イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,581、パスタのレシピ数は1587。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

スパゲッティ ブカティーニ Amatriciana(アマトリチャーナ)

   

スパゲッティ ブカティーニ Amatriciana(アマトリチャーナ)

スパゲッティ ブカティーニ Amatriciana(アマトリチャーナ)

イタリア料理レシピ手順
ウエキペディア参考
アマトリチャーナ (伊語: Amatriciana ) は、トマトソースをベースにしてグアンチャーレ、タマネギなどを加えたパスタソースとその料理。ローマ近郊で作られているペコリーノ・ロマーノチーズを使うのが特徴。
ラツィオ州リエーティ県のアマトリーチェという町が名前の由来。イタリアではブカティーニが良く使用される(ブカティーニ・アッラマトリチャーナ Bucatini all’Amatriciana)が、元はスパゲッティが使用されていた。
凄く単純なパスタ料理です
にんにく・赤唐辛子・バジルを使いません
トマトソースとパンチェッタ・たまねぎのみで作ります、
美味しいトマトソースが命です、
沈丁花沈丁花
イタリア料理食材4人分
ベネデット・ブカティーニ…………………320g
パンチェッタ……………………………120g
たまねぎ……………………………….1個
オリーブオイル………………………….40cc
トマトソース……………………………440cc
ペコリーノ・ロマーノ…………………….60g
***トマトソース用食材
ホールトマト1200cc400g缶…………………4缶
にんじん……………………………….80g
セロリ…………………………………80g
たまねぎ……………………………….80g
オリーブオイル………………………….120cc
岩塩…………………………………..適量
ブラックペパー………………………….適量
イタリア料理に使用する食材

ブカティーニ/ベネデット カヴァリエーリ社 500g

“ ヴィラーニ ”
パンチェッタ 250g

〔イタリア産〕イタリア料理に欠かせない羊乳チーズ!ペコリーノ・ロマーノ(約500g)

Cetrone社
高級エキストラ バージン オリーブオイル

「神様からの贈り物」イタリア シシリー島の岩塩 微粒タイプ

ブラックペッパー(ホール)

プジョーPEUGEOT 電動ペッパーミル アルティア 20cm

淡路産 たまねぎ Lサイズ

ニセコ雪の下にんじん(混みサイズM~2L)

静岡県産他 セロリ

アナリサ(アンナリサ)サンマルツァーノDOPホールトマト(4号缶)
イタリア料理レシピ手順
***トマトソースを作ります、
1.たまねぎ・にんじん・セロリは粗微塵にします、
2.平鍋にオリーブオイル・香味野菜を入れ弱火で
  丁寧に炒めます、
  木べらで底をこそげるようにいながら焦げ付かせ
  ないように炒めて行きます、
3.野菜の水分がしっかり飛ぶように炒めます、
4.しっかり水分が飛んだらホールトマトを加えます、
5.中火でコトコトと煮込みます、
  木べらで焦げ付かない様に鍋底をこすげます。
  30分間煮込みます、
  塩・ブラックペパーで味を整えます、
6.粗熱が取れたら裏ごしします、
***アマトリチャーナを作ります、
1.パンチェッタは2mm角で2cmの長さに
  カットします、
2.ペコリーノ・ロマーノは色のついている部分は
  カットし綺麗に色のところを糸状にすりおろします、
3.たまねぎは縦に2等分し繊維に沿って薄く
  スライスします、
4.パスタパンにたっぷりのお湯を沸騰させ塩を
  軽くひとつかみ入れパスタを茹でます、
  パスタの茹で時間は袋に表示されている
  時間より2分間短めに茹であげます、
  仕上がり時にアルデンテをお楽しみ頂けます、
5.フライパンにオリーブオイルを入れ中火で熱して
  パンチェッタを入れかりかりの状態になるように
  丁寧に炒めます、
6.たまねぎを加え混ぜ合わせるようにしながら炒めます、
7.たまねぎが透明になって来たらトマトソースを加えます、
  軽く煮詰めます、
  1~2分間です、
8.茹であげたパスタを入れ混ぜ合わせます、
9.食器に盛り付け上にペコリーノ・ロマーノを
  振り掛けます、
イタリア料理に使用する調理器具

スープ漉 パンチング 24cm

チーズグレーター・チーズおろし器
18-0 六面チーズオロシ
6種類の刃で、パウダーチーズ、シュレッダーチーズ、スライスチーズ等、
様々な形にチーズを変化させます。
削りたての香り豊かなチーズをキッチンでテーブルで楽しむ事ができるチーズおろし器です。

ジオプロダクト・7層鋼ステンレス鍋
パスタパン21cm(メッシュ・コランダー付)

ビタクラフト/UltraVitaCraft ウルトラ(9層)
フライパン27.0cm(補助把手、向い手付)

リチャードジノリ(Richard Ginori) ベッキオホワイト プレート 26cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
ポチッと応援 お願いいたします、

 - パスタ, レシピ

Comment

  1. おさむ より:

    いつも、自分で家で作るアマトリチャーナは、本物のレシピではないことを知りました。本物を知れて、とても嬉しい気分です。ベーコン、ニンニク、唐辛子ではないのですね、ペコリーノを使うというのも、特徴なのですね。

  2. kazuyoo60 より:

    斑入り葉の沈丁花ですね。斑の入り方も色々かな?。
    トマト大好きです。とはいえ、到底イタリアの方に遠く及ばないでしょう。先日巨大なトマト缶に出会いました。1kg、もっとかな?。

  3. 今回のパスタ料理名、初めて聞きました(^▽^;)
    聞いたことない材料も多々ありました
    勉強になりますね~(*´∇`*)

  4. puffpuff より:

    沈丁花の香りはいいですね。
    春の春のわくわく感が高まります。
    シンプルなトマトソースのパスタは飽きない定番です。
    お腹が空いた~でいつものパスタ!で食べたいです。

  5. ねこねこ より:

    アマトリチャーナも大好きです。
    ペコリーノロマーノがもっとお安く手に入ればなあと思いながらパルメザンで代用してます(笑)
    いつか本当のアマトリチャーナを家で作って食べたいと思います♪

  6. うさうさ より:

    こんにちわ!
    アマトリチャーナ、好きで、時々作ります。
    トマトソースが、いいですよね。
    沈丁花、可愛らしいですね。
    香りが、好きです。

  7. りりり より:

    アマトリチャーナ初めて知りました。
    パンチェッタは好きでたまにサラダに使います。
    トマトソースのパスタ美味しいですよね^^
    ポチっ♪

  8. ちょこぷり より:

    ブカティーニ・・・
    聞いたことがない単語ばかりで、
    どのような味が想像も付きませんが・・・
    トマト系のパスタですよね。
    うう、私もこんなお洒落なもの食べてみたいです~
    応援、ポチです。

  9. tana より:

    こんにちわ~^^
    ブカティーニというのは、パスタの名前なんですね~そのほかの食材の名前も聞きなれないものばかりです;
    でも、写真とかみるとすごく美味しそうなパスタですね~(´∀`*)

  10. ゆうまま より:

    ブログへのコメントありがとうございました
    パスタ、いろいろありますよね。
    うちではふつ~のマ・マーのスパゲッティしか使いませんが、たまにおいしいパスタを食べると幸せ感じます!

  11. ryujiサン♪
    こんばんは~(^O^)
    また遊びにきちゃいました
    ワタシ、トマトソースにはにんにく、唐辛子、バジルが当たり前だと思って使ってました~Σ(・ω・ノ)ノ
    ヒョー
    とっても野菜の旨みたっぷりのトマトソースなんですね
    最近ピリ辛より甘味のあるものが好きなので
    ワタシ好みです
    ちょっとセロリが気になるけど
    …お子ちゃまなワタシです|oノωノ)
    タハッ
    応援ぽちっとして帰りますね

  12. 那須パパ より:

    シンプルが故に、確かにトマトソースが命かもですね(o^-‘)b
    普通に作るのと、凝って作るのにかなりの差が出そうですね!!
    あぁ、ryujiメイドは美味しいんだろうな~♪
    本日もポチッって応援して行きま~す(‘-^*)/

  13. 花鳥&Y より:

    アマトリチャーナにはにんにくは入れないのですね。^^;
    またまた勉強になりました。
    うちでは本格的なトマトソースには程遠いですが、
    少しでも近づけるようこれからも頑張ります。^^
    応援ぽちっ♪

  14. ひろりん より:

    沈丁花の香が漂ってきそうですね。
    いつも応援いただいてありがとうございます。

  15. tomato より:

    ご訪問くださって、ありがとうございます^^
    これ、本当にトマトの甘さと美味しさが生きてますね~
    パンチェッタの塩気と旨みがまたまたトマトを引き立ててくれそうですね^^
    とても美味しそうです。
    トマト好きな私にはたまりません。
    応援させていただいきます。

  16. Sayu より:

    ブカティーニ、パンチェッタ、どちらも大好きな食材です。
    このブログでイタリア料理を勉強させてもらっています。
    自分でも作れそうな・・・なんて思いますが、まずは食材と調理器具、道具をそろえることからかな?
    これからも、記事楽しみにしています。
    ポチポチ

  17. ゆりりん より:

    シンプルですが、本物の味
    とても美味しそうです。
    シンプルが一番難しかったりしますよね~。。。

  18. sara-sasra より:

    癒されるお料理やお花。
    ゆったりと流れる時間に、ほっこりと気持ちが和みます。
    大好きなサイト。
    私もお料理だけじゃなくて、
    食器やお花や調理器具にも、
    たっぷりと愛情を注げる、生活をしたいなあ。
    それって生活を楽しんで大切にすることですよね。

コメントを残す

  関連記事

チーマ ディ ラーパのパルミジャーノ風味
パースニップのスープ クレマ仕立て
オレンジのサラダ 水牛のモッツアレラチーズ
平牧三元豚ロースのステーキ
真イカのグリル イカスミソース合え
鶏もも肉の赤ワイン煮込み ハーブ風味
白ネギとメークインのスープ
パスタ リングイネ ウスイエンドウとグアンチャーレ
山陰のシロイカのグリル バジル レモン風味
生タリアテッレのクリームソース
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。