イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,580、パスタのレシピ数は1586。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

鴨胸肉のブラッドオレンジ風味

   

鴨胸肉のブラッドオレンジ風味
鴨胸肉のブラッドオレンジ風味
イタリア料理レシピ
鴨の胸肉をソテーし軽くローストし
甘みのある赤ワインのソースとブラッドオレンジとともに
お召し上がりいただけます、
ブラッドオレンジの皮とグランマニエ・キルシュ・
赤ワインを混ぜ合わせ煮詰めてソースにします、
深みと甘みと香りのあるソースが鴨肉を引き立てます、
イタリア料理です、
オレンジ – Wikipedia
グラン・マルニエ – Wikipedia
キルシュヴァッサー – Wikipedia
マリンゴールドマリンゴールド
マリンゴールド
イタリア料理食材2人分
鴨胸肉……………………………….1枚
ブラッドオレンジ………………………1個
赤ワイン……………………………..20cc
キッシュ(フルーツブランデー)……………20cc
グランマニエ………………………….20cc
フォンドボー………………………….60cc
ブラッドオレンジジュース……………….60cc
じゃがいも……………………………1個
ナツメグ……………………………..2g
牛乳…………………………………80cc
生クリーム……………………………20cc
岩塩…………………………………適量
ブラックペパー………………………..適量
イタリア料理に使用する食材

鴨ロースフレッシュ 1枚

大変珍しい国産ブラッドオレンジ!
ついに見つけました!
愛媛県産 ブラッドオレンジ

チェレット バローロ・ゾンケッラ[2005]750ml(イタリア・赤ワイン)

オ・ドゥ・ヴィ キルシュ(700ml)
フルーツ・ブランデー アルコール度数 45度
フランス・アルザスのルゴル氏の作る数々の
オ・ドゥ・ヴィ(フルーツブランデー)の中でも、
キルシュは極めつけのものです。
信じられないほどの明るく楽しい香りには
リズム感があります。

キスコのフレンチ・ソース
いつもの料理が三ツ星の味に大変身
フォンドゥ ヴォー ソース 240gレトルトパック

100%ストレート果汁!
伊オルトジェル社ブラッドオレンジジュース1L

グランマニエ
(グラン マルニエ コルドンルージュ)
700ml 40度(Grand Marnier Liqvor)

TV「めざましテレビ」や「どっちの料理ショー」の特選素材
22年度産新ジャガ
幻のジャガイモ「シンシア」 5kg

鳥取県産の特に乳質の優れた生産者より集乳した高品質の特選牛乳。
特選大山おいしい牛乳900ml

フレッシュクリーム 生 1000ml 森永乳業 [冷]

ナツメグ・ニクズク バルクハーブ・ベリー(実)50g


★アカデミー賞でも使われた貫禄のオリーブオイル★ 
イタリア・シチリア産

エキストラバージン・オリーブオイル

「セグレート・メディテラーネオ (Segreto Mediterraneo)」

ギャバン ペッパー ブラックペパー ホール 袋 35g

いつものサラダに食感プラス!「神様からの贈り物」
イタリア シシリー島の岩塩 荒粒タイプ

【新品】プジョー 【PEUGEOT LIFE】ペッパー/ソルト電動ミル(エリ)


イタリア料理レシピ手順
1.***じゃがいものピューレ
ソースパンにお湯を沸かし塩を少し入れて
  じゃがいもを皮付きで茹でます、
  柔らかめに茹で茸具時価スゥッと
  刺せたらOKです、
  熱いうちに皮を剝き裏ごしします、
  ソースパンにじゃがいも・生クリーム・
  牛乳を入れ混ぜ合わせます、
  とろみが付くまで軽く世保美で煮詰めます、
  塩・ブラックペパー・ナツメグを入れます、
  できあがりです、
2.***赤ワインのソースを造ります、
  オレンジの皮の色の付いている薄い部分を
  粗い千切りにします、
  赤ワイン・グランマニエ・キルシュ・
  オレンジジュース・フォンドボーを入れ
  オレンジの皮を加えて中火にかけ
  煮込みます、
  オレンジの香りが移ったら火を止め
  皮を取ります、
  赤ワインソースのできあがりです、
3.***鴨胸肉の調理
  鴨胸肉の皮目の部分に亀甲状に
  切り目を入れます、
  深めに赤肉が見えるくらいまで
  切り込みを入れます、
  ソテーしたときに火が通りを
  よくするためと余分な脂を
  流し取るためです、
4.両面に塩・ブラックペパーを振りかけます、
5.フライパンにオリーブオイル40ccを入れ
  鴨肉の皮目からソテーします、
  大きめのスプーンでオイルをすくい
  肉の上に回しかけ続けます、
  火の通りが早く均一にソテーできます、
  しかも肉がふっくらとしていて
  ジューシィさが保てます、
  皮目に綺麗な焼き色が付いたら
  裏返し軽くソテーします、
  オーブンの温度を180℃に設定し
  予熱しておきその中に入れローストします、
  3分間ぐらいです、
  オーブンに入れることでふわっとした
  仕上がりになります、
  切ったときに肉の色がピンクであれば
  大成功です、
  アルミホイルにくるんでおきます、
  10分ほどおいたら鴨肉を縦に薄く
  スライスします、
  横長にカットします、
6.***オレンジの処理
  オレンジは皮を剝き身を綺麗に取り出します、

7.食器に赤ワインソースを敷きその上に
  鴨肉を乗せオレンジの身を乗せ
  飾りにします、
8.じゃがいものピューレを添えます、
イタリア料理に使用する調理器具

マイクロプレイン Microplaneクラシックシリーズ ゼスターグレーター(黒)

<Vita Craft~ビタクラフト~>
ペティートソテーパン
19cm

ティファール IHセレクティブ フライパン28cm
外面もノンスティックコーティング。
外面もふっ素樹脂コーティングだから、
汚れがつきにくくお手入れ簡単。
スタイリッシュなステンレス製取っ手。
取っ手は耐久性に優れ、美しいステンレス製。
オーブンにも使用できます。(耐熱温度260度)

リチャードジノリ(Richard Ginori) ベッキオホワイト ラウンドプラター 29cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
ポチッと応援 お願いいたします、

 - レシピ

Comment

  1. 白ポーター より:

    応援ぽちに来ました。
    それでは。

  2. siawasekun より:

    おはようございます♪♪
    鴨胸肉のブラッドオレンジ風味、・・・・・・。
    美味しそうですね。
    食べたくなりましたよ。
    是非、・・・・・・。
    いつも、コメント&応援ポチに、深謝です。
    応援ポチ♪♪

  3. suzu-kitchen より:

    鴨肉のロースト美味しそうですね~
    ブラッドオレンジだと風味も彩りもよくなりますね。
    ソースが魅力的な素敵なお料理ですね!
    クリスマスなどにも良さそう♪

  4. りりり より:

    おはようございます。
    鴨肉は好きですが、調理してあるのしか使ったことありません。
    オレンジの風味が爽やかな一品ですね^^
    ポチ♪

  5. kazuyoo60 より:

    鴨肉の美味しさを余すところなくですね。
    ブラッドオレンジもまだ出会ってません。探さないからかもしれませんが。
    綺麗なマリーゴールド、黄色がとても綺麗です。

  6. puffpuff より:

    これからの季節、大活躍なレシピですね!
    鴨とオレンジ、いいですね。
    国産のブラッドオレンジ、あるんですかっ。
    きょうは寒い日です。
    マリーゴールドの黄色で気分が華やかになりました!

  7. 庄助 より:

    そろそろジビエの季節ですね。
    鴨も美味しい季節になってきました。シシリアアランチャータも赤が鮮やかでそのままでも、カクテルでもソースにもいいですな。

  8. miz* より:

    おはようございます☆
    国産のブラッドオレンジなんてあるんですね?!
    酸味と苦みが美味しいソースとなって、カモ肉にとても合いそうです^^
    グレープフルーツの剥き方をみていたら、無性に皮むきしたくなってきました^^;

  9. mana より:

    ryujiさん こんにちは♪
    おしゃれな1品ですね~
    これからのシーズン、おもてなしにグ~ですね(^^)
    ブラッドオレンジなんて はじめて聞きました。
    香りが豊かなかんじ~
    こちらこそいつもありがとうございます^^

  10. すぴかか より:

    鴨とオレンジってあいますね~~
    って自分ではこのような料理はしたことがないのですがw
    憧れます!
    応援して帰りますね★

  11. mayunbo94 より:

    鴨胸肉をブラッドオレンジのソースで!!
    とってもおいしそうです♪
    ちゃんとじゃがいもののピューレまでついてる!
    家でこういう料理がでてきたら嬉しいですね。
    応援☆

  12. ゆうモモち より:

    鴨肉とオレンジってどうしてあんなに
    相性が良いんでしょう♪
    お正月は決まって、鴨鍋をするんですが
    年内に食べたくなってきました☆ぽち

  13. gon麹 より:

    食べることばかりしか能のない人間ですが、
    ほんと、おいしそうな……鴨肉。
    オレンジと相性がいいんですね。
    いやあああ。こういうお料理を家でできたら
    恋人はできるんでしょうね。
    う~ん。
    どこかに食べにいこう(爆)。

  14. たの子 より:

    私このお料理は憧れなんです。
    食べた事は多分1~2回しかないかもしれません。
    かもを思い切っておとりよせして作ってみたいです。

  15. DORIN より:

    鴨胸肉のブラッドオレンジ風味。。。
    かなり昔ですが
    食べた事あるお料理かも!
    鴨肉はフルーツのソースと
    相性良いですよね(*^_^*)
    また食べたくなりました♪
    応援ぽちっと☆

  16. tana より:

    こんにちわ^^
    鴨肉は今が旬なんですかね?
    このあいだ、イタリアンのお店でも期間限定で鴨肉が出されてました!
    でも、オレンジのソースでって言うのは初めて聞きました!
    とっても美味しそうですね~★
    応援ポチリ!

  17. ひろりん より:

    こんばんは~
    お肉とオレンジって合うんですよね。

  18. エノさん より:

    お初お邪魔します。
    普段から蕎麦バカなので、、、
    イタリアの車は大好きなのですが、あまりお料理には縁がありません・・・
    鴨は大好きで、私の中では
    「鴨+ネギ+蕎麦」
    たまに蕎麦屋で「鴨ロースの焼いたん」をアテにお酒飲んでます。
    でもこんな料理でお酒を飲むのも良いカモ。
    (;^^)ヘ..

  19. まろん より:

    鴨肉にオレンジ!
    なんともオシャレでおいしそうな1品ですね。
    オレンジの剥き方、プロはこんなふうにするのですね~。
    鮮やかな手つきに見とれてしまいました。(^^)

  20. パンダ より:

    こんばんは(^^♪
    鴨肉とオレンジのソース、
    とっても美味しそうですね♪
    付け合わせの
    幻のジャガイモ「シンシア」
    気になります(^^)
    応援ポチ☆

  21. こんにちは。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    本日のお料理も美味しそうですね。
    ブラッドオレンジ風味というところがそそります。
    是非食べてみたいです。
    ポチッと応援させて頂きます。

コメントを残す

  関連記事

フェトチーネ ボッタルガ和え
牛ヒレ肉のバイ包み焼き
地鶏とくるみのカーゼレッチ
甘塩タラとピゼッリーニの卵のフェットチーネ
サーモンのマリネ
白マイタケ・ドライトマトオイル漬けの パスタ フェットチーネ
真いわしのハーブ風味
古代小麦ショートパスタ クルミソース
グリーンアスパラとからすみのパスタ リングイネ
なすのチーズはさみ揚げ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。