イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,577、パスタのレシピ数は1585。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

天然マコガレイのフライ パルマ風

   

天然マコガレイのフライ パルマ風
天然マコガレイのフライ パルマ風
イタリア料理レシピ
グラーナ(Grana)という言葉には、本来「粒」や「粒子」と
言う意味があり、削って粉にして使うチーズのことを総称して
「グラナ」と言うようです。
そして、ピエモンテ州、エミリア・ロマーニャ州にまたがる
パダーノ平原で作られているので「グラナ・パダーノ」と
言う名になりました。
牛乳を高温加熱して作られるタイプで熟成は9ヶ月以上と
言われていますが、多くは15?18ヶ月熟成しています。
パルミジャーノ・レッジャーノとの違い・・・
製法は似ていますがグラナ・パダーノでは搾乳する
牛乳の飼料に牧草と干草だけではなくサイロ飼料も
使われています。
また、朝夕2回搾乳した牛乳を5?7時間休ませて、
部分的に脱脂して仕込むところも違っています。
このチーズはすりおろして料理に使われることがほとんどで、
パスタやリゾットに振り掛けるだけで味に深みを与え
魔法の調味料として扱って頂けます。
イタリアチーズには同じようにすりおろして使う
チーズが沢山ありますが、
グラナ・パダーノはミルキーな甘みとしっとり感が
味わえ塩分も控えめです。
テーブルチーズとしても楽しんで頂けます。
キンモクセイキンモクセイ
キンモクセイ
イタリア料理食材2人分
マコガレイ………………………..2尾
海塩……………………………..適量
ブラックペパー…………………….適量
薄力粉……………………………適量
卵……………………………….2個
パン粉……………………………適量
グラーナチーズ(すりおろし)………….40g
イタリアンパセリ…………………..2枝
グラーナチーズ(スライス)……………30g
オリーブオイル…………………….適量
オリーブオイル(揚げ油として)………..1000cc
レモン……………………………1個
イタリア料理に使用する食材

お刺身・煮付け・から揚げに!
淡路産天然マコガレイ(活〆)
1枚300g前後活じめ即日発送
(カレイ・アマテガレイ)

グラナ・パダーノ

ファリーナ TIPO”00”
コンフェツィオーネ
(イタリアの薄力粉タイプ)

イタリアンパセリ

オリーブオイル初心者から和食にもOK!
イタリア産 ベルドール
EXバージンオリーブオイル 1000ml
揚げ油として使用

国産本レモン★有機JAS/4個

★アカデミー賞でも使われた貫禄のオリーブオイル★ 
イタリア・シチリア産
エキストラバージン・オリーブオイル
「セグレート・メディテラーネオ (Segreto Mediterraneo)」

イタリア産シチリアの海塩(グロッソ 粗粒タイプ)500g

【新品】プジョー 【PEUGEOT LIFE】ペッパー/ソルト電動ミル(エリ)
イタリア料理レシピ手順
1.イタリアンパセリ1本は葉の部分を
  みじん切りにします、
2.イタリアンパセリ1本は粗く刻みます、
  最後に飾りに使います、
3.グラーナチーズは40gはすり下ろします、
  30gは薄くスライスします、
  最後に飾りに使います、
4.パン粉はミキサーにかけできるだけ細かく砕きます、
  そのパン粉にグラーナチーズのすり下ろし・
  イタリアンパセリを入れ
  入れ混ぜあわせます、
5.かれいはぬめりと鱗ががあります、
  左手でしっかりと押さえ、尾から頭に向けて、
  包丁を立ててうろことぬめりをを両面
  こそげ落とします、
6.えらぶた包丁の先を入れて開き、
  刃先でえらを引き出します。
7.裏返し、胸びれの下に切り込みを入れ、
  中からわたをかき出します。
8.残ったわたは指で取り、腹の中を流水で
  きれいに洗います。
  ヒレを調理ばさみでカットします、
9.身の真ん中の線が入っている部分に刃を入れ
  骨に当たるまで深く切り目を入れ身の
  厚い部分の火の通りをよくします、
10.海塩・ブラックペパーを振りかけます、
   薄力粉をまぶします、
   バットに卵を溶き卵にし入れます、
   溶き卵を付けます、
11.別のバットにパン粉を入れパン粉を
   まんべんなく付けます、
12.天ぷら鍋にオリーブオイル1000ccを入れ
   180℃に熱してこんがりと揚げます、
13.ペーパータオルに乗せ油を切ります、
14.食器に盛りつけオリーブオイルを振りかけ
   パセリの粗みじんを振りかけます、
   グラーナチーズのスライスを飾ります、
15.レモンの櫛形を飾ります、
イタリア料理煮使用する調理器具

ブラウン スティック型ハンドブレンダー
BRAUN マルチクイック プロフェッショナル [MR5550MFP]

揚げ物の油はねを軽減!安全に調理♪フード付きの天ぷら鍋
天ぷら亭 温度計付天ぷら鍋 TP-104 24cm

清潔なホーローバット。
野田琺瑯 ホーローバット  18取

リチャードジノリ(Richard Ginori) ベッキオホワイト ラウンドプラター 29cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
ポチッと応援 お願いいたします、

 - レシピ,

Comment

  1. ぷく より:

    ryujiさんお久しぶりです~!
    マコガレイのフライ美味しそうですね。特に衣が・・・!
    キンモクセイ、私の家の周りでは、先週日曜日からいっせいに香り始めました。
    もうそんな季節なのですね。
    ポチしていきま~す

  2. wheatberry より:

    お魚の中ではカレイが特に好きなんです。
    新鮮なカレイ、こんな風にイタリア料理に使って
    チーズ入りのパン粉で揚げたら美味しいでしょうね。
    「グラナ・パダーノ」初めて聞くチーズです。
    こちらで是非とも探し出して試してみますね。
    いつもコメントを頂いて有り難うございます。応援!

  3. siawasekun より:

    おはようございます♪♪
    天然マコガレイのフライ パルマ風、・・・・・・。
    美味しそうですね。
    食べたくなりましたよ。
    是非、・・・・・・。
    ご紹介、ありがとうございました。
    昨日も、コメント&応援ポチに、恐縮です。
    応援ポチ♪♪

  4. kazuyoo60 より:

    濃い色になって、キンモクセイの香り、強くなってますね。今朝は雨です。
    すりおろして使う、濃厚なチーズなのですね。
    今朝はカレイのムニエルと言いたいのですが、熱が通りにくくて油を少し多めに入れて揚げ煮にしました。先日近所の方に冷凍パックのを戴いたのです。

  5. 青カッパ より:

    ご訪問をいただき、
    また、コメントを頂戴し、ありがとうございました。
    こちらには素敵なイタリアンがたくさん並んでいらして、ビックリしました。
    また、遊びに来させていただきますね。

  6. nanako より:

    ryujiさん、おはようございます!
    マコガレイのフライ美味しそう~!
    仕上げのチーズ・オリーブオイルが
    また美味しさを引き出しているんでしょうね!
    金木犀もいい香りですよね~~♪

  7. ゆうモモち より:

    金木犀の香りがあちらこちらから
    漂ってきてますね♪
    金木犀の香りは食欲抑制効果があるとか無いとか?
    私には効果は無さそうですけど(笑)
    ☆応援

  8. らるむ。 より:

    衣からチーズの香りが漂いそうですね~♪
    シンプルな材料しか使ってないので、素材勝負ですね(*^_^*)
    魚はさばけますが、カレイはヌルヌルしてて、さばくの怖いな~^^;
    応援☆

  9. keiton より:

    こんにちは!
    美味しい白ワインと一緒に食べたい
    カレイです!
    香りが良さそう~。

  10. たの子 より:

    カレイ、身がやわらかくておいしいですね。
    淡白な魚もチーズのこくを加えるとちょうどいいですね。
    すごくおいしそうです。

  11. ひろ より:

    ryujiさん、こんばんわ^^
    天然マコガレイのフライパルマ風
    美味しそうですネ!
    この手の料理は大好きです!!
    身の柔かいカレイが・・・
    チーズの風味と・・・
    何とも言えません(笑)
    素敵なレシピ
    ありがとうございます!!
    ポチッ!応援です。

  12. こんばんは。
    とても手のこんだ美味しそうなパスタ!!我が家もパスタだったのですが、
    かぼすを頂いたので、あるもので手抜きパスタでした(笑)
    ☆応援☆

  13. こんにちは。
    マコガレイのフライ美味しそうですね。
    私は、カレイの揚げ物が大好物ですので、今度ryuji_s1さんのレシピを参考に作ってみたいと思います。
    応援にポチッと押させて頂きます。

  14. マムチ より:

    こんばんわ~♪
    料理の工程を見ているだけで
    食べたくなりま~す^^v
    美味しいイタリアン料理を食べながら
    美味しいワインで週末を過ごしたいです(笑)
    ポチっ!!おうえーん*

  15. ポメマル より:

    こんばんは。
    グラナパダーノってそういう意味だったのですね。
    初めてイタリアに行った時にスーパーで買い込んで来た大きなチーズがグラナパダーノでした。パルミジャーノを選んだつもりがどこで間違ったかなんですが・・・
    でもこのチーズは惜しげもなく使えて私は大好きです。
    イタリアで買うくらいに安いとふんだんに使えるんですが。
    カレイのフライ衣にチーズを混ぜるのは美味しいでしょう。

  16. ぴよ より:

    こんにちは♪。(U▽U)
    マコガレイの表面がカリッ!!と揚がって、
    ほんのりチーズの香り。
    鰈の身のほくほくと、衣のチーズの香りが、
    ワインをすすめそうですね♪。おいしそう♪♪♪ですぅ。
    グラナ・パダーノ、初めて知ったチーズの名前です。餌から違うのですね。作られる工程も、餌もこだわりのチーズ。。。特別なチーズに思えてきました。
    応援☆ポチッ

コメントを残す

  関連記事

カレイの煮つけ
米なすのオリーブオイル炒め
マッシュルームのクリームソース パスタ リングイネ
キンキのポワレ
イベリコ・デ・ベジョータとメロン 桃 イチジクの前菜
生ハムと桃のアンティパスト ハーブの香りを添えて
ウニのフェットチーネ ・ サラダ
粗挽き豚肉ハーブ風味とトウモロコシのリゾット
ブラックオリーブのパスタ スパゲッティ
鴨とネギのソース ネギのロースト添え
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。