イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,574、パスタのレシピ数は1583。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

カボチャのニョッキ トマトソースとジェノベーゼの香り

   

カボチャのニョッキ トマトソースとジェノベーゼの香り1
カボチャのニョッキ トマトソースとジェノベーゼの香り
イタリア料理レシピ
カボチャのニョッキにトマトソースとジェノベーゼで彩りと風味を添えます、
すごく綺麗な料理です、
ペコリーノ・ロマーノチーズの風味も格別です、
イタリア料理です、
チェリーセージチェリーセージ
チェリーセージ
イタリア料理食材2人分
かぼちゃ(正味)………………………350g
薄力粉……………………………..130g
強力粉(打ち粉の分)…………………..適量
岩塩……………………………….適量
ペコリーノ・ロマーノチーズ……………40g
無縁バター………………………….15g
トマトソース
トマトホール缶………………………100g
オリーブオイル………………………30cc
にんにく……………………………1片
岩塩……………………………….適量
ブラックペパー………………………適量
グラニュー糖………………………..10g
バジルソース………………………..60cc
バジル……………………………..10枚
アンチョビー………………………..1枚
松の実……………………………..20粒
にんにく……………………………1片
オリーブオイル………………………50cc
岩塩……………………………….適量
ブラックペパー………………………適量
パルミジャーノ………………………20g
イタリア料理に使用する食材

濃厚な甘みとホクホク食感が特徴
◆野菜ソムリエ厳選◆
完熟エビスかぼちゃ 秀品大玉1個
カボチャ/南瓜

カプート社製 ファリーナ・ティーポ00粉 ゼロゼロ粉
コンフェツィオーネ(イタリアの薄力粉タイプ) 1Kg

【本場のナポリピッツァを焼くならこれ!】
【ホームベーカリーでモッチリ食パンを焼くならこれ!】
カプート社製 サッコロッソ・ファリーナ・ティーポ00粉
ゼロゼロ粉(ピザ用強力粉) 1Kg

《チーズ》ペコリーノ・ロマーノ
イタリア語でペコラ(羊)そして
昔はローマ近郊で作られていたのが『ペコリーノ・ローマノ』の
名前の由来となっています

パルミジャーノ レジャーノ 36~48ヶ月熟成

★アカデミー賞でも使われた貫禄のオリーブオイル★ 
イタリア・シチリア産
エキストラバージン・オリーブオイル
「セグレート・メディテラーネオ (Segreto Mediterraneo)」

フランス産の無塩バター!
チーズ熟成士が選んだ発酵バターです。
『パムプリーAOC発酵バター(カゴ入り)無塩タイプ』

微粒子グラニュー糖 3kg_ <砂糖>

ギャバン ペッパー ブラックペパー ホール 袋 35g

いつものサラダに食感プラス!「神様からの贈り物」
イタリア シシリー島の岩塩 荒粒タイプ

【新品】プジョー 【PEUGEOT LIFE】ペッパー/ソルト電動ミル(エリ)

美味しいトマトソースができると評判の
アナリサ
イタリア産ホールトマト 4号缶400g

バジルの葉

スペインからの美味しい食材
アンチョビー 365g ロイヤルパール

松の実

パルミジャーノ レジャーノ 36~48ヶ月熟成
イタリア料理レシピ手順
***トマトソースをつくります、
1.ボウルにトマトホール缶400gのうち1/4100gを
  移します、
2.にんにくは縦に二等分し中の芽を取り除き
  嫌な匂いを取ります、
  たたき潰します、
3.ソースパンにオリーブオイルを入れ弱火にかけ
  にんにくを入れ炒めます、
  にんにくの香りがオイルに移ったら
  にんにくは取り出します、
4.ボウルに取り分けておいたトマトを
  手で潰しながら入れます。
5.30分間弱火で煮込みます、
***ジェノベーゼを造ります、
1.バジルの葉を手でちぎりフードプロセッサー
  に入れます、
2.松の実・アンチョビーを加えオリーブオイルを
  入れ撹拌します、
3.ペースト状になったらできあがりです、
***かぼちゃのニョッキをつくります、
1.かぼちゃは種を取って乱切りにし、
   皮をむきます、
  耐熱皿に入れてラップし、600wの電子レンジで
  約5分間加熱してやわらかくします、
2.ペコリーノ・ロマーノチーズ・
  パルミジャーノは
  すり下ろしておきます、
3.かぼちゃをボウルに入れてつぶし、塩を少々振り入れます、
  続けて薄力粉をふるいながら加え、よくこねて、
  耳たぶくらいの硬さになるまで練り込みます、
4.強力粉で打ち粉をした台に3を棒状に伸ばし、
  1cmの厚さにカットします、
  切った生地の真ん中にペコリーノ・ロマーノチーズを入れ、
  ラグビーボールのような形に丸めて行きます、
5.鍋に湯を沸かし、4をひとつずつ落とし入れ茹でます、
6.浮いてきたらすくい取り、
  水気をよく切って食器に入れ熱いうちに
  バターを入れあえます、
7.トマトソースとバジルソースをところどころに
  落とし飾りにします、
8.パルミジャーノを振りかけます、
イタリア料理に使用する調理器具

柳宗理 ステンレスボウル5点セット

使い勝手のいい、しっかりした作りの
チーズおろし(四面グレーター)

MR-5550MFP【税込】 ブラウン スティック型ハンドブレンダー
BRAUN マルチクイック プロフェッショナル

Vita Craft (ビタクラフト)
ペティート ソテーパン 19cm (IH対応)

リチャードジノリ(Richard Ginori) ボンジョルノホワイト ラージプレート 28cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
ポチッと応援 お願いいたします、

 - パスタ ニョッキ, レシピ

Comment

  1. らるむ。 より:

    材料は全てある・・・。
    後はやる気?^^;
    まずはお店で食べてから作ってみたいなー(笑)
    赤、緑、黄色とイタリアンカラーっぽくて、色だけでも食欲をそそりますね♪
    応援ポチッと。

  2. siawasekun より:

    おはようございます♪♪
    カボチャのニョッキにトマトソースとジェノベーゼで彩りと風味添えですか、・・・・・・。
    コリーノ・ロマーノチーズの風味、・・・・・・。
    良さそうですね。
    ご紹介、ありがとうございました。
    昨日も、コメント&応援ポチに、恐縮です。
    応援ポチ♪♪

  3. snc より:

    こんにちは、
    またまた秋の香りに釣られまして来ました…(笑)
    栗やキノコに続きまして、こちらアメリカではカボチャは秋の味覚です、来月の10月にはカボチャを飾りますお祭りのハロウィンもあります。
    カボチャのニョッキの黄とトマトソースの赤にジェノベーゼの緑でとても綺麗に美味しそうなお料理ですね。
    お邪魔ポチッして行きますねっ!

  4. Sivaji より:

    トマトの赤。バジルの緑。少し黄色がかっているかもしれないけど、カボチャのニョッキの白とイタリアの国旗のようですね。
    カボチャの風味と甘み。トマトの酸味、バジルの香りがよくあいそうです。

  5. さくらん より:

    チェリーセージ、可愛らしいお花ですが
    あのハーブのセージのお仲間なんでしょうか?
    鮮やかな赤に元気を貰えますね。
    カボチャ、ハーフカットで買ってサラダ等にしても半分くらいしか使わないので
    カボチャ料理のレパートリーが悩みでした。
    ニョッキに混ぜるというのも素敵ですね。

  6. kazuyoo60 より:

    キンモクセイが綺麗な色、咲きだしたのですね。我が家のは匂わないのでまだかな?。
    フジバカマは小さな蕾だけです。そうそう、この花が好きなのですね。アサギマダラ過去に1回だけ来てくれました。その来てくれた時に庭にいないと出会えませんよね。もう少し秋が深まっていた記憶です。
    木立ベゴニア、好きな花です。綺麗に咲かされてます。
    金糸瓜の甘酢浸けも作りました。

  7. wheatberry より:

    カボチャのニョッキ、大好きです。
    トマトソースにジェノベーゼを落とすなんて
    ステキなアイデアです。色も綺麗だし風味も
    加わるし、カボチャにかければ赤黄緑の3色で
    一層美味しそうですね。是非真似させて頂きます。
    いつもコメントを頂いて有り難うございます。
    応援

  8. Sakulanbo より:

    かぼちゃのニョッキってすごくステキなアイデアですね。彩りもきれいでとってもおいしそうです。

  9. こんにちは。
    秋らしいパスタですね。
    彩りも綺麗ですよね。
    ニョッキ、暫く作っていないんです・・・。
    ブランチは、残り物でパスタにしました。
    ☆ポチっ☆

  10. パンダ より:

    こんにちは(^^♪
    かぼちゃのニョッキ、初めてです。
    ジェノベーゼの緑とカボチャの黄
    トマトの赤と彩りがキレイな一品ですね♪
    応援ポチ☆

  11. suzu-kitchen より:

    かぼちゃのニョッキ美味しいですよね~
    トマトソースにジェノベーゼで香りもとっても
    良さそうですね!
    これ見たら久しぶりにかぼちゃのニョッキが
    食べたくなりました。

  12. ひろ より:

    ryujiさん、こんにちは^^
    かぼちゃのニョッキ!!!
    いいですネ!!!
    大好きです!!
    トマトとジェノベーゼで、
    味だけでなく、
    見た目も楽しめて、
    さすがryujiさん、って感じです!!!
    素敵なレシピ
    ありがとうございます!!
    ポチッ!応援
    させていただきます!!!

  13. ひろりん より:

    かぼちゃの季節ですものね。
    ひろりんはかぼちゃとバナナのチョコタルト、焼きました
    来月はハローウィン、かぼちゃの出番です。

  14. かず より:

    ryuji_s1さんの
    ブログみつけることができました
    コメントありがとうございました
    とても専門的なイタリア料理のブログですね これからもよらせてもらいます

  15. ryuji_s1 より:

    かずさん
    コメントありがとうございます。
    今後もよろしくお願いいたします、
    ぜひURLをお願いします、

  16. pica* より:

    いつも丁寧なレシピですね☆
    かぼちゃのニョッキ、大好きです。
    トマトソースとジェノベーゼ、彩りも鮮やかで美味しそうです^^
    参考にして作ってみたくなりました♪

  17. ゆりりん より:

    ニョッキを作るとホワイトソースにしてしまいがちな私でした。。。
    トマトソースにジェノベーゼも美味しそうです
    色がカラフルで、これまたGOOD!!
    応援ポチです。

  18. ジェニ より:

    こんばんわ
    かぼちゃのニョッキ食べたことないです。 今度挑戦してみましょう。
    それにしても イタリアン 飽きませんよね。みんな 海外へ行くと日本食が
    恋しいって言うけれど 私は絶対イタリアには 住めると 思っています。
    毎日イタリアンでもいいです。
    オリーブオイルとチーズ命です。

  19. ぴよ より:

    こんばんは♪。(U▽U)
    南瓜が織り込まれたオレンジ色のニョッキ。
    ニョッキ生地の中に、ペコリーノ・ロマーノチーズが入っているのですね。
    仕上げには、パルミジャーノチーズ。
    トマトソースに、グラニュー糖…覚えておきます。
    2つのチーズと、トマトソースとバジルソースの2色のソースに、心がトキメキました。
    応援☆ポチッ

  20. saudade_55 より:

    ryujiさん、本当に美味しそうなレシピの数々ですねぇ。
    今年はかぼちゃが沢山取れたので、作ってみたいけど・・・
    できれば、美味しく出来たものを頂きたいものです。
    ブログに書き込みありがとうございました。マジョラムを購入しようか検討中です。

コメントを残す

  関連記事

にんじんの蒸しもの バルサミコ和え
鴨背肉のロースト
ミニトマトのパスタ フェットチーネ
三元豚ロースのフルーツ煮込み
スペアリブの赤ワイン煮
スナップエンドウとヘーゼルナッツ パスタ ペンネ・リガーテ ミントソース
ポルチーニ茸のリゾット
牛肉のたたき
ペンネッテのソーセージ、ポルチー二茸ソース
リコッタチーズのペンネ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。