イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,637、パスタのレシピ数は1614。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

未熟たまご(キンカン)と黒トリュフオイル風味のパッパルデッレカサレッチェ

   

未熟たまご(キンカン)と黒トリュフオイル風味の
未熟たまご(キンカン)と黒トリュフオイル風味のパッパルデッレカサレッチェ
イタリア料理レシピ
未熟たまごを使います、
日本料理では味噌の中に埋めておきますが
ここではイタリア料理らしく白インゲンを使います、
ペースト状にして塩とグラニュー糖を
入れその中に埋めます
黒トリュフの風味を活かし味に奥行きを持たせます、
鶏のブイヨンを煮詰めこくを出します、
パスタは平たい麺を使います、
この麺の特色は筋が縦にいっぱい入っていて
スープの絡みが素晴らしいところです、
イタリア料理です、
バラバラ
バラ
イタリア料理食材2人分
パスタ パッパルデッレカサレッチェ……….140g
鶏の未熟たまご…………………………20個
白インゲン豆…………………………..300g
岩塩適量………………………………400g
グラニュー糖…………………………..120g
鶏のブイヨン…………………………..200cc
黒トリュフオイル……………………….20cc
黒トリュフ塩…………………………..適量
オリーブオイル…………………………30cc
パルミジャーノ…………………………40cc
イタリア料理に使用する食材

1890年創業の老舗パスタメーカー
【グルメ】【高級パスタ】『VIETRI(ヴィエトリ)』
パッパルデッレカサレッチェ【イタリア産】
太さ12mmのきしめんのような平麺です。
細いラインが何本も削ってあるのでソースに絡みやすく、
生パスタのようなモチモチした食感が魅力のパスタです

水郷どりのきんかん(玉子入り鳥もつ)
■□■ きんかん(玉子入もつ) ■□■
水郷どりのきんかんです!
鳥もつ鍋に、もつ煮に美味しいですよ!

TARTUF LANGHE社
黒トリュフオイル(250ml)

どんな料理にも最高級 イタリア産
 黒トリュフ塩(トリュフソルト) 50g フランスゲランド塩を使用

★白インゲン豆 1kg 無農薬(化学合成農薬)不使用栽培

青森県産 にんにく AL1Kg

オーガニック栽培のオリーブを手摘みして、丁寧に手間隙かけて作りました
アルチェネロ オーガニック エキストラバージン オリーブオイル【イタリア発】

パルミジャーノ レジャーノ 36〜48ヶ月熟成

「神様からの贈り物」イタリア シシリー島の岩塩 荒粒タイプ

【新品】プジョー 【PEUGEOT LIFE】ペッパー/ソルト電動ミル(エリ)

微粒子グラニュー糖 3kg_ <砂糖>

キスコ:冷凍ブイヨン【1kg】


イタリア料理レシピ手順
1.白いんげん豆は平鍋に入れ水を
  たっぷり入れて一晩おきます、
  翌日水を全て取り替え
  コトコトと煮込みます、
  柔らかくします、
2.柔らかくなったら火を止めあら熱を
  取ってフードプロセッサーにかけ
  ペースト状にします、
3.塩・グラニュー糖を入れ混ぜ合わせます、
  バットにいれその中にたまごを入れ
  埋め込みます、
  約一昼夜つけ込みます、
4.鶏のモツたまご(キンカン)は
  たまごのみを取り出し使います、
5.流水で洗い塩気を抜き
  ペーパータオルで水気を
  しっかり拭き取ります、
6.にんにくは包丁の腹などで叩き潰します、
7.パルミジャーノはすり下ろしておきます、
8.フライパンにオリーブオイルと
  にんにくを入れ弱火にかけ
  じっくりと火を通します、
9.香りが立ってきたらにんにくは
  取り出します、
10.鶏のブイヨン200ccを入れます
   1/4になるまで中火で煮詰めます、
11.パスタパンにたっぷりのお湯を
   沸騰させ軽く
   一握りの塩を入れます、
   パスタパンにパスタを入れ茹でます、
   パスタの茹で時間は袋に表示されている
   時間より2分間短めに茹であげます、
   仕上がり時にアルデンテを味わえます、
12.フライパンに黒トリュフ塩と
   黒トリュフオイルを
   入れ混ぜます
13.茹で上がったパスタを入れ
   たまごを加え混ぜます、
   たまごに火を通さないようにします
14.食器に盛り付けます、
15.パルミジャーノを振りかけます、
イタリア料理に使用する調理器具

業務用・ステンレス4面チーズおろし

世界No.1シェアのハンドブレンダー!
【MR5550MFP ブラウン マルチクイック プロフェッショナル

ドイツ 正規Fissler 『フライパン28cm』 プロコレクション/フィスラー

IH対応
フィスラー(Fissler) プロコレクション マルチスター 20cm

リチャードジノリ(Richard Ginori) ベッキオホワイト プレート 26cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ

にほんブログ村

ポチッと応援 お願いいたします、

 - イタリア料理, パスタ

Comment

  1. siawasekun より:

    おはようございます♪♪
    未熟たまごを使いますか、・・・・・・。
    白インゲンを使いますか、・・・・・・。
    ペースト状にして塩とグラニュー糖を入れ、その中に埋めますか、・・・・・・。
    黒トリュフの風味を活かし、味に奥行きを持たせますか、・・・・・・。
    鶏のブイヨンを煮詰め、こくを出しますか、・・・・・・。
    ご紹介、ありがとうございました。
    昨日も、コメント&応援ポチに、恐縮です。
    応援ポチ♪♪

  2. らるむ。 より:

    ヒョエー(驚)
    あのキンカンまでパスタに出来るんですねー(驚2)
    卵好きという理由で、昔張り切ってキンカンを煮たら臭かった記憶があるんですが、あの時は玉砕(/TДT)/
    嫌なイメージを払しょくしたいなぁ~^^;
    応援☆

  3. 那須パパ より:

    おはようございます♪
    今日も頑張って行きましょうね(o^-‘)b
    応援♪

  4. taeco より:

    大好きな卵を使ったパスタ-とってもおいしそうですね!!!じっくり拝見したいとこですが、仕事なので、応援だけしました☆後でまた見させていただきます^^ 

  5. ベッカズ より:

    キンカンおいしそう(^◇^)
    黒トリュフの風味も入って
    豪華で香高いパスタですね~~
    こんな素敵なパスタ食べたいでっす。
    応援☆

  6. kazuyoo60 より:

    可愛いバラが咲きましたね。赤っぽい葉が今の時期を知らせます。
    母が捌いた鶏、唯一食べておいしいと思ったのが、未熟卵でした。(笑い)
    贅沢で美味しい料理ですね。

  7. 葉月 より:

    今日は~♪
    「きんかん」
    名古屋コウチンで皮肝と言って
    買いますが違いますか!
    豪華な材料でのパスタ美味しいでしょう
    美しいバラアップで見せて頂きました♪

  8. DORIN より:

    パッパルデッレカサレッチェ
    難しい名前ですね~^^;
    これをお店で注文する時は
    緊張しそうです(笑)
    未熟卵と言うのも初めて知りました。
    毎回、毎回驚いてる気がします(笑)
    今日も応援ー(^o^)丿

  9. メロン より:

    こんにちは♪
    ホンと毎回のように驚いてます!
    色んなお料理がありますよね~
    未熟たまごをきんかんって言うんですね~
    色々解って嬉しいです!
    今日もありがとうございました♪
    応援ポチッ☆

  10. AL17 より:

    きゃぁーーーーーっ!!
    凄い斬新な珍しいお料理ですねぇ~♪
    イタリア料理も奥が深いですね。
    美味しそう~吃驚です^^
    ぼちぃ~何時も有難うございます。

  11. puffpuff より:

    卵のたまご…きんかんをこんな風に食べたことがないですが
    小さい時から大好きなんです!
    ちょと食感が違いますよね。
    こんな風にいただくとどんな感じなんでしょう!!
    ワクワクするお料理です。
    インゲン豆のペーストに埋め込んで漬け込むって!お味噌もお豆ですよね。面白いです♪

  12. らいむ より:

    キンカンはモツ煮にしちゃうし、
    味噌漬けには生卵の卵黄だけ漬けて
    おつまみにしてました。
    キンカンを味噌漬け・・
    焼いたらおいしそうですね♪

  13. りりり より:

    こんにちは。
    キンカンをいんげんに漬け込みパスタにするのですか。
    キンカンはもつ煮に入れて食べたりしますが、
    味噌や、いんげんに漬け込む食べ方初めて知りました。
    どんな味なんだろう?
    食べてみたいです。
    ポチ♪

  14. hirochiki より:

    こんばんは。
    本日も、ご訪問&コメントありがとうございました。
    白インゲン豆は、初めて知りました。
    これほどの手間をかけて料理をしたことがありませんので、レシピを拝見して、ただただ感心するばかりです。。。

  15. Aqua より:

    Ryujiさん、こんばんは!
    未熟たまご、キンカンって言うんですね~。
    美味しそうです。
    トリュフオイルは我が家も時々使います。
    パスタが食べたくなりました(*^^*)

  16. みさよ より:

    本格的レシピで素晴らしいです!!
    ( ..)φメモメモ

  17. こんばんは。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    本日のパスタも美味しそうですね。
    きんかんは、よくお料理に使いますので、こちらのパスタも今度挑戦させて頂きます。
    とても素敵なお料理ですね。
    全部ポチッと応援させて頂きます

  18. belage より:

    凄いです。もう、想像を絶する世界ですよ!
    トリュフオイルまで加えるんですか!
    なんだか新宿の飲み屋で食べている
    材料が高級イタリアンに昇華するという
    イメージでしょうか(笑)
    この発想はヨーロッパでも珍しいのでは。

  19. fleur de sel より:

    白いんげんの中で漬けるの初耳です。キンカン卵は昔手に入ると母はもつは味噌煮に卵はすき焼きに入れて料理してくれました。トリュッフの香りとどのようなお味か興味しんしんです。
    鰹のアンチョヴィー入りのカルパチョは鰹が手に入ったら是非作りたいです。
    今日は薔薇の剪定をしなくては。

  20. tana より:

    こんにちわ^^
    キンカンってスーパーではよく見かけるけど、調理法が分からないんで食べたことなかったですが、このパスタとっても濃厚な味がしそうで、美味しそうです~!
    バラの花が咲いたんですね~
    最近寒さが和らいで、春の足音がちょっとずつ聞こえ始めましたね^^

  21. ゆりりん より:

    わぁわぁ。
    きんかんって言うんですね~。
    でもきんかんみたい
    これでパスタになっちゃうところが凄いです。
    さすがryujiさん
    応援ポチです

  22. gfrog より:

    こんばんは☆
    コメントありがとうございました
    「きんかん」って久しぶりに見ました。
    スーパーじゃ売ってないんですよね。
    鮮度が良くないといけないから、
    お肉屋さんじゃないと手に入らなそうですね漬けこんだ卵を
    パスタにからめて食べるんですね。
    あぁ…とっても美味しそうです

  23. ぴよ より:

    おはようございます♪。
    鶏卵の黄身を味噌床に漬けるように、
    イタリアでは、塩&砂糖を白いんげんの床で漬けるのですね。
    地球の裏側で、よく似た調理方法があること…不思議な感じがします。
    白いんげんの床に驚き!!(◎▽◎)
    ‘きんかん’を使ったパスタに、驚き!ました。
    からすみのような珍味的な味わいのパスタなのかなぁ。。。と、思い描いています。
    応援☆ポチッ

コメントを残す

  関連記事

下仁田ネギのトマト煮
なすのリコッタチースのパスタ スパゲッティ
春の豆のフリッタータ パンチェッタ入り
水牛モッツアレラチーズの 揚げ物
豚前足のすね肉のロースト 白ワイン風味
パスタ リングイネ アーモンドソース
牛ハツのロースト ケッパーとフォンドヴォーソース
パスタ カッペリーニ 桃と生ハム マスカルポーネソース
仔羊とお野菜たちのロースト 農家風
鰺のスカペーチェ