イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,636、パスタのレシピ数は1613。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

いわしのマリネ ガルム風味

   

いわしのマリネ ガルム風味
いわしのマリネ ガルム風味
イタリア料理レシピ
今年はいわしが豊漁の様です、
ブェネツイアの郷土料理です、
イタリア手背はいわしが結構食されています、
いわしの風味がおいしいです、
アンチョビーとガルムで味に深みを持たせます、
素敵なイタリア料理です、
ガルムとは魚醤 – Wikipedia
ナポリから南へ約40キロ。
アマルフィ近郊のチェターラにある小さな会社から作るコラトゥーラ(ガルム)です。いまでも完全手作りで製造しています。
魚(カタクチイワシ)の内臓と頭を取り除き、
約6ヶ月間熟成させ塩蔵アンチョビに仕上げ、
袋に詰めてろ過します。
その工程を10回繰り返して出来た純度の高いコラトゥーラです。
コラトゥーラ・ディ・アリーチ (ガルム)
アンチョビーとは
アンチョビーは、本来は地中海の小イワシを塩蔵して発酵させたものです。
製品になったものは、それをオリーブ油で漬けたものです。
カンタブリア地方のアンチョビを原料にした”ロイヤルパール”は、
発酵熟成した魚醤のような魚の旨みと絶妙な加減の塩が
さらに上質なオリーブオイルによってまろやかな余韻を感じさせます。
ランタナランタナ
ランタナ
イタリア料理食材(少し多めに作りましょう)
冷蔵庫に入れて保管できます、
しわし…………………………..30尾
強力粉…………………………..適量
たまねぎ…………………………2個
白ワイン(辛口)……………………100cc
揚げ油(オリーブオイル)…………….適量
オリーブオイル……………………100cc
海塩…………………………….適量
ブラックペパー……………………適量
イタリアンパセリ………………….適量
アンチョビー……………………..6フィレ
ガルム…………………………..12cc
イタリア料理に使用する食材

今が旬!!脂ののり最高!!梅雨イワシ
生真鰯(いわし)5k 

★アカデミー賞でも使われた貫禄のオリーブオイル★ 
イタリア・シチリア産
エキストラバージン・オリーブオイル
「セグレート・メディテラーネオ (Segreto Mediterraneo)」

淡路産 たまねぎ Lサイズ(1kg)

イタリア/ベローナ産:『サルバーニョ』
エクストラ・ヴァージン・オリーブオイル【1000ml
揚げ油としてお使いください、

カプート社製 サッコロッソ・ファリーナ・ティーポ00粉 ゼロゼロ粉(ピザ用強力粉) 1Kg

チェーザレ・ジャッコーネ:銘柄モスカート/ワインビネガー(白)【250mlボトル】

スペインからの美味しい食材アンチョビー 365g ロイヤルパール

『世界ふしぎ議発見』で紹介されました!コラトゥーラ・ディ・アリーチ(ガルム)

ギャバン ブラックペパー ホール 袋 35g

イタリア産シチリアの海塩(グロッソ 粗粒タイプ)500g

【新品】プジョー 【PEUGEOT LIFE】ペッパー/ソルト電動ミル(エリ)

イタリアンパセリ
イタリア料理レシピ手順
1.いわしは鱗を取り、頭をカットします、
手開きをします、

Music Video | mp3
2.皮もはぎます、
3.流水で洗い流しペーパータオルで
  綺麗に水気をふきとります、
4.マリネ液を作ります、
  たまねぎは縦に二等分し繊維に沿って薄く
  スライスします、
5.ソースパンにオリーブオイルを入れ
  タマネギを入れ弱火で丁寧に炒めます、
  少し薄く色づくまで炒め続けます、
6.かなり色づいてきたら白ワインビネガーを
  入れ煮込みます、
7.アンチョビーフィレ2枚とガルムを加え
  混ぜあわせながら煮弱火で煮詰めていきます、
  液が1/2になるまで煮詰めます、
  塩・ブラックペパーで味を調えます、
  さましておきます、
8.いわしに塩・ブラックペパーを
  軽く振りかけ強力粉をまぶします、
9.天ぷら鍋に1000ccのオリーブオイルを入れ
  180℃に加熱しいわしを入れ揚げます、
  両面に綺麗なあげいろがついたら
  ペーパータオルの上にのせ油を切ります、
10.幅の広い平らな容器にいわしの半量を
   並べその上にマリネ液を廻しかけます、
11.またその上にいわしをのせ重ねます、
   その上にマリネ液を廻しかけます、
12.冷蔵庫に入れ1日冷やしマリネが
   だきたらOKです、
13.食器に盛りつけイタリアンパセリを
   飾ります、
イタリア料理に使用する調理器具

Vita Craft (ビタクラフト) 
ペティート ソテーパン 19cm (IH対応)

ナノシルバーネオ抗菌密閉容器 角大深型
商品名 角大深型
モデル NNS-032
サイズ 180×126×86
容量 1.1L

リチャードジノリ(Richard Ginori) ベッキオホワイト ラウンドプラター 29cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
ポチッと応援 お願いいたします、

 - レシピ,

Comment

  1. wheatberry より:

    マリネ液、手の込んだ作り方ですね。
    これなら絶対美味しいはず。
    煮詰めたマリネ液から良い匂いが漂ってきそうです。
    このマリネ液に浸したら数倍美味しくなりますね。
    いわし、食べたいです。
    いつもコメントを有り難うございます。
    応援

  2. siawasekun より:

    おはようございます♪♪
    今年は、いわしが豊漁ですか、・・・・・・。
    ブェネツイアの郷土料理ですか、・・・・・・。
    イタリアでは、いわしが結構食されていますか、・・・・・・。
    いわしの風味、・・・・・・。
    アンチョビーとガルムで味に深み、・・・・・・。
    良さそうですね。
    ご紹介、ありがとうございました。
    いつも、コメント&応援ポチに、深謝です。
    応援ポチ♪♪

  3. kazuyoo60 より:

    イワシの豊漁、私も報道で知りました。好きなので嬉しいです。
    海水温によって、その場所で捕れる魚の種類が変わりますね。
    ここ数日、所用で出かけられませんでした。今日午後からでもスーパーへ行きたいですが、土砂降りになるかな。
    台風の進路、お近くになるのでしょうか。お気をつけてくださいね。

  4. らるむ。 より:

    おはようございます♪
    鰯は小骨が苦手であまり食べないし、料理にも使いませんが、これはおいしそうで、ちょっとやる気がでました(*^^)v
    そう言えば、マリネが好きなんです(笑)
    最近作ってないけど^^;
    応援☆

  5. ゆりりん より:

    ガルム=魚醤なんですね~。
    アンチョビまで入ってる~。
    これはパンやパスタを添えて一緒にいただいても美味しそうです。
    素敵なレシピに応援ポチです

  6. ゆうモモち より:

    さんまが不作のわりに、イワシが大漁と
    いうニュースを耳にしました♪
    今日は短いコメで失礼します~☆ぽち

  7. suzu-kitchen より:

    今年はさんまは高いけど、いわしは豊漁で安くて
    美味しいですね~
    さんまの分、いわしをたくさん食べたいと思います。
    いわしのマリネいいですね!ガルム風味でとっても
    美味しそうです。

  8. まさ より:

    アンチョビーフィレとガルムの2重使い。
    初めて知りました。勉強になります。
    なぁ~~るほどです。
    鰯からではなくて、目から鱗です。
    是非挑戦したいです。 応援~~♪

  9. puffpuff より:

    ランタナ、カワイイです♪
    年々鰯は高級魚になっていましたが
    今年はたくさん食べられそうです!
    鰯、大好きなので是非作ってみたいです!
    今日の記事(ブドウの剥き方)でryujiさんのブログにリンクさせていただきましたww;
    よろしくお願いします。

  10. DORIN より:

    イワシって栄養がタップリですが
    料理の仕方がワンパターンなんです。
    こういう風に作ると
    目先も変わって美味しそうです♪
    応援ぽちっ☆

  11. tana より:

    こんにちわ^^
    今年は、イワシが豊漁なんですか~!
    イワシは小骨が多いんで、普段あまり使わないんですが、こういうレシピを見るとおいしそうだな~って思います★
    さばき方…手でやるんですね!
    いつも、とっても勉強になります^^
    応援ポチリ★

  12. いぬねこ より:

    こんにちは
    なんとタイムリーなイワシ!
    今年はサンマが不漁な分、鰯が手に入れやすくなるといいですね。

  13. たの子 より:

    今年は秋刀魚が高いけどいわしは安いとか聞きました。
    新鮮ないわしをマリネにするとおいしそうですね。
    ガルムーっていうのを使うと更においしそうです。

  14. ひろ より:

    ryujiさん、こんにちは^^
    アンチョヴィだけでなく、
    コラトゥーラで、さらに味に深みが出ますネ!!
    素敵なレシピ
    ありがとうございます^^
    ポチッ!応援です!!

  15. なめっぴ より:

    先日はブログへご訪問ありがとうございました。
    さんまが高騰中でいわしはありがたいですね。
    ポチっと応援させていただきます。

  16. al17 より:

    こんにちは~^^
    鰯もイタリアンなのですか~@@!
    色んなレシピが出てきて凄い勉強に
    なりますよ~
    今日も美味しそうです。
    有難うございました。ぼち^0^

  17. Ryu より:

    アンチョビって優れものですよね!我輩も時々チューブ入りの物を使います。お魚のムニエルなんぞに。今日は久し振りのヘレステーキ、家内に素敵~き!w

  18. ひろりん より:

    今年はさんまは不漁、いわしは大漁ですか。
    今年はいわしでガマンってとこですかね。

  19. ** より:

    こんばんは。
    アンチョビとガルムを使ってマリネするというのは初めて!!
    私も試してみたいなと思います。

コメントを残す

  関連記事

豚骨付きロース 春野菜添え
海老のグリル ハーブ風味
メークインのアンチョビーソース
サンマの実ザンショウ煮
水牛のモッツアレラチーズのラタトゥイユ
豚足の煮込み
キハダマグロのステーキ
牛ヒレ肉のピッツァ風
ゴルゴンゾーラソース
たらのグラタン