イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,690、パスタのレシピ数は1637。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

魚介のスープ(Zuppa di pesce)

   

魚介のスープ(Zuppa di pesce)
魚介のスープ(Zuppa di pesce)
イタリア料理レシピ
かなり高級な魚介のスープです
カワハギ・鯛・コチは鍋にとてもよく合う淡泊なお魚です、
エビとの出汁と香り・ムール貝の美味しい出汁が
素晴らしいスープにしてくれます、
魚のブロードを加え味にこくを出します、
サフランの白とカレーのかすかな風味が彩りを添えてくれます、
イタリア料理です、
むらさきしきぶむらさきしきぶ
むらさきしきぶ
イタリア料理食材4人分
魚介
車エビ………………………4尾
鯛………………………….1尾
ムール貝…………………….1000g
コチ………………………..1尾
カワハギ…………………….1尾
オリーブオイル……………….60cc
にんにくオイル……………….20cc
薄力粉………………………適量
海塩………………………..適量
ホワイトペパー……………….適量
白ワイン(辛口)……………….100cc
にんにく…………………….1片
たまねぎ…………………….1/2個
にんじん…………………….1/2個
ポロネギ…………………….1本
セロリ………………………1本
グラッパ…………………….30cc
魚のブロード…………………100cc
サフラン…………………….4枚
カレー粉…………………….5g
トマト1個
イタリアンパセリ1枝
にんにくオイル用
にんにく1個
オリーブオイル100cc
イタリア料理に使用する食材

瀬戸内の天然活け鯛 500g

瀬戸内産 活〆天然こち 400~600g

薄づくり・煮付に♪肝は美味
ひと味ちがう!活〆
淡路産かわはぎ(丸)
(丸はげ・本カワハギ)
1枚300g前後 活〆

礼文島産「生ボタンエビ(大)」500g
6~8尾入り / 漁期限定!幻の味
※産地より水揚げ後に直送

国産(三陸)の活ムール貝

淡路産たまねぎ

セロリ

にんじん

スープ作りに欠かせない食材♪【ベルギー産、他】ポロネギ(リーキ)

カプート社製 ファリーナ・ティーポ00粉 ゼロゼロ粉
コンフェツィオーネ(イタリアの薄力粉タイプ) 1Kg

ブラミート・デル・チェルヴォ・シャルドネ 白 750ml 
イタリア産白ワイン 格付け ウンブリアI.G.T. アンティノリ社 辛口

グラッパ・バローロ・サント・ステファノ 500ml
(ロッケ・デイ・マンゾーニ)

国産サフラン★1g

香り豊かな本格派
JAS・有機カレー粉 30g




”特選ハーブ” イタリアンパセリ





★アカデミー賞でも使われた貫禄のオリーブオイル★ 

イタリア・シチリア産

エキストラバージン・オリーブオイル

「セグレート・メディテラーネオ (Segreto Mediterraneo)」





<2010年度産 新にんにく出荷スタート>

≪訳あり田子産にんにく≫見た目は訳ありでも味は一級品




キスコ:HCQフュメドポワソン【1kg】

ニュークラウンエース ホワイトペパー(ホール) 40g
こだわりを求める方に自信を持ってお届けする、本格スパイスです。
ホールスパイスタイプ。

イタリア産シチリアの海塩(グロッソ 粗粒タイプ)500g


【新品】プジョー 【PEUGEOT LIFE】ペッパー/ソルト電動ミル(エリ)

イタリア料理レシピ手順
1.にんにくオイルを造ります、
  ソースパンにオリーブオイル100ccを入れ
  にんにくの粗みじんを入れ弱火で炒めます、
  この時のにんにくは縦に二等分し中の芽を
  取り除き嫌な苦みの素をなくします、
  きつね色になってきたら火を止め
  あら熱がさめたら容器に入れておきます、
2.カワハギの裁き方

三枚におろし皮を剥いで 
半身を3等分にカットします、
3.鯛の裁き方

三枚におろした半身を3等分にします
4.コチの裁き方

三枚におろし半身を3等分にします、
5.エビは頭としっぽはそのまま残し体の部分のからを剥ぎます、
6.ムール貝はたわしで洗って、表面の汚れを
  きれいに落とします、
  糸のような足糸(そくし)を挽き取ります、
  うすい塩水に10分ほどつけておきます、
7.フライパンにムール貝・白ワインを入れ
  ふたをして強火で蒸し煮にします、
  貝が開いたら取り出しボウルに入れておきます、
  フライパンの貝の出汁は漉して
  ボウルに入れムール貝を浸しておきます、
8.たまねぎはみじん切りにします、
  にんじんはみじん切りにします、
  セロリはみじん切りにします、
  ポロネギは粗みじんにします、
9.にんにくは縦に二等分し中の芽を
  取り除き包丁の腹でたたき潰します、
10.トマトは湯むきしざく切りにカットします、
11.エビはオリーブオイルを付けて
   マリネしておきます、
   ラップしておくとよいです、
12.魚の切り身はオリーブオイルを付けて
   マリネしておきます、
   ラップしておくとよいです、
13.フライパンにオリーブオイル・にんにくを入れ
   弱火にかけじっくりと炒めにんにくの香りを
   引き出します、
   香りがオイルに移ったらにんにくは取り出します、
14.たまねぎ・ポロネギを炒めます、
   透明感が出てきたらにんじん・
   セロリを入れ炒めます、
   食べたときに少し口に残るような堅さで良いです、
   塩・ホワイトペパーを振りかけます、
15.魚の切り身に塩・ホワイトパパーをふりかけ
   薄力粉をまぶします、
16.フライパンにオリーブオイルを入れエビを入れ全体に
   焼き色を付けます、
   殻が赤くなったらOKです、
   取り出しておきます、
  次に入れ魚をソテーします、
  両面に薄く焼き色を付けます、
  生の状態でOKです、
  ブランデーを入れ強火にしアルコール分を
  飛ばします、
  白ワインを入れ軽く煮込みます、
  魚のブロードを入れ煮込みます、
  サフランと・カレー粉を入れます、
17.エビ・ムール貝・ムール貝の煮汁・
   野菜の炒めたもの・トマト・イタリアンパセリを
   入れます、
18.煮上がったら一度火を止め1時間ぐらいおいて
   味をなじませます、
19.火を付け暖め塩・ホワイトペパーを振り入れ
  にんにくオリーブを廻しかけます、
20.食器に盛りつけます、
イタリア料理に使用する調理器具

柳宗理 ステンレスボウル5点セット

Vita Craft (ビタクラフト)
ペティート ソテーパン 19cm (IH対応)

ティファール】IHミッション フライパン 28センチ

リチャード・ジノリ(Richard Ginori)
ボンジョルノチェリー スーププレート24cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
ポチッと応援 お願いいたします、

 - レシピ, 魚貝類 ホタテ 烏賊 タコ あさり シジミ ムール貝 ウニ

Comment

  1. ジェニ より:

    こんばんわ
    これ 家では できそうにないけど
    食べてみたい!!!
    おいしそう ホテルで出てきそうな
    スープですね。
    応援して戻ります。

  2. パンダ より:

    こんばんは(^^♪
    魚介いっぱいの贅沢なスープですね☆
    旨みがたっぷりのスープ、
    味わってみたいです♪
    ムラサキシキブ、キレイですね☆
    実家に植わっています☆
    もう色ついてるかな~?
    応援ポチ☆

  3. ひろりん より:

    たくさんの魚介類・・・ふんだんに使って美味しそう
    きっとスープも旨みがいっぱいで絶品間違いなしですね。

  4. たの子 より:

    は~っとため息が出そうな高級魚オンパレードですね。
    これを一口飲んだらまたは~っとため息が出そうです。

  5. puffpuff より:

    たっぷりの魚介類とサフランの香りで
    とても豪華なスープですね!
    一滴のこらずいただきたいですっ!
    カワハギって小さい頃田舎では
    猫のエサかお味噌汁の具、煮付けの定番でしたが
    都会では高くてびっくりしました。
    好きなのですが滅多に食べられなくなりましたww;

  6. DORIN より:

    これは贅沢なスープですね!
    絶対美味しいでしょう~(*^_^*)
    プロが作るお料理って感じです。
    食べてみたいけど
    作れるかな~^^;
    応援ポチ☆

  7. ゆうモモち より:

    先日、習ったばかりの鯛のさばき方。
    自宅ではなかなか難しいですね。
    やっぱり切り身に走っちゃいそう(苦笑)
    これだけの食材が入った旨味たっぷりのスープは、
    一度味わってみたいですね☆応援

  8. kazuyoo60 より:

    コムラサキの実が綺麗に色着きました。沢山の実ですね。
    沢山の食材、美味しいのばかりですね。
    イタリアの海産物、有名ですね。西洋では日本ほども鮮度にこだわらない?、テレビで見ていてそんな感じでした。

  9. wheatberry より:

    新鮮な魚介類のオンパレード、鯛、こち、かわはぎ、
    色々なリンクの写真を見るだけでも食欲がわきます。
    こんなに立派な食材がたーっぷり入ったスープ、
    絶対美味しいはず。食べてみたいです。
    いつもコメントを頂いて、本当に有り難うございます。
    応援!!

  10. siawasekun より:

    おはようございます♪♪
    かなり高級な魚介のスープですか、・・・・・・。
    カワハギ・鯛・コチ、エビですか、・・・・・・。
    カレーのかすかな風味、・・・・・・。
    美味しそうですね。
    飲みたくなりましたよ。
    昨日も、コメント&応援ポチに、恐縮です。
    応援ポチ♪♪

是非 あなたのご意見をお願いします 質問があれば分かる範囲でお答えしたいと思っております

  関連記事

生ウニのスパゲッティ
田作り
生ハムとフォンティーナチーズのクレープ
グリーンアスパラガスのパルミジャーノ風味
菜の花の 木の実マヨネーズ和え
マグロのカルパッチョ
ほうれん草のオリーブオイル炒め
ペコロス(小たまねぎ)のロースト
no image
ブロッコリーとそらまめのにんにくとアンチョビー風味
マグロのとろとアボガドのパスタ コンキリオーニ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。