イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,579、パスタのレシピ数は1586。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

からすみと生クリームのパスタ ガルム風味

   

からすみと生クリームのパスタ ガルム風味

からすみと生クリームのパスタ ガルム風味

イタリア料理レシピ
バラバラ
バラ
からすみはボラの卵です、
日本にもありますがイタリアでも作られています、日本の良いものは
オイルコーティングされていませんがイタリア製はオイルでコーティングされています、
ガルムは魚醤のことです日本のしょっつる・タイのナンプラー
ベトナムのヌォクマムなどと同じ種類です、
タイのナンプラーは小魚のエラ・内臓もすべて使い作りますが
イタリアではカタクチイワシを使用しエラ・内臓を取り綺麗に洗って作り出します、
黄金色に輝く液体で熱を加えると一般的な魚臭さが消え味に深みが加わります、
卵をたっぷりと使用したフェットチーネを使用しました、
クリーム系のパスタ料理に良く合います、
チーズはグラナ・パダーノを使用します、
グラーナ(Grana)という言葉には、本来「粒」や「粒子」と言う意味があり、削って粉にして使うチーズのことを総称して「グラナ」と言うようです。
そして、ピエモンテ州、エミリア・ロマーニャ州にまたがる
パダーノ平原で作られているので「グラナ・パダーノ」と言う名になりました。
牛乳を高温加熱して作られるタイプで熟成は9ヶ月以上と言われていますが、
多くは15・18ヶ月熟成しています。
イタリア料理食材4人分
パスタ フェットチーネ…………………..280g
ガルム…………………………………10cc
(ボッタルガ・ディ・ムジーネ)パウダー……..60g
無塩バター……………………………..40g
生クリーム……………………………..500cc
チーズ グラナ・パダーノ…………………40g
イタリア料理に使用する食材

ルスティケーラ フェットチーネたまご 250g

ガルムは肉料理はもちろん、
そもそもの原料である魚介類との相性はバツグン!
中でもオススメしたいのはボッタルガ&ガルムのコンビ!

イタリア・サルディニア島のカラスミ
(ボッタルガ・ディ・ムジーネ)パウダー

グラナ・パダーノ

フレッシュクリーム 生 1000ml 森永乳業 [冷]

超濃厚!フランス産発酵無塩バター
MOFチーズ熟成士が作る極上の発酵バターです。
『バター・ドゥ・ロドルフ・ムニエ 無塩タイプ

「神様からの贈り物」イタリア シシリー島の岩塩 微粒タイプ
イタリア料理レシピ手順
1.からすみはパウダーを使用しますが
  フライパンで軽くから煎りします、
2.グラナ・パダーノチーズはすりおろします、
3.フライパンに無塩バターを入れ中火で
  溶かします、
  生クリームを入れ水を100cc入れ沸騰させ
  一煮立ちしてから中火に戻します、
  少し煮詰めます、
4.からすみの粉末40gを入れ混ぜ合わせます、
  残りの20gは最後に仕上げにパスタの上に
  振りかけます、
5.ガルムを入れ混ぜ合わせます、
6.パスタパンにたっぷりのお湯を沸騰させ塩を軽く
  ひとつかみ入れパスタを茹であげます、
  パスタの茹で時間は袋に書いてある時間より
  2分間短めに茹でます、
  食するときにアルデンテをお楽しみ頂けます、
7.フライパンにパスタを入れ混ぜ合わせます、
8.グラナ・パダーノチーズを入れ混ぜ合わせます、
9.食器に盛り付けからすみの残りを振りかけ飾ります、
イタリア料理に使用する調理器具

ジオプロダクト・7層鋼ステンレス鍋
パスタパン21cm(メッシュ・コランダー付)

ビタクラフト/UltraVitaCraft ウルトラ(9層)
フライパン27.0cm(補助把手、向い手付)

チーズグレーター・チーズおろし器
18-0 六面チーズオロシ
6種類の刃で、パウダーチーズ、シュレッダーチーズ、スライスチーズ等、
様々な形にチーズを変化させます。
削りたての香り豊かなチーズをキッチンでテーブルで楽しむ事ができるチーズおろし器です。

リチャードジノリ(Richard Ginori) ベッキオホワイト プレート 26cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
ポチッと応援 お願いいたします、

 - パスタ ニョッキ, レシピ

Comment

  1. むーみん より:

    いつもほんとおいしそうですね☆
    ぽち。

  2. おさむ より:

    クリームのパスタにもからすみを使うレシピがあるのですね。知りませんでした。ほんとに経験豊かなryuji_s1さん。勉強になります。

  3. kazuyoo60 より:

    好きな色のバラです。元気に咲いて楽しませてくれますね。
    海辺で柑橘農家の方のブログですが、捕れたての小鰯で塩漬けとガルム?を作って利用と前に書かれていました。
    美味しさの組み合わせ、気使いでずいぶん違いますね。

  4. タヌ子 より:

    昨年イタリアに行った時に探したんですが、『ガルム』が見つからなかったんです。
    大きなスーパーだったのに…
    特別のお店に行かないと売ってないのかも知れないですね。
    今回はパリで時間がなくてカラスミが買えませんでした。
    なんとか口実を見つけたまたパリに行かないと!
    とってもシンプルだけど、お魚のうまみがしかっりパスタに絡まって美味しそう。

  5. persian より:

    美味しそうですね。
    からすみは滅多に食べませんが、長崎のを頂いた事があります。
    高級品ですよね。
    結構好きです。
    からすみのパスタもお店のメニューにあるのを見た事があります。
    ポチッと応援です!

  6. たの子 より:

    からすみは食べたことあるのですが、可もなく不可もなく見たいな印象でした。
    パウダーのもののほうがたぶん食べやすいかもしれませんね。
    それと乾煎りするのがいいのかもしれません。

  7. cani2 より:

    白子に続いてからすみ
    なんて美味しそうなんでしょう!
    ガラム、初めて知りました、
    発酵調味料なんですね。( ..)φ メモメモ
    今日も勉強になりました。

  8. ゆん より:

    おはよ~ございます
    ホントに毎日、未知の世界のお料理です。
    魚醤って色々な国にあるのですね!!
    ホントにお勉強になります!!

  9. まっぴぃ より:

    ryujiさんこんにちは~♪
    クリームパスタいいですねぇ♪
    ちょうど明日のランチはクリーム系にしようと思ってたんです~ヽ(^o^)丿
    っと言っても私のは「ツナクリームパスタ」ですけどね~(笑)
    ぽっちん(*^^)v

  10. さくらん より:

    からすみ、日本産のと台湾産のしか食べたことがないのですが
    イタリアのからすみはオイルコーティングしてあるんですか、
    パスタにからすみは食したこともなかったのですが
    イタリア産のからすみには違いがあると知って
    パスタやイタリア料理に合わせて食べてみたくなりました♪

  11. Sakulanbo より:

    こんばんは
    からすみとクリームソースのパスタなんてすごくおいしそうで、うらやましい限りです。
    先日のブロッコリーのガーリック炒め作りました。ガーリックの風味が効いていてとてもおいしかったです。ご馳走様でした。

  12. マリン より:

    コメありがとうございました
    本格的なイタリア料理ですね♪
    美味しそう~♪
    しかし・・
    からすみ。。。
    近所のスーパーでは、手に入りそうにありません(泣)
    ポッチ

  13. doucement より:

    こんにちは。
    遊びに伺わせて頂きました~
    先日は コメントありがとうございました。
    素晴しいレシピの数々 感激です!
    ご家族が羨ましいです~
    私も 1度お相伴にあずかりたいです^^
    私もボッタルガのパスタは 大好きでよく作りますが クリーム仕立てにしたことはなかったので 参考にさせて頂きます。
    今後とも どうぞ よろしく!

  14. うさうさ より:

    こんにちわ!
    からすみと生クリームのパスタとは、美味しそう。
    ガルム風味って、どんなんだろうと思いました。
    タイのナンプラーと同じようですか。
    未知な味ですね。
    バラが、綺麗に咲いていますね。

  15. bun より:

    いつもほんとうに美味しそうです。
    ここんとこお正月がらみですっかりパスタにご無沙汰でしたが、
    こちらを拝見して、今晩はぜったいパスタ! ってきめました
    応援クリックしてかえります。

  16. Sayu より:

    初めて訪問いたします。
    ステキなブログですね。
    本格的にお料理なさるのですね。
    とても勉強になります
    私もトライしてみようかな^^♪
    また遊びにきま~す。ポチ

  17. ☆青☆ より:

    イタリアにも漁醤があるんですねー、アジア特有のものかと思っていました。
    魚醤でこんなステキな料理になるなんて!

  18. ぱお より:

    わ~今日もおいしそう~(^^)
    ガラム初めてききました~
    ナンプラー大好きなので是非使ってみたいです。
    カラスミも入ってとってもおいしそう~!!
    本格的ですね!!!
    色々なイタリアンが見られて勉強になります~(^^)

  19. ひろりん より:

    からすみってイタリアにもあるんですね。
    イタリアンにからすみと魚醤、考えたことも
    なかったです。
    どんなお味になるのかしら、食べてみたい

  20. nanako より:

    こんにちは!
    カラスミの粉末ってあるんですね!
    美味しそうなパスタが出来上がりそうで
    楽しみです!

  21. MOMO より:

    ボッタルガ、カラスミを食べにサルディニアに行ったのは、数年前。本当は、サンゴを買いに行ったのですが、色気より食い気が勝り、カラスミパスタばかり食べていました。
    でも、生クリームのものはありませんでした。
    MOMOのお気に入りは、ボンゴレとカラスミのスライスのオイルパスタ。これは、贅沢なパスタでした~。

  22. イタリアに魚醤ってあるんですかぁ。
    ちょっと癖のある臭いイメージですけど、火を通すとコクになるんですね。
    へぇ~♪
    勉強になります(^^)
    からすみもイタリア料理に使われてるのも意外でした★
    ポチっと応援していきま~す(^ー^)

コメントを残す

  関連記事

チリメンキャベツとライ麦パンのスープ フォンティーナ風味
うすいえんどう豆とラザニア
古代小麦ショートパスタ クルミソース
夏野菜のパスタ セーメ・ディ・チコリア
パスタ リングイネ ブラックペパー風味 ブラックオリーブ添え
イチゴのパスタ カッペリーニ
ホタルイカのペペロンチーノ パスタ リングイネ
沖縄アグーの豚ロースグリル・バルサミコソース和え
シチリア地方の名物パスタ タランティーナ
シーザースサラダ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。