イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,689、パスタのレシピ数は1637。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

ジャガイモのニョッキ ジェノベーゼソース

   

紫陽花紫陽花
紫陽花
ジャガイモのニョッキ ジェノベーゼソース

ジャガイモのニョッキ ジェノベーゼソース

イタリア料理レシピ
イタリア料理食材4人分
ジェノベーゼソース用食材
ペコリーノ・ロマーノ………………60g
グラナ・パダーノチーズ……………..60g
バジルの葉……………………….200g
にんにく…………………………2片
松の実…………………………..200g
アンチョビー……………………..2フィレ
オリーブオイル……………………400cc
ジャガイモ……………………….500g
強力粉…………………………..150g
卵………………………………1/2個
岩塩…………………………….5g
ジェノベーゼソース………………..80cc
イタリア料理に使用する食材の紹介

越冬キタアカリ-5kg

マリーノ 石臼挽き小麦粉 1kg
イタリアの小麦粉は精製度によって分類され、
精製度が高く外皮の含有量が低い順に00、0、1、2と番号がふられています。
これは、あくまでも精製の度合いを示すもので、
成分や性質を示すものではありません。

日本一のこだわり卵6個入りパック!オレンジ色の黄身が食欲をそそります!日本一「こだわり卵」6個
ジェノベーゼソース用

イタリアオイルソムリエ協会最高賞獲得!
こだわりのヴェロネッリ製法で作られた
究極のオリーブオイル!
マドンナ・デッレ・ヴィットリエ
EXヴァージンオリーブオイル

”特選ハーブ” バジル

ペコリーノ・ロマーノ(イタリア産) 約500g
産地:サルディニア州
乳:羊 生の脱脂乳
乳脂肪分:36%
約500g

グラナ・パダーノ
グラナ・パダーノはポー川流域(Padano)から北側のトレント県に
かけて作られるイタリアのDOPチーズです。
グラーナ(Grana)という言葉には、本来「粒」や「粒子」という
意味があり、削って粉にして使うチーズのことを総称して
「グラナ」というようです。
その名の通り、このチーズはすりおろして料理に使われることが
ほとんどで、パスタ・リゾットにふりかけるだけで味に
深みを与えます。
イタリアチーズには同じようにすりおろして使うものが多く
ありますが、グラナ・パダーノは味わいがマイルドで塩分も控えめ。
テーブルチーズとしても楽しめます。

ロレア アンチョビーフィレ

松の実(無添加)【200g】

素材の旨みを引出す
使いやすい細粒タイプです
ドロゲリア社
サーレ・ディ・ロッチァ(微粒)1kg
南イタリア・シチリア島は、オリーブと塩の産地。強い太陽と
干ばつの影響で、他の作物が育たない代わりに、自然がくれた
贈り物であるこの2つの特産品を、大切に守り育ててきました。
この岩塩は、シチリア島ペレッリーノ鉱山の地下1000mのと
ころから採掘されたもの。白く、サラサラとした結晶の塩は、お
料理の味をぐっと引き立たせてくれます。イタリア料理は、オ
リーブオイルと塩で作られてるといっても過言ではありません。
パスタをゆでるときはもちろんのこと、日常的な調味料として
お使いくださいね。とくにステーキにおすすめします。
イタリア料理レシピ手順
最初にジェノベーゼソースを作ります
このレシピは二種類のチーズを使用します、
こくのあるソースが出来上がります、
①バジルの葉は茎を切り取ります、
②ニンニクは縦に2等分して中の芯を爪楊枝などで取り除きます、
③松の実はフライパンでから煎りし軽くローストしさましておきます、
④ペコリーノチーズ・グラーナチーズはすり下ろしておきます、
⑤アンチョビーは一作カットしておきます、
⑥チョッパーかミキサーに② ③ ④ ⑤を入れミキシングします、
 このときチョッパー・ミキサーのガラス部分は冷蔵庫に入れ
 冷やしておきます、
 グリーンの色がきれいに出ます、
 
⑦最初は粗みじんぐらいしオリーブオイル400ccを少しずつ入れ
 ミキシングしていきます、
⑧最後にはペースト状にきれいに出来上がります
  瓶に入れ45℃のお湯に30分間煮込むと色が綺麗に
  保つことが出来ます、
  その後冷蔵庫で冷やします、
ニョッキを作ります、
①ジャガイモは皮をむき1個を12等分にカットします、
 500gになるように調整して下さい
②鍋に水を入れジャガイモを茹でます、
 竹串がすぅと通るぐらいに茹でます、
③茹で上がったら一時ざるにあけ水気を切って鍋に戻し入れ
 火にかけます、
④水気を加熱してしっかり飛ばします、
 ジャガイモにホクホク感がでます、
⑤台の上に強力粉を打ち粉してジャガイモが熱いうちに
 マッシャーで潰します、
⑥強力粉と塩を入れスケッパーなどで着るようにして
 混ぜ合わせていきます、
⑦中央にくぼみを造りその中に卵(解きほぐしたもの)を入れ
 混ぜ合わせ捏ねて一つの固まりにします、
⑧全体に打ち粉をして生地を何回ものばしまとめます、
⑨打ち粉をして棒状に生地をのばします、
⑩15mmの直径の棒状にします、
⑪台に打ち粉をしっかり多めにして棒状にした生地を
 2cmの幅にカットします、
⑫切り口にフォークの葉の部分を押しけ転がし
 模様を付けます、
⑬パスタパンにたっぷりの水を入れ沸騰させ塩を軽く
 ひとつかみ加えニョッキを入れ茹でます、
⑭ニョッキが浮き上がって来たらざるで取りだし
 氷水の中に入れます、
⑮ペーパータオルの上にらょっきを置き水気を取り
 ボウルに入れオリーブオイル60ccを軽く絡ませておきます、
⑯フライパンにオリーブオイルを入れ叩き潰したにんにくを
 入れ弱火で炒めます、
⑰香りが立ってきたらにんにくを取り出します、
⑱ジェノベーゼソースを入れ軽くかき混ぜます、
⑲ニョッキのゆで汁を80cc(お玉)1杯分を入れ混ぜ合わせ
 ソースを乳化させます、
⑳味を確認し塩気が足りないようなら塩を加えて調整します、
㉑できあがりです
 バジルの葉を上に飾ります、
イタリア料理に使用する調理器具
チョッパー

◎【BRAUN ブラウン マルチクイック MR5550MCA】
フライパン

【ビタクラフト】ウルトラ フライパン 27cm
パスタパン

ステンレス7層構造鍋 ジオ・プロダクトパスタポット21cm 

柳宗理 ステンレス ボール&パンチングストレーナー6点   セット
食器

リチャードジノリ(Richard Ginori) ロイヤルブルー スープセット

 - パスタ ニョッキ, レシピ

Comment

  1. vetrina より:

    主人Pinoが一度ニョッキを作って見事に失敗しておりました、このレシピで再度トライしてみますね

  2. Sivaji より:

    今回のジェノベーゼはペコリーノとグラナ・パダーノを使うのですね。
    ジャガイモのニョッキがどっしりしていそうだから、それにあわせてソースに力強さを持たせるためでしょうか。
    グラナ・パダーノ。一時、見かけたのですが、
    見かけなくなりました。なかなか、美味しいチーズだったのに。
    うちのブログにリンクくださってありがとうございます。
    今頃、気がつきました・・・。

  3. Flax より:

    ニョッキの作り方ありがとうございます。
    知りたかったんですよ~。
    なんだかグッドタイミングです!

  4. chi-bi より:

     こんにちはわ!
    このジェノベーゼ、アンチョビが入ってて美味しそうです
    家の旦那が好きなんで作ります!
    後、コンデンスミルクの作り方初めて知りました
    今、店のデザートで使ってて・・・
    時間作って作ります!
    私、デザート担当なんですが時間内に終わらず残業は家の事もあるのでしたくないので毎日朝早く出勤してて・・・
    この仕事は仕方がないですね

  5. patapataokan より:

    ニョッキってこうやって作るんですか!
    初めて知りました。
    モチモチで美味しそうです♪

  6. ひろ より:

    わざわざコメントありがとうございます。
    こんな素敵なブログ!!
    みんなに見てもらいたい!!
    ・・・と、いうことで、
    勝手ながら、私のブログにリンクさせていただきました。
    これからもよろしくお願いいたします。

  7. ミシェ より:

    ニョッキ大好きです!
    一度家で作ってみたいと思っていたので、このレシピメモっておきます♪
    ポチ★

  8. 那須パパ より:

    ニョッキを手に入れたのですが、結局カルボナーラ風に食べたばかりです
    これ見た後なら…

    次回挑戦してみたいです

  9. otoha7214 より:

    初めまして。ブログにコメントを頂いていたのに初心者で全く気付かず本日初めて気づきました。申し訳ありません。
    ジェノベーゼは家で作りますが市販の瓶のを使っていました。手作り出来るんですね!!ちょっと気合いれて作ってみます。

  10. tansunidon2 より:

    ryujiさん、こんにちは
    ジャガイモのニョッキー美味しそうですね。
    紫陽花がとてもきれいに満開ですね。
    いつもありがとうございます

  11. あまがえる より:

    ご訪問&コメ、ありがとうございます。
    こだわりの材料をお使いなのですね。
    ジェノベーゼと合わせるレシピは見たことないので、今度ニョッキを作るときにはジェノベーゼにしてみようかな。
    キタアカリ、茹でたままでジェノベーゼを付けるだけでもおいしいでしょうね~。

  12. chiru より:

    イイですねぇ゚・:,。☆好きですこれ♪
    ジェノベーゼってとこがいいなぁ゚・:,。☆
    モチモチなニョッキも大好きです♪美味しそう゚・:,。☆
    ポチ★

  13. stacy より:

    いつもコメントありがとうございます。
    ニョッキのジェノベーゼソース、おいしいですね♪
    私もイタリアで初めて食べたときは感動しました。

  14. kazuyoo60 より:

    人気のアナベルでしょうか。白の品種は良いですね~。素晴らしい花ですね。
    ニョッキ美味しいでしょうね。強力粉とですね。まず粉を買ってこなくては。

  15. cinquanta より:

    ジェノベーゼもおいしそうですね。こちらのサイトには初めて寄らせてもらいました。おいしそうなレシピの宝の山ですね!これからもよろしくです。

  16. うさうさ より:

    こんにちわ!
    ジャガイモのニョッキ・ジェノベーゼソースとは、
    興味惹かれるお料理だなぁ~。
    いつか、ニョッキを作りたいなと思いつつ、結構、
    工程に時間がかかりそうと、未だに・・・。
    1回作ると、はまりそうですね。

  17. マチ より:

    コメントありがとうございました。
    ブログを覗かせていただきましたが、レシピが分かりやすくて良いサイトです。
    私も作ってみようかな♪

  18. ひろ より:

    ジェノベーゼですか・・・
    個人的には苦手なのですが、
    にれなら、美味しくいただけそうです!!!
    素敵なレシピ、ありがとうございます。

  19. あくび より:

    ああ、もう紫陽花の季節なんですね。NYはぐずついた肌寒いお天気で、いつまでも春の終わりみたいな陽気です。ところでジェノベーゼソース、大好きです! パスタにたっぷりかけて食べると至福ですよね~。

  20. 凪々 より:

    鮮やかなグリーンが映えますねぇ~
    食感が気になるところです。
    (^-^*)ニコっ♪

  21. siawasekun より:

    おはようございます。
    ジャガイモのニョッキ ジェノベーゼソース、・・・・・・。
    なるほど。
    ニョッキ、・・・・・・。
    ジェノベーゼソース、・・・・・・。
    奥が深そうです。
    応援ポチ。。

  22. あっぴん より:

    ジェノベーゼ大好きです!
    ついこの前ジェノベーゼソースを2瓶購入したばかりで(^。^)
    ryuji_s1 さんのブログを拝見させて頂くようになってから色々な種類のチーズを買うようになりました(^O^)
    今までとろけるチーズしか買った事なかったのに(-_-;)
    ほったらかしの庭にバジルなどのハーブを植えようと思います(*^_^*)小さい庭ですけどね(*^_^*)

是非 あなたのご意見をお願いします 質問があれば分かる範囲でお答えしたいと思っております

  関連記事

ラムチョップのカツレツ モッツアレラ
no image
野菜のリゾットバジル風味
アサリの白ワイン蒸し
no image
パプリカのカポナータ詰め
柿のフランベ
ブッラティーネとほうれんそうのニョッキ
バッカラのペペロンチーノ風味
インゲンの牛肉巻き ヴィンコットソース
あさりのリゾット スプマンテ風味
ポークジンジャー
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。