イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,574、パスタのレシピ数は1583。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

ブッタネスカ スパゲッティ

   

ガザニアガザニア
ガザニア
ブッタネスカ スパゲッティ

ブッタネスカ スパゲッティ

イタリア料理レシピ
イタリア料理食材4人分
スパゲッティ………………………..280g
アンチョビーフィレ…………………..4枚
にんにく……………………………1片
ケッパー(塩漬け)…………………….24粒
ブラックオリーブ…………………….12個
トマトソース………………………..360cc
オリーブオイル………………………100cc
イタリアンパセリ…………………….2枝
グラニュー糖………………………..5g
ココアパウダー………………………5g
トマトソース用
 トマトホール缶2缶………………….800cc
 たまねぎ………………………….1/2個
 にんにく………………………….1片
 バジルの葉………………………..10枚
 オリーブオイル…………………….150cc
塩……………………………….適量
 胡椒……………………………..適量
イタリア料理に使用する食材の紹介

セタロ(SETARO)セターロスパゲティ-ニ1.6mm 500g

青森県産 にんにく A2L1Kg 

イタリア産 フィレ アンチョビー細切り700gビン

イタリアオイルソムリエ協会最高賞獲得!
こだわりのヴェロネッリ製法で作られた
究極のオリーブオイル!
マドンナ・デッレ・ヴィットリエ
EXヴァージンオリーブオイル

パンテレッリア産 塩漬けケッパー
シチリア島からさらに南に渡った孤島パンテレッリア。
強風に鍛えられ育まれた野生のケッパーのつぼみを
たっぷりの海塩に漬けて保存してあります。
口の中で、豊かな花の香りが
ふわあーっと広がる希少なハーブ。
お料理の仕上げに、
お塩とともにパラリとお使いください。

リグーリア産ブラックオリーブ
塩水漬け タジャスケ 400g
アルドイノ社
タジャスケ種のオリーブを塩水につけて西リグーリアのハーブ(タイム、ローズマリー、ローレル)で香り付けしました。
【内容量】400g(オリーブのg240g)
【原材料名】ブラックオリーブ、(タジャスケ種)食塩、水

辛味の中に旨味たっぷりのペペロンチーノ
イタリア産ペペロンチーノ 100g

極細グラニュー糖 1Kg

nK-Organic
オーガニック・ココアパウダー F11 200g /フランス産

アナリサ(アンナリサ)サンマルツァーノDOPホールトマト(4号缶)

”特選ハーブ” バジル

nK-Organic
オーガニック・ブラックペッパー ホール 100g

電動式エリスシリーズ ペッパーミル/ソルトミル

素材の旨みを引出す
使いやすい細粒タイプです
ドロゲリア社
サーレ・ディ・ロッチァ(微粒)1kg
南イタリア・シチリア島は、オリーブと塩の産地。強い太陽と
干ばつの影響で、他の作物が育たない代わりに、自然がくれた
贈り物であるこの2つの特産品を、大切に守り育ててきました。
この岩塩は、シチリア島ペレッリーノ鉱山の地下1000mのと
ころから採掘されたもの。白く、サラサラとした結晶の塩は、お
料理の味をぐっと引き立たせてくれます。イタリア料理は、オ
リーブオイルと塩で作られてるといっても過言ではありません。
パスタをゆでるときはもちろんのこと、日常的な調味料として
お使いくださいね。とくにステーキにおすすめします。
イタリア料理レシピ手順
トマトソースを作ります、
 ①にんにくは縦に2等分し中の芽を妻用紙背などで
  綺麗に取ります、
  包丁の腹で叩き潰します、
 ②バジルの葉は手で3等分ぐらいに千切ります、
 ③たまねぎは2等分し繊維に沿って薄くスライスします、
 ④鍋にオリーブオイルを入れにんにくを入れ弱火で
  炒めます、
  にんにくは焦がさないように丁寧に炒め香りを引き出します、
 ⑤にんにくの香りが立ってきたらたまねぎを入れ炒めます、
  たまねぎが透明になるまで炒めます、
 ⑥ホール缶のトマトを手で潰して入れます、
  塩・胡椒を振り入れバジルの葉を入れて中火で煮込みます、
  40分ぐらい煮込み味を馴染ませます、
 ⑦裏ごし器で裏ごしします、
トマトソースのできあがりです
ブッタネスカを造ります、
 ①にんにくは縦に2等分し中の芽を爪楊枝などで
  綺麗に取りのぞき微塵切りにします、
 ②ペペロンチーノはへたを取り中の種を取り除き
  小口切りにします、
 ③ケッパーはボウルに入れひたひたの水に漬け
  塩抜きを10分ぐらいします
 ④ブラックオリーブは中の種を取ります、
 ⑤イタリアンパセリは粗みじんにします、
 ⑥フライパンにオリーブオイルを入れにんにくと
  ペペロンチーノを入れ弱火で炒めます、
  その時フライパンの手前を下げオイルを手前に寄せ
  オイルのたまりを造りその中ににんにくを集め
  炒めると焦げ付きにくいです
  丁寧に香りがだるまで炒めます、
 ⑦にんにくに香りが立ってきたらあんちょびーを入れ
  木べらで潰し混ぜ合わせます、
 ⑧トマトソース・ケッパー・ブラックオリーブ・
  グラニュー糖・ココアパウダーを入れ3分間ぐらい
  煮込み味を馴染ませます、
 ⑨パスタパンにたっぷりの水を入れ沸騰させ塩を軽く
  ひとつかみ入れパスタを茹でます
  パスタの茹で時間は袋に表示されている時間より
  2分間短めに茹でます
  仕上がりでアルデンテを味わえます、
 ⑩茹で上がったパスタを入れ混ぜ合わせます、
  食器に盛り付けイタリアンパセリを振りかけます、
イタリア料理に使用する調理器具


送料無料!
[200V IH対応]ビタクラフト ウルトラシリーズ
両手鍋4L/25.5cm
フライパン

【ビタクラフト】ウルトラ フライパン 27cm
漉し器

メタルストレーナー160mm
18-10ステンレス製
食器

リチャードジノリ(Richard Ginori) アンティコホワイト プレート 25cm

 - パスタ ニョッキ, レシピ

Comment

  1. あっぴん より:

    こんばんは!(^^)!
    ブッタネスカ、初めて聞きます(^。^)
    とっても美味しそうです(^O^)/
    私は最初、アンチョビがすごく苦手だったんですが、良く行く喫茶店はパスタ料理が多く、どのパスタを注文してもアンチョビが入っていて、とうとうアンチョビなしでは物足らなくなってしまいました(^.^)
    後ケッパーだけはちょっと店頭で見たことないんですけど、スーパーには置いてないのか探し方が悪いのか・・

  2. siawasekun より:

    おはようございます。
    ブッタネスカ スパゲッティ、・・・・・・。
    こだわりのヴェロネッリ製法で作られた
    究極のオリーブオイルを使用ですか、・・・・・・。
    なるほど。
    ご紹介、ありがとうございました。
    応援ポチ。。

  3. 凪々 より:

    なるほど。。。
    塩は大事なんですねぇ
    私も普段は奥能登の天然塩を使っております。
    本場の塩を使ったパスタ、食べてみたいです。

  4. chiru より:

    ココアパウダーを使うんですか???(@Д@;)♡
    どんな味になるんだろぉー*。:゚+(人*´∀`)+゚:
    興味心身♪
    ポチ★

  5. ゆりりん より:

    ブッタネスカ・・・。
    初めて知りました。
    まだまあ勉強不足です
    レシピを見てみると
    トマトソースにペペロンの融合
    美味しそう
    いいお塩がまた素材の味を引き出してくれそうです

  6. kazuyoo60 より:

    ガザニアが元気、何株も植えられてますね。
    ブッタネスカって初めての言葉です。検索してちょっと--。(笑い)

  7. ちばねこ より:

    ブッタネスカって、ココアパウダーとグラニュー糖を使うのですか
    とても丁寧に手順も書かれていて、イラストも可愛いです♪
    本格イタリアン、作れるようになりたいです

  8. うさうさ より:

    こんにちわ!
    今日のガザニアも、素敵ですね~。
    色のバランス、最高だなぁ~。
    ブッタネスカ・スパゲッティ、初めて聞きます。
    こちらへお邪魔すると、新鮮です。
    と言うか、知らない食材多すぎて(笑

  9. howdygoto2 より:

    おはようございます。
    ちょっとお久しぶりです。
    ブッタネスカって初めて聞きました。
    食べてみたくなりました。
    今日のランチは、スパゲティーです。

  10. 777 より:

    ブッタネスカ、はじめて聞きました。
    ここでは初耳の料理が本当に多くて、
    勉強になります★

  11. ちい♪ より:

    イタリアンの基本食材だけ
    。。。なのに
    なんて素敵に仕上がっているのでしょう!!!
    とても 美味しそうです
    感激です!!!
    ryuji_s1さんのレシピは
    いつも 驚きがたくさんあります
    とても勉強になります
    ありがとうございます
    ポチッ☆と応援させていただきました

  12. ポチ より:

    こんにちは。
    ブログにコメントありがとうございますっ!
    嬉しかったので、遊びに来ました(´▽`*)
    めちゃめちゃ本格的で美味しそうです!
    パスタ大好きなので、今度実践してみますね!

  13. tansu2 より:

    ryujiさん、こんにちは
    難しい名前のパスタですが食べてみたいですね。
    ガザニアがたくさん綺麗ですね。
    いつもコメントいただきありがとうございます。

  14. whitegoma より:

    こんにちは!ryujiさん
    いつも 美味しそうなパスタ^0^
    そして こだわりの食材には脱帽です。
    丁寧なレシピを参考に作ります! 

  15. shampoo_dog より:

    ブログのコメントから遊びにきました。
    すごい丁寧なブログで驚きました。
    参考にして、作ってみたいと思います。
    また遊びに来ます~^^

  16. stacy より:

    こんばんわ。
    いつもコメントありがとうございます★
    ブッタネスカ、初めて聞きましたがおいしそうです!ぜひ食べてみたいです♪

  17. 那須パパ より:

    ブッタネスカ…皆さんと同じく那須パパも初めて聞きました(全員じゃないですが…)♪
    アンチョビベースに「にんにく」は黄金タッグですね(‘-^*)/
    今日も、美味しそうです(o^-‘)b

  18. patapataokan より:

    ココアパウダーが登場ですね。
    どんな味になるのかちょっと
    想像がつきません(汗)
    ブッタネスカ、ぜひ1度食べてみたいです♪

コメントを残す

  関連記事

水牛モッツアレラチーズ ポッコンチーニのカプレーゼ
焦がしバターとオリーブオイルのパスタ トレネッテ
マッシュルームのクリームソース 卵たっぷりのパスタ タリアテッレ
平牧三元豚ロースのステーキ
滋賀中村屋のカナダ産キングサーモンとアスパラガスのタリエリーニ

http://blog.goo.ne.jp/finetatemono
http://hundun.blog68.fc2.com/
http://blog.livedoor.jp/n_k_w_/
http://wosk.blog113.fc2.com/
http://hundun.blog68.fc2.com/

グリーンピースのスープ
ズワイガニと空豆のパスタ
夏野菜のパスタ セーメ・ディ・チコリア
ブロッコリーのアラビアータソース和え
ほたてとマッシュルームのサラダ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。