イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,690、パスタのレシピ数は1637。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

ペコリーノ・ロマーノのサブレとトマトの生ハム添え

   

スカシユリスカシユリ
スカシユリ
ペコリーノ・ロマーノのサブレとトマトの生ハム添え

ペコリーノ・ロマーノのサブレとトマトの生ハム添え

イタリア料理レシピ
イタリア料理食材4人分
ペコリーノ・ロマーノ…………………….50g
無塩バター……………………………..50g
トマト…………………………………2個
強力粉…………………………………50g
たまねぎ……………………………….1/2個
生ハム…………………………………4枚
オリーブオイル………………………….適量
バジルペースト………………………….60cc
岩塩…………………………………..適量
ブラックペパー………………………….適量
イタリア料理に使用する食材の紹介

ペコリーノ・ロマーノ(イタリア産チーズ) 約500g

超濃厚フランス産発酵バター
バター・ドゥ・ロドルフ・ムニエ 無塩タイプ

マリーノの伝統の石臼挽き製粉
MARINO
昔ながらの伝統に徹底的にこだわり、
「昔ながらの味わい」に即した丁寧な粉造り!!
ワイン同様、穀物の名産地として有名な土地ピエモンテで作られた小麦粉です

今ならお試しモニター価格!
井口さんちのプレミアム「フルーツトマト」

淡路産 たまねぎ Lサイズ(1kg)

イタリア産生ハム『フィオリッチ』
イタリア産スライスプロシュート【パルマ・フィオリッチ製】(蔵) 14ヶ月熟成 200g

”特選ハーブ” セルフィーユ(チャービル)
別名をチャービルともいう。
イタリアンパセリを小さくしたような形です。
見た目にもキレイで香りもさっぱりしているので料理の
トッピングにぴったりです
くせのない香りで使いやすいハーブのひとつです
魚料理、サラダによく使います。
ソースの仕上げの一品にいいのでは?
使ったことがないという方もこの機会にぜひどうぞ。

イタリアの素晴らしい土壌で育った高品質のオリーブを生かしており。 エクストラヴァージンオイルはオリーブ数種をブレンドし、コールドプレスによる一番絞りです。マンチャンティ エクストラヴァージン・オリーブオイル 250ml イタリア産
アルフレッド・マンチャンティが1970年頃よりコールドプレス製法を復活させ、イタリアの素晴らしい土壌で育った高品質のオリーブを生かした最高のオリーブオイルをお召し上がり下さい。 

nK-Organic
オーガニック・ブラックペッパー ホール 100g

電動式エリスシリーズ ペッパーミル/ソルトミル

素材の旨みを引出す
使いやすい細粒タイプです
ドロゲリア社
サーレ・ディ・ロッチァ(微粒)1kg
南イタリア・シチリア島は、オリーブと塩の産地。強い太陽と
干ばつの影響で、他の作物が育たない代わりに、自然がくれた
贈り物であるこの2つの特産品を、大切に守り育ててきました。
この岩塩は、シチリア島ペレッリーノ鉱山の地下1000mのと
ころから採掘されたもの。白く、サラサラとした結晶の塩は、お
料理の味をぐっと引き立たせてくれます。イタリア料理は、オ
リーブオイルと塩で作られてるといっても過言ではありません。
パスタをゆでるときはもちろんのこと、日常的な調味料として
お使いくださいね。とくにステーキにおすすめします。
ジェノベーゼソース用

”特選ハーブ” バジル

ペコリーノ・ロマーノ(イタリア産) 約500g
産地:サルディニア州
乳:羊 生の脱脂乳
乳脂肪分:36%
約500g

グラナ・パダーノ
グラナ・パダーノはポー川流域(Padano)から北側のトレント県に
かけて作られるイタリアのDOPチーズです。
グラーナ(Grana)という言葉には、本来「粒」や「粒子」という
意味があり、削って粉にして使うチーズのことを総称して
「グラナ」というようです。
その名の通り、このチーズはすりおろして料理に使われることが
ほとんどで、パスタ・リゾットにふりかけるだけで味に
深みを与えます。
イタリアチーズには同じようにすりおろして使うものが多く
ありますが、グラナ・パダーノは味わいがマイルドで塩分も控えめ。
テーブルチーズとしても楽しめます。

ロレア アンチョビーフィレ

松の実(無添加)【200g】
イタリア料理レシピ手順
最初にジェノベーゼソースを作ります
このレシピは二種類のチーズを使用します、
こくのあるソースが出来上がります、
①バジルの葉は茎を切り取ります、
②ニンニクは縦に2等分して中の芯を爪楊枝などで取り除きます、
③松の実はフライパンでから煎りし軽くローストしさましておきます、
④ペコリーノチーズ・グラーナチーズはすり下ろしておきます、
⑤アンチョビーは一作カットしておきます、
⑥チョッパーかミキサーに② ③ ④ ⑤を入れミキシングします、
 このときチョッパー・ミキサーのガラス部分は冷蔵庫に入れ
 冷やしておきます、
 グリーンの色がきれいに出ます、
 
⑦最初は粗みじんぐらいしオリーブオイル400ccを少しずつ入れ
 ミキシングしていきます、
⑧最後にはペースト状にきれいに出来上がります
  瓶に入れ45℃のお湯に30分間煮込むと色が綺麗に
  保つことが出来ます、
  その後冷蔵庫で冷やします、
⑨ペコリーノ・ロマーノチースパすり下ろしておきます、
⑩トマトは横に2等分し中の種と柔らかな部分をカットし
 身を5mmノサイコロ状にします、
⑪たまねぎは微塵切りにします、
⑫ボウルにトマト・たまねぎ・オリーブオイルを入れ
 混ぜ合わせ塩・胡椒で味を調えます、
⑬強力粉に無塩バター・ペコリーノ・ロマーノを混ぜ合わせ
 練り込みます、
 丸くまとめサランラップでクルミ密閉して冷蔵庫に
 1時間ほど寝かせ馴染ませます、
⑭オーブンは180℃に熱しておきます、
⑮練った生地を台に置き、5mmの厚さくらいにのばし
 直径で4cmぐらいに丸くくり抜きます、
⑯天板にクッキングシートを敷きその上にくり抜いた
 生地を載せボウルに造りおいたトマトを植えに載せます、
⑰オーブンに入れ15分間ローストします、
⑱取りだして室温でさまし置きその上にベーゼソースをかけ
 生ハムを上に乗せセルフィーユを飾ります、
 できあがりです
イタリア料理に使用する調理器具
ハンドミキサー

◎【BRAUN ブラウン マルチクイック MR5550MCA】
チーズおろし器

ボウル

食器

リチャードジノリ(Richard Ginori) ボンジョルノチェリー 25cmプレート

 - レシピ, 野菜

Comment

  1. さくらん より:

    ペコリーノチーズ入りのサブレ、ワインに合わせて頂きたいなぁ~。
    濃くて妖艶な色の百合ですね、
    大人っぽくて素敵です。

  2. tansu2 より:

    ryujiさん、さっそくありがとうございました。
    頑張ります。

  3. つぶ より:

    こちらこそよろしくおねがいします!
    こちらのブログのレシピは本格的でおいしそうですね!!材料に関して細かく書かれているのが魅力的です。
    これからも頑張ってくださいね!!
    食べるのは大好きなので嬉しい限りです。

  4. tansu2 より:

    ryujiさん、こんばんは、
    いつもありがとうございます。
    ブログタイトル変更しました。
    株式投資はレインボー色
    宜しくお願いします。

  5. stacy より:

    こんばんわ★
    サブレから手作りなんてすごい!!!
    私はどうも生地から作るものは苦手で、冷凍パイくらいしか使用しないのが恥ずかしいです・・・
    今日の料理もぜひ食べてみたいです♪

  6. patapataokan より:

    ミキサーのガラスの部分を冷やすと
    いいなんて初めて知りました。
    生ハムとトマト、チーズの取り合わせ
    とても美味しそうです♪

  7. さくら より:

    ご無沙汰しておりました~!
    コメントありがとうございます☆
    いつも素敵なイタリア料理とお花
    材料や器具が本格的ですよね
    作るのより、やっぱり食べる方が好きな私です(笑)
    ryujiさんのレシピ見て、メニュー増やしたいです

  8. ゆりりん より:

    スカシユリだぁ
    この間知ったお花です
    綺麗ですね。。。
    聞いた事あるようなないようなチーズです。
    生ハム添えてあると嬉しいですね

  9. こんばんわ。
    ペコリーノ・ロマーノ食べたいなあ。
    最近チーズを全然食べてないので、レシピ見ててうらやましくなっちゃいました。
    白ワインと一緒にいただきたいです。

  10. Sivaji より:

    ペコリーノ入りの小さなピザみたいですね。
    サブレはフランスにもありました。
    専門の店があった記憶が。
    ただその店、閑古鳥が鳴いていて、入るには入れなかったです。
    アミューズに食べたいですね。

  11. ちい♪ より:

    ryuji_s1さん
    ペコリーノ・ロマーノのサブレとトマトの生ハム添え
    なんて 美味しそう
    食卓が楽しくなる 綺麗な色の一品ですね♪
    サブレ
    気軽に つまめる おやつにしたいくらい
    美味しそうです
    ポチッ☆と応援させていただきました

  12. jugon より:

    ryuji s1さん、こんにちは
    コメントをありがとうございました。
    丁度同じ、ペコリーノ・ロマーノのチーズでサブレですね?
    これは、赤でも白でもいける素敵な前菜になりそうです。

  13. puffpuff より:

    ユリは一輪でもゴージャスです!
    甘い香りが漂ってきそうです。
    チーズのサブレだけでもぱくぱく食べちゃいそうです。

  14. tansu2 より:

    ryujiさん、こんにちは
    トマトと生ハムの美味しそうですね。
    すかしゆりも綺麗ですね。

  15. chiru より:

    お菓子作りの様な工程もあって楽しそうです♪
    生ハム、さっき買ってきたんですよ♪
    またまた美味しいお料理にポチっと応援♪

  16. ペコリーノ・ロマーノはチーズなのですね。
    サブレときくと私が思いつくのは鳩サブレ
    ですが・・・・
    ポチッと応援です。

  17. うさうさ より:

    生ハムが嬉しいです。
    また、今日のお料理のイラスト、とっても綺麗。
    ペコリーノ・ロマーノ、チーズなのですか。
    スカシユリ、オレンジ色は元気の出る花ですね。
    今、白いユリ、お友達から貰ったのを活けています。

  18. kazuyoo60 より:

    綺麗なスカシユリ、元気の出るユリです。
    サブレなのですか。凝ったお料理ですね。

  19. ryuji_s1 より:

    nariさん
    コメントありがとうございます
    ぜひURLをお願いします

  20. ちばねこ より:

    ryujiさん
    おはようございます
    くぅ~今日もとっても美味しそうなレシピです!
    ジェノベーゼソース、昨年作ったのですが、スプーンなどで掬うと、空気に触れた部分からすぐに変色してしまいました
    ミキサーを冷やすと初めて知りました!
    ぜひ試してみたいと思います♪

  21. 那須パパ より:

    おはようございます♪
    那須パパ一家、無事帰還です!!!!
    今日より通常モードに戻りますが、今後とも宜しくお願いします(‘-^*)/
    今日の所は、これでご勘弁を…(´□`。)

  22. 凪々 より:

    生ハムは余り食べていなかったので、食べたくなりますねぇ~
    トマトとの組合えせも美味しそうです。
    百合の花、綺麗です。

  23. siawasekun より:

    おはようございます。
    ペコリーノ・ロマーノのサブレとトマトの生ハム添え、・・・・・・。
    ペコリーノ・ロマーノというのは、イタリア産チーズのことですか。
    初めて、知りました。
    ありがとうございました。
    応援ポチ。。

  24. つぶ より:

    だいぶ日にちが空いてしまいましたが、このたびはコメントありがとうございました。
    あのトマトリゾットの作り方、Yahoo!のレシピに載ってましたよ~
    作り方も簡単でした!!
    イタリア料理は大好きなので、時間があるときにはこちらで紹介されているレシピも作ってみますね!!
    ありがとうございました!!

是非 あなたのご意見をお願いします 質問があれば分かる範囲でお答えしたいと思っております

  関連記事

パプリカのパン粉和え
鶏骨付きモモ肉のカッチャトーラ
じゃがいものガトー
ビーフシチュー
葡萄のカッテージチーズベニエスタイル
なすとモッツアレラチーズのパスタ
豚バラの煮込み 和風
さやいんげんとブラックオリーブのサラダ
カリフラワーのスープ ムール貝入り
塩漬けケッパーとアーモンドペーストのパスタ バジルスパゲッティ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。