イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,574、パスタのレシピ数は1583。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

シチリア風カポナータ

   

ホットリップホットリップ
ホットリップ
シチリア風カポナータ

シチリア風カポナータ

イタリア料理レシピ
イタリア料理食材
なす…………………………4本
塩…………………………..適量
揚げ油……………………….適量
パプリカ赤・黄………………..1個
たまねぎ……………………..1個
トマト……………………….2個
セロリ……………………….1本
ズッキーニ……………………2本
ブラックオリーブ………………16個
にんにく ……………………3片
ケッパー……………………..20粒
赤ワインビネガー………………60cc
グラニュー糖………………….60g
ココアパウダー………………..60g
オリーブオイル………………..120cc
バジルの葉……………………適量
イタリア料理に使用する食材の紹介

なす(3本)

大きいサイズ!イタリアン等のお料理に
【宮崎産 新鮮野菜】
直送!カラーパプリカ(赤・黄色)

ズッキーニ(1本)

青森県産 にんにく A2L1Kg 

チェーザレ・ジャッコーネ:銘柄モスカート/ワインビネガー(白)【250mlボトル】

ケッパー塩漬け
ケッパーはスモークサーモンに添えられたりと日本でもおなじみの商品です。
ケッパーは英語で、イタリア語はカッペロ(cappero)と言い
フウチョウボクのつぼみのことです。
ケッパーは地中海岸などで採れる小豆大のグリーンのつぼみの塩漬けや酢漬けです。
独特のさわやかな風味があり、肉などの脂っぽさを消してくれます。
塩漬けタイプは応用範囲が広いと言われあっさりしたパスタや
クリームソースの仕上げ、赤ワインソース等に混ぜて、
お肉のグリルに添えても美味しく召し上がれます。
*塩ケッパーの塩抜きの手間がかかると思われますが、扱う分だけ、
ケッパーに付いている塩を洗い流し水で戻します。
すぐに使いたい場合は水で塩を洗い流した後、
みじん切りにして調理するか、60℃位のお湯で戻せばすぐに扱えます。

発祥の地・高知県徳谷のフルーツトマト!
独特の甘味と少しの酸味が絶妙!!
極限の環境で栽培されるトマトは普通のトマトとは一味も二味も違う♪【送料無料】高知県産 徳谷トマト(300g) トマトじゃあないフルーツの味♪フルーツトマトの発祥の地で栽培される極上フルーツトマト!トマト本来の甘さ、旨味とコクのある味が絶品!しっかりとした果肉は歯ごたえ抜群!! 

nK-Organic
オーガニック・ココアパウダー F11 200g /フランス産

極細グラニュー糖 1Kg
一般のグラニュー糖の1/6の細かさなので、冷水にもよく溶け、どんなものにも均等に混ざります。
卵白や生クリームの泡立てにぜひお試しください。驚くほどきめ細かくきれいに泡立ちます。
プロがこっそり使っている逸品。お飲み物・お菓子・デザートに。

イタリアオイルソムリエ協会最高賞獲得!
こだわりのヴェロネッリ製法で作られた
究極のオリーブオイル!
マドンナ・デッレ・ヴィットリエ
EXヴァージンオリーブオイル

素材の旨みを引出す
使いやすい細粒タイプです
ドロゲリア社
サーレ・ディ・ロッチァ(微粒)1kg
南イタリア・シチリア島は、オリーブと塩の産地。強い太陽と
干ばつの影響で、他の作物が育たない代わりに、自然がくれた
贈り物であるこの2つの特産品を、大切に守り育ててきました。
この岩塩は、シチリア島ペレッリーノ鉱山の地下1000mのと
ころから採掘されたもの。白く、サラサラとした結晶の塩は、お
料理の味をぐっと引き立たせてくれます。イタリア料理は、オ
リーブオイルと塩で作られてるといっても過言ではありません。
パスタをゆでるときはもちろんのこと、日常的な調味料として
お使いくださいね。とくにステーキにおすすめします。
イタリア料理レシピ手順
①なすは1.5cm角にカットします、
 塩を振りしばらく置きアクと水分が出てきたらペーパー
 タオルで綺麗に拭き取ります、
②赤・黄パプリカはへたを取り中の種と柔らかな部分
 を取りのぞき1.5cm角煮カットします、
③たまねぎは皮をむき芯を取り除き1.5cmの角切りにします、
④トマトはへたを取りのぞき上部を十文字に少しカットして
 沸騰したお湯に入れ湯むきします、
⑤セロリは筋を取りのぞき1.5cm角煮カットします
⑥ズッキーニはへたを取りのぞき1.5cm角にカットします、
⑦にんにくは縦に2等分し中の芽を爪楊枝などで取り除きます、
 包丁の腹で叩き潰します、
⑧ブラックオリーブは種を取り除きます、
 粗く刻みます、
⑨塩漬けのケッパーはボウルに水を張りその中に入れ
 塩抜きをします、
 60℃のお湯に入れると簡単にできます、
⑩なすは天ぷら鍋に油を入れ180℃にして素揚げします、
 ペーパータオルの上に上げたなすを置き油を切ります、
⑪フライパンにオリーブオイルを入れにんにくを入れ
 弱火で丁寧に炒めます、
⑫香りが立ってきたらにんにくは取り出します、
⑬赤・黄パプリカ、たまねぎ、セロリ、ズッキーニ、
 素揚げしたなすを加えて弱火で炒めます、
⑭野菜に火が通ったらブラックオリーブ、ケッパーを入れ
 赤ワインビネガーを振り入れグラニュー糖、ココアパウダー
 を入れ30分ぐらい弱火で煮込みます、
⑮食器に盛り付けバジルの葉を飾りに使います、
イタリア料理に使用する調理器具
フライパン

【ビタクラフト】ウルトラ フライパン 27cm
食器

バカラ(Baccarat) ミルニュイ 2-104-544 プレート26cm
ミルニュイとは『千の夜』という意味。
名前の通り幻想的でクラッシックなイメージを醸しながらモダンさが
際立つ美しいデザインです。

 - レシピ, 野菜

Comment

  1. Marina より:

    こんばんは☆彡
    野菜が好きなので、ぜひ作ってみたいです!
    ココアパウダーを入れたら、
    どんな味になるのか楽しみです(*^_^*)

  2. siawasekun より:

    おはようございます。
    シチリア風カポナータ、・・・・・・。
    なるほど。
    いろいろな材料を上手く使った料理なのですね。
    いいものですね。
    応援ポチ。。

  3. vetrina より:

    我主人Pino(イタリア)は日本の四国で今までの人生の中で一番美味しかったトマトを食べたといつも私に言っておりました
    おそらくこのトマトのことでしょう!
    トマト王国イタリアなのにトマトまったく美味しくありませんいつもまだ少しは美味しいプチトマトばかり食べてます

  4. ahiru_rock より:

    コメありがとです。
    すごい!
    今度作ってみよう!

  5. puffpuff より:

    今年もかわいいホットリップ満開ですね!
    こんなに可愛いお花だったら花殻摘みも楽しい!
    グラニュー糖にココアパウダー!
    コクがぐっと出そうです
    これからの季節たっぷり作っておくとあれこれ応用できるので、暑い日のお助け料理です!

  6. うさうさ より:

    こんにちわ!
    シチリア風カポナータとは、いいなぁ~。
    カポナータは、私も以前、作った事があります。
    野菜がたくさん摂れていいなぁと思いました。
    ズッキーニやブラックオリーブが入ると、また、
    一味違いそうですね。

  7. 777 より:

    息子じゃなくて娘デス♪2人とも。
    一応保育園じゃなくて幼稚園。
    と細かい突っ込みをしてしまいましたが、
    いつもコメントありがとう。

  8. kazuyoo60 より:

    ホットリップが沢山咲いて、とても綺麗ですね。
    フウチョウボクの実と拝見して、ネットで見ています。Caperがこんな風に作られてたとは、滅多に出合わない食材ですが。
    http://elflowers.exblog.jp/4314811/

  9. tansunidon2 より:

    ryujiさん、こんにちは
    カポナータって食べたこと無いですが、
    イタリアのお料理はいろいろあるのですね、
    おいしそうです。

  10. ままごん より:

    こんにちは。
    ホットリップって
    可愛いお花ですね^^
    今日はオーがニックココアパウダーが
    気になりました^^
    どんなお味になるんだろう?

  11. ホットリップきれいですね。
    我が家はイタリア料理はあまり食べない
    のですが、おいしそうな料理の数々、
    とても参考になります。

  12. ちい♪ より:

    うわぁー
    ココアパウダーを入れるのですか!!!
    お味に 深みがでるのでしょうか?
    ryuji_s1 さんの手にかかると
    1ランク 2ランクアップ
    素敵なお味に大変身ですね
    いつもありがとうございます
    ポチッ☆と 応援です 
    発注していた トリュフオイル やっと届きました(^_^)v
    これで ryuji_s1 さんのレシピどおりに作っていただくことができます
    楽しみです♪

  13. asagi より:

    カポナータ大好きです。レシピ参考にします。
    ココアパウダーを入れるのは,ビックリ。どのような効果があるのでしょうか?

  14. 那須パパ より:

    月並みな質問ですが、ココアはやはりコクを出すためですか??
    我家はカレーにも使ったりします
    野菜たっぷりで、これから暑い季節に合いそうですね

  15. stacy より:

    こんばんわ。
    どんな味がするのか気になります。
    お料理にココア、意外な感じです。ぜひ食べてみたいです♪

  16. ゆりりん より:

    えっ!?
    ココアパウダーが入るんですね~。
    食べてみたい。
    気になります~
    色んなお野菜もたっぷりで。
    いつもながらお洒落なお料理ですね~

  17. patapataokan より:

    ココアパウダーをお菓子でなく
    イタリアンに使うなんて
    さすがryuujiさんです。

  18. ヒタキ より:

    こんばんは!
    とっても詳しいレシピ、参考にします♪
    ちなみに私は高知県出身ですがフルーツトマトは高級なのでなかなか食べられません(笑)

  19. 堕天使ママ より:

    美味しそうなレシピですね!
    ココアを入れるって発想が素敵です。
    お知らせですが、暫く育児日記を休んで自然食材ブログに感染症(インフルエンザ含む)をUPします。
    また、自然食材ブログのHNを『黒衣の天使』に変更しました。

  20. くぼみ より:

    こんばんわ!
    コメントありがとうございます。
    私も毎年この季節になると、
    ワインのお供にカポナータを仕込んでいるのですが、
    こちらのレシピはずいぶん凝っていて、勉強になりますー
    私は白ワインビネガー派ですが、赤だとどんな風になるのかしらココアも初耳
    次回試してみますね!

  21. さちこ より:

    カポナータ、大好きです。お野菜をコトコト煮込むだけなのに本当に美味しいですよね♪
    私は食べる前日に作って冷蔵庫で冷やしてから食べるのが好きです。隠し味にお醤油を少し入れるのが私流、かな。ココアパウダーかぁ!カレーでもコクを出すのに入れたりしますものね。1度私も試してみたいと思います。

  22. とこ より:

    シチリア風カポナータ、いいですね。作れそうな気がします。美味しいんでしょうね・・・
     いつもご訪問有難うございます。私は今、新米ママさんのためにお弁当についてあれこれ考えています。毎日のお弁当も大変だと思うので・・・私はこんな知恵しかありませんが
    ryuji_s1 さんの記事は見ているだけでも楽しくなり、参考になります。無理せず、頑張って下さい。ありがとうございました。

  23. ひろ より:

    カポナータ(^^♪
    相変わらず、素敵なブログで、
    参考になりまくりです!!!!
    実は、ラタトゥイユ・カポナータは
    私もブログにのせたいと思っていました。
    カポナータにココアパウダー・・・
    皆さん驚かれていますが、私も驚きました。(笑)

コメントを残す

  関連記事

ズワイカニと空豆のパスタ フェットチーネ
サンマとなすのパスタ オレッキエッテ
大根と牛バラ肉の煮込み
マグロのターターステーキ
アサリと菜の花の紹興酒蒸し
なすのリゾット
イチジクのコンポート
フルーツのオールドスパイスグリル
蛸のシェリー酒焼き
白魚と春野菜のフリット
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。