イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,692、パスタのレシピ数は1638。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

フレッシュトマトと水牛のモッツアレラのフェットチーネ

   

フレッシュトマトと水牛のモッツアレラのフェットチーネ
イタリア料理レシピ
水牛のモッツアレラをたっぷり乗せてトマトの酸味がきいてとてもおいしいです、
バジルの香りも嬉しいパスタです、
アネモネアネモネ
イタリア料理食材4人分
パスタ フェットチーネ………………….250g
水牛モッツアレラチーズ………………….100g
フレッシュトマト(小粒の)………………..12個
アンチョビーフィレ……………………..6枚
バジルの葉…………………………….12枚
オリーブオイル…………………………160cc+60cc
岩塩………………………………….適量
ブラックペパー…………………………適量
イタリア料理に使用する食材

イタリア南東部ピアネーラの田舎で昔ながらの伝統的な職人仕事、厳選な原料だけで作られるちょっと贅沢なパスタ クリーム系のソースがよく合いますルスティケーラ フェットチーネ 250g

まるでイチゴのようなキュートで甘いフルーツトマト!まるいちファームの”しあわせトマト”小粒(約500g) 1個20gから25g

Cetrone社
高級エキストラ バージン オリーブオイル

モッツアレラ・ディ・ブファラ・カンパーナ

大分県産他 バジル

味が違います!スペイン産 高級アンチョビ!95g瓶入り オルティス社

青森県産 にんにく A2L

「神様からの贈り物」イタリア シシリー島の岩塩 微粒タイプ

ブラックペッパー(ホール)

プジョーPEUGEOT 電動ペッパーミル アルティア 20cm
イタリア料理レシピ手順
1.トマトはへたを取り上部に十文字に切り目を入れ
  沸騰したお湯に入れ皮がめくれて来たら冷水
  にとり皮をむきます、
  ペーパータオルで綺麗に水気を拭き取ります、
  1cm角にカットします、
2.水牛のモッツアレラチーズはペーパータオルに
  包み上から重しを乗せ水分を絞り出します、
  1cm角にカットします、
3.アンチョビーフィレは微塵切りにします、
4.にんにくは縦に2等分し中の芽を取りのぞき
  嫌な苦みの素を断ちます、
  微塵切りにします、
5.バジルの葉は粗くきざみます、
  上に飾る葉をそのままの形で4枚残して
  おきます、
6.ボウルにモッツアレラ・オリーブオイル・塩・
  ブラックペパーを入れ良く混ぜ合わせます、
7.パスタパンにたっぷりのお湯を沸騰させ塩を
  軽くひとつかみ入れパスタを茹であげます、
  パスタの茹で時間は袋に表示されている時間
  より2分間短めに茹であげます、
  仕上がり時にアルデンテをお楽しみ頂けます、
8.フライパンにオリーブオイル・にんにくを入れ
  弱火で炒めます、
  この時フライパンの柄を下に下げオイルを
  手前に集めその中でにんにくを炒めます、
  均一に火が通り良く香りが立ちます、
9.香りが立ってきたらアンチョビーを入れ混ぜます、
10.トマトを入れトマトが煮崩れする様に炒めます、
11.茹であがったパスタを入れ混ぜ合わせます、
12.食器に盛り付け上にボウルで混ぜたおいた
   ものを乗せ飾ります、
13.バジルの葉を飾ります、
イタリア料理に使用する調理器具

柳宗理 ステンレス ボール&パンチングストレーナー6点   セット

ジオプロダクト・7層鋼ステンレス鍋
パスタパン21cm(メッシュ・コランダー付)

ビタクラフト/UltraVitaCraft ウルトラ(9層)
フライパン27.0cm(補助把手、向い手付)

リチャードジノリ(Richard Ginori) ベッキオホワイト プレート 26cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
ポチッと応援 お願いいたします、

 - パスタ, レシピ

Comment

  1. 那須パパ より:

    こんばんは♪
    モッツアレラ自体も、かなり美味しそうですね(-^□^-)
    そこへ一手間、二手間ですから….♪
    幸せレシピの完成ですね(o^-‘)b
    ここでもアンチョビ活躍!!
    参考になります!!
    本日もポチッって応援して行きま~す(‘-^*)/

  2. ねこねこ より:

    トマトとモッツァレラは最強コンビですね。
    これからの季節、どんどん食べたい組み合わせですね。

  3. puffpuff より:

    アネモネ、素敵ですね。
    優しいパスタですね。
    トマトの甘みが美味しそう!!

  4. ちょこぷり より:

    モッツアレラチーズ大好きです~~
    めちゃくちゃ美味しそう!
    フレッシュトマトとモッツアレラですごくさっぱりしてそうですね!
    カプレーゼはよく食べますが!
    是非食べてみたいです。
    応援、ポチ。

  5. kazuyoo60 より:

    追記です。
    3/27の花、プルモナリアかもしれません。
    プルモナリア・ブルーエンサインを拝見して検索していたら、良く似ています。
    http://flower365.web.infoseek.co.jp/18/592.html
    色・品種は沢山あるようです。
    http://item.rakuten.co.jp/gardensk/1400222 

  6. kazuyoo60 より:

    可愛いアネモネです。この色、代表的な色ですね。我が家のもこの色のが咲いてます。
    羊のチーズか水牛のチーズか、ヨーロッパで食べたときには非常に美味しかったのが、と書かれてたのを読みました。
    チーズの味で、料理が左右されるのでしょう。特色のあるチーズに出会ってないのか、どれも美味しいですが。

  7. うさうさ より:

    おはようございます!
    モッツアレラのフェットチーネとは、たまらないなぁ。
    私、フェットチーネ、大好きです。
    小粒のフレッシュトマトが、可愛らしいな。
    アネモネも、素敵!

  8. chi-bi より:

    おはようございます。
    本日、モッツァレラチーズを使う予定で
    ブログのぞいたらっ!
    おっ!!と思いました。
    お豆腐の様に水切りするんですね。
    このまま食べる時はお湯に浸けるんですよね?
    前にryujiさんのブログで見て一度やったのに・・・
    メモしておけば良かったです・・。
    いつも勉強になります!

  9. おさむ より:

    いかにもイタリアンという感じの代表的な素材のパスタですね、黄金レシピです。美味しいと思います。

  10. エミリア より:

    シンプルでおいしいパスタですよね。パスタの中でも麺パスタがとりわけ好きなんです。夏になるとトマト&モッツァレッラは火を通さないで、盛り付ける時一緒にのせちゃいます。手軽でさっぱりしたパスタなのに、夫が生のモッツァレッラがダメで…。無理やり食べさせてますけど。苦笑
    ぽち!

是非 あなたのご意見をお願いします 質問があれば分かる範囲でお答えしたいと思っております

  関連記事

豚ロースのブルーベリーソース和え
パスタ リングイネ ベビーコーン とうもろこしのソース
ビーツのスープ
あさりのパスタ リングイネ
ファルファッレのキャベツと豚肉の煮込み風
芽キャベツとサルシッチャのパスタ スパゲッティ
パンツァネッラ Panzanella パンのサラダ
地鶏のラグー トマトソース
焼き野菜のゴルゴンゾーラチーズソース添え
鮃のムニエル
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。