イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,690、パスタのレシピ数は1637。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

ホワイトアスパラと落とし卵フォンドゥータ ソースFONDUTA(フォンドゥータ)

   

ホワイトアスパラと落とし卵フォンドゥータ ソース
イタリア料理レシピ

濃厚なイタリア版チーズフォンデュ「フォンドゥータ」は、
ヴァッレ・ダオスタ州の郷土料理です< ちょっと贅沢ですが、白トリュフフレーバーオイルで風味を つければ本場リストランテの味になります、 ここではアルバ産 白トリュフオイル トリュフの産地として有名なアルバの最高級白トリュフと最高の EXバージン オリーブオイル(マンチャンテ)で作られた、 香りの大変良い、白トリュフオイルを紹介します、 フォンティーナチーズはセミハードタイプのチーズです、 ヴァッレ ダ アオスタ州のアオスタ渓谷で夏の間 放牧された牛の乳から作られる。 フォンティーナの名前は、アオスタ渓谷のフォンタン牧草地が その名前の由来とされます。 独特の甘味と香りが楽しめ、アオスタ地方に伝わる 伝統料理FONDUTA「フォンデュータ」は、 フォンティーナチーズに牛乳と卵黄で温めて溶かし、 トリュフを加えてパンにつけて食べる料理です、 今日はホワイトアスパラのソースとして使いました、 白トリュフは冬のものですのでここでは 白トリュフオイルを使いました、 タイムタイム
タイムの花
イタリア料理食材4人分

ホワイトアスパラ…………………….16本
フォンティーナ………………………300g
牛乳……………………………….250cc
卵黄……………………………….1個分
ホワイトペパー………………………少々
ナツメグ……………………………少々
白トリュフオイル…………………….4cc
イタリア料理に使用する食材

北海道富良野産!ホワイトアスパラとグリーンアスパラセット約2kg(各1kg)
[極太] L~2L混サイズ

産みたてのたまごは卵かけご飯に最適です
井田さんちのこだわり元気たまご 10個

イタリア産DOPセミハードチーズ 
フォンティーナチーズ  約400gカット

鳥取県産の特に乳質の優れた生産者より集乳
した高品質の特選牛乳。
特選大山おいしい牛乳900ml

ナツメグホール【原型】【50g】

ミル付白コショウ【ペペ・ビアンコ】

アルバ産 白トリュフオイル
100ml
イタリア料理レシピ手順

1.ホワイトアスパラはピラーで皮をむきます、
  下部の硬い部分はカットします、
  フライパンに2cmくらいの深さまでお湯を沸かし、
  砂糖と塩を少々入れて8分ぐらい茹でます、
  この時ホワイトアスパラの下部のカットした部分・
  ピラーで剥いた皮を一緒に入れ煮ます、
  Sサイズの時は5分間Lサイズで8分 
  LLサイズで10分間ぐらいです、
2.茹であがったアスパラの水気を綺麗に
  拭き取りフライパンにオリーブオイルを
  20cc入れホワイトアスパラをソテーし軽く
  焦げ目をつけます、
***ソースFONDUTA(フォンドゥータ)
1.フォンティーナは外皮を取り除きます、
  サイコロ状にカットして、2時間程
  牛乳に浸しておきます、
2.ボウルにふやかしたフォンティーナを入れます、
  湯煎にしてゆっくり溶かします、
3.卵の卵黄だけを使います、
4.ナツメグはホールの表面をすりおろします、
  専用の道具があります、
  下記に表示しておきます、
5.溶けたら湯煎にかけたまま牛乳と卵黄を加え、
  木ベラで底をかき混ぜるようにして
  とろみが出るまで湯煎にかけます、
6.白トリュフオイルを入れます、
7.ホワイトへパーとナツメグを加えます、
8.食器にソテーしたホワイトアスパラを
  盛りつけその上にソースをたっぷりと
  かけます、
イタリア料理に使用する調理器具

シトラス、ナツメグ、シナモンなどのおろしに最適です!
クイジプロ アキュテック・レザーシャープ ファイン・ラスプ

柳宗理 ステンレスボウル5点セット

【ティファール】IHミッション フライパン 28センチ

ウェッジウッド(Wedgwood) ローレル(ブラック) チャージャープレート 31.5cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
ポチッと応援 お願いいたします、

 - レシピ

Comment

  1. chi-bi より:

    こんばんわ!
    ホワイトアスパラのこの食べ方絶対に美味しいですね!
    実はこのトリュフオイル私、使ってるんです。
    もうアスパラの時期も終りです。
    最後に絶対に作ります!
    ホントいつも勉強になります。

  2. ゆりりん より:

    ほぉー郷土料理になるのですねー。
    トリュフオイルかぁ…。
    香り、風味が最高なんでしょうねー。
    高級な味がしそう
    ホワイトアスパラ大好きです
    ポチっと応援です。

  3. ゆうモモち より:

    トリュフオイルが以前から気になって
    いて、デパートや高級スーパーで探して
    いたのですが、1,000円くらいのものから
    一万円以上のものもあってビックリ!
    やっぱり添加物や香りに差がついて
    くるのでしょうね☆ぽち

  4. 夢見 より:

    残念 今日は買ってきたのはグリーンアスパラガスでした
    レシピ見ながら 美味しいのでしょうーと妄想のとりこ(笑)です

  5. りりり より:

    こんにちは。
    ホワイトアスパラの剥いた皮も捨てずにソテーにするのですか?
    今日のお料理は私には上級ランクなので、
    もうレストランで食べてみるしかないみたい・・・です。
    ポチ♪

  6. モナちゃん より:

    こんにちわ~。以前、コメントをいただいたバンクーバー日々是々のモナです。実は、手打ちパスタをつくりました!!思いのほか、いい感じでパスタが出来たので、是非、Ryujiさんのレシピをトライしたいと思って、オレンジ風味のフェットチーネを作ってみたんですよ。Ryujiさんのブログもご紹介しましたので、支障がないか、あとでチェックにきてくださいませ。(失礼なことを書いていないとは思いますが、念のためにお知らせまで。)
    素敵なレシピ、ありがとうございました!パスタつくりにはまりそうです。

  7. うさうさ より:

    こんにちわ!
    ホワイトアスパラと落とし卵フォンドゥータ ソースって、
    凄くお洒落なお料理ですね。
    タイムのお花も、可愛いな。
    我が家は、今、オレガノとレモンバームが白い花を
    つけています。

  8. NAO より:

    こんにちは!!
    ホワイトアスパラ、大好きです!!
    毎年、北海道の伯母が、送ってくれます。
    今年も色々お料理しましたが…
    こんなお洒落なのは、ひとつも作らなかったなぁ~~~(-ω-)
    食べてみたいです♪
    アスパラとチーズって、相性ばっちりですよね!!
    村ポチ☆

  9. boketinn より:

    始めまして(^^)
    凄い厳選素材で作るイタリアン、とっても美味しそうです。
    アスパラのグリーンが入ると本当に綺麗に仕上がりますね(^^)

  10. kazuyoo60 より:

    白いタイムの花が可愛いです。
    白トリュフですか。更に高価なのでしょう。まだ本物に出会っていません。

  11. 那須パパ より:

    おはようございます♪
    フォンドゥータ!!
    またまた勉強です(-^□^-)
    しかし豪華!!
    でも、食べてみたいですね(‘-^*)/
    さぁ、いよいよW杯もココからが面白いんですよね(-^□^-)
    昨日も….かなり熱い戦いで!!
    はい….眠いです(^_^;)
    今夜も見逃せない戦いなので….!?
    体力の限り頑張らねば(o^-‘)b
    一方的なコメで申し訳ありませんが…(>_<)
    それでは良い週末をお過ごし下さいね♪
    7/3分、ポチっと応援して行きます(‘-^*)/

  12. おさむ より:

    フォンドゥータって、知ってます。
    チーズと卵のこってりした伝統的なソースですよね。
    これ、非常に美味しそうです。

  13. らるむ。 より:

    うほっ(*^。^*)
    こちらもとろーりとろけるチーズソースですね♪
    これ食べたい・・・!
    でもトリュフオイルって高いんですねーガックシ
    応援☆

  14. siawasekun より:

    おはようございます♪♪
    濃厚なイタリア版チーズフォンデュ「フォンドゥータ」、・・・・・・。
    ヴァッレ・ダオスタ州の郷土料理ですか、・・・・・・。
    いいですね。
    食べたいものです。
    是非、・・・・・・。
    いつも、コメント&応援ポチに、深謝です。
    応援ポチ♪♪

  15. タヌ子 より:

    贅沢なお料理ですね。
    クロアチアの市場では、今年は一度も白アスパラを見かけませんでした。
    お隣のオーストリアではよく食されるのに、何故入ってこないのでしょう。
    トリュフオイルはあるけれど、イタリアのチーズの選択肢もかなり少ないので、このお料理は暫くお預けとなってしまいそうです(涙)
    休暇中にフランスでホワイトソースが見つかったら試してみます。
    フォンティーナが見つからなかったら代用できるチーズはありますか?

是非 あなたのご意見をお願いします 質問があれば分かる範囲でお答えしたいと思っております

  関連記事

豚バラ肉の煮込み
タコとジャガイモのサラダ
ホタテと海老パスタ リングイネ
グリーンアスパラのグリル ペコリーノロマーノソース カプチーノ
天然クレソンと和ぐるみのパスタ スパゲッティ
グリーンアスパラのケッパーブラックオリーブソース
no image
アメリケーヌソースのファルファッレ
車えびのフリット マリネ
スカンピとあさりのパスタ ペンネ ガルム風味
カッチョ・エ・ぺぺ Caccio e Pepe チンタセネーゼ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。