ風味、パスタもピザも大好きです
    真鯛のソテーにもぴったりなのでしょうね(*^v^*)

  10. chiru より:

    真鯛とアンチョビは絶対に合いましょね!!
    以前にアクアパッツァ作った時にめちゃめちゃ美味しかったから~*。:゚+(人*´∀`)+゚:
    本当に美味しそう゚・:,。☆
    ポチ★

  11. うさうさ より:

    こんにちわ!
    青色の薔薇、素敵ですね。
    今、いろんな色がありますよね。
    確か、緑色のカーネーションも・・・。
    真鯛のソテー・アンチョビー風味、
    今日のお料理も素敵だな。
    アンチョビーは、コクが出ますよね。

  12. あにき より:

    お越しいただきありがとうございます。
    ズッキーニ実は知らない間に
    よめの母が植えておいたものらしいです。
    育てやすくて、連作障害もないとのことなので
    いいのかなあと思っていますが

  13. こんばんは。この鯛のお料理、本当に美味しそう。
    作りたいです~。ほぼ食材は、近所でそろいそうですが、唯一塩漬けのケッパーがないような気がします。探してみたいと思います~!

  14. 那須パパ より:

    真鯛とアンチョビの組み合わせが意外と言うか…
    ryujiさんに言われると妙に説得力がありますね
    とても美味しそうです

  15. stacy より:

    こんばんわ★
    いつもコメントありがとうございます。
    お魚にお魚の組み合わせが意外でした
    正直真鯛はあまり好きな魚ではないですが、ちょっと気になります♪

  16. patapataokan より:

    ブルーのバラ、話には聞いてますが
    珍しいですね。
    鯛はこれから季節ですね。
    アンチョビとの組み合わせは
    以外でした。

  17. さくらん より:

    紫というか、かなり青に近い色のバラなんですね、
    幻の青い薔薇かと思ってしまいました。
    花の開き加減も私は
    すっかり開いた時よりもこれぐらいが好きです。
    鯛にアンチョビですか、魚×魚の組み合わせを思いつかなかったのですが
    美味しそうですね!

  18. MOMO より:

    アンチョビソースを極めなきゃですね
    頑張ります!!!

  19. oko より:

    今までは、どこのスーパーにも置いてあった
    アンチョビーの缶詰がなくなってますぅ。
    ぶぅ。ぶぅ。ぶぅ。
    おかげで、まだこのお料理作れてません。
    ぶぅ。 デパートにはあるのかなぁ。。ぶつぶつ。

コメントを残す

  関連記事

ゴルゴンゾーラ・ドルチェとセロリ
クワトロチーズのリゾット
マッシュルーム ラルド・ブルチーズ風味のサラダ
ヒヨコ豆のトマトソース パスタ フジッリ
あおりイカ旬干しの カラマリフリット
no image
車えびのスピエディーノ
エゾシカモモ肉のフルーチーズ風味
グリーンオリーブのパスタ スパゲッティ・キタッラ
赤パフリカペーストと山羊のチーズ(カステルマーニョチーズ)のフェットチーネ
リコッタチーズ・トマトのジェノベーゼソースのパスタ