イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,640、パスタのレシピ数は1615。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

葉菜とぶつ切りの肉の煮込み

   

葉菜とぶつ切りの肉の煮込み
イタリア料理レシピ
豚スペアリブ・ラムチョップを大胆に使用し葉菜を主体に
煮込みます、
簡単なソフリット(たまねぎ・セロリ・にんじんを炒めたもの)
でスープにコクが出ます、
肉類の出汁とお野菜の出汁が相まって美味しく
煮込まれます、
半熟たまごとろみ感とペコリーノ・ロマーノの塩気が
凄く効きます、
名前知れず名前知れず
ツルニチニチソウ
gardeningのkazuyoo60さんにお教えいただきました、
いつも有り難うございます。

イタリア料理食材4人分
豚スペアリブ…………………….8個
ラムチョップ…………………….4本
ほうれん草………………………2把
小松菜………………………….2株
かつお菜………………………..1束
たまねぎ………………………..1個
ペコロス………………………..8個
にんじん………………………..1本
セロリ………………………….1本
にんにく………………………..2片
ペペロンチーノ…………………..4本
玉子……………………………4個
ペコリーノ・ロマーノチーズ………..60g
イタリア料理に使用する食材

広島県産国産豚肉
スペアリブ【一口サイズ】1kg

生ラムチョップ1本

愛媛県産他 春キャベツ(1個)

淡路産玉葱

栄養たっぷり!青い野菜
【JAS認定】有機小松菜

かつお菜 1束

京都府産 ほうれん草(1束)

鮮度抜群、入荷後即発送
ペコロス、約1キロ前後

静岡県産他 セロリ(1本)

食卓に彩りと栄養【長崎・熊本産・青森・北海道】人参(にんじん・ニンジン) 400g

赤唐辛子(ペペロンチーノ)100g

青森県産 にんにく A2L

日本一のこだわり卵いろんな人気番組にも登場しております!!
日本一「こだわりたまご」12個

ペコリーノ・ロマーノ(200g)

Cetrone社
高級エキストラ バージン オリーブオイル

「神様からの贈り物」イタリア シシリー島の岩塩 微粒タイプ
イタリア料理レシピ手順
1.ペコロスは薄皮をむいておきます、
2.たまねぎ・セロリ・にんじんは粗く
  刻みます、
3.キャベツは葉を大きめに切り分けます、
4.ほうれん草は株の部分はカットし横に
  二等分します、
5.小松菜はばらしておきます、
6.かつお菜は横に二等分にします、
7.にんにくは包丁の腹で叩き潰します、
8.ペペロンチーノはへたを取りのぞき手で
  二つに折り中の種を取り除きます、
9.ペコリーノ・ロマーノはすりおろしておきます、
10.豚スペアリブには塩を軽く振り掛けておきます、
11.ラムチョップには軽く塩を振り掛けておきます、
12.広口鍋にオリーブオイル・ペペロンチーノを
   入れ弱火で炒めます、
13.香りが立ってきたらにんにく・ペペロンチーノ
   を取り出します、
14.豚スペアリブ・ラムチョップを入れ中火で
   炒めます、
   軽く全面に焼き色をつけます、
15.肉類を一度取り出します、
16.たまねぎ・セロリ・にんじんの粗微塵を
   入れ中火で炒めます、
17.野菜がしんなりして来たら肉類を戻し
   入れます、
18.水をヒタヒタに入れます、
   弱火でコトコトと煮込みます、
19.葉菜類を入れます、
   水気が足りないときは水を加えます、
20.野菜がくたっとなったら
   塩を入れ味を整えます、
21.スープ皿にバケットを薄くスライス資オリーブオイル
   を塗り込んで引き敷き込みます、
22.上に肉類・野菜類を綺麗にのせます、
23.割った卵を載せペコリーノ・ロマーノを
   振り掛けます、
24.オーブンを200℃に設定し3分間入れ玉子が
   半熟担ったらできあがりです、
イタリア料理に使用する調理器具

ビタクラフト ウルトラ両手鍋25.5cm

チーズグレーター・チーズおろし器
18-0 六面チーズオロシ
6種類の刃で、パウダーチーズ、シュレッダーチーズ、スライスチーズ等、
様々な形にチーズを変化させます。
削りたての香り豊かなチーズをキッチンでテーブルで楽しむ事ができるチーズおろし器です。

リチャードジノリ(Richard Ginori) ベッキオホワイト スーププレート 24cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
ポチッと応援 お願いいたします、

 - レシピ, 野菜

Comment

  1. kazuyoo60 より:

    ツルニチニチソウですね。我が家でも咲いてます。
    豚肉とラム、どちらも骨付き、そして野菜たっぷりで煮込まれて、美味しいでしょうね。

  2. おさむ より:

    ラムと豚のスペアリブの煮込み、パンや青いお野菜が一緒で、食べやすいさらっとした感じですね。おいしそうです。更にペコリーノや卵、ソフリットで、コクや塩気もマッチしてそうです。

  3. puffpuff より:

    葉野菜とスペアリブ、ラムチョップの組み合わせが驚きです。しかも煮込み料理で!!
    お肉に野菜とスープが絡まって一体感が出そうです。卵のとろみが引き立てそうで!!
    野菜たっぷりの豪華なお料理ですね。
    カツオ菜、初めて知りました!
    食べてみたいです。

  4. うさうさ より:

    こんにちわ!
    豚スペアリブとラムチョップを使われるって
    ほんと、大胆なお料理ですね。
    ほうれん草、小松菜にかつお葉ってあるのですね。
    野菜たっぷりで、煮込むと、旨みがでて美味しそう。
    紫色のお花、うちの庭にもたくさん。
    今、名前がでてきませんが・・・。

  5. Tomy より:

    スペアリブにラムチョップって、とっても豪華なお料理です~!
    でも菜花もたっぷり入ってバランスいいんでしょうね。
    かつお菜って初めて知りました。
    名前に似合わず淡白なお味なんでしょうか。
    今度ソフリットも冷凍してみようかな~。

  6. Sakulanbo より:

    こんにちは
    葉野菜とラムチョップにスペアリブの組み合わせ、おいしそうです。最後に卵を落とすところがいいですね。ペコロスって初めて聞きました。小玉ねぎの一種でしょうか?

  7. ゆうモモち より:

    こんにちは~♪
    チーズと卵でコクが出そうですね。
    食べ応えのありそうなお料理☆ぽち!

  8. りりり より:

    スペアリブとラムチョップの組み合わせは意外でした。
    かつお菜は初めて知りました。
    野菜たっぷりで美味しそうです。
    半熟卵が決め手でしょうか♪ ポチ。

  9. miz* より:

    はじめまして。
    先日は私のブログへコメント頂き、
    ありがとうございました☆
    奥さまとお二人でお料理されているんですね!
    しかも、こんな本格的で、材料にもこだわったもの!!
    お食事されるご家族が羨ましいです。

  10. tana より:

    こんにちわ^^
    ツルニチニチソウの青い花がきれいですね~♪
    今日の料理はお肉が二種類も入ってるんですね!
    卵とチーズをのせてオーブンで最後焼くところが食欲をそそられます!><
    応援ポチリとしていきますね☆

  11. タヌ子 より:

    迫力のあるお料理ですね。
    野菜のうまみがしっかり肉に沁み込んで美味しそう。
    かつお菜って初めて見ましたが、フダンソウをちょっと厚めにした感じなのかなと想像しています。

  12. ぱお より:

    わ~これとってもおいしそう~ヽ(^o^)丿
    お野菜たっぷりだしチーズも入って
    大好きな感じです~!!
    半熟卵もそそられます~!!
    いつも本格的なお料理でステキです~!!
    是非食べてみたいです(^^♪

  13. ゆりりん より:

    お野菜もたっぷりですね~。
    美味しそう。
    チーズが入っているとこがまた
    スペアリブにラム!
    豪華ですね~
    ポチっと応援!

  14. ryuji_s1さん、こんばんわ♪
    おおッ、愛媛のキャベツが食材に選ばれてる~!!
    なんか嬉しいです(笑)
    いつもポチありがとうございますm(__)m
    ポチ返ししておきまーす♪

  15. al17 より:

    こんばんは~^^
    ツルニチニチソウ
    ディュランタ宝塚と並んで大好きですよ。
    スペアリブは未だ調理したことが無い
    のですが とっても美味しそうで頂きたく
    なっちゃいました。ご馳走様です。
    ぼち

  16. 那須パパ より:

    昨日は結局午前様…
    済みません、日付が変わっちゃいました(>_<)
    最後に玉子なんですね(-^□^-)
    なんとも斬新な!?
    初めての感じですね(o^-‘)b
    でも、美味しそう!!
    奥が深いなぁ~と、シミジミです(^o^;)
    4/10分になっちゃいましたが….
    ポチッって応援して行きま~す(‘-^*)/

  17. Sivaji より:

    豚と羊を一緒に煮込むのですね。
    そう言えば、イタリア人のイタリア料理店が、ラム、豚、牛のミンチを混ぜてラビオリを作ってました。
    これが何ともいえないバランスで、ラムの香り、豚の脂の美味さ、牛の肉の美味さがあわさった名品でした。
    フレンチではコンポゼと言って、豚の脂を牛に刺して使うことはありますが、あまり二つの肉を同等に使った一つの料理は見たことがないような気がします。
    (パルフェ・ド・ヴィアンドのような盛り合わせは別にして。)

コメントを残す

  関連記事

ラムロース肉のトマトソース煮込み オリーブ風味
鶏レバーのソテー バルサミコ風味
トウモロコシのパスタ スパゲッティ
ツナとアボガドのパスタ フェットチーネ
タコとジャガイモのサラダ
ポルチーニ茸のクリームパスタ
揚げなすとモッツアレラのパスタ スパゲッティ
豚もも肉と野菜の煮込み
仔羊とペコロス(小たまねぎ)のフリカッセ
リコッタチーズとブラックペパーサラミソーセージのリガトー二