イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,637、パスタのレシピ数は1614。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

アンチョビーとクリーンアスパラのパスタ リングイーネ ガルム風味

   

アンチョビーとクリーンアスパラのパスタ リングイーネ ガルム風味
アンチョビーとクリーンアスパラのパスタ リングイーネ ガルム風味
イタリア料理レシピ
ガルムとは魚醤 – Wikipedia ナポリから南へ約40キロ。
アマルフィ近郊のチェターラにある小さな会社から作るコラトゥーラ(ガルム)です。いまでも完全手作りで製造しています。
魚(カタクチイワシ)の内臓と頭を取り除き、
約6ヶ月間熟成させ塩蔵アンチョビに仕上げ、
袋に詰めてろ過します。
その工程を10回繰り返して出来た純度の高いコラトゥーラです。
コラトゥーラ・ディ・アリーチ (ガルム)
リングイネとはリングイネ – Wikipedia
リングイネの語源はlingua di passero(リングア・ディ・パッセロ)、
イタリア語で「スズメの舌」を意味します、
断面が短径1ミリメートル、長径3ミリメートルの楕円形をしているため、
通常のスパゲッティと平麺パスタの両方の食感が味わえる。
麺の表面がザラザラとしており、ソースが絡みやすく、
かつ、ソースの水分がパスタに浸透し過ぎないため、
アルデンテ状態を長く保てるパスタです、
アンチョビーとは
アンチョビーは、本来は地中海の小イワシを塩蔵して発酵させたものです。
製品になったものは、それをオリーブ油で漬けたものです。
カンタブリア地方のアンチョビを原料にした”ロイヤルパール”は、
発酵熟成した魚醤のような魚の旨みと絶妙な加減の塩が
さらに上質なオリーブオイルによってまろやかな余韻を感じさせます。
ニチニチソウニチニチソウ
ニチニチソウ
イタリア料理食材2人分
パスタ リングイネ………………..160g
グリーンアスパラ………………….6本
アンチョビーフィレ………………..2枚
ガルム…………………………..5cc
ドライトマト……………………..4枚
にんにく…………………………1片
ペペロンチーノ……………………1本
オリーブオイル……………………45cc
イタリアンパセリ………………….1枝
岩塩…………………………….適量
イタリア料理に使用する食材

ピエンツァ:無農薬ポデーレ・イル・カサーレ農場製リングイネ
【ノンナアンドシディ】【500g】

極太!食べ応えのある「2L」サイズ!
シャキシャキ新鮮!
グリーンアスパラ 500g

スペインからの美味しい食材
アンチョビー 365g ロイヤルパール
カンタブリア地方、大西洋沖は寒暖が入り混じる海水とプランクトンが豊富な海です。
この地方のアンチョビの漁期はわずか3月中旬から2~3ヶ月。今年も5月下旬にそのアンチョビが入荷いたします。

『世界ふしぎ議発見』で紹介されました!コラトゥーラ・ディ・アリーチ(ガルム)

★アカデミー賞でも使われた貫禄のオリーブオイル★ 
イタリア・シチリア産
エキストラバージン・オリーブオイル
「セグレート・メディテラーネオ (Segreto Mediterraneo)」

<2010年度産 新にんにく出荷スタート>≪訳あり田子産にんにく≫見た目は訳ありでも味は一級品★ほくほくの美味しさ!ブランド産地、青森県田子町から産地直送★

シチリア南端、トマトの名産地パキーノの畑でとれたトマトをすぐに加工。
強烈な日差しの下で天日干しにするから、トマトの旨味、甘味、
酸味がぎゅ~っと詰まっていて、生のトマトでは味わえない凝縮した旨味!

カンティーナ・トッロ
クレティコ・シャルドネ IGT 【2004】 
750ml(イタリア 白ワイン 辛口)

イタリアの赤唐辛子は辛さも本格的!
辛味が旨味とコクを引き出します!ペペロンチーノ

いつものサラダに食感プラス!「神様からの贈り物」
イタリア シシリー島の岩塩 荒粒タイプ

【新品】プジョー 【PEUGEOT LIFE】ペッパー/ソルト電動ミル(エリ)

イタリアンパセリ
イタリア料理レシピ手順
1.アスパラガスは下部の堅い部分はカットします、
  皮をピラーで剝きます、
  ソースパンにお湯を沸騰させ塩を
  軽く入れアスパラを湯がきます、
  冷水に取り色止めをします、
  ペーパータオルできれいに水気を
  拭き取ります、
  4等分にします、
2.にんにくは包丁の腹などで軽く潰して
  おきます、
3.ペペロンチーノは手で二つに折り
  中の種を取り除きます、
4.イタリアンパセリは葉の部分を
  粗く刻みます、
5.ドライトマトは
  たっぷりの熱湯に少量の白ワインを加え、
  ドライトマトを大きいものなら
  10分~15分・浸けておきます、。
  ザルに開けてお湯を切って、
  自然に乾燥したら出来上がり!
  戻し汁はとっておきます、
  千切りにします、
6.パスタパンにたっぷりのお湯を
  沸騰させ塩を軽く一握り入れ
  パスタを茹でます、
  このときパスタのゆで時間は袋に
  表示されている時間より2分間
  短めに茹でます、
  仕上がり時にアルデンテを
  お楽しみいただけます、
7.フライパンにオリーブオイルを入れ
  にんにく・ペペロンチーノを入れ
  弱火で炒めます、
  この時フライパンの柄を下にさげ
  オイルを手前に集めその中で炒めます、
  火が均一に通ります、
8.にんにくの香りが出てきたらにんにくと
  ペペロンチーノを取り出します、
9.ドライトマト・アンチョビーを入れ中火で
  炒めます、
10.ガルムを加えます、
11.グリーンアスパラを入れます、
   軽く炒めます、
12.茹で上がったパスタを加え混ぜ合わせます、
   ドライトマトの汁20ccと
   オリーブオイル20ccを加え
   混ぜ合わせます、
13.イタリアンパセリを振り入れます、
イタリア料理に使用する調理器具

柳宗理 ボウル5P柳宗理 ボウル5P

ティファール】IHミッション フライパン 28センチ

ジオプロダクト・7層鋼ステンレス鍋
パスタパン21cm(メッシュ・コランダー付)

リチャードジノリ(Richard Ginori) ボンジョルノホワイト ラージプレート 28cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
ポチッと応援 お願いいたします、

 - パスタ, レシピ

Comment

  1. wheatberry より:

    アスパラにアンチョビやドライトマトを加える
    なんて美味しそうです。
    引き続きガルムですね。どんなお味になるのでしょう。
    食べてみたいです。
    いつもコメントを頂いて有り難うございます。
    ぽちっと応援。

  2. タヌ子 より:

    日本はアスパラがいつでも食べられていいですね。
    こちらではすっかり姿を消してしまい、来春まで口に入ることはなさそうです。
    でも来月帰国するので日本で試してみられるかな。
    こちらから美味しいアンチョビを買っていけばいいんですよね。

  3. siawasekun より:

    おはようございます♪♪
    ガルムとは、魚醤のことですか、・・・・・・。
    魚(カタクチイワシ)の内臓と頭を取り除き、約6ヶ月間熟成させ塩蔵アンチョビに仕上げ、袋に詰めてろ過、・・・・・・。
    10回も繰り返して出来た純度の高いものですか、・・・・・・。
    凄いですね。
    ご紹介、ありがとうございました。
    いつも、コメント&応援ポチに、深謝です。
    応援ポチ♪♪

  4. らるむ。 より:

    この塩気+トマト味のパスタには、リングイネが物凄く合うなーって思いました(*^_^*)
    アスパラもいいな♪
    これもおいしそー(≧∇≦)で、出来たてを一気に食べたいな☆
    応援☆

  5. おさむ より:

    ドライトマトがアクセントになって
    アスパラの瑞々しさとアンチョヴィやガルムの旨味で、おいしいパスタですね。

  6. ベッカズ より:

    アンチョビ大好きなんでっす
    またこれも素敵なレシピですね~
    レパートリーの多さに
    ビックリでっす\(^o^)/
    応援☆

  7. ゆりりん より:

    ガルム風味
    ここがポイントなんでしょうね~。
    食べてみたいなぁ
    ドライトマトにアンチョビに・・・。
    ウマミが詰まってますね~。
    ポチっと応援!!

  8. kazuyoo60 より:

    綺麗なニチニチソウ、真っ赤も良いですね。
    「スズメの舌」とは、イタリアでも雀は馴染みなのですね。
    トマトが沢山採れて、人にもあげたけれど--、そして、ドライトマト作りもされたとある方のブログです。半乾きを口に入れたら味が濃くて美味しいと書かれていました。
    覚えてるのでは2人の方がドライトマトを作っておられます。

  9. suzu-kitchen より:

    以前にもガルムを使ったお料理ありましたよね~
    その時からガルムにすごく興味を持っています。
    グリーンアスパラで彩りもよくなるしドライトマトとアンチョビで
    美味しそうなパスタですね♪

  10. パンダ より:

    こんにちは(^^♪
    ドライトマトにアンチョビにガルムと
    旨みの3重奏♪
    風味豊かなパスタ、食べてみたいです♪
    いつも厳選された食材、
    勉強になります(^^)
    今日も応援☆

  11. 夢見 より:

    ドライトマトに心ひかれます
    どんなお味なのかしらと
    緑に赤に元気の出る色目^^

  12. al17 より:

    アスパラとアンチョビーって大好き
    です。凄い美味しそうです~
    魚醤の事をガルムって言うので
    すね@@!
    色んなパスタを作って食べたいのですが
    主人が昔ながらのミートとナポリタン
    以外は受け付けない頑固者で><!
    一人の時に作りたいです。
    ご馳走様でした。ぼち

  13. puffpuff より:

    にちにち草、かわいいですね。
    シンプルな花が愛らしいです。
    ドライトマトとガルムでぐっと深みが出そうです!
    アスパラの甘みと緑も食欲を誘いますね。

  14. tana より:

    こんにちわ^^
    アスパラいいですね~★
    アスパラって、パスタやサラダにして食べるととっても美味しくて大好きです!
    ドライトマトもすっごく美味しそうです><
    ニチニチソウ、可愛く咲いてますね~今の時期に咲くんですね!
    応援ポチリ★

  15. Asu より:

    魚醤って、エスニックだけじゃないんですね。イワシの旨みが野菜の甘みを引き立てる一品ですね!

コメントを残す

  関連記事

tonnetto(かつお)のオイル漬けのパスタ リングイネ
朝引きの大和肉鶏むね肉とクレソンの冷製パスタ
パスタ キタッラ ズッキーニ パルミジャーノチーズ風味
牛レバーのステーキ トマトソース
マスカルポーネ ゴルゴンゾーラのパテ 苺添え
マンゴープリン
鶏のレバーのプリン 栗のソース レモンバター風味
皮付き豚バラのロースト ほうれんそう添え
サヨリのカルパッチョ
鶏の唐揚げ