イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,638、パスタのレシピ数は1614。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

サルシッチャとインカの目覚め(じゃがいも)のパスタ

   

サルシッチャとインカの目覚め(じゃがいも)のパスタ

サルシッチャとインカの目覚め(じゃがいも)のパスタ

イタリア料理レシピ
イタリア産 羊乳のチーズ
PecorinoToscano Fresco
ペコリーノ・トスカーノ フレスコとは
1ヶ月以内の熟成のフレッシュなペコリーノチーズ。
しなやかな弾力と羊乳独特の甘い香りとマイルドな風味が持ち味です。
サルシッチャとは
イタリアの「生ソーセージ」のこと。
あらびきのお肉にタップリの香辛料と背油が入っています、
ノースポールノースポール
イタリア料理食材4人分
パスタ スパゲッティ……………………280g
サルシッチャ…………………………..200g
じゃがいも…………………………….4個
たまねぎ………………………………1個
にんにく………………………………2片
オリーブオイル…………………………120cc
パルミジャーノ・レジャーノ………………60g
ペコリーノ・トスカーノ フレスコ…………60g
岩塩………………………………….適量
ブラックペパー…………………………適量
イタリアンパセリ……………………….2枝
イタリア料理に使用する食材

イタリアの高級パスタ
セタロ スパゲティーニ1.8mm 500g

これが本格派・超贅沢生ソーセージ!
新鮮なパルマ産の豚肉を贅沢に使用した
癖になる味わいと弾力がたまりません!
サルシッチャ(500g)

北海道産 幻のインカの目覚め 5kg

淡路産 たまねぎ Lサイズ

青森県産 にんにく A2L

【初登場!】力強い風味と旨み!
山のパルミジャーノ・レッチアーノ登場♪
『パルミジャーノ・レジャーノ No.2284 “モンターニャ”』 約1kg

イタリア産 羊乳のチーズ
PecorinoToscano Fresco
ペコリーノ・トスカーノ フレスコ 約250g

Cetrone社
高級エキストラ バージン オリーブオイル

「神様からの贈り物」イタリア シシリー島の岩塩 微粒タイプ

ブラックペッパー(ホール)

プジョーPEUGEOT 電動ペッパーミル アルティア 20cm
イタリア料理レシピ手順
1.たまねぎは微塵切りにします、
2.にんにくは縦に2等分し中の芽を取りのぞき
  嫌な苦みの素をたちます、微塵切りにします、
3.イタリアンパセリは葉の部分をつまみ粗微塵にします、
4.サルシッチャは皮から中の具を取りだし手で軽く
  ほぐします、
5.じゃがいもは皮をむき1cm角のダイス状にカットします、
6.パルミジャーノ・レジャーノはすりおろしておきます、
7.ペコリーノ・トスカーノ フレスコ チーズは2mmの
  厚さにスライスします、
8.パスタパンにたっぷりのお湯を沸騰させ塩を軽く
  ひとつかみ入れてます、
  パスタを入れ茹であげます、この時パスタの袋に
  表示されている茹で時間より2分間短めに茹でます、
  仕上がり時にアルデンテをお楽しみ頂けます、
9.フライパンにオリーブオイルを入れにんにくを入れ
  弱火にかけ炒めます、この時フライはパンの手前を
  下げオイルを集めその中でにんにくを炒めます、
  火が均一に通り香りが倍加します、
  じゃがいもはパスタの茹であがりの予想時間より
  5分前に入れ茹でます、
10.にんにくの香りが立ってきたらたまねぎを入れ炒めます、
   
11.たまねぎが透明になって来たらサルシッチャを
   入れ混ぜ合わせ炒めます、
12.パスタとじゃがいもを一緒に入れ混ぜ合わせます、
   オリーブオイル60ccとパスタの茹で汁80cc・
   パルミジャーノ・レジャーノを入れ
   混ぜ合わせオイルを乳化させます、
13.食器にパスタを盛りつけペコリーノ・トスカーノフレスコ
   のスライスを飾りイタリアンパセリを振りかけます、
イタリア料理に使用する調理器具

ジオプロダクト・7層鋼ステンレス鍋
パスタパン21cm(メッシュ・コランダー付)

ビタクラフト/UltraVitaCraft ウルトラ(9層)
フライパン27.0cm(補助把手、向い手付)

チーズグレーター・チーズおろし器
18-0 六面チーズオロシ
6種類の刃で、パウダーチーズ、シュレッダーチーズ、スライスチーズ等、
様々な形にチーズを変化させます。
削りたての香り豊かなチーズをキッチンでテーブルで楽しむ事ができるチーズおろし器です。

リチャードジノリ(Richard Ginori) ベッキオホワイト プレート 26cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
ポチッと応援 お願いいたします、

 - パスタ ニョッキ, レシピ

Comment

  1. おさむ より:

    スパゲッテイにじゃがいもという組み合わせは、いつも、スパゲッティを作るときに、避けていたのですが、ryuji_s1さんのレシピを見て、使ってもいいのだと、認識が変りました。ありがとうございます。

  2. タヌ子 より:

    ソーセージは皮から出して使うんですね。
    燻製されたものだから風味があって、挽肉を使うよりずっと美味しくなりそう。
    ryuji_s1さんのブログを拝見していると、日本では大体の食材が揃うんだなぁって感心してしまいます。
    ほぼお隣の国なのに、ペコリーノを探すのは大変なんですよ。
    まあ、似たようなものがそろうので、代用することは可能ですが、本物が揃わないとちょっと悲しい。

  3. kazuyoo60 より:

    私もノースポールを買いました。元気な株ですね。
    まだ生のソーセージに出会ってません。特別な美味しさなのですね。
    粗挽きのが好きです。また買ってきましょう。

  4. Sivaji より:

    イタリアのソーセージも、美味しいですね~。
    行きつけのイタリアンでメインで豆の煮込みと一緒に食べたりします。
    パスタでも美味しそうですね。
    ジャガイモのほっくり感と麺のシコシコ感、食感でも楽しめる一品ですね。

  5. ゆん より:

    こんにちは~
    じゃがいもがパスタに入るとお店のような気がしちゃいます
    なぜでしょうね(笑)
    とっても美味しそうです♪♪

  6. ねこねこ より:

    これは、挽肉のパスタよりも色々な
    香りと味が楽しめそうでおいしそうです!!
    サルシッチャ、以前こちらでお見かけしてから気になって気になって(笑)
    早く節約生活脱出したいです(笑)

  7. ゆうモモち より:

    サルシッチャ、初耳です。
    中身をほぐして使うところが凄い!
    なるほど~って感じです☆ぽち

  8. mocci より:

    ryujiさん、こんばんは!
    インカのめざめを、まだ食べたことがないのですが、評判から想像すると、今日のパスタも絶対に美味しそうですね!!
    おジャガ大好きなので、時々ショートパスタに入れて食べますが、今度はロングと合わせてみようと思います^0^
    本日も敬意のぽちっとさせていただきました♪

  9. あひるさん より:

     コメントありがとうございました。食べるだけでなく、レシピを参考に作ってみたいと(努力して)みたいと思います。ポチっと押させていただきます。

  10. ひろりん より:

    ソーセージ、ポリって音がなりそう。
    ポチっと応援していきます。

  11. ぱーる より:

    ブログにコメントいただいてからお時間経ってしまいすみません。 初めてブログ訪問させていただきました☆
    素晴らしい・・・の一言です!!
    サルシッチャのパスタもとっても美味しそう
    エッセンツァのはクリームソースでしたが、オリーブオイル&ガーリックでも美味しさひきたちそうですね。しかもペコリーノチーズ、この組み合わせがたまりません
    じゃがいも好きなのでインカのめざめも大好きなのですが、サルシッチャとあわせてパスタで・・というのが斬新ですね☆
    これからちょくちょく訪問させていただきます!作れそうなものからトライしてみたいです

コメントを残す

  関連記事

蕪のソテー 水牛のモッツアレラ添え
トウモロコシのガーリックバター炒め
ズッキーニと豚挽肉の パスタ タリアッテレ
栗のコクのあるリゾット
マンゴープリン
フィノッキオのオレンジ風味
牛のすね肉の赤ワイン煮のペンネ
仔牛のリ・ド・ボウのパン粉焼き
鶏レバー・砂肝・ハツのブェネツア風
no image
サヨリのカルパッチョ ラビゴットソース