イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,579、パスタのレシピ数は1586。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

仔羊 チョップのロースト

   

仔羊 チョップのロースト
イタリア料理レシピ
仔羊の柔らかで癖のないラムチョップを2本分を
一つにして切り分けボリューム感たっぷりの豪快な
ロースト料理です、
ラムチョップは8本が一つのブロックになっています、
これを2本の骨付きが一つの形にするように4等分にします、
オステオスペルマムオステオスペルマム
オステオスペルマム
イタリア料理食材4人分
ラムチョップ……………………….1ブロック600g
にんにく…………………………..4片
オリーブオイル……………………..80cc
白ワイン(辛口)……………………..120cc
香草ペースト……………………….40g
強力粉…………………………….適量
無塩バター…………………………20g
トリュフオイル……………………..12cc
オレガノ…………………………..4本
セージの葉…………………………8枚
タイム…………………………….4枝
バジルの葉…………………………12枚
オリーブオイル……………………..100cc
ローズマリー……………………….2枝
イタリア料理に使用する食材

ニュージーランド産
フレンチラムラック(骨付きロース/冷蔵輸入品/アンズコ)【約600gUP

青森県産 にんにく A2L

Cetrone社
高級エキストラ バージン オリーブオイル

タカナシ
「★特選★北海道バター 食塩不使用」 450g

ほんの数滴で香りがいっぱい黒トリュフオイル ペベール フランス産 250ml

宮古島農家直産ハーブ生葉
オレガノ100g

宮古島農家直産ハーブ生葉
ローズマリー100g

大分県産他 タイム

愛知県産他 セージ

大分県産他 バジル

イタリア辛口白ワイン
ガーヴィ ヴィッララターナ・トレダナ黒ラベル
イタリア料理レシピ
1.まず香草ソースを作ります、
香草は葉の部分のみを使います、
  茎は綺麗にとりのぞきます、
  ミキサーに入れオリーブオイル100ccを
  入れ撹拌します、
  塩を加えてミキシングします、
  ペースト状になったらできあがりです、
2.ラムチョップはブロックを4頭分に
  カットします、
  骨が一人前2本ずつになります、
  脂の部分は脂の厚みを均一にするように
  余計な脂はそぎ落とします、
  脂身の部分に亀甲型に切り目を入れます、
  深さは赤身に到達するくらい深く入れて
  下さい、
3.にんにくは皮付きの状態で沸騰したお湯に
  10分間入れ軽く煮込みます、
4.ラム肉に塩・ブラックペパーを振り揉み
  込むようにすり込みます、
5.フライパンにオリーブオイル・茹でたにんにくを
  入れ脂身の部分から中火で炒めます、
6.焼き色がついてきたら少し火を弱め
  続けて炒めます、
  フライパンにたまった脂をスプーンで
  すくい肉の上に回しかけます、
7.脂身にしっかり焼き色がついたら裏返します、
  にんにくを別の器に移します、
  香草ソースを脂身の上に乗せます、
  ラム肉の上にアルミホイルを乗せ直火を
  避けます、
  香草がやけすぎないようにするのと肉の水分が
  蒸発させないためです、
  軽く炒め180℃に設定したオーブンに
  フライパンごと入れローストします、
  肉がふっくらとロースト出来ます、
  約10分間ぐらいです、
8.フライパンを取りだし火にかけ白ワインを
  注ぎ入れます、
  強火にしてアルコール分を飛ばします、
9.ラム肉は別の器に乗せておきます、
10.強力粉に無塩バターを入れ混ぜ合わせます、
11.フライパンに残った肉汁に小麦粉を入れ
   塩・ブラックペパーで味を整えながら
   再びバターを加えながら混ぜ合わせます、
   ソースにとろみが出て来たら黒トリュフオイル
   を3cc入れ混ぜます、
12.食器にソースをソースを敷き混みその上にラム肉を
   脂身を上にして盛り付けます、
   にんにくを添えます、
付け合わせはじゃがいも・アスパラガスでもOKです、
イタリア料理に使用する調理器具

ブラウン スティック型ハンドブレンダーBRAUN 
 マルチクイック プロフェッショナルMR-5550MFP

T-fal ティファール IHミッションフライパン28cm

リチャードジノリ(Richard Ginori) ベッキオホワイト ラウンドプラター 29cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
ポチッと応援 お願いいたします、

 - ラム肉 骨付きチョップ ロース, レシピ

Comment

  1. おさむ より:

    一度湯がいた、くせのないにんにくを使って,香草ソースとの相性を良くしているところがいいですね。
    火加減の調整や脂身の処理が丁寧で、美味しく焼き上がるコツになってますね。

  2. kazuyoo60 より:

    オステオスペルマム、同じ色が我が家でも咲いています。立派な株ですね。
    ラムチョップは店で食べただけですが、柔らかくて美味しかったのを思いだしています。

  3. Sakulanbo より:

    ラムチョップ、おいしそうですね。
    ラム肉は時々見かけるのですが
    食べつけないので、つい買いそびれてしまいます。手元のレシピは固まりで焼く方法だったのですが、これは、先にカットしてから焼くのですね。
    この香草の組み合わせ、おいしそうです。

  4. ちょこぷり より:

    子羊のお肉自体を食する機会がほとんどないので、どんなものかは分かりませんが、
    それでカルパッチョとはお洒落ですね。
    柔らかいのでしょうか。
    応援です☆

  5. りりり より:

    ラムチョップはお店でしか食べたコトないですね。
    家で作ったらみんなビックリすると思います^^
    美味しそう~
    ポチッ♪

  6. ゆうモモち より:

    トリュフオイル♪そそられます!
    きっとイイ香りするんでしょうねぇ~。
    パスタ料理にも使えそう。
    ☆ぽちと応援♪

  7. タヌ子 より:

    ラムチョップ大好きで、ギリシャではよく食べてましたが、クロアチアではあまりお目にかかれません。
    骨2本入るとちょっと厚めの贅沢なラムチョップになりますね。
    新鮮なラム肉は匂いも気にならないけれど、ハーブやトリュフオイルを使えば更に食べやすくなりそうですね。
    冷凍のラムチョップがあるかも知れないので、大型スーパーを探してみます。

  8. cozy より:

    ラムをご自宅で作っちゃうなんて、さすが!
    応援、ぽち!

  9. nene より:

    ryujiさん、こんばんは
    ラム好きです
    でもレストランでしかいただいたことありません。ryujiさんはご自宅で調理なさるのかしらん(^^)
    うらやましいな~

  10. peko より:

    コメントありがとうございました^^
    いろいろなハーブをつかったラムチョップおいしそうです^^
    食材を写真入りで説明されていて、とってもわかりやすいですね☆

  11. ひろりん より:

    オステオスベルマン、最近お花屋さんやホームセンターでよく見かけるようになりました。
    素敵な色ですね。

コメントを残す

  関連記事

ジャガイモとパンチェッタのバターソテー
ペンネ、ゴルゴンゾーラ
スナップエンドウとゴルゴンゾーラのペンネ
卵黄の プッタネスカ タリアテッレ
三元豚肉ロースのピッザァ職人風
ペンネ クアトロ・フォルマッジ
ズッキーニのフリット
ブロッコリーとドライトマト・アンチョビー風味のパスタ リングイネ
プロバンスのスープ fumet de poisson
ビフライ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。