イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,581、パスタのレシピ数は1587。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

エゾ鹿もも肉のロースト スチューベン(葡萄)のソース

   

エゾ鹿もも肉のロースト スチューベン(葡萄)のソース
エゾ鹿もも肉のロースト スチューベン(葡萄)のソース
イタリア料理レシピ
エゾシカ肉とても癖が無く美味しいです、
しかも柔らかいです、
低カロリーでダイエットにも
良い食材です、
甘いぶとうスチューベんがよく合います、
脂肪分が全く無いのでバター・生クリーム・
フォン・ド・ボー出こくを付けます、
イタリア料理です、
ホットリップホットリップ
ホットリップ
イタリア料理食材2人分
エゾ鹿もも肉……………………….400g
スチューベン……………………….20粒
赤じゃがいも……………………….1個
ブラウンマッシュルーム………………6個
オリーブオイル……………………..適量
白ワインビネガー……………………30cc
フォン・ド・ボー……………………50cc
生クリーム…………………………30cc
無塩バター…………………………80g
岩塩………………………………適量
ブラックペパー……………………..適量
イタリア料理に使用する食材

ヘルシーなお肉です。フレッシュ エゾ鹿(蝦夷鹿)
ステーキ用 芯玉(内モモ)

甘い香りが広がります♪
糖度20度以上の蜂蜜に似た甘さ!
コクのある味わいの葡萄です。
【11月上旬発送開始!】
北海道の葡萄
スチューベン4kg

北海道富良野産[レッドムーン]赤い皮、ねっちり・ほっくほく!
22年秋堀りたてを直送!
深紅の皮に包まれて、サツマイモのようじゃがいも☆

ブラウンマッシュルーム

フランス産の無塩バター!
チーズ熟成士が選んだ発酵バターです。
『パムプリーAOC発酵バター(カゴ入り)無塩タイプ』

甘口ワイン・モスカートが醸すさっぱりした風味
料理とワインを知り尽くしたシェフが作る料理の為のヴィネガー
ワインヴィネガー
チェーザレ・ジャッコーネ“モスカート”

キスコのフレンチ・ソース
いつもの料理が三ツ星の味に大変身
フォンドゥ ヴォー ソース 240gレトルトパック


★アカデミー賞でも使われた貫禄のオリーブオイル★ 
イタリア・シチリア産

エキストラバージン・オリーブオイル

「セグレート・メディテラーネオ (Segreto Mediterraneo)」

森永 生クリーム

ギャバン ペッパー ブラックペパー ホール 袋 35g

いつものサラダに食感プラス!「神様からの贈り物」
イタリア シシリー島の岩塩 荒粒タイプ

【新品】プジョー 【PEUGEOT LIFE】ペッパー/ソルト電動ミル(エリ)


イタリア料理レシピ手順
1.鹿肉は綺麗に掃除されていますが
  余分な脂肪・筋は包丁で器の取ります、
  1枚200gを2枚取り出します、
  2枚併せて400gです、
  しばらく室温の状態においておきます、
  両面に岩塩・ブラックペパーを
  軽く振りかけます、
2.ブラウンマッシュルームは縦に
  4等分にします、
3.じゃがいもは表面の綺麗な洗い
  皮付きで使用します、
  縦に2等分し横に4等分にします、
  フライパンにオリーブオイルを少し入れ
  じゃがいもの表面に焼き色を付けます、
  オーブンを220℃に熱し予熱しておき
  その中に入れローストします、
  10分間ぐらいです、
4.フライパンにオリーブオイルを入れ
  マッシュルームを入れ炒めます、
  じゃがいもを戻し入れ中火で炒め
  混ぜ合わせます、
5.ぶどうは皮を剝いておきます、
6.***ソースを造ります、
  ソースパンにぶどう・白ワインビネガーを
  入れ弱火で火を入れます、
  ぶどうはスプーンで軽く潰します、
  フォン・ド・ボーを入れます、
  生クリームを入れ混ぜ合わせます、
  弱火の状態で無塩バター10gを入れます、
  塩を振り入れオリーブオイルを
  10ccを入れ混ぜ味を調えます、
7.フライパンにオリーブオイルを入れ
  鹿肉を入れ中火でソテーします、
  片面に綺麗な焼き色が付いたら裏返し
  炒めます、
  中が生の状態にします、
  すなわちレアの状態です、
  無塩バターを20g加えます、
  オーブンを220℃に設定し予熱した
  状態で鹿肉をフライパンのまま入れ
  ローストします、
  時間は4分間ぐらいです、
8.取り出しアルミホイルにくるんで置き
  じっくりと熱を中まで通します、
  5分間ぐらいです、
  2cmの厚みにカットします、
9.食器にソースを敷き込み
  鹿肉とじゃがいもを盛り付け
  ぶどうをその上にのせ飾りにします、
イタリア料理に使用する調理器具

<Vita Craft~ビタクラフト~>
ペティートソテーパン 19cm

ティファール】IHミッション フライパン 28センチ

リチャードジノリ(Richard Ginori) ベッキオホワイト ラウンドプラター 29cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
ポチッと応援 お願いいたします、

 - レシピ

Comment

  1. chi-bi より:

    シカ肉とブドウのソースは合いますよね!
    北海道に居るとシカ肉は頂く事が多く
    フライ、ステーキ、ハンバーグで食べますが
    こんな風にちゃんと料理せて食べると
    良いんですよね・・・。
    次はそうします!
    ↓のクラフティのルセットメモさせていただきました。
    いつも、いつも勉強になります。
    牡蠣のコンフィも作ったんですが
    オーブンの温度が80℃設定が出来ず
    コンロで作りました~♪

  2. siawasekun より:

    おはようございます♪♪
    エゾシカ肉ですか、・・・・・・。
    とても癖がなく美味しいですか、・・・・・・。
    柔らかく、低カロリーですか、・・・・・・。
    一度食べたいものです。
    是非、・・・・・・。
    昨日も、コメント&応援ポチに、恐縮です。
    応援ポチ♪♪

  3. 那須パパ より:

    おはようございます♪
    さぁ、金曜日!!
    あと一頑張りですね(‘-^*)/

  4. suzu-kitchen より:

    エゾ鹿肉、クセがなくて柔らかくて低カロリーならいいですね~
    女性には魅力的かも(!?)
    食べてみたいです。
    ぶどうのソースが爽やかで美味しそう。
    今日も素敵なお料理ですね♪

  5. kazuyoo60 より:

    ホットリップスが大株、可愛いですね。私も先日買ったのが少し大きくなってきました。
    エゾシカは大きいのでしょう。近畿のニュースで学校給食にシカ肉が出たそうです。テレビで子供たちには人気でした。
    今朝の新聞にジビエ料理の店もあると書いていましたし、日当5500円、鹿1頭15000円だったかな、そんな制度も書いていました。イノシシは流通ルートが確立してると思います。増えすぎたのは人の手で管理しないと、山近くに住む人が作物を作れなくなります。

  6. DORIN より:

    エゾ鹿肉…
    むかーしたべた事がありますが
    こんなお洒落なお料理じゃ無かったな~(笑)
    葡萄に合わせてるのが
    なんとなくお洒落に感じます(^^)
    応援ぽちっと!

  7. ゆうモモち より:

    エゾ鹿はクセがないんですね。
    昔、鹿のジャーキーを食べたことが
    ありますが、独特な風味でした。
    ジャーキーだったから?
    スチューベンをソースに使うのも凄い!
    美味しそう☆応援

  8. らるむ。 より:

    ダイエットに良い・・・!それは素晴らしいですね(^_-)-☆
    でも、うちの方はシカ肉売ってるの見た事ないかもなー?
    馬刺しは好きなんですけど(笑)
    スチューベンも甘くて食べてみたいです。
    ポチ☆

  9. mayunbo94 より:

    しか肉、食べた事ないです^^;
    スチューベンのソースと合うのですね!
    あぁ、食べてみた~い!!
    赤じゃがいもも魅力的♪
    応援☆

  10. プルメリア より:

    はじめまして
    すばらしい本格イタリア料理ですね!
    以前えぞ鹿肉をいただいたことがあるのですが
    料理の仕方も分からなかったし、失敗してはと思い
    ルイベ状態のお刺身やしゃぶしゃぶや野菜と炒めていただきました。
    おソースさえ作れれば、焼く時間はこんなに短くてもいいのですね!
    参考になりました(*^^*)
    材料のお写真やレシピが分かりやすいです。
    また参考にさせてくださいませ(*^^*)

  11. すぴかか より:

    こんにちは!
    応援して帰りますね★

  12. りりり より:

    こんにちは。
    北海道でエゾ鹿肉のハンバーガー食べました。
    クセのない味ですね。
    葡萄のソースは甘味があるのでしょうか。
    美味しそうです♪
    ポチ♪

  13. mana より:

    ryujiさん こんにちは♪
    鹿肉ですか~。
    一昨年だったか、エゾ鹿のお肉を頂いて食べたことがあります。
    牛肉よりも好き~って思いました。
    ほんとクセがなくて美味しい肉でした。
    今日のお料理も すごく美味しそう。

  14. パンダ より:

    こんばんは(^^♪
    馬肉は何度か食べた事があるんですが、
    鹿のお肉はまだ食べた事がありません。
    癖のないおいしいお肉なんですね☆
    ブドウのソースの鹿のロースト、
    とっても美味しそうですね☆
    食べてみたいです☆
    応援ポチ☆

  15. puffpuff より:

    エゾシカ、食べてみたいです!
    テレビでエゾシカバーガーを見たことがあります^^

  16. miz* より:

    こんにちは!
    なんとなく、鹿の肉って固いのかなぁというイメージでしたが、
    さっぱりと癖が無く柔らかいんですね!!
    調理をされる方の腕もあると思いますが^^
    季節感を強く感じるお料理ですね。

  17. tana より:

    こんにちわ^^
    エゾ鹿肉っていうものが食べられてることを初めて知りました!
    ヘルシーなお肉はいいですね☆
    食べてもお腹に負担がかからないですし^^
    スチューベンっていうブドウも初めて知りました~
    見た目ブルーベリーみたいですね☆
    とっても勉強になりました!
    応援ポチリ★

  18. dove-2 より:

    素晴らしいっ!
    なんて贅沢で上品な料理でしょう…。
    旅館でローストやつくりにした鹿肉を食したことがありますが、何処も和風でした。
    葡萄の甘味とビネガーの酸味が利いて…それでいて生クリームが酸の刺激を抑えてまろやかに…。
    調合の難しい絶妙な味ですね。
    ソースだけでも試してみたい…。

  19. ゆりりん より:

    エゾシカ肉ってどこで食べれますか!?
    あっ
    ryujiさん家ですね(笑)
    ぶどうのソースなんてまたお洒落
    食べてみたいです。
    応援ポチです。

  20. えみ姉 より:

    エゾシカ肉 食べてみたいです~!!!
    しかも見た事もないような材料たちで作られてるなんて
    たくさんお金払わないといけませんね♪(笑)
    どこかで食べれないでしょうか?たまりません!

  21. えみ姉 より:

    エゾシカ肉 食べてみたいです~!!!
    しかも見た事もないような材料たちで作られてるなんて
    たくさんお金払わないといけませんね♪(笑)
    どこかで食べれないでしょうか?たまりません!

  22. タヌ子 より:

    ジビエは油が少ないからヘルシーですね。
    こちらで頂くものは煮込み物が多く、ロースとは一度も食べたことがありませんが、フルーツの甘いソースとの相性は抜群でしょうね。

  23. ご無沙汰しております。
    若干忙しくて・・・今ブログのコメ欄も閉じていますが・・・今日は時間ができたので久々にブログ訪問を楽しんでいます。
    エゾシカ肉って名前だけは知ってるけど食したことないです。
    どこで買えるの?って思ったけど今はネットでも買えちゃうですよね。便利な世の中です。
    低カロリーでダイエットに良いですか(^^ゞ
    なぜかその言葉に弱い私です(笑)
    応援!
    今週一杯はまだコメ欄は閉じておく予定です。
    週明けには復活する予定ですので良かったらまたそのころ遊びに来てもらえると嬉しいです。

  24. まろん より:

    食材が、とってもステキですね~。
    どんなお味なんでしょ。
    食べてみたいです。じゅるるる~~~。(^^)

  25. こんにちは。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    この組み合わせは素晴らしいですね。
    とても美味しそうです。
    葡萄のソースというのが惹かれます。
    ポチッと応援させて頂きます。

コメントを残す

  関連記事

マッシュルーム ハーブ風味ドレッシングのサラダ
ブロッコリーと半熟卵
ロブスターソースの パスタ タリアン
鶏もも肉とイベリコへーコン・ブラックオリーブ・野菜のパスタ リングイネ
no image
かつおのカルパッチョ
ラムチョップ骨付き 狩人風
no image
パスタ オレッキエッテ グリーン野菜のソース和え
フェイジョアーダ  ブラジル料理
じゃがいものカルパッチョ
塩漬けケッパーとアーモンドペーストのパスタ バジルスパゲッティ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。