イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,636、パスタのレシピ数は1613。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

赤ワインのリゾット 巨峰添え

   

赤ワインのリゾット 巨峰添え
赤ワインのリゾット 巨峰添え
イタリア料理レシピ
赤ワインリゾットです、
フォンドボーで赤ワインソースを造ります、
それで米を煮込みます、
巨峰も加えます、
干しぶどう入りのクロカンテをパルミジャーノで
造り飾ります、
見た目も楽しいリゾットです、
干しぶどうは枝付きのものを使いました
味が全然違い美味しいです、
イタリア料理です、
シュウメイギクシュウメイギク
シュウメイギク
イタリア料理食材2人分
イタリア米…………………….150g
巨峰(葡萄)…………………….12個
赤ワインソース…………………500cc
パルミジャーノ…………………20g
エシャロット…………………..1/2個
ローリエ………………………1枚
無塩バター…………………….20g+40g
***赤ワインソース………………500cc
赤ワイン………………………200cc
フォンドボウ…………………..300cc
エシャロット…………………..1個
タイム………………………..1枝
無塩バター…………………….10g
ホワイトペパー(粗挽き)………….適量
***パルミジャーノのク枝付き干しぶどうロカンテ
枝付き干しぶどう6粒 2組
パルミジャーノ120g
枝付き干しぶどう12個
赤ワイン30cc
岩塩適量
ブラックペハー適量
イタリア料理に使用する食材

枝付きレーズン「極上」 大箱サイズ

アクエレッロ イタリア米 1年もの

イタリアの赤ワインイタリアワイン
ロッカ・ディ・フラッシネッロ レ・スーゲレ・ディ・フラッシネッロ
I.G.T. マレンマ・トスカーナ
【イタリアワイン】【赤ワイン】  フルボディ

キスコ:HCQフォンドボー【1kg】
【特徴】
選び抜かれた最上級の仔牛の骨と新鮮な野菜を使用し、
じっくりと時間をかけてコトコト煮込みました。
完成度が高く、コクと旨味が十分にあるので、
あまり煮詰めずにご使用いただけます。
【原材料】
仔牛骨・野菜
(玉葱・人参・セロリ・にんにく)・ホールトマト・トマトペースト・
植物油脂・食塩・香辛料

ローリエ

【より黒く!・より大きく・より食感の良い】
種無し巨峰が出来るのです!

フランス料理の必需品♪エシャロット(ソースに、薬味に) 約250g

フランス産の無塩バター!
チーズ熟成士が選んだ発酵バターです。
『パムプリーAOC発酵バター(カゴ入り)無塩タイプ』

パルミジャーノ レジャーノ 36~48ヶ月熟成

ハーブ タイム

ニュークラウンエース ホワイトペパー(ホール) 40g

ギャバン ペッパー ブラックペパー ホール 袋 35g

いつものサラダに食感プラス!「神様からの贈り物」
イタリア シシリー島の岩塩 荒粒タイプ

【新品】プジョー 【PEUGEOT LIFE】ペッパー/ソルト電動ミル(エリ)
イタリア料理レシピ手順
***赤ワインソースを造ります、
1.エシャロットはみじん切りにします、
  
2.フライパンに無塩バターを入れエシャロットを
  加えて弱火で丁寧に炒めます、
タイム1枝を入れます、
  ホワイトペパーの粗挽きを入れます、
3.フォンドボーを入れすぐに赤ワインを
  注ぎ入れます、
  強火にしてアルコール分を飛ばします、
  タイムを取り除きます、
4.軽く塩・ブラックペハーを振り入れ味を調えます、
***パルミジャーノのクロカンテ枝付き
  干しぶどう添えを造ります、
1.ホウルに枝付き干しぶどうを入れ
  赤ワインを入れ30分ぐらい浸して
  おきます、
2.パルミジャーノはすり下ろしておきます、
3.テフロン加工のフライパンにパルミジャーノ60g
  を入れ葉っぱ型の形を作ります、
  最初は強火にしチーズを溶かします
  上に枝付き干しぶどうを形よくませます、
  すぐに弱火に戻します、
  形を整えます、
  さまします、
  これをもう一度繰り返します、
  プロは一回で4個ぐらい造りますが初めての
  ここでは分けて一個ごとに造ります、
***赤ワインのリゾットを造ります、
1.パルミジャーノはすり下ろしておきます、
2.エシャロットは1/2個分をみじん切りします、
3.赤ワインソースはソースパンに入れ
  暖めておきます、
4.巨峰は皮を剝いておきます、

5.フライパンに無塩バターを入れ弱火で溶かします、
  エシャロットを入れ弱火で炒めます、
  
6.エシャロットが透明になって来たら
  米を入れます、
7.米にバターを一粒ずつ綺麗のコーティン
  するように丁寧に混ぜます、
8.米に透明感が出てきたら赤ワインソースを
  米がひたひたになるくらい入れて行きます、
  中火でそのまま煮込みます、
  水分が少なくなって来たらソースを
  足し入れて行きます、
9.ソースがなくなるまで繰り返します、
  巨峰を入れます、
10.米がアルデンテの状態になったら火を止め
   バターを40g加えます、
   パルミジャーノ20gを振り入れます、
11.食器に盛りつけます、
   上パルミジャーノのクロカンテ枝付き
   干しぶどう添えを飾ります、
イタリア料理に使用する調理器具

柳宗理 ステンレスボウル5点セット

ティファール】IHミッション フライパン 28センチ

使い勝手のいい、しっかりした作りの
チーズおろし(四面グレーター)

リチャード・ジノリ(Richard Ginori)
ボンジョルノチェリー スーププレート24cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
ポチッと応援 お願いいたします、

 - リゾット, レシピ

Comment

  1. ety より:

    赤ワインのリゾットって初めてです
    聞いたのも初めて!!
    どんなお味か気になります。煮込みの
    ような深いお味なのでしょうね
    ワインにもぴったりでしょうね
    ブログ村ぽち

  2. wheatberry より:

    赤ワインに巨峰入りのリゾット、綺麗ですね!!
    枝付きの干しぶどうはゴージャス感があるし
    リゾットのお味もより一層美味しくなりますね。
    とても秋らしくてステキなお料理。食べたいです♪
    いつもコメントを頂いて有り難うございます。
    全部ぽちっと応援。

  3. siawasekun より:

    おはようございます♪♪
    赤ワインリゾットですか、・・・・・・。
    フォンドボーで赤ワインソース造り、・・・・・・。
    米煮込み、・・・・・・。
    干しぶどうは枝付きのものを使いますか、・・・・・・。
    味が全然違いますか、・・・・・・。
    ご紹介、ありがとうございました。
    いつも、コメント&応援ポチに、深謝です。
    応援ポチ♪♪

  4. らるむ。 より:

    美しいリゾットですね!
    チーズで葉っぱを作るなんて手が込んでて素晴らしいです。
    応援☆

  5. suzu-kitchen より:

    巨峰入りにリゾット、爽やかでおいしそうですね~
    赤ワインで煮込むと色もキレイに仕上がりそう。
    どんな感じか食べてみたくなるような素敵な
    お料理ですね!

  6. ゆうモモち より:

    枝つきの干しブドウは見つけると
    おつまみ用に購入してます。
    風味は全然違いますね。
    プレートにチーズと一緒に盛ると
    おもてなしのおつまみにピッタリです♪応援

  7. kazuyoo60 より:

    シュウメイギクが可愛いです。我が家でも賑やかになった気ました。
    枝付きレーズン、実物には出会ってません。干しぶどう大好きです。
    ワインもですが、生の葡萄の美味しさ、格別ですよね。
    昨夜のテレビ、生のブドウを食べて、3日後に収穫と小さなワイナリーの主人が言っていました。

  8. ねこねこ より:

    わわ、おいしそうです。
    枝つきの干しブドウ、確かにお味が
    いいですけどお値段もいいんですよね。
    もったいなくて食べられません(笑)
    フォンドボー使う料理の時に試してみようと思います。
    干しブドウなしで・・・^_^;

  9. たの子 より:

    リゾットは白ワインを入れるものという固定概念でした。
    赤ワインにしてもいいんですね。
    赤いリゾット、今まで思いつかなかったですけど、おいしそうです。

  10. DORIN より:

    巨峰のお料理があるんですね~(*_*;
    イタリヤ料理って本当にすごいです。
    フォンドボー、大好きなので
    きっとこれは好きなお味だろうなー。
    作ってみたいのですが
    なかなか行動に移せず(笑)
    こちらで見て満足してます(^^ゞ
    応援!

  11. puffpuff より:

    あっ、お花色のリゾットですね♪
    巨峰の甘みと香りが素敵です。
    わおっ!
    パルミジャーノの葉っぱに枝付干しぶどう!!
    出てきたら絶対きゃっって嬉しくなります。
    干しぶどうってちょっと苦手なのですが、枝付のは好きなんです^^

  12. mayunbo94 より:

    リゾットに巨峰!
    どんなお味なんでしょう?
    きっとおいしいんでしょうね♪
    枝つきの干しぶどうおいしいですよね^^
    近所で手に入りづらいんですが^^;
    応援☆

  13. laverodog より:

    赤ワインソースに巨峰を入れるなんて
    日本では中々無いですよね!
    と思いましたが、
    よくよく考えたら
    ワインとブドウは同じですものね
    きっと深い味の
    とっても美味しいリゾットが出来るんだろうなぁ
    いつも色々なお料理に出会えて楽しみです♪

  14. tana より:

    こんにちわ^^
    巨峰が入ったリゾットですか!
    どんな味なのか想像がつかないですね…
    和食では見ないような食材を合わせてて、イタリアンって感じですね!
    枝つきの干しブドウがあるんですね!
    普通のと味が全然ちがうんですね~とっても食べてみたいです★
    応援ポチリ♪

  15. マムチ より:

    こんばんわ~♪
    どんな味が想像がつきませんが
    きっと凄く美味しいのでしょうね^^
    巨峰のむき方も勉強になりました!!
    ありがとうございます♪
    ポチっ!!おうえーん*

  16. idems5 より:

    赤ワインのリゾットなんて、
    初めてです。赤ワインの渋みとかは
    あまり気にならないんでしょうか?
    大人の味~!?^^
    枝つきの干し葡萄は、極上じゃないけど、近くの業務用スーパーで手に入りますが、私た使う時は天然酵母を作る時ぐらいかな~って、それしか使い方しらないから(苦笑)
    ポチっ!

  17. ety より:

    ご訪問&コメントありがとうございました。
    お料理については昨日記載させて
    いただきましたので、今日はブログ村の方をぽち☆

  18. パンダ より:

    こんばんは(^^♪
    赤ワインのリゾット、いい香りがして
    美味しそうですね♪
    赤ワインに巨峰に干しブドウと
    ブドウづくしですね~
    枝つきの干しブドウ、初めてみました☆
    応援ポチ☆

  19. ひろりん より:

    巨峰をリゾットに~、いい香がしてきそうです。

  20. ゆりりん より:

    白ワインで作ることはあっても、
    赤ワインで作ったことはありません。
    おぉ凄い(☆∇☆)
    でも、巨峰とあわせるなら赤ワインでしょうか。
    食べてみたいです
    応援ポチです。

  21. Asu より:

    ぶどうでリゾットですか!?
    うぁ☆全然想像できないです~!!

  22. makkysarry より:

    先日は、コメントありがとうございました
    とっても本格的なレシピばかりで、スゴイですね~!
    しかも、作り方が細かく丁寧に書かれているから、私みたいな素人にも、本格的なイタリア料理が作れそう
    赤ワインのリゾット、どんな味なのか興味深々です! チャレンジしてみようかな~ 

  23. こんにちは。
    赤ワインのリゾット美味しそうですね。
    巨峰が添えてあるのが季節感があり素晴らしいです。
    いつもながら勉強になります。
    応援にポチッと押させて頂きます。

  24. ぴよ より:

    こんにちは♪。(u▽u)
    赤ワイン入りのフォンドボー、大粒のフレッシュ巨峰、枝付き干しレーズン…。
    一皿が葡萄づくしのリゾットに、優雅さを感じました。
    優美な‘赤ワインのリゾット 巨峰添え’に、
    応援☆ポチッ

コメントを残す

  関連記事

にんじんと枝付きレーズン
パスタ トルティリオーニのブロッコリー
焼き野菜のゴルゴンゾーラチーズソース添え
タコのトマト煮のスパゲティ・キタッラ
カルツォーネ モッツアレラ ブラウンマッシュルーム入り
鯛のエーゲ海風
きのこたっぷりのパスタ キタッラ
チキンの唐揚げ
インゲン豆のハーブソテー
仔牛ロースの エスカロッピーニscalloppine(薄切り) レモン風味