イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,576、パスタのレシピ数は1584。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

仔羊ヒレ肉のゴルゴンゾーラ和え

   

仔羊ヒレ肉のゴルゴンゾーラ和え
やまほろしやまほろし
やまほろし
イタリア料理レシピ
オーストラリアの仔羊ヒレ肉を使用しました、
ヒレの部分は比較的珍しくなかなか手に入りません、
柔らかく癖も少なく美味しくいただけます、
ゴルゴンゾーラ・ピカンテのぴりっとした風味が良くあいます、
今の時期ならグリーンアスパラと一緒にお使いいただけます、
ゴルゴンゾーラはイタリア料理に欠かせません、
素晴らしい青カビのチーズです、
イタリア料理食材2人分
仔羊のヒレブロック…………………..450g
グリーンアスパラ…………………….8本
ゴルゴンゾーラ・ピカンテ……………..60g
無塩バター………………………….20g+10g
生クリーム………………………….80cc
白ワイン(辛口)………………………40cc
ペコリーノ・ロマーノチーズ……………10g
強力粉……………………………..適量
岩塩……………………………….適量
ブラックペパー………………………適量
イタリア料理に使用する食材

オーストラリア産ラムテンダーロイン(ヒレ肉)【約450g】

イタリア産:ゴルゴンゾーラ ピカンテ【約300g】【

イタリア産:ペコリーノ・ロマーノDOP【約1kgUPカット】【

超濃厚!フランス産発酵無塩バターMOF
チーズ熟成士が作る極上の発酵バター

【深イイ話 旨いいものSPL】で紹介されたスイートアスパラ【2kg】
北海道富良野産

森永 生フレッシュ クリームフレッシュクリーム 生 1000ml 森永乳業 [冷]

【8800円以上のお買上で送料無料(クール代別途)】辛口。
【取寄商品】ブラミート・デル・チェルヴォ・シャルドネ 白 750ml 
イタリア産白ワイン 格付け ウンブリアI.G.T. アンティノリ社 
辛口

★アカデミー賞でも使われた貫禄のオリーブオイル★ 
イタリア・シチリア産
エキストラバージン・オリーブオイル
「セグレート・メディテラーネオ (Segreto Mediterraneo)」
500ml

カプート社製 サッコロッソ・ファリーナ・ティーポ00粉
ゼロゼロ粉(ピザ用強力粉) 1Kg

「神様からの贈り物」イタリア シシリー島の岩塩 荒粒タイプ

ギャバン ブラックペパー ホール 袋 35g

PEUGEOT(プジョー)電動ミル アルティア
イタリア料理レシピ手順
1.ペコリーノ・ロマーノチーズはすり下ろします、
2.ゴルゴンゾーラ・ピカンテは
  小さく切り分けておきます、
3.仔羊ヒレは冷蔵庫の中で自然解凍します、
4.450gあります、
  余計な脂身があればカットします、
  余計な筋があればそれもカットします、
掃除した後のグラム数は370gぐらいです、
  それを4等分にカットします、
  肉たたきで薄く約4倍ぐらいに
  のばします、
  塩・ブラックペパーを振りかけ強力粉を
  まぶします、
5.グリーンアスパラは下部の堅い部分は
  カットしピラーで皮をむきます、
  4等分にカットします、
6.フライパンにオリーブオイル・
  無塩バターを入れ
  中火で肉をソテーします、
7.焼き色がついたら裏返しソテーします
  両面に綺麗な焼き色がついたら白ワインを
  注ぎしれ強火にしてアルコールと水分を
  しっかり飛ばしに詰めます、
8.弱火にして生クリーム・
  ゴルゴンゾーラ・ピカンテを入れ
  良く混ぜ合わせます、
9.グリーンアスパラを入れ煮込みます、
  ソースが煮詰まってきたらOKです、
  最後に無塩バター10gを入れコクを
  出します、
10.食器に盛りつけます、
イタリア料理に使用する調理器具

チーズおろし
【18-0ステンレス製 四面 チーズおろし器】

ティファール独自のIHシリーズ。最先端の技術を盛り込み、
使いやすさがさらに進化
ティファール(TFAL) IHミッション フライパン 28cm

リチャードジノリ(Richard Ginori) ベッキオホワイト ラウンドプラター 29cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
ぽちっと応援をお願いいたします、

 - ラム肉 骨付きチョップ ロース, レシピ

Comment

  1. siawasekun より:

    仔羊ヒレ肉ですか、・・・・・・。
    なかなか手に入りにくいのですね。
    柔らかく癖も少なく美味しいのですね。
    ゴルゴンゾーラ・ピカンテのぴりっとした風味が良くあいますか、・・・・・・。
    食べたくなりましたよ。
    是非、・・・・・・。
    昨日も、コメント&応援ポチに、恐縮です。
    応援ポチ♪♪

  2. らるむ。 より:

    羊にゴルゴン!?Σ(゚Д゚)
    倒れそうなレシピですねー^^;
    でも、どんな味のハーモニーになるのか、興味深々♪
    濃厚ソースにアスパラはいいですね☆
    応援ポチッと。

  3. 那須パパ より:

    おはようございます♪
    那須パパは今日から出勤です(^_^;)
    まっ、何時もの事ですね…
    一足先に、今週スタートしちゃいますね!!
    では、行って来ます♪
    応~援(‘-^*)/

  4. wheatberry より:

    これは美味しそうな一品。
    子牛肉にゴルゴンゾーラのソース、好きな組み合わせです。
    私にとっての一番のチャレンジは肉が固くならないように仕上げることになりそうです。
    原因は肉の延ばし方になのか、叩いて延ばした肉の厚さなのか、と考えて試してみるのですが大抵タフなお肉になってしまうんです。最初にすりおろしたペコリーノは最後、盛りつけたお肉に振りかけるのでしょうか。
    お客様にお出しできるようにお肉が柔らかく仕上がるよう何度も試して頑張ります。このレシピには興味津々で、ポチっと応援!

  5. kazuyoo60 より:

    綺麗な色、涼しそうな色、沢山固まって咲きましたね。
    子羊のヒレ、まだ出会ったことがありません。奈良でも探せば見つかるのかもしれませんが。

  6. nanako より:

    ryujiさん、おはようございます!
    ゴルゴンゾーラのソースでお肉もさらに
    美味しさUPですね!
    グリーンアスパラで色どりもキレイです!
    暑さで食欲なくてもチーズは大好きです(*⌒∇⌒*)

  7. ゆうモモち より:

    おはようございます♪
    ゴルゴンゾーラって好みがはっきり
    別れますよね。
    でもコクがありそう☆ぽち

  8. suzu-kitchen より:

    仔羊のヒレ肉柔らかくていいですよね~
    ゴルゴンゾーラのコクのあるソースに絡まってとっても美味しそう。
    なかなか自宅では再現できなそうなお料理ですが...
    う~ん、食べてみたいです。

  9. おさむ より:

    子羊のヒレの部位をつかった料理は、はじめて知りました。
    これは、いかにもヨーロッパ的な調理法で、おいしそうです。

  10. うさうさ より:

    こんにちわ!
    仔羊ヒレ肉のゴルゴンゾーラ和え、とっても
    お洒落なお料理ですね。
    昨日、やっと、夏の花を買って来ました。
    お昼から、少し影になる所で植え替えとしようと
    思っています。
    やまほろし、涼しげな色で、とっても綺麗。

  11. 夢見 より:

    ご馳走だ~とレシピ眺めるだけで幸せです
    豪華でしょうね
    ゼロゼロ粉 商品名も面白いです

  12. りりり より:

    仔羊のお料理美味しそうですね^^
    でも私の腕前では・・・
    やっぱりいつもとおり誰かに作って欲しいです(笑)
    ワイン詳しくないので白ワイン選ぶ時は、
    とにかくシャルドネを選んでます^^
    ポチ♪

  13. Rally より:

    子羊ヒレ肉とゴルゴンゾーラ・食べたい~
    華麗なる料理人でしたか!
    やまほろし~野菜の花のようにも見えますねぇ
    Rally・お立ち寄りいただきありがとうございました!
    ただ今、美味しレシピ&手打ちパスタにはまっています♪
    ぽちっ

  14. さくらん より:

    今回ご紹介の黄金のバターが魅惑的ですね、
    色が濃くて存在感のある艶がたまりません、
    バターだと分かっていても
    そのまま齧りつきたくなりそう・・・(笑)
    ラムのヒレ肉も色が濃くてとても美味しそうですね!

  15. misako より:

    子羊ってだけでもう美味しい気がします
    本格的でとても美味しそう~
    ゴルゴンゾーラのソースたまりません
    完成写真が見たかったです^^
    応援ポチ

  16. Asu より:

    本格的!
    羊肉もゴルゴンゾーラもレストランでしか食べたことありません。
    おうちでこんな本格イタリアンが食べられるなんてryujiさんのご家族が羨ましいです。

  17. タヌ子 より:

    仔羊はコトレットかジゴを使うことが多く、ヒレ肉を使った料理をした記憶がありません。
    仔羊はそれほど匂いも気になりませんが、チーズの香りで更に食べやすくなりそうですね。
    ノルマンディはあまり羊を食べる地域ではないんですが、お肉屋さんでヒレ肉があるかどうか覗いてみます。

コメントを残す

  関連記事

パスタ フジッリ マッシュルーム
サフランリゾット
鶏モモ肉のフルーツとバルサミコのブィネグレット添え
ジャルディーノ・スパゲッティ
タコのサラダ  クロアチア料理
ペペローニ Romana 
乾燥ポルチーニ茸のリゾット
梨のコンポートとミントのパンナコッタ
ムール貝の蒸し料理 ブラックペパー風味
きぬさやと生ハム トマトソース和え
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。