イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,574、パスタのレシピ数は1583。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

イノシシのロースと栗 バローロ風味

   

イノシシのロースと栗 バローロ風味
イノシシのロースと栗 バローロ風味
イタリア料理レシピ
バローロとはイタリアの赤ワインで
フルボディタイプのしっかりした重みのあるワインです、
これで肉を煮込むと肉のくどさが見事に無くなります、
ヴェルジュ・デュ・ぺリゴール(葡萄から造られています)を
使用してよりイノシシの肉を熟成した味に仕上げます、
イノシシの肉は豚肉よりもかなり脂身が多いのですが
脂身は甘く癖も少なくとても美味しいです、
ぜひジビエ料理を
イタリア料理です、
ミニバラミニバラ
ミニバラ
イタリア料理食材2人分
イノシシロース………………………2枚から3枚
栗…………………………………6個
赤ワイン(バローロ)…………………120cc
ヴェルジュ・デュ・ぺリゴール………….20cc
丹波シメジ………………………….6本
ルッコラ……………………………4枚
バルサミコ………………………….3cc
オリーブオイル………………………20cc
岩塩……………………………….適量
ブラックペパー………………………適量
イタリアンパセリ…………………….1枝
タイム……………………………..1枝
ローズマリー………………………..1枝
***香味野菜
たまねぎ……………………………30g
にんじん……………………………20g
セロリ……………………………..10g
イタリア料理に使用する食材

土佐の猪肉・いのしし肉
(イノシシ鍋用スライス約225g前後)
●畜養・猪肉(イノシシ肉・鍋用):約225g【高知産】
(通常はスライス肉が3枚入っています)
【お届け】 冷凍便でお届けします。

丹波栗(超特大サイズ)

イタリア・シチリア産 EXVオリーブオイル
「プリモ・ビオ」500ml

【エミリアロマーニャ】10年熟成のまろやかな酸味と甘さ
モデナ産バルサミコ 10年熟成 プレスティージョ 250ml
(サンフランチェスコ)
Aceto Balsamico di Modena Prestigio 
San Francesco

丹波シメジ

ピエモンテ州 バローロのビッグヴィンテージ2004年物です!
「ワインの王様と称えられる」
ミラフィオーレ バローロ 2004
赤ワイン フルボディ 750ml
イタリア ピエモンテ州 バローロ DOCG格付
Mirafiore Barolo
合う料理 ビーフシチュー、ゴルゴンゾーラのパスタ、子羊のソテー

フォアグラやジビエ料理のソース
魚・ラム・イノシシのマリネに
ヴェルジュ・デュ・ぺリゴール 330ml
中世からぺリゴールではぶどう収穫後、
樹に少し残った熟成し切れなかった果実を圧搾して、
その汁をウ゛ ォライユやジビエ料理に使ってました。

キスコ:HCQフォンドボー【1kg】

ルッコラ

タイム ハーブ

ローズマリー

イタリアンパセリ

淡路産たまねぎ

有機栽培 にんじん 500g

セロリ

ギャバン ペッパー ブラックペパー ホール 袋 35g

いつものサラダに食感プラス!「神様からの贈り物」
イタリア シシリー島の岩塩 荒粒タイプ

【新品】プジョー 【PEUGEOT LIFE】ペッパー/ソルト電動ミル(エリ)
イタリア料理レシピ手順
1.香味野菜はすべて微塵切りにします、
2.シメジは1本ずつに分けておきます、
  石突きはカツとします、
3.栗は皮・渋皮を剝きゆで栗にします、
  ひたひたの水で茹でます、
  茹で汁は使いますので捨てないで
  ください、
栗の剥き方

4等分ぐらいにカットします、
4.ハーブ類・タイム・イタリアンパセリ・
  ローズマリーはみじん切りにします、
5.ボウルにイノシシのロース肉に岩塩・
  ブラックペパー・バルサミコ・
ヴェルジュ・デュ・ぺリゴール・
  オリーブオイルを振り入れ混ぜ合わせます、
  2時間ぐらい常温でマリネします、
6.フライパンにオリーブオイルを入れ
  香味野菜を入れ弱火で丁寧に炒めます、
  香味野菜の甘みとこくを引き出します、
  30分は炒めてください、
  焦げ付かないように木べらで
  フライパンの底をこすげるように
  してください、
  栗の茹で汁を入れます、
7.フォンドボーと赤ワインを入れ煮込みます、
8.グリル板でイノシシをグリルします、
  そ切りにします、
9.フライパンにシメジを入れ炒めます、
  塩・ブラックペーパーで味を調えます、
  シメジは縦に4等分にします、
10.食器にシメジを敷き詰めその上に
   イノシシを乗せ
   ソースを上から振りかけルッコラを
   飾りにします、
イタリア料理に使用する調理器具

柳宗理 ステンレスボウル5点セット

ル・クルーゼ グリル・ロンド25cm(チェリーレッド)

ティファール】IHミッション フライパン 28センチ

リチャードジノリ(Richard Ginori) ベッキオホワイト ラウンドプラター 29cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
ポチッと応援 お願いいたします、

 - レシピ

Comment

  1. マムチ より:

    こんばんわ~♪
    イノシシのロースと栗 バローロ風味!!
    タイトルからして、斬新で美味しそうです♪
    いつも素敵レシピをありがとうございます^^
    ポチっ!!おうえーん*

  2. siawasekun より:

    おはようございます♪♪
    イノシシのロースと栗 バローロ風味、・・・・・・。
    珍しいです。
    食べたくなりましたよ。
    是非、・・・・・・。
    ご紹介、ありがとうございました。
    いつも、コメント&応援ポチに、深謝です。
    応援ポチ♪♪

  3. タヌ子 より:

    ジビエが美味しい季節になりましたね。
    ちょっと癖のあるお肉と栗の組み合わせって美味しいですよね。
    ヴェルジュ・デュ・ペリゴールって初めて聞きました。
    冬休みにフランスに帰ったら探してみます。

  4. snc より:

    こんにちは、
    日本で牡丹鍋を戴きましたことはありますが上質のワインで煮込みましたイタリアンなイノシシロースはとても美味しそうですね。
    ご案内のDOCG各付けバローロはそのまま呑みたい位ですがイノシシロースと栗等の組み合わせでより相乗効果が得られまして美味しいのですね、とんだ勇み足をしますところでした…(笑)
    コメントと応援ポチッをありがとうございました、こちらこそ感謝ポチッです!

  5. らるむ。 より:

    イノシシのお肉は滅多にお目にかかれませんが、栗ととても合いそうな気がしました。
    うちの方は時々イノシシが出現するんですよ
    暴君もイタリアンに調理しちゃえば、オシャレに変身ですね
    応援☆

  6. 那須パパ より:

    おはようございます♪
    残念な事に、今週も冷たい雨からのスタートになりそうですね(>_<)
    すっかり冬支度な那須ですが、今日も布団から出るのが辛かったです(^_^;)
    2010年もあと少し!?
    そう思うと少しは気合が入りそうです(-^□^-)
    さぁ、今週も頑張って行きましょうね!!

  7. えみママ より:

    ご家庭でこんなお料理がつくれるなんてすごいですね♪
    いのししと栗を赤ワインで煮込むお料理
    どんなお味なんだろうとっても想像が膨らみます。
    いつ素敵なレシピとても参考になります

  8. kazuyoo60 より:

    可愛いミニバラ、沢山の花が咲いてますね~。
    イノシシ肉、味噌鍋で食べたことがあります。イノブタも同じような料理でした。
    脂肪分の所も美味しいですね。

  9. ゆうモモち より:

    憧れのバローロ♪
    イノシシ肉には負けない
    濃厚さがありますね。
    昔、丹波篠山で猪鍋を頂きました。
    味噌味がピッタリでした☆応援!

  10. ネオママ より:

    コメントありがとうございました!
    あとでネオパパにこのレシピを見てもらいますね(^^)v
    “ポチッ!”と応援して帰りま~す♪

  11. たかぼん より:

    イノシシですか!?
    昔、ボタン鍋食べたことがあるのですが、お肉に臭みがあったのでそれ以来食べてないですf^_^;)
    ワインの効果で臭みがなくて柔らかくできるのは、いいですね。

  12. mayunbo94 より:

    いのしし、苦手なのですが
    これは美味しそうですね♪
    食べられるかも!
    応援☆
    リンクいただいてよろしいですか?

  13. すぴかか より:

    こんにちは!
    バローロって面白い名前ですね~
    日本語としては言いにくいですよねw
    ご無沙汰になりましたが、今日も応援して帰りますね♪

  14. tana より:

    こんにちわ^^
    イノシシの肉ですかぁ!
    初めて見るかもです…
    すごい脂身が多いですが、この部分も美味しいのですね☆
    栗の皮むき、専用の道具があれば簡単なんですね!
    でも、指挟まないように気をつけないとですね><
    応援ポチリ★

  15. maya より:

    ryujiさんはじめまして
    猪と栗。飲みたくなります^m^
    すみませんっ初めてなのにのん兵衛なもので…
    バローロ。ワインに詳しくないものでお料理作りながら飲めるものなら呑みたい☆ぽち~
    ~お返事~
    手抜きのスープでお恥ずかしいっ
    応援有難うございます☆

  16. 白ポーター より:

    更新お疲れ様です。
    本日も応援ぽちしておきますね。
    それでは。

  17. 夫婦ともかっぱ より:

    おいしそうなタイトルですこと。ふらふらとお邪魔しに参りました。
    秋から冬はやっぱりいのしし!おいしかったので、すっかり味をしめ、イタリア旅行時には、「チンギアーレ!」を連発していました。初めて覚えた食材の名前かもしれません。
    バローロもいいワインで、貧乏な私にはお料理に使うことは無理かも・・・。そんなわけで自分では作れないけど、こんなお料理を食べてみたいです!

  18. こんばんは。
    ジビエってやつですか?!
    すご~い!!
    おいしそう~ 食べたいですっ!!
    ☆応援!!☆

  19. パンダ より:

    こんばんは(^^♪
    イノシシのお肉、
    以前味噌味のお鍋で
    食べた事があります☆
    ワインの風味で美味しく頂けそうな
    お料理ですね♪
    柔らかそうで、とっても美味しそう♪
    応援ポチ☆

  20. 島酔潜人 より:

    美味しそう。
    肉が手に入ったら、ぜひチャレンジしてみたい!
    やっぱり、イノシシにはバローロですかね。

  21. こんにちは。
    いつもブログにコメントを頂きましてありがとうございます。
    イノシシのお肉は、美味しいですよね!!
    ryuji_s1さんのブログを拝見させて頂き久しぶりに食べたくなってきました。
    レシピを参考に自分で作ってみたいです。
    ポチッと応援頂きありがとうございます。

  22. ぴよ より:

    おはようございます♪。
    イタリアでも、ぼたん肉を食する文化があるのですね。牛肉・豚肉・鶏肉・兎・ウズラ・ラム肉以外にも食されると伺って、少し驚きました。
    葡萄から作られる‘ヴェルジュ・デュ・ぺリゴール’に漬けられてマリネにした猪肉をグリル♪。厳選されたワインとフォンドボーで作られたソースは、じっくり炒めた香味野菜と栗の茹で汁の香りが加わって…♪。。。とても、可憐でおいしそう♪♪♪です。
    応援☆ポチッ

コメントを残す

  関連記事

豚のすね肉のロースト
グリーンアスパラと生ハムのパスタ ストロッツァプレティ
no image
ペコリーノ・ロマーノのサブレとトマトの生ハム添え
サンマのマリネ ハーブ風味
サーモンのマリネ ボロネギの白ワイン煮
ウンブロの卵入りタリオリーニのイタリアのピエモンテ産白トリュフ添え
no image
肉じゃが
トマトのグリル バルサミコ風味
鶏レバーのパテ
no image
ぺぺローニ(パプリカ)の詰め物
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。