イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,690、パスタのレシピ数は1637。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

牛もも肉の黒トリュフソースのカルパッチョ

   

牛もも肉の黒トリュフソースのカルパッチョ

牛もも肉の黒トリュフソースのカルパッチョ

イタリア料理レシピ
黒トリュフは高価なキノコです
ここでは塩水につけた黒トリュフ(安い)に黒トリュフオイルを使い
比較的安く出来ル様に工夫しました、
黒トリュフの香りは十分にお楽しみ頂けます、
 ローズマリーローズマリー
ローズマリー
イタリア料理食材4人分
牛もも肉……………………….500g
黒トリュフ塩水漬け………………35g
にんにく……………………….4片
赤ワインビネガー………………..180cc
アンチョビーフィレ………………2枚
黒トリュフオイル………………..40cc
オリーブオイル………………….160cc
水…………………………….1800cc
岩塩…………………………..適量
ブラックペパー………………….適量
イタリア料理に使用する食材

ローストビーフにチャレンジ
甲州ワインビーフ
モモブロック【500g】

限定販売!ウインタートリュフ35g
内容量:35g
原材料名:トリフ、水、食塩
原産国:イタリア

【PLANTIN】黒トリュフオイル 250ml

青森県産 にんにく A2L

チェーザレ・ジャッコーネ:銘柄バローロ/ワインビネガー(赤)【250mlボトル】

Cetrone社
高級エキストラ バージン オリーブオイル

「神様からの贈り物」イタリア シシリー島の岩塩 微粒タイプ

ブラックペッパー(ホール)

プジョーPEUGEOT 電動ペッパーミル アルティア 20cm
イタリア料理レシピ手順
1.牛もも肉は1時間くらい冷凍庫に入れ冷やし固めます、
  薄くスライスします、、
2.アンチョビーフィレは微塵して包丁の腹でまな板に
  こすり付けへーースト状にします、
3.にんにくは縦に2等分し中の芽を取りのぞき嫌な
  苦みの素をカットします、
4.ソースパンに水600cc+赤ワインビネガー60cc+にんにく4片
  を入れ中火で熱して沸騰させます、
  約2分間沸騰させます、
  ざるにあけにんにくを取り出します、
  再びソースパンに水・ビネガー・茹でたにんにくを
  入れ沸騰させます、
  これを後1回繰り返します、
  合計3回です、
  水の総使用量は1800cc 赤ワインビネガーは180ccです、 
5.にんにくを取り出します、
  取り出したにんにくをすり鉢で綺麗に
  すりつぶします、
6.黒トリュフは冷水で洗い流しチーズおろしで
  すりおろします、
7.ソースパンにオリーブオイルとアンチョビーを入れ
  中火で炒めます、
8.火を止め5のにんにく・黒トリュフオイル・塩・
  ブラックペパーで味を整えます、
9.食器に薄くスライスした牛肉を並べその上に8を
  乗せ飾ります、
イタリア料理に使用する調理器具

ビタクラフト ペティート
ソテーパン2.6リットル

チーズグレーター・チーズおろし器
18-0 六面チーズオロシ
6種類の刃で、パウダーチーズ、シュレッダーチーズ、スライスチーズ等、
様々な形にチーズを変化させます。
削りたての香り豊かなチーズをキッチンでテーブルで楽しむ事ができるチーズおろし器です。

リチャードジノリ(Richard Ginori) ベッキオホワイト プレート 26cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
ポチッと応援 お願いいたします、

 - レシピ, 牛肉 ロース フィレ もも バラ 頬肉 すね テール タン

Comment

  1. ひろりん より:

    トリュフってお値段高い、あのトリュフですよね。
    手がでないですよぉ

  2. nene より:

    ryujiさん、こんばんは
    トリュフ大好きです☆(*^-^*)
    贅沢なカルパッチョですね

  3. 那須パパ より:

    こんばんは♪
    トリュフはなかなか手が出ない食材ですが、アイデア次第なんですね(-^□^-)
    牛もも肉も生となると、良い物が必要でしょうね!!
    あぁ、美味しそうですが….食材の確保が出来ないかなぁ~(>_<)
    本日もポチッって応援して行きま~す(‘-^*)/

  4. セラ♪ より:

    こんばんは~
    今日のパスタもとてもおいしそうです♪
    牛もも肉と黒トリュフでカルパッチョすごく贅沢ですね~
    いい香りに包まれてみたいです(*^ー^)ノ
    応援ぽちっしてきます☆

  5. あびまま より:

    トリュフ大好き!
    冬のは高いからもっぱら夏だけ…。
    でもこんなやつなら冬でも食べられますね!

  6. ゆうモモち より:

    三大珍味の中ではトリュフに軍配!
    風味が最高ですよね♪
    なかなか普段の食卓にのぼることは
    ないのですが、何かの記念日に
    作ってもいいなぁ☆ぽち

  7. ちょこぷり より:

    牛肉でカルパッチョとは美味しそうです!!
    トリュフは食べたことないのでどんな感じか想像もつきません~
    食べてみたいです~

  8. puffpuff より:

    我が家のローズマリーもずっと咲いていました。香りがいいですね。
    トリュフも香りが魅力♪
    ウィンタートリュフ、今が美味しい季節なんですね。

  9. ブッコロリ より:

    こんにちは!
    家でトリュフのが出てくるとは、リッチ感満載ですね♪♪黒トリュフオイルは初めて知りました。
    塩漬けトリュフのURL先が表示されていなくて、詳しく観れませんでした。。期間限定なので削除されたんでしょうか?・・残念!
    本日も勉強させていただきました。ポチ!

  10. カルパッチョときくと魚のイメージがあった私
    お肉もいけるんですね
    なるほど(*´∇`*)
    トリュフはお高いよね~♪

  11. kazuyoo60 より:

    ローズマリーが元気ですね。散歩の途中で咲いているのを見かけます。我が家のに花はありません。
    ブドウの搾りかすを貰うのかな、たっぷりの栄養が残ってますね。
    ご自分で肉をスライスされるのですか。綺麗で豪華な料理ですね。

  12. タヌ子 より:

    トリュフ専門レストランでは、トリュフの香りを最大に活かそうとしているせいか、たまねぎすら使っていませんでしたが、ニンニクとは大胆ですね!
    何度も茹でなおすからニンニクの香りは殆ど消えてるのでしょうか?
    こちらのお肉を完全に生食するのはちょっと勇気が必要なので、軽くローストした牛肉で作ってみます。
    トリュフはすでにペースト状になったものがあるので、手抜きになりそう。

  13. おさむ より:

    うわー、うらやましいです。
    トリュフで豪華なカルパッチョですね。トリュフやアンチョヴィ、ニンニクのソースで、たまりません。

是非 あなたのご意見をお願いします 質問があれば分かる範囲でお答えしたいと思っております

  関連記事

no image
キノコのソテー
牛肩肉の煮込み ソフリット風味
地鶏むね肉のゴルゴンゾーラソース まんがんじ添え
白トリュフ風味のパスタ タリアン
鴨ロースフレッシュのロースト 栗のビューレー添え
本マグロの中トロ ボッタルガ 温度たまご添え ケッパー グリーンアスパラ
no image
トロペアのグリルバルサミコ風味
イチジクのパスタ
スパゲッティ ビアンコ
no image
ぺぺローニ(パプリカ)の詰め物
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。