イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,693、パスタのレシピ数は1639。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

ドライトマト・オリーブ2種・アンチョビーペーストのパスタ

   

ドライトマト・オリーブ2種・アンチョビーペーストのパスタ
ツマさんのエビのフリッターのマリネ
一酒三菜~はちきんの厨房のツマさんがお作りになった海老のフリッターマリネ
すばらしくきれいに
ありがとうございます。
うれしいです、
すてきなブログです
ぜひ足を運んでみてください。

カサブランカカサブランカ
カサブランカ
イタリア料理レシピ
緑色をしたオリーブの実は、成熟するにつれて黄緑、
赤へと変わっていきます、
完熟するとツヤのある濃い紫色に変化します。
つまり、“グリーン・オリーブ”と
“ブラック・オリーブ”の違いは、
品種ではなく、成熟度、ということです、
ブラックオリーブは甘粛されているだけ
こくがあり美味しいです、
グリーンは若い実をつけたもので味にも
若さを感じます、
ドライトマトはトマトを天日に干しドライにしたものですが
水分が抜けている分甘みがとても強く美味し
さもコクも力強いものがあります、
ドライトマト・グリーンオリーブ・ブラックオリーブ・
のペーストを混ぜ合わせそれにアンチョビーの風味を
加えたものをソースに使います、
大人向き間味ですが是非イタリア料理 パスタの風味を
ご堪能ください、
ブラックオリーブは
リグーリア産ブラックオリーブ塩水漬け 
アルドイノ社 のものを使用しました、
実がしっかりとしていてうまみがありとても
すてきなオリーブです、
ジャイアントグリーンオリーブの実
しっかりしたとても大きい実が印象的です
若いオリーブの香りがします、
塩がきつくないのでそのままで食べてもすばらしい
ワインのつまみになります、
アンチョビー スペイン産
カンタブリア地方のアンチョビを原料にした
”ロイヤルパール”は、
発酵熟成した魚醤のような魚の旨みと
絶妙な加減の塩が
さらに上質なオリーブオイルによってまろやかな
余韻を感じさせます。
パスタはアフェルトラ社 
スパゲット・アッラ・キタッラを使用しました、
断面が4画のパスタです、
しかも麺の表面がざらつきソースの絡みが良く
腰も強いです、
アルデンテがとても美味しいくモチモチ感があります、
イタリア料理食材2人分
ペースト用
ドライトマト………………………10枚
グリーンオリーブ…………………..20個
ブラックオリーブ…………………..20個
オリーブオイル…………………….300cc
パスタ用
パスタ スパゲッティ……………….140g
アンチョビーフィレ…………………2枚
バジルの葉………………………..12枚
パルミジャーノレジャーの……………60g
イタリア料理に使用する食材

リグーリア産ブラックオリーブ塩水漬け タジャスケ 400gアルドイノ社

ジャイアントグリーンオリーブの実(種あり)

スペインからの美味しい食材アンチョビー 365g ロイヤルパール

甘み、旨みが強烈凝縮!セミドライトマト オイル漬け&ブルスケッタミックス

★アカデミー賞でも使われた貫禄のオリーブオイル★ 
イタリア・シチリア産
エキストラバージン・オリーブオイル
「セグレート・メディテラーネオ (Segreto Mediterraneo)」
500ml

アフェルトラ社 スパゲット・アッラ・キタッラ 500g

宮古島農家直産ハーブ生バジル500g

パルミジャーノ レジャーノ 36~48ヶ月熟成約1kg

「神様からの贈り物」イタリア シシリー島の岩塩 荒粒タイプ

PEUGEOT(プジョー)電動ミル アルティア
イタリア料理レシピ手順
***ペーストを作ります、
1.ブラックオリーブの種を取ります、
  粗く刻みます、
  フードプロセッサーに入れ
  オリーブオイルを入れて
  ミキシングします、
  ペースト状にします、
2.グリーンオリーブの種を取ります、
  粗く刻みます、
  フードプロセッサーに入れ
  オリーブオイル50ccを入れて
  ミキシングします、
  ペースト状にします、
  オリーブオイルが足りないときは
  足してください、
3.ドライトマトは粗く刻みます、
  フードプロセッサーに入れ
  オリーブオイルを入れて
  ミキシングします、
  ペースト状にします、
  オリーブオイルが足りないときは
  足してください、
4.アンチョビーフィレは粗く刻みます、
  フードプロセッサーに入れ
  オリーブオイルを入れて
  ミキシングします、
  ペースト状にします、
  オリーブオイルが足りないときは
  足してください、
5.フードプロセッサーに入れ
  オリーブオイルを入れて
  ミキシングします、
  ペースト状にします、
6.パルミジャーノ・レジャーノは
  すり下ろしておきます、
7.パスタパンにたっぷりのお湯を沸騰させ
  塩を軽く一つかみ入れパスタを
  茹であげます、
  このときパスタのゆで時間は袋に
  表示されている時間より2分間短めに
  茹であげます、
  仕上がり時にアルデンテを
  お楽しみいただけます、
8.フライパンにオリーブオイルを30cc
  入れアンチョビーフィレを入れ
  木べらでつぶしながら弱火かけます、
9.ドライトマトのペースト・
  ブラックオリーブのペースト・
  グリーンオリーブのペーストを
  それぞれスプーン2杯分(40g)づつ
  入れます、
  弱火にかけ暖めます、
10.パスタが茹で上がったらフライパンに
   バジルの葉を手で適当にちぎって
   8枚分を入れます、
   パスタを入れ混ぜ合わせます、
11.食器に盛りつけます、
  上にバジルの葉を飾ります、
イタリア料理に使用する調理器具

これがあれば、きれいに簡単にスタッフドオリーブが作れます♪
オリーブの種ぬき器

ジオプロダクト・7層鋼ステンレス鍋パスタパン21cm(メッシュ・コランダー付)

チーズおろし
【18-0ステンレス製 四面 チーズおろし器】

ティファール独自のIHシリーズ。最先端の技術を盛り込み、
使いやすさがさらに進化
ティファール(TFAL) IHミッション フライパン 28cm

リチャードジノリ(Richard Ginori) ベッキオホワイト プレート 26cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
ぽちっと応援をお願いいたします、

 - パスタ, レシピ

Comment

  1. Asu より:

    こんばんは。
    どのお料理もホントすばらしいです!
    材料にもこだわってらっしゃるんですね。
    トマトは大好きなんですが、ドライトマトはどう使っていいかわからず、あまり手にしていません。このパスタ参考にさせていただきます!

  2. おさむ より:

    これはすごい風味の濃厚なパスタソースですね。
    ほんとに美味しそうでなりません。
    オリーブのみならずドライトマトもペーストにするソースは、興味が沸きます。

  3. tana より:

    こんにちわ^^
    ドライトマトって、普通のトマトより甘みがあるんですね~
    なかなか、普通のお料理には使わないので、食べたことがないです^^;
    でも、甘いトマトは好きなので、食べてみたいな~と思いまいした^^
    応援ポチリ★

  4. りりり より:

    こんにちは。
    ドライトマトお料理に使ったことないです・・・
    オリーブはグリーンの方が好きです。
    品種が違うから色も違うのと思ってました。
    勉強になります。
    どんな味なのか想像してます^^
    カサブランカ、ゴージャス感があってスキです。
    ポチ♪

  5. al17 より:

    こんにちは~^^
    材料を拝見しているだけでもう
    堪りません~涎が・・・><!
    オリーブは2種類使うのですね。
    セラミドトマトを作ろうかな?って
    思っていますが 出来るかしら?
    凄い美味しそうですね^^
    ぼち
    おご馳走様でした。

  6. puffpuff より:

    ペーストを作っておくと
    いろいろ使えていいですね!!
    グリーンとブラックとアンチョビ、組み合わせも楽しくてワクワクします。

  7. うさうさ より:

    こんにちわ!
    ドライトマト・オリーブ2種・アンチョビーペーストのパスタ
    お洒落なパスタですね。
    フードプロセッサーで、ペースト作られているのですね。
    カサブランカ、豪華ですね。白色が綺麗。

  8. ゆうモモち より:

    これも作ってみたいメニューです。
    毎回「これ作りたい!」と思うのですが
    次から次へと美味しそうなものが
    アップされるので正直迷ってしまいます(笑)
    以前作ったマスカルポーネを使ったパスタ
    は我が家の定番になりました☆ぽち

  9. kazuyoo60 より:

    綺麗なカサブランカです。純白の花弁の質感、良い香り、思い出しています。
    オリーブは木に残しておくとすべて黒くなる、知りませんでした。
    生と乾燥品の違い、味にも深みが加わりますね。
    ほわ~っと、イラスト、とても綺麗です。

  10. suzu-kitchen より:

    アンチョビとオリーブが合わさったペーストとっても美味しそうですね~
    オリーブと一口にいっても成熟度によって味も違うのですね。
    このソースパスタ以外にも活用できそうだなあと思いました。

  11. 那須パパ より:

    おはようございます♪
    ryujiさんレストランがあったら、注文するのにかなり悩みそう….(^_^;)
    未知なる美味しそうなレシピ満載で、大人気レストラン間違い無しですね♪
    今日も美味しそう!!
    では、本日で今週も終了♪
    頑張って行って来ます(-^□^-)
    7/9分、ポチっと応援して行きますね(‘-^*)/

  12. らるむ。 より:

    いつもと変わらぬ更新、御苦労さまです!
    オリーブはそのまま使うのかと思ったら、ペーストにするんですね!
    とても斬新で驚きです!
    そんな使い方があるなんて~。
    どんな味なのか想像がつかないですw(*゚o゚*)w
    応援☆

  13. siawasekun より:

    おはようございます♪♪
    、“グリーン・オリーブ”と“ブラック・オリーブ”の違い、・・・・・・。
    品種ではなく、成熟度、ということですか、・・・・・・。
    ブラックオリーブは、甘粛されているだけ
    こくがあり美味しいですか、・・・・・・。
    グリーンは、若い実をつけたもので味にも
    若さですか、・・・・・・。
    初めて、知りました。
    ご紹介、ありがとうございました。
    いつも、コメント&応援ポチに、深謝です。
    応援ポチ♪♪

  14. タヌ子 より:

    2種類のオリーブとアンチョビの塩気とドライトマトの甘みの融合。
    前菜や付け合せにピッタリのイタリアの香りがするパスタですね。

  15. 夢見 より:

    紹介されてる道具も毎回楽しみです
    暑い夏 見た目も綺麗なパスタ料理で♪

是非 あなたのご意見をお願いします 質問があれば分かる範囲でお答えしたいと思っております

  関連記事

ドライイチジクの赤ワイン煮
生しいたけのパスタ ピチ
仔牛のヒレカツ ケッカソース
厚岸の生かきのパスタ リングイネ ゴルゴンゾーラ風味
生ウニのにんにくとペペロンチーノ風味
パスタ スパゲッティ うすいえんどう ペコリーノ・トスカーノ フレスコ風味
アンチョビーのフライ
パスタ キタッラ 春キャベツ にんにく風味
するめすいかのふといかすみの煮込み赤ワイン風味
ブロッコリーとパン粉のブカティーニ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。