イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,638、パスタのレシピ数は1614。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

ズッパ・ディ・ペッシュ

   

ズッパ・ディ・ペッシュ
ズッパ・ディ・ペッシュ
イタリア料理レシピ
ズッパ・ディ・ペッシュとは
イタリア風ブイヤベース. イタリア語で
「魚のスープ」を意味します、
このレシピは魚のブロードを造る
ところから始めます、
魚のあらを使用し丁寧に掃除をして煮込みます、
少し手が込んでいますができたては素晴らしい味です、
イタリア料理です、
ペチュニアペチュニア
ベチュニア
イタリア料理食材4人分
魚のアラ(頭・骨)鯛・鱸・メバルなど….1Kg分
たまねぎ…………………….1/2個
にんじん…………………….1/4本
セロリ………………………1/2本
イタリアンパセリ……………..2枝
オールトマト缶……………….400g1缶
あさり………………………24個
鯛の切り身…………………..120g2枚
下仁田ネギ…………………..1本
オリーブオイル……………….40g
イタリア料理に使用する食材

淡路島産 タマネギ

有機栽培 にんじん

セロリ

瀬戸内の天然活け鯛  1kg

あさりの水揚量北海道一!
厚岸漁協直送! あさり(殻付き) 大サイズ1kg

毎年大人気 2010年の新物 初しぼり
味・風味が濃く パンチの効いた
イタリア南部ジョバンナ家の 有機JAS(無農薬・無添加)
オリーブオイル500ml

下仁田ネギ

ズッキーニ

日本産 サフラン 1g

イタリア産シチリアの海塩(グロッソ 粗粒タイプ)500g

【新品】プジョー 【PEUGEOT LIFE】ペッパー/ソルト電動ミル(エリ)
下記の続きを読むをクリックしてください
詳しいレシピをご覧いただけます、


イタリア料理レシピ手順
1.お魚屋さんでお魚のアラすずき・メバル・鯛を探します、
  大破切り身を使っても良いですが
  ここでは活鯛を裁きます、
2.身の部分等分にとります、

3.鯛のアラ・メバルのアラ・鱸のアラは
  流水で綺麗な洗います、
  血合いを良くとりましょう、
  鯛・鱸・メバルの頭は4等分にします、
  骨は調理ばさみで小さくカットします、
4.たまねぎは2mmの幅にスライスします、
5.にんじんは領水で粗い皮付きのまま
  3mmの厚さにカットします、
6.セロリは筋を取り除き5cmの幅に
  カットします、
7.イタリアンパセリ2枝は茎と葉に
  分けておきます、
8.ホールトマトは缶殻2個の実を取り出し
  手でつぶてボウルに入れておきます、
9.平鍋にたっぷりのお湯を強火で
  沸騰させ魚のアラを入れます、
  アラに付いている身が白くなって来たら
  アラを取り出します、
  ボウルに入れておきます、
10.鍋にオリーブオイルを入れ
   たまねぎ・にんじん・セロリを加えて
   中火にて炒めます、
11.取り出したアラを入れます、
   木べらで下からお湯をすくい揚げる
   ような所作で優しくかき混ぜます、
   ホールトマト2個を入れます、
   弱火にします、
   軽く塩を振りいけます、
12.水を800cc入れ強火で熱します、
   鍋底を木べらで旨みをこすげとる
   ようにします、
   アクが出てきますので取り除きます、
13.サフランを12本ぐらいを加えます、
   イタリアンパセリ2枝の茎を入れます、
14.コトコトと中火で10分間煮込みます、
15.味を見て味が足りないときは塩を加えます、
16.一度シノア(漉し器)でスープを漉します、
17.鍋に戻し入れ火を通して余分な脂が
   浮いて来ます、
   すくい取ります、
18.下仁田ネギは白い部分を1cmの幅で
  カットします、
19.ズッキーニは1本を横に4等分し
   縦にも4等分します、
   皮のグリーンの部分の端を少し
   切り取り身を見せるようにします、
20.平鍋に魚のブロード200cc・水20cc
   ぐらいを加えネギとズッキーニを
   入れ軽く煮込みます、
21.鯛の切り身とあさりを入れ蓋を
   閉め蒸し煮にします、
22.食器に盛り付けます、
   イタリアンパセリの葉を散らします、
   オリーブオイルを10ccづつ廻しかけます、
イタリア料理に使用する調理器具

ボウル 柳 5点セット

Vita Craft [200V IH対応]ビタクラフト ウルトラシリーズ両手鍋4L/25.5cm

ビタクラフト (Vita Craft) ウルトラ深型両手鍋 5.5L

シノア(漉し器)

リチャード・ジノリ(Richard Ginori)ボンジョルノチェリー スーププレート24cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
ポチッと応援 お願いいたします、

 - レシピ, 魚貝類 ホタテ 烏賊 タコ あさり シジミ ムール貝 ウニ

Comment

  1. ひろ より:

    ryujiさん、こんばんわ!
    イタリアの味!ですネ!
    豪快かつ繊細!
    ズッパ・ディ・ペッシュ、大好きです!
    素敵なレシピ
    ありがとうございます。
    ポチッ!応援です!!

  2. ぱお より:

    わ~~~おいしそう~ヽ(^o^)丿
    魚のブロードかたってさすがですね~
    お味違うのでしょうね。
    本格的でステキ~!!
    サフラン大好きなので食べたいです~
    上品で豪華でおいしそうですね~

  3. タヌ子 より:

    魚のスープ、美味しいですね。
    鯛のおろし方、勉強になりました。
    買ってきた出刃包丁、使わないと・・・
    でも、割った頭を最後に元の形に組み合わせるのは私には無理だと思います(笑)
    内蔵と鰓はお魚屋さんで取り除いてくれるので、三枚おろしの練習をします!
    多少失敗してもスープなら誤魔化しもききそうです!

  4. siawasekun より:

    おはようございます♪♪
    ズッパ・ディ・ペッシュとは、「魚のスープ」を意味していますか、・・・・・・。
    魚のあらを使用し、丁寧に掃除をして煮込みますか、・・・・・・。
    少し手が込むのがいいのですね。
    ご紹介、ありがとうございました。
    昨日も、コメント&応援ポチに、恐縮です。
    応援ポチ♪♪

  5. 那須パパ より:

    おはようございます♪
    週末はなかなかお邪魔出来無いのですが…(>_<)
    今日から再び応援です(‘-^*)/
    さぁ、今週も張り切って行きましょうね!!

  6. らるむ。 より:

    ブイヤベースは手間隙かかるけど、めちゃうまですよねー!
    しばらく食べてないので、作りたいな♪
    ポチ☆

  7. kazuyoo60 より:

    白いペチュニア、元気で沢山です。羨ましいです。
    お魚の出汁を濃くでしょう。これは日本では使われなかった方法ですね。現地でブイヤベースを作られてるのをテレビで見ましたが、あんなに沢山の魚を使ってと思いましたから。

  8. ゆうモモち より:

    魚のアラ…我が家だと味噌汁やら
    煮物に変身(笑)
    パスタは思い浮かばなかったです。
    これは美味しいはず!☆応援

  9. すぴかか より:

    いつもお魚の料理が美味しそうなんですよね~!
    食べてみたいな~!
    応援して帰りますね★

  10. jugon より:

    ryuji s1さん、こんにちは
    ご無沙汰でごめんなさい。
    お魚のスープ、出来立てが素晴らしいって、分かります。
    だんだん寒くなってきましたので、こういう手の込んだお料理も作りたくなりますね。

  11. suzu-kitchen より:

    魚のアラを使って丁寧に作られたスープ、とっても美味しそう。
    野菜と魚の旨味を楽しめますね!
    あさってから12月。寒くなってくるとこういうお料理が
    嬉しいですね♪

  12. DORIN より:

    ブイヤベース!
    寒さで冷えた体に沁みそう~(*^_^*)
    手間が掛かったお料理は
    やっぱり良いですね♪
    頑張って↑の画像観ながら
    お魚さばこうかな!
    応援☆

  13. puffpuff より:

    お魚のスープ、美味しそうです。
    扱い方で出汁がブロードに!
    和、洋問わず手をかけて取ったスープは美味しいですね!

  14. りりり より:

    こんにちは。
    鯛などのアラを使ったブロードで作るスープ美味しいでしょうね~
    アラからは美味しい出汁が出ますよね^^
    今朝から雪が降り少し積もりました。
    こんな寒い日は魚のスープで温まりたいです♪
    ポチ♪

  15. mayunbo94 より:

    本当?のブイヤベースを飲んでみたかったんです!!
    やっぱり丁寧な仕事は味に違いが出るんですね!
    うーん、美味しそう♪
    応援☆

  16. たの子 より:

    魚の種類もいろいろ使って、野菜、貝、いろいろ。
    本格的ですね。
    おいしそう。
    やっぱり一度は手間かけて作ったのを食べてみたいです。

  17. tana より:

    こんにちわ^^
    いろんなお魚から出汁をとってて、お魚の味を存分に楽しめるスープですね!!
    野菜もこういうに調理したらたくさん食べられそうです^^
    とっても美味しそうです★
    応援ポチリ!

  18. にゃんこ より:

    コメントありがとうございます。
    新しくできるお店、楽しみです。
    お料理のサイトなんですね。
    勉強になりそう!
    RSSでリンクさせてもらってもよいですか?

  19. マムチ より:

    こんばんわ~♪
    魚の出汁が効いた、美味しそうなスープですね^^
    いつも材料の写真を見ているだけで
    美味しそうだなぁぁって、思ってます(笑)
    ポチっ!!おうえーん*

  20. にゃんこ より:

    ぽちっとさせていただきましたーっ。往復。(^_^)v
    リンクの件、ありがとうございます。

  21. naoぴ より:

    初めまして。
    コメントありがとうございます^^
    ズッパ・ディ・ペッシュ、美味しそうです!
    ブイヤベースは大好き、これからの季節、温まるし良いですね~。
    私も料理は好きなので、是非参考にさせて下さい^^

  22. ゆみぴい より:

    こんばんは☆
    いつもありがとうございます♪
    イタリアのブイヤーベースなんですね~
    とってもおいしそうです!
    タイのさばき方の動画も載せてあるんですね☆素晴らしいです!

  23. 魚の出汁が聞いたパスタなんですね。
    サフランも使ってるから結構外で食べたら良い値段がしそうです。
    自宅で作れたら最高だろうな~♪
    鯛のさばき方の動画 なんかしっかり最後まで見てしまいました。
    魚はまだまださばくのがヘタで ちょっと良い勉強にもなりました。
    今度私も鯛買ってきて さばいてみようかと思います。

  24. ぴよ より:

    こんにちは♪。(U▽U)
    イタリア料理では、セロリや人参などの香味野菜と共に、魚の粗からスープをとるのですね。初めて、知りました。
    鯛やメバルなどの魚の粗の旨み&サフランが凝縮された神聖な黄金色のスープに、トマトが加わった
    鯛とアサリの‘ズッパ・ディ・ペッシュ’。。。ちっても、おいしそう♪♪♪です。
    応援☆ポチッ
    p.s.
    ブログを紹介してくださいまして、ありがとうございます。
    ryujiさん、素敵なレシピを教えてくださいまして、
    ありがとうございました。とても、美味しかったです。(u▽u)

  25. こんにちは。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    ズッパ・ディ・ベッシェは大好物です。
    よく作りますよ。
    今度、ryuji_s1さんのレシピで本格的に作ってみます。
    ポチッと応援させて頂きます。

コメントを残す

  関連記事

エゾ鹿もも肉のロースト スチューベン(葡萄)のソース
ラディッキオ トレビーソのパスタ スパゲッティ
豚ヒレ肉とニンニクのかき揚げ
フリット ミックス
ブラックタイガー有頭海老のラルド巻き
牛バラ肉のビール煮
三元豚ロースのソテー マルサラソース
ポークソテーバルサミコソース風味
カッチョ・エ・ペペ パスタ タリアテッレ 温度たまご添え
甘鯛のハーブソースクリーム