イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,638、パスタのレシピ数は1614。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

仔牛の骨付きスネ肉(Osso Bucco)のトマトソース煮込み

   

仔牛の骨付きスネ肉(Osso Bucco)のトマトソース煮込み

仔牛の骨付きスネ肉(Osso Bucco)のトマトソース煮込み

イタリア料理レシピ
仔牛の骨付きスネ肉(Osso Bucco)はイタリアでは良く食卓に上ります、
ソフリットとは
香味野菜(たまねぎ・にんじん・セロリ)を丁寧に炒めて
仕上げた調味料で、すごく料理にコクが出ます、
クレモラータとは
レモンの皮・にんにく・イタリアンパセリを微塵にして合わせたものです
こってり煮込んだオッソ ブッコなどに添えて
さっぱり沙汰味を提供する薬味のようなものです、
最後に料理の上に振りかけます、
Sakulanboがお造りになったブロッコリーのガーリック炒め
さくらんぼのドタバタ アメリカ日記の
Sakulanboがお造りになったブロッコリーのガーリック炒め
素敵にお造り頂き有り難うございます、
嬉しいです、
ストックストック
ストック
イタリア料理食材4人分
仔牛の骨付きスネ肉(Osso Bucco)…………..8枚
***ソフリット用食材
 たまねぎ………………………………100g
 にんじん………………………………50g
 セロリ………………………………..30g
 オリーブオイル…………………………40cc
***グレモラータ
 レモンの皮…………………………….1/2個
 にんにく………………………………2片
 イタリアンパセリ……………………….2枝
白ワイン(辛口)…………………………..200cc
トマトホール缶…………………………..400g
オリーブオイル…………………………..40cc
鶏のブロード…………………………….500cc
パルミジャーノ・レジャーノチーズ…………..60g
岩塩……………………………………適量
ブラックペパー…………………………..適量
イタリア料理に使用する食材

煮込み料理にどうぞ!
オッソブッコ(仔牛の骨付きスネ肉)
オッソブッコ(ヴィール前スネ輪切り)仔牛の骨付きスネ肉(Osso Bucco)。厚さ約2.5cmが1pcに2枚入っています。
イタリア料理などにどうぞ。
流通形態:冷凍
内容量 :1pc2枚入り

淡路産 たまねぎ Lサイズ

豪雪の羊蹄山麓で冬を越し、甘味・うまみが凝縮されました!
ニセコ雪の下にんじん(混みサイズM~2L) 3Kg

静岡県産他 セロリ(

奇跡のオリーブオイル
【日本初上陸!】イタリア直輸入知る人ぞ知る“奇跡のオリーブオイル”★『EXオリーブオイル プレジャート&プレジャート・リモーネ・ヌーヴォー』

イタリア辛口白ワイン
ガーヴィ ヴィッララターナ・トレダナ黒ラベル

キスコ:冷凍ブイヨン【1kg】

アナリサ(アンナリサ)サンマルツァーノDOPホールトマト(4号缶)

青森県産 にんにく AL1Kg

皇室献上品!
ノーワックスの国産レモン
10個+1個(オマケ)で11個♪
【国産】観音山レモンA品(11個)

”特選ハーブ” イタリアンパセリ

パルミジャーノ レジャーノ 36~48ヶ月熟成

「神様からの贈り物」イタリア シシリー島の岩塩 微粒タイプ

ブラックペッパー(ホール)

プジョーPEUGEOT 電動ペッパーミル アルティア 20cm
イタリア料理レシピ手順
***ソフリットを作ります、
1.たまねぎ・にんじん・セロリは実時切りにします、
2.フライパンにオリーブオイルを入れ1を入れ
  弱火で1時間から1時間30分焦げ付か
  ないように木べらでフライパンの底を
  こすげながら炒めます、
3.水分がしっかり無くなり焦げ茶色になったら
  できあがりです、
  そのままにしておきます、
***クレモラータを作ります、
1.レモンの皮をすりおろします、
2.にんにく縦に2等分し中の芽を取りのぞき
  嫌な苦みが出ないようにします、
3.イタリアンパセリは葉の部分を微塵にします、
  ボウルに入れ混ぜ合わせます、
***仔牛の骨付きスネ肉(Osso Bucco)の調理
1.すね肉は形が崩れない様にタコ糸で縛ります、
2.塩・ブラックペパーを振りかけます、
3.強力粉をまぶします、
4.プライパンにオリーブオイルを入れすね肉を入れ
  全面に焼き色を付けます、
  最初に脇の面を廻しながら焼きます、
  その後両面を炒めます、
5.すね肉を一度取りだしフライパンの油を
  捨てます、この時フライパンにこびり
  ついているうま味の元は残しておきます、
6.フライパンを強火にかけ白ワインを注ぎ入れます、
  木べらでフライパンの底をこすげ甘みを
  溶かし込みます、
7.ソフリットを作った鍋にトマトホールをジュース
  ごと入れ鶏のブロードを入れます、
8.すね肉を入れます、中火にかけ煮込みます、
  アクが出て来ますのですくい捕ります、
9.塩・胡椒を入れ軽く味を整えます、
10.蓋を閉め180℃に設定してあるオーブンに入れ加熱
   します、
   1時間30分ぐらいです、
11.一度すね肉を取りだしておきます、
   肉を縛っていたタコ糸をカットしとります、
12.鍋のソースを煮詰めコクを出します、
13.食器にすね肉を盛り付けその上にクレモラータ
   を振りかけます、
14.最後にパルミジャーノ・レジャーノを
   振りかけできあがりです、
イタリア料理に使用する調理器具

柳宗理 ステンレス ボール&パンチングストレーナー6点   セット

ビタクラフト/UltraVitaCraft ウルトラ(9層)
フライパン27.0cm(補助把手、向い手付)

チーズグレーター・チーズおろし器
18-0 六面チーズオロシ
6種類の刃で、パウダーチーズ、シュレッダーチーズ、スライスチーズ等、
様々な形にチーズを変化させます。
削りたての香り豊かなチーズをキッチンでテーブルで楽しむ事ができるチーズおろし器です。

ストウブ(staub)
オーバルシチューパン 27cm(チェリーレッド)

リチャードジノリ(Richard Ginori) ミュージオホワイト ラウンドフラットプレート 33cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
ポチッと応援 お願いいたします、

 - レシピ, 牛肉 ロース フィレ もも バラ 頬肉 すね テール タン

Comment

  1. むーみん より:

    これまたとってもおいしそうですね。
    ぽち。

  2. タヌ子 より:

    友人が作ってくれたオッソブッコが凄く美味しくて、それからすっかりファンになってしまいました。
    ソフリットはフランスで言うミルポワを煮込まずに炒めたものなんですね。
    寒い日が続いているので、温かいオッソブッコは魅力ですね。

  3. おさむ より:

    オッソブッコのトマトソース煮込みですね、このお料理は知ってます。
    昔勤めた職場でイタリアフェアみたいなものをやって、オッソブッコと言っていた記憶があります。
    ソフリット、前にもryuji_s1さんの記事で勉強しました。再び登場で、頭に馴染んできました。

  4. やまがたん より:

    おはようございます
    無事、昨日家に着きました^^
    不在の間もご訪問ありがとうございました☆
    今日も美味しそうなレシピありがとうございます

  5. kazuyoo60 より:

    八重の綺麗なストックです。元気に咲いてくれましたね。
    オッソブッコって出会ってません。たいていパックのを買ってますから、肉専門店へ行くことが無くなっています。しゃれた料理をする人が少ないから置かないのでしょうね。

  6. ゆん より:

    おはよ~ございます
    今日もまた本格的な!!
    ホント素晴らしいですね♪♪
    とっても美味しそうです♪♪

  7. より:

    すね肉に限らず仔牛肉全般がもっと身近にデパートとかで買えればな~とよく思います。
    グレモラータという言葉は初耳でした。
    料理のアクセントとしていろいろ使えそうですね。ポチ☆

  8. たの子 より:

    すね肉は煮込むとやわらかいですね。
    毎年すね肉でシチューを作るのですが今年はまだでした。
    今度買いに行きたいと思います。

  9. うさうさ より:

    こんにちわ!
    仔牛の骨付きスネ肉のトマトソース煮込み、
    こういうお料理が出てきたら、嬉しいな。
    トマトソースは、大好きです。
    ストックも、可愛いですね。
    うちにも、同じ色がありますよ。
    今、玄関のフラワーベースに飾っているのも
    ストックなんですよ。
    外と中で楽しんでいます。

  10. ☆PECOchan☆ より:

    ryuji_s1さん、こんにちは☆
    今日はお肉料理ですね~しかも結構手が込んでいて時間もかかるのかしら??
    でも一からしっかり丁寧に作った料理はまた格別でしょうね。
    いつもながらお見事です♪
    応援ぽちん☆

  11. ゆりりん より:

    丁寧なお仕事がきっちりされたお料理ですね。
    美味しそうです
    赤のストウブ鍋とっても可愛い
    ポチっと応援!!

  12. あびまま より:

    オッソブーコ用肉、良くみるんですけど、
    ちょっとおっかなびっくりでイマイチ手が出ません。
    どんな食感でしょうか?

  13. kazumi より:

    ryujiさん、こんにちは(^^)
    丁寧に作られたトマトソース煮込みは
    最高ですね☆
    とってもおいしそう^^
    仔牛のお肉もやわらかそうですね!
    おうえん☆

  14. かおりん より:

    しゃれたお店でしか食べられない料理・・・
    と思いきや、イタリアではよく食卓に
    あがるんですね!?
    こういう手の込んだ料理を何も見ずに
    さささっと作れるようになりたいものです。
    私はムリですが(笑)

  15. a-ko より:

    こんにちは♪
    凄く美味しそうですね!
    仔牛の骨付き肉、なかなか家では出来なそうですが
    イタリアンのお店に行って食べてみたい(*^_^*)
    トマトソース煮っていうのが魅力的です♪
    ポチ★

  16. cani2 より:

    じっくりじっくり丁寧に作られるお料理なんですね。
    お休みの日に腰をすえてチャレンジしてみた~い。

  17. ゆうモモち より:

    これは絶対赤ワインですね!
    じっくり時間をかけるお料理には
    ストウブ鍋がピッタリですね。ぽち☆

  18. 那須パパ より:

    こんばんは♪
    仔牛の骨付きスネ肉….(-^□^-)
    ホロホロなるまで柔らかくして食べたいですね♪
    今日もとっても美味しそうです!!
    ポチっと応援して行きますね(‘-^*)/

  19. パンダ より:

    こんばんは(^^♪
    本格的なイタリアンにビックリしました。
    トロトロに煮込んだ骨付きスネ肉、
    美味しそうですね☆
    あとブロッコリーのガーリック炒めも
    美味しそう♪
    応援ポチっと♪

  20. エミリア より:

    これ、姑の得意料理なんです。煮込むとおいしいですね。私は今夜骨付き羊の肉のシチューの予定です。ブロッコリーも季節の野菜で、ビタミンたっぷり!
    応援ぽちりん★

  21. persian より:

    仔牛はレストランでしか食べませんが、美味しいですよね。
    今日もポチッと応援です。

  22. awa_tama より:

    とっても手間がかかりそうですが、
    冬の寒いこの時期に食べたいお料理ですね。
    ゆっくり時間のあるときに作ってみたいです~。
    淡路産の玉ねぎ美味しいですよね。
    実は実家が淡路島なのでなんだか嬉しいです。

  23. むーみん より:

    遊びに来ました。
    ぽちん。

コメントを残す

  関連記事

ホタテのグリルバルサミコ和え
ヒラメの白ワインの煮込み
ミニトマトとブラックオリーブのソテー
そば粉のニョッキ
フレッシュ ブッファラ リコッタのパスタ フェットチーネ
ズッキーニのクリームスープ
べいなすのミルフィーユ仕立て
アサリと焼きなすの煮浸し
下仁田ネギの焼き ペペロンチーノ 古代小麦パスタ
下仁田ネギのリゾット