イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,635、パスタのレシピ数は1613。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

合い挽き肉のクリームパスタ フェットチーネ

   

合い挽き肉のクリームパスタ フェットチーネ

合い挽き肉のクリームパスタ フェットチーネ

イタリア料理レシピ
***ローマ法王庁御用達
ジュゼッペ・コッコ フェットチーネは
販売店も限られていて、高級食料品店、百貨店、高級リストランテなどで
販売されている程度です。
バチカンのローマ法王庁にも納められており、法王庁からも
感謝状も授かっております。
パスタ作りに対する功績が認められ、
イタリア政府から勲爵士称号が贈られています。
本物志向のお客様にオススメしたい品です。
勲爵士ジュゼッペ コッコ(マスター・ペッペ)が作り出す
パスタには、
多くの伝統と経験が込められています。マスターの作る
パスタは、たっぷりと時間をかけて作られ、伝統の風味と
歯応えの再現に最も
力が尽くされています。
***大粒丹波しめじ(はたけしめじ)
『丹波大粒しめじ』は、タカラバイオの研究者がスイスで
採取した菌株をもとに、品種改良を重ねて作出した、
ハタケシメジの中でも特に味・姿に優れた菌株です。
1本が大きく実が締まっていてシャキシャキ感が
違います、
***ソフリットとは
イタリアの手作りの万能調味料です、
たまねぎ・にんじん・セロリなどの香味野菜を
みじん切りにして弱火で炒め完全に水気を
飛ばしたものです、
料理に素晴らしいコクと味に深みを与えてくれます、
パスタ料理 煮込み料理 いろいろな料理に使われます、
ミモザミモザ
イタリア料理食材4人分
パスタ フェットチーネ……………………..280g
合い挽き肉………………………………..400g
エリンギ………………………………….4本
大粒丹波しめじ(はたけしめじ)………………..12本
***香味野菜 ソフリットを作ります、
にんじん………………………………….80g
たまねぎ………………………………….80g
セロリ……………………………………80g
生クリーム………………………………..200cc
ペペロンチーノ…………………………….1本
パルミジャーノ・レジャーノ………………….40g
レモン……………………………………1/2個
ブラックペパー…………………………….適量
岩塩……………………………………..適量
白ワイン(辛口)…………………………….60cc
オリーブオイル……………………………60cc+100cc
イタリア料理に使用する食材

ローマ法王庁御用達
ジュゼッペ・コッコ フェットチーネ

牛肉(興農牛)合い挽きミンチ 300g

エリンギ(ビッグ 2本入り)

シャキシャキ感が違う
大粒丹波しめじ(はたけしめじ)(京都丹波産)1.2kg
味・香り・歯ざわりと格別のキノコ

北海道産他 にんじん(3L) 1kg

淡路産 たまねぎ Lサイズ(1kg)
静岡県産他 セロリ(1本)

イタリア辛口白ワイン
ガーヴィ ヴィッララターナ・トレダナ黒ラベル

力強い風味と旨み!
山のパルミジャーノ・レッチアーノ登場♪
『パルミジャーノ・レジャーノ No.2284 “モンターニャ”』 約1kg

Cetrone社
高級エキストラ バージン オリーブオイル
イタリア料理レシピ手順
1.香味野菜でイタリアの万能調味料ソフリットを作ります、
  香味野菜 たまねぎ・セロリ・にんじん葉微塵切りに
  カットします、
  フードプロセッサーを使用すると便利です、
  フライパンにオリーブオイル60cc入れ香味野菜を
  入れて弱火で丁寧に炒めます、焦げ付かないよう木べらで
  フライパンの底をこすげるようにし混ぜながら根気よく炒めます、
  約1時間から1時間30分かぐらいかかります、
  ソフリットのできあがりです、
2.エリンギは下部の石突きをカットします、
  縦に4等分にいます、
3.畑しめじは石突きを取りのぞき1本ずつに
  小分けします、
4.にんにくは縦に2等分し中の芽を取り除き
  いやな苦みの素をカットします、
5.ペペロンチーノは手で二つに折り中の種を
  取り除きます、
6.レモンは絞り器で搾っておきます、
  種は取り除きます、
7.パルミジャーノ・レジャーノはすりおろして
  おきます、
8.新しいフライパンにオリーブオイル60ccを入れににく・
  ペペロンチーノを入で弱火で炒めます、
9.このときフライパンの手前を下げオイルを集め
  その中で具を炒めます、均一に日が通ります、
10.にんにくの香りがだってきたら祖父りっとを入れ
   炒め混ぜ合わせます、
11.合い挽きを入れ中火で木べらで良く混ぜ合わせ
   ながら赤身が無くなるまで炒めます、
12.キノコを入れ軽く焼き色がつくように炒めます、
13.白ワインを入れ強火で炒めアルコール分を飛ばします、
   レモン汁を入れます、
  
14.生クリームを注ぎ入れ混ぜ合わせます、
   フライパンの火を止めて置きます、
15.パスタパンにたっぷりのお湯を沸騰させ塩を軽く
   ひとつかみ入れパスタを茹で上げます、
   茹で時間は袋に表示されている茹で時間より
   2分間短めに茹で上げます、
16.パスタが茹で上がったらフライパンを火にかけに
   パスタのゆで汁80ccを入れ混ぜ合わせます、
   パスタを湯切りしてフライパンに入れ
   オリーブオイル100ccとパスタのゆで汁60ccを
   加え混ぜ合わせます、
17.食器に盛りつけパルミジャーノ・レジャーを
   振りかけます、
イタリア料理に使用する調理器具

ブラウン スティック型ハンドブレンダーBRAUN 
マルチクイック プロフェッショナル MR-5550MFP

ジオプロダクト・7層鋼ステンレス鍋
パスタパン21cm(メッシュ・コランダー付)

ビタクラフト/UltraVitaCraft ウルトラ(9層)
フライパン27.0cm(補助把手、向い手付)

チーズグレーター・チーズおろし器
18-0 六面チーズオロシ
6種類の刃で、パウダーチーズ、シュレッダーチーズ、スライスチーズ等、
様々な形にチーズを変化させます。
削りたての香り豊かなチーズをキッチンでテーブルで楽しむ事ができるチーズおろし器です。

リチャードジノリ(Richard Ginori) ベッキオホワイト プレート 26cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
ポチッと応援 お願いいたします、

 - パスタ ニョッキ, レシピ

Comment

  1. おはようございます(*´∇`*)
    今日はクリーム系のパスタですね♪
    自分では作ったことはないんですが
    レトルトだと、なんか違うんですよね
    やはり美味しく食べるには自分で作るしかないですね(^▽^;)

  2. puffpuff より:

    ボリュームがあって
    キノコの香りと野菜のうまみがぎっしり詰まったソースが魅力的です!

  3. ☆PECOchan☆ より:

    ryuji_s1さん、おはよぉです☆
    いや~素晴らしい食材を贅沢に使った一品、さぞかしお味も一級品なんでしょうね!!
    ローマ法王庁御用達のフェットチーネ…一度頂いてみたいものです。
    大粒丹波しめじは近所のお店にも売っていて食べた事ありますが本当肉厚で食べ応えがあって美味しかったな♪
    合い挽き肉と聞くとどうしてもトマトソースのを想像してしまうのでクリームパスタというのはとっても気になります☆
    応援もぽち~☆

  4. ブッコロリ より:

    ローマ法王庁御用達
    ジュゼッペ・コッコ フェットチーネ
    めっちゃ気になります!!!
    新宿伊勢丹の地下にありそうな・・・・
    今度探してみます♪
    ソフリットという言葉、勉強になります!
    今まで「香味野菜を炒める」としか知りませんでしたので。。
    ありがとうございますo(v v)o
    応援ポチ、ありがとうございました!
    今日もポチさせていただきます♪

  5. うさうさ より:

    こんにちわ!
    フェットチーネ、最近、よく登場しますね。
    大好きなので、嬉しいです。
    合い挽き肉のクリームパスタというのが
    また、いいですね。
    クリームパスタは、作るのが、どうも苦手。
    今年は、挑戦してみようかな。

  6. kazumi より:

    ryujiさん、こんにちは(^^)
    合びき肉のパスタおいしそう☆
    使っている食材も凝っているので
    参考になります^^
    たべてみたいなぁ~!
    おうえん☆

  7. kazuyoo60 より:

    ソフリットって良いですね。根気よくなのですね。
    チーズおろし器は持ってませんが、チーズは好きです。
    ローマ法王庁御用達ですか。それがブランドになってるのですね。

  8. cani2 より:

    このソースもパスタだけではなく
    いろいろなお料理に使えそうですね。
    今日もレシピをいただいて帰ります。
    ありがとうございました。

  9. あびまま より:

    ひき肉と言うとボロネーズを連想しますが、
    クリームというのもおいしそうですねー!!
    ソースが凝ってておいしそうです。

  10. セラ♪ より:

    こんにちは~
    丹波しめじって初めて知りました
    大きくてしゃきしゃきしてて
    食べてみたいです♪
    合い挽き肉のクリームパスタ
    とてもおいしそうです(*゚ー゚*)
    応援ぽちっ

  11. ねこねこ より:

    ソフリットの作り方が勉強になりました。
    色々使えて便利そうですね。
    このパスタも食べてみたいです。
    フェトチーネに絡んだところを想像したら
    ホント、お腹がすいちゃいます(笑)

  12. こんにちは。
    フェットチーネでしたか。
    てっきりぼくはフィットチーネだとばかり思っていました。
    お恥しい(汗)

  13. マムチ より:

    こんにちわ~♪
    ソフリットって根気のいる作業なんですね、、
    だからこそ、美味しく仕上がるのですね!!
    こんな素敵パスタ、味わって食べてみたいです^^
    ポチっ!!おうえーん*

  14. りりり より:

    こんにちは。
    クリーム系のパスタ苦手なんですが、これは食べてみたい一品ですね^^
    作ってみたいより、食べてみたいの方がいつも多い私です^^
    今日も応援ポチっ♪

  15. おさむ より:

    ひき肉のクリームソースって、どんな美味しさなんでしょう、ソフリットも加わっているから、旨み、深みがありますね。
    レモンでひきしめてあって、とっても異国の味になってます。

  16. ゆうモモち より:

    食べごたえのある一皿ですね♪
    丹波しめじは感動ものの美味しさ!
    ちょっとお高くても買ってしまします☆ぽち!

  17. 那須パパ より:

    こんばんは♪
    ミートソース以外に、挽肉使いのパスタって知りませんでした(^o^;)
    美味しそうですね♪
    が、やはり気になるのはローマ法王庁御用達のジュゼッペ・コッコ フェットチーネでしょうか??
    250g入りですが、那須パパ….1回で1日で食べちゃう量です(ノ´▽`)ノ
    ちょっと手が届きそうに無いですが、一度は手に入れてみたいですね!!
    本日もポチッって応援して行きま~す(‘-^*)/

  18. ひろりん より:

    ソフリット、手間隙かかってるから、素晴らしい隠し味になるんでしょうね。

コメントを残す

  関連記事

豚肩ロースのカスレ
タコと空豆のサラダ
豚ヒレ肉とニンニクのかき揚げ
海老とポルチーニのパスタ フェデリーニ
メカジキのハラスの香草パン粉焼き
トマトのカプレーゼ
セロリのトマトソース煮込み
リーパリ島産のケッパーの塩漬けのパスタ キタッラ
白菜のロール巻き
かにと野菜のペペロンチーノ