イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,637、パスタのレシピ数は1614。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

キハダマグロのほほ肉とツナとじゃがいものロースト

   

キハダマグロのほほ肉とツナとじゃがいものロースト

キハダマグロのほほ肉とツナとじゃがいものロースト

イタリア料理レシピ
マグロの肉で一番希少価値が高い部位です。例えるなら、1本100kgの鮪から約200g程しか取れません。そのため、なかなかスーパー等でお目にかかれません。ご用意した鮪のホホ肉は、遠洋漁業で捕獲した冷凍のメバチマグロから取り出したものです。
ほほ肉とツナが良く合います、じゃがいもに味が染みこんでとてもおいしく頂けます、
ツナはイタリア産のバレーナ ツナオイル漬けを使いました、
ぜひ味わって欲しいツナです、
香草パン粉をたっぷりまぶして楽しい一皿に
ラベンダーラベンダー
ラベンダー
イタリア料理に使用する食材4人分
グラタン皿4枚分
1枚あたりは1/4に換算してください、
キハダマグロのほほ肉400g …………1皿100g
ツナ200g  ………………………1皿50g
じゃがいも4個 …………………..1皿1個
たまねぎ…………………………1個
パン粉120g ……………………..1皿40g
オリーブオイル80cc ……………….1皿20cc
イタリアンパセリ2枝 ………………4皿分
香草パン粉……………………….100g
パン粉…………………………..80g
ドライオレガノ……………………4g
にんにく…………………………2片
イタリアンパセリ………………….2枝
トマト…………………………..1個
オリーブオイル……………………適量
岩塩…………………………….適量
イタリア料理に使用する食材

マグロ一尾から2枚しか取れない希少なホホ肉♪ 天然マグロ ホホ肉 【柔らか~い♪ステーキにぴったり!】

バレーナ ツナオイル漬け
190g
イタリア産
マグロのオイル漬けです。
このままワインやお酒のお供に、又、パスタやサラダにどうぞ。
今まで食べていたツナとは全く違うおいしさです。

じゃがいも!インカのめざめ!3k(サイズ無選別)北海道産地直送

淡路産 たまねぎ Lサイズ(1kg)

地粉パン粉 150g

ニュークラウンエース オレガノ(ホール) 9g こだわりを求める方に自信を持ってお届けする、本格スパイスです。ホールスパイスタイプ

青森県産 にんにく A2L

パルミジャーノ レジャーノ 36~48ヶ月熟成

塩蔵ケッパー (500g)
ケッパーの大生産地、シチリア島の北東部に浮かぶ リーパリ島産のケッパーの塩漬け。

高知県日高村の
シュガートマト

Cetrone社
高級エキストラ バージン オリーブオイル

☆お洒落パセリ☆
イタリアンパセリ
岐阜県産 1p(20g)

「神様からの贈り物」イタリア シシリー島の岩塩 微粒タイプ
イタリア料理レシピ手順
1.パン粉はミキサーにかけ細かく砕きます、
2.にんにくは縦に2等分し中の芽を取りのぞき
  嫌な苦みが出ないようにします、
  微塵切りにします、
3.ケッパーはボウルに入れ水を入れて塩抜きをします、
  10分間くらいです、
  ざるにあけしっかり水気を切ります、
  ペーパータオルに載せ丸め水を吸い取ると
  綺麗に採れます、
4.パルミジャーノ・レジャーノチーズは
  すりおろします、
5.イタリアンパセリは葉の部分を微塵切りにします、
6.トマトはへたを取りのぞき上部に十文字に切り目を
  入れ沸騰したお湯に入れ皮がめくれて来たら
  冷水に取り皮をむきます、
  横に2等分し中の種の部部を綺麗にのぞきます、
  粗くカットします、
***香草パン粉を作ります、
7.ボウルにパン粉・にんにく・オレガノ・ケッパー・
  イタリアンパセリを入れ混ぜ合わせます、
  この時トマトは最後に入れトマトを潰さないように
  ざっくりと混ぜ合わせます、
8.キハダマグロのほほ肉は1000gが入っています、
使用するのは400gです
残りはステーキにすると美味しいです、
400gは5mmの厚さにそ切りにします、
9.じゃがいもは皮付きで水から煮ます、
  竹串がスッと入ったらざるにあけ皮をむき3mm
  ぐらいの厚さにスライスします、
10.たまねぎは縦に2等分し繊維に沿って薄く
   スライスします、
11.ツナは必要な分を取りだし油を切っておきます、
12.グラタン皿にオリーブオイルを塗りつけます、
13.たまねぎを敷き詰め・じゃがいも・ほほ肉・ツナを入れ
   香草はんこをかけます、その上にまた同じ行程を
   2度繰り返し重ねます
   最後にパン粉を一杯振りかけます、
14.上からオリーブオイルを回しかけます、
15.オーブンを200℃に設定してグラタン皿を入れ
   15分~20分間ローストします、
16.イタリアンパセリの葉を粗みじんにして振りかけます、
イタリア料理に使用する調理器具

ビタクラフト ウルトラ両手鍋25.5cm

リチャードジノリ(Richard Ginori) ボンジョルノ ブルーロゴ オーバルグラタンディッシュ 29cm
メーカー リチャード・ジノリ(イタリア)
シリーズ ボンジョルノ ブルーロゴ
アイテム 変形ディッシュ
サイズ ●直径 16.5cm(短い方)
29.0cm(長い方)
●高さ7.0cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
ポチッと応援 お願いいたします、

 - レシピ,

Comment

  1. おさむ より:

    鮪の希少部位、ほほ肉ですか、ふわっふわなんでしょうね。じゃがいもにも出汁がしみて、この魚肉と芋のほっくりが、よく合うんだと思います。
    ツナも、こういう上等ツナがあることを知りませんでした。ほんと、僕は庶民であることを実感です。

  2. kazuyoo60 より:

    ラベンダーが綺麗ですね。我が家ではデンタータラベンダーしか育ちませんが、冬も南側の廊下で咲いています。
    頬肉って聞いたことはありますが、1人前で大きなマグロの半分ですよね。缶詰になってるのですか。あるのさえ知りませんでした。

  3. やまがたん より:

    おはようございます
    美味しい、貴重なマグロのほほ肉を使うのですか?
    これは絶対に美味しいと確信しちゃいました!
    こんなツナ、私も一度食べてみたいですわ~
    今日もポチっと応援☆

  4. nanako より:

    ryujiさん、こんにちは!
    キハダマグロのほほ肉なんてめったに
    食べられるものじゃないので、
    おぉ~すごいって見てます!
    グラタン大好きなのでツナ缶で作ってみたいです!

  5. Sivaji より:

    マグロの頬肉は見かけたことが無いですね。
    牛の頬肉と違い柔らかいのですか。
    食べるものが違うからでしょうか。
    ツナと香草と頬肉でつくったグラタンですね。
    なんとなく麺が入ればラザニアのようなイメージに感じます。
    なかなか入手困難な食材ですので手軽には作れないですが、レストランで食べてみたい料理です。

  6. cani2 より:

    まぐろのほっぺも香草焼きで美味しくなるんですね。
    前回の香草焼きに触発されて私も作ってみました。
    まもなく記事にできると思います。
    TBできるほど手間をかけていないので^^;
    記事中でリンクさせていただくようにしますね。

  7. kazumi より:

    ryujiさん、こんにちは(^^)
    マグロのほほ肉は貴重なものなのですね^^
    その貴重なほほ肉とツナとジャガイモが一緒なんて贅沢なお料理☆
    食べてみたいです!
    おうえん☆

  8. まほねぇ より:

    ryuji_s1さん こんにちは(^-^*)
    キハダマグロのほほ肉とツナとじゃがいものロースト~
    美味しそうですねぇ( ´艸`)
    どんな動物も ほほ肉が1番美味しいっていいますもんね♪

  9. うさうさ より:

    こんにちわ!
    今日も、とってもお洒落なお料理ですね。
    キハダマグロのほほ肉って、一度食べてみたいな。
    ラベンダー、うちのと同じ種類です。
    これが、よく育ちます。
    以前、2種類、育てていた時には、名前を
    覚えていたのですけどね。
    このラベンダーの名前、ご存知ですか?

  10. ゆん より:

    こんばんは~
    マグロの頬肉食べてみたいです。
    今日も本格的なお料理、うっとりしちゃいます

  11. セラ♪ より:

    こんばんは~
    キハダマグロのほほ肉って
    貴重なんですね
    食べてみたいです(*´ー`)
    応援していきますぽちっ♪

  12. ひろりん より:

    まぐろのほほ肉はあぶりでいただいたら最高ですね

  13. 那須パパ より:

    こんばんは♪
    ほほ肉は格別の旨さですね(-^□^-)
    我家はかま焼きをしばしばやります!!
    ポチっと応援して行きますね(‘-^*)/

  14. ここまで完璧に作れませんが、なんとか私にも作れそう♪
    市場でほほにく売ってるのを見たしヽ(=´▽`=)ノ
    昨日、ボンゴレ作って見ましたが
    私が想像してた味にはなりませんでした( iдi ) ハウー

  15. りりり より:

    前にマグロの頬肉のソテーを香草バターで食べましたが、
    お肉のようでとても美味しかったです^^
    ポチっ♪

  16. aco より:

    美味しそうでね!
    私は頬肉大好きです^^
    たまにスーパーで見かけると買ってソテーにして食べていたのですが、香草とじゃがいも、さらにツナも入れたロースト、絶対美味しいこと間違いなしですね~
    いつも、ヒントをいただきありがとうございます^^
    お礼と応援のポチッとな^^

コメントを残す

  関連記事

アンチョビーのにんにく風味イタリアンパセリ添え
空豆のペコリーノ・ロマーノソース
ヤンソンの誘惑 スエーデンの名物料理
焼きなすのピューレーソース パスタ キタッラ
牡蛎のリゾット
仔牛ののコトレット ケッカ風味
tonnetto(かつお)のオイル漬け
豚のローストと香草風味
アジのカルパッチョ ハーブ風味
ふきのとうと桜エビのパスタ