広告

イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,812、パスタのレシピ数は1662。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

鴨むねにくのカルパッチョ バルサミコソース

   

ツルヒメソバツルヒメソバ
ツルヒメソバ
鴨むねにくのカルパッチョ バルサミコソース

鴨むねにくのカルパッチョ バルサミコソース

イタリア料理レシピ
青森県で鴨の養殖をしている
桑原 孝好(くわばら たかよし)氏
フランス、トリアノンパレスホテルにて総料理長イボン・オベール氏リヨンソフテールホテルにて料理長マルク・アリックス氏に師事。
1996年労働省認定「現代の名工」に選ばれる。
現在は、株式会社ジャパンフォアグラ代表取締役社長を務め、
フォアグラは勿論、ドレッシング、テリーヌなど数々の商品を一流ホテル、
名門レストランなどに提供している。
(株)ジャパンフォアグラは、青森で鴨(フランス産バルバリ-種)の農場を持ち、
鴨肉およびフォアグラ(ハンガリー産)の肉、肉加工品を生産をしています。
イタリア料理食材4人分
鴨むね肉………………………2枚
鴨レバー………………………8個
鴨砂肝………………………..8個
鴨ハツ………………………..4個
鴨 ガラ1羽分………………….1kg
たまねぎ………………………1/2個
にんじん………………………1/2個
セロリ………………………..1/3本
ローリエ………………………1枚
白粒胡椒………………………20粒
バルサミコ…………………….350cc
オリーブオイル…………………適量
***ナッツソース***
アーモンド…………………….20粒
ヘーゼルナッツ…………………20粒
松の実………………………..60粒
ピスタチオ…………………….20粒
くるみ………………………..10粒
ブラックペパー…………………適量
岩塩………………………….適量
イタリア料理に使用する食材

鴨ロース(むね肉)フレッシュ
500g (1~2枚)【冷蔵】

鴨ガラ:1羽分:約1kg
800円/1羽分が約1kgです。結構大きいです。
裁いてすぐの冷蔵商品ですが、冷凍商品と同梱の場合は冷凍での
お届けとなります。
スープのだしとりにお使いいただけます。

鉄分、ビタミン豊富
フランス鴨のレバー
冷凍500g

コリコリ鴨の砂肝 冷凍500g

鴨のハツ 冷凍500g
・内容量:約500g(10個~15個)
鴨10羽~15羽分です。

淡路産 たまねぎ Lサイズ(1kg)

味わいの有機にんじん
【JAS認定】有機にんじん5kg

静岡県産他 セロリ(1本)

ギャバン ローリエ 15g 肉料理や魚料などに臭みを消して風味を引き立てるローリエ(月桂樹)です。
【日用品屋】ギャバン ローリエ 15g

イタリア産アチュートバルサミコ
ブレーズ バルサミコ 380ml

ベビーリーフ(40g)

★「神様からの贈り物」イタリア シシリー島の岩塩 微粒タイプ

ブラックペッパー(ホール)

プジョーPEUGEOT 電動ペッパーミル アルティア 20cm
イタリア料理レシピ手順
1.ナッツはヘーゼルナッツ・松の実・くるみ・アーモンドは
  から煎りします、
粗く刻みます、
2.鶏のむね肉は皮目の部分に亀甲型に肉まで届く深さに
切り目を入れます、
塩・ブラックペパーを振りかけます、
フライパンを強火で熱し鴨肉の皮目をソテーします、
しっかり焼き色がついた全体の6割ぐらい焼きます、
裏返してさっと軽く炒めます、
中の部分が生の状態です
焼き上げたら冷蔵庫に入れ肉を休ませます、
3.鴨のハツ・砂肝・レバーは掃除をし塩・胡椒をして
   フライパンにオリーブオイルを入れ炒めます、
4.ソースを作ります
  鴨のガラは12等分ぐらいに叩き分けます、
ボウルに水を入れガラをシー浸して置きます、
鍋にガラを入れひたひたより少し多めの水を入れ
たまねぎは8等分に・にんじんは4等分に・
セロリは4等分にしたものを入れます、
ローレル・白粒胡椒も入れます、
中火にかけ2時間ぐらい煮込みます、
漉し器にかけ漉して鍋に戻し入れ
バルサミコを入れ更に2/3まで煮詰めます、
5.休ませていた鴨むね肉を薄くそ切りにします、
6.ハツ・砂肝・レバーを4等分にカットします、
7.食器に肉類を盛りつけソースを上に回しかけ
砕いたナッツ類を振りかけます、
 
8.ベビーリーフを飾ります、
イタリア料理に使用する調理器具

宗理 ステンレス ボール&パンチングストレーナー6点   セット

ビタクラフト/UltraVitaCraft ウルトラ(9層)
フライパン27.0cm(補助把手、向い手付)

スペシャルメッシュシノア240mm
(18-10ステンレス製)

リチャードジノリ(Richard Ginori) ベッキオホワイト ラウンドプラター 29cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
ポチッと応援 お願いいたします、

広告

 - レシピ

Comment

  1. aco より:

    コメントいただきありがとうございます。
    私も鴨が大好きで、鴨のローストにバルサミコソースをかけていただいたりはするのですが・・・カルパッチョとは!
    すごくそそられるお料理です。
    ナッツをふりかけるところがニクイです^^
    ガラからスープを取って作ったソース、絶品でしょうね。
    ぜひ、試してみたい一品です。
    ありがとうございます。
    ポチッとさせていただきました^^

  2. oko より:

    自分で作るには、思い切りが必要というか、思い切っても無理・・・・そうですが。
    誰かが作ってくれると、すご~く嬉しいお料理ですね。
    もう少し素人でも、簡単でちょこっと本格的なお料理のレシピもお願いします。 笑

  3. mauna-loa より:

    ご訪問ありがとうございました。
    すごいレシピですね!
    これから是非参考にさせて頂きます。

  4. むね肉だけ使うのかと思いきや、
    いろんな部位を使うんですね。
    鴨肉好きなので、とても魅力的です。

  5. kaorin より:

    先日はコメントありがとうございました。
    私もここのところ、青森の鴨をいただくことがありまして、和風に、味噌漬けにして食べてしまいましたが、カルパッチョなんて、おしゃれですね♪
    ナッツのソースも美味しそうで、私にはなかなか難しそうですが、いつか挑戦してみたいです。
    ポチっとして帰ります♪

  6. 那須パパ より:

    只今、那須ママ実家より帰りました(^_^;)
    これから寝かし付け等でバタバタです!?
    済みません、今日はポチっと応援して行きますね(‘-^*)/

  7. とりちゃんマミィ より:

    これは手の込んだお料理ですね。
    一度いただいてみたいです。
    鴨は好きですが、鴨すきぐらいしかやったことがありません。
    鴨料理挑戦してみたいですね^^

  8. なめっぴ より:

    鴨のお肉だけでなく、内臓系も使うんですね。
    カルパッチョで丸ごと1匹味わえるなんて、これは豪華なお料理ですぐにも食べたい!
    ソースも木の実たっぷりで絶対私好み!
    目の前にこのお料理、出てこないかしら~。

  9. ピッコロ より:

    こんにちは。
    鴨のカルパッチョとははじめて聞きました。でも、普通の家庭でつくるのはちょっと大変かも。食べさせてくれるレストランがあれば、行ってみたいです。

  10. おさむ より:

    こんにちは
    鴨を使ったカルパッチョ。すごい勉強になりました。作る過程が食材を全く無駄にしない、僕が一番好きな工程です。これが本物ですよね。せっかく生まれてきた鴨への愛情といったら大げさですけど、美味しく料理してやらないと、と思うんです。

  11. Sivaji より:

    生肉かと思いきや、火を通して、ソースもフォン・ド・カナールに近い感じにバルサミコが入っているのですね。
    ルーアン種の鴨で作れば、なんとなく、トゥール・ダルジャンの鴨料理みたいにも感じます。

  12. たの子 より:

    鴨のカルパッチョ?
    そんな料理があるなんて知りませんでした。
    鴨のガラまで使って本格的ですね。

  13. T=|ナそ~ぅ より:

    はじめまして!
    ただラーメンを啜ってるだけのblogにコメントありがとうございます~
    鴨のカルパッチョ! これは食べてみたいですねぇ~。…でも食べるのが専門の僕には、もはや別次元っす(^_^;)

  14. ひろりん より:

    鴨肉・・・天然鴨の骨まで砕いてはいってるミンチボールのしゃぶしゃぶ、すっごくおいしかった思い出があります。
    ポチっと応援 

  15. miumiu より:

    これは凝ってますね。
    鴨のガラとかレバーとかはこちらには売っていないんですが、代用で今度つくってみたいと思います。
    コメントありがとうございました。
    お久しぶりですね。
    私は、ロンドンネタに尽きて、料理ブログに転向しました^^;

  16. plazademontes より:

    鴨のカルパッチョとは初耳です!
    香ばしいナッツとの組み合わせ、美味しそうですね☆

  17. まさ より:

    鴨をカルパッチョに?
    よ~く読んだらなるほど・・・。
    やはり素材を探さないと無理ですね。
    やっぱ普通じゃない!!

  18. 密かにカルパッチョバカの私なのですが鴨肉でも出来るのですか?
    これはそこらにいる鴨を〆てきて早速作らないと・・・
    と思ってしまうほど魅惑のレシピなのであります!
    ( ゚∀゚)o彡°☆オウエン!ガンバレ☆

  19. kazuyoo60 より:

    ツルヒメソバ、可愛く咲きました。我が家でも少しあります。
    鴨も養殖ですか。東大寺の北西の池にカルガモが10羽近く居ました。
    母は鶏を捌きましたが、私は出来ません。鴨のいろんな部位を使われますね。

是非 あなたのご意見をお願いします 質問があれば分かる範囲でお答えしたいと思っております

  関連記事

ヤリイカのイカスミソース パスタ

ヤリイカのイカスミソース パスタ イタリア料理レシピ イカスミを練り込んだ麺は真 …

広告
カニとマンゴーのサラダ

ミニ薔薇 3年生 カニとマンゴーのサラダ 毛蟹の甘い新鮮な身とミソをいっぱい使い …

広告
そら豆のカルボナーラ

雨にうたれながら 一生懸命に咲いています。 いつもご訪問頂き有り難うございます。 …

広告
栗のパスタ タリアッテレ ゴルゴンゾーラ

イタリアン料理レシピ 栗が一杯生産されるイタリアではの 栗をたっぷり練り込んだパ …

広告
ズッキーニのスフォルマート

ベコニア Section targeting ズッキーニのスフォルマート イタリ …

広告
豚ロースのブルーベリーソース和え

オレガノの白い花 ブルーベリーが美味しい時期ですね とりたてが手にはいるとむ楽し …

広告
フレッシュモッツアレラスープ ミニトマトの浮き身添え

ペチュニア赤 白 フレッシュモッツアレラスープ ミニトマトの浮き身添え 素晴らし …

広告
ゴマ餡

    写真のように照りが出るまですります。   …

広告
ボンゴレ パスタ スパゲッティ ガルム風味

ボンゴレ パスタ スパゲッティ ガルム風味 イタリア料理レシピ あさりは白ワイン …

広告
牛バラ肉のビール煮

もっとも霜降りが入る高級部位 黒毛和牛特上カルビブロックです カルビの中でも特上 …

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。