イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,637、パスタのレシピ数は1614。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

ラディッキオ トレビーソのパスタ スパゲッティ

   

ラディッキオ トレビーソのパスタ スパゲッティ
ラディッキオ トレビーソのパスタ スパゲッティ
イタリア料理レシピ
yoyoさんホワイトアスパラの生ハム巻きyoyoさんオッソブッコとサフランのリゾット
〔spiritual・organic・soul〕
yoyoさんが作られた
ホワイトアスパラの生ハム巻き
オッソブッコとサフランのリゾット
素敵にお作りに素晴らしいです
お母様のお誕生日のお祝いのディナーです
ラディッキオ
抗酸化パワーでも大注目の西洋野菜
「ラディッキオ」!
ラディッキオとはトレビスとも
言われています
ワインレッドと白のコントラストが
美しいラディッキオ。
もともとイタリア移民とともにアメリカに上陸し、
移民たちの手でこつこつと育ててこられた
イタリアの伝統的な野菜です。
いろいろな呼び名がありますが、
フランス語では「トレビス」、
原産地のイタリアでは
「ラディッキオ・ロッソ」と呼ばれています。
ラディッキオは葉菜類の中では耐寒性があり、
涼しく温度変化が少ない土地で栽培されます。
緑の葉が葉脈を残して赤く変化しながら結球します。
この時、冷涼な気候のほうがより
鮮やかな赤のラディッキオが育ちます。
現在はアメリカ、イタリア、チリからは
通年輸入されていますが、
近年では日本でも栽培されるようになり
身近な野菜になりました。
ここではトレビーソ を使います
長さが20cm近くある大型のラディッキオで
やや苦味が強く生で食べるというよりも、
むしろグリルなどの調理用に適した品種です。
アジアーゴ – Wikipedia
イタリア アジアーゴ
(Asiago, チンブラ語: Sleghe, 独語: Schlege)は
人口6,612人のイタリア共和国
ヴェネト州ヴィチェンツァ県の
コムーネの一つである。
同名のチーズ(「アジアーゴ・チーズ」)を
産することで有名。
熱を少し加えたグラーナ・タイプでペコリーノに似て
平らで丸く、重さは一つ9kgほど。
● ハチミツとのマリアージュを楽しんで
“プレッサート”タイプに属する
『アジアーゴ(プレッサート)』は、
薄いクリーム色をした弾力のある組織と、
ところどころに見られる気孔が特徴的です。
アジアーゴらしい“爽やかな軽い酸味”が
感じられるのですが決して“酸っぱい”という印象は強くなく、
続いて広がるミルクの甘みのある香りが
楽しめます。
全体的にクセがなく、“食べやすい”という
印象のあるアジアーゴ(プレッサート)には、
ぜひアカシアハチミツを!
程よいコクと深みが加わりまさに
“チーズとのマリアージュ”が
ご堪能いただけます。
ムスカリムスカリ
ムスカリ
イタリア料理食材2人
パスタ スパゲッティ………………….140g
ラディッキオ…………………………1/3玉
にんにく…………………………….1片
赤ワイン(ミディアムボディ)…………….60cc
アジアーゴ・チーズ……………………40g
岩塩………………………………..適量
ブラックペパー……………………….適量
イタリア料理に使用する食材

グラニャネージ社 スパゲティ(1.8mm) 500g

【特売】ハチミツと合わせて♪
食べやすいイタリアチーズ!
『アジアーゴ』約500g

イタリア産 ラディッキオ プレコーチェ 約500g 1800円/500g

青森県産にんにく A級 1ネット(サイズ2L)(約1kg)

イタリアの赤ワインカステロ・ダルボラ・キャンティ・クラシコ
【イタリアワイン】【赤ワイン】
ゾーニン社が所有する伝統あるエステート、カステロ・ダルボラ。
ここから生み出されるワインは、
国際的にも高い評価を受けています。
「カステロ・ダルボラ・キャンティ・クラシコ」は、
凝縮した果実と繊細なスミレの香りが心地よく広がります。
力強さとなめらかな味わいが特徴の、
調和の取れたワインです。

オーガニック栽培のオリーブを手摘みして、
丁寧に手間隙かけて作りました
アルチェネロ オーガニック
エキストラバージン オリーブオイル【イタリア発】

「ギャバン ブラックペパー ホール 袋 35g」そのまま煮込み料理に、
あらびきして炒めものなどに役立てる黒胡椒(ペッパー)です。
ギャバン ブラックペパー ホール 袋 35g

「神様からの贈り物」イタリア シシリー島の岩塩 荒粒タイプ

【新品】プジョー 【PEUGEOT LIFE】ペッパー/ソルト電動ミル(エリ)


イタリア料理レシピ手順
1.ラディッキオ トレビーソは
  手で一口大に千切ります
2.にんにくは
  包丁の腹で叩き潰します
3.アジアーゴ・チーズは
  スライサーで薄くスライスして
  おきます
4.フライパンに
  オリーブオイル・にんにくを
  入れ弱火で丁寧に炒めます
  きつね色になるまで炒めます
  にんにくは取り出します
5.ラディッキオ トレビーソを
  入れ中火にして良く炒めます
6.赤ワインを
  入れ強火にしてアルコール分を
  飛ばします
7.塩・ブラックペパーで
  味を調整します
8.パスタパンにたっぷりのお湯を
  沸騰させ軽く
  一握りの塩を入れます、
  パスタパンにパスタを入れ茹でます、
  パスタの茹で時間は袋に表示されている
  時間より2分間短めに茹であげます、
  仕上がり時にアルデンテを味わえます、
9.茹で上がったパスタの水気を
  しっかり切ってフライパンに入れ
  ソースを絡めます、
10.食器に盛り付け
   スライスしたチーズを飾ります
イタリア料理に使用する調理器具

ドイツ 正規Fissler 『フライパン28cm』 プロコレクション/フィスラー

IH対応
フィスラー(Fissler) プロコレクション マルチスター 20cm

リチャードジノリ(Richard Ginori) ベッキオホワイト プレート 26cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ

にほんブログ村

ポチッと応援 お願いいたします、

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. タヌ子 より:

    このラディッキオ、多分クロアチアでも買えると思います。
    先日赤ワインで調理されたパスタをイタリアで頂きましたが、美味しいですよね!
    アジアーゴチーズは見つからない可能性大ですが、味の薄いチーズで代用してみます。

  2. らるむ。 より:

    同じ素材でも国よって呼び方が変わり、食べ方もいろいろ。
    チーズもとっても種類が多い。
    料理の種類は無限ですよね!
    そして食卓に溢れる笑顔も・・・。
    あ!Pizzaの材料が買ってあったんだ(ヤバイ)
    応援☆

  3. kazuyoo60 より:

    沢山のムスカリ、素晴らしいです。
    ラディッキオ プレコーチェ、まだ出会って無いです。出会ったら買ってみたいです。

  4. メロン より:

    おはようございます♪
    今日は知らない食材だらけです~
    後でゆっくり拝見させていただきます♪
    応援ポチッ☆

  5. yoyo より:

    おはようございます。
    写真載せていただいて、
    いやぁ・・・お恥ずかしいです。
    レシピいつもありがとうございます。
    楽しみに読ませていただいています。

  6. すぴかか より:

    ご無沙汰しておりました。
    またよろしくお願いします★

  7. taeco より:

    トレビス、あるお店でだけ買えます~。でも、いつも、前菜くらいでしか使えなくて、他にも使えたらなぁ~って思っていたんです!!!すごくうれしいレシピです☆

  8. nene より:

    ryujiさん、こんにちは!
    ステキ~ッ^^
    ryujiさんが近所のシェフでらしたら、
    わたし、毎日通っちゃうかも

  9. ranran より:

    聞いたことのない食材がズラリ!
    一体パスタの種類ってどのくらいあるんでしょー。
    ムスカリはうちのお庭にも飢えてます。年々増えていくんですよねー。

  10. mayunbo94 より:

    今日も初めての食材です!
    アジアーゴ、ぜひ食べてみたいです♪
    手順は私にもできそうなので
    見つけたら、作ってみたいです^^
    応援☆

  11. あびまま より:

    ラディッキオ、結構サラダにいれて食べます。
    パスタにも使えるんですね。

  12. puffpuff より:

    ラディッキオ、こんな使い方が!新しいおいしさに出会えそうです。
    ムスカリ、我が家もようやく色付いてきました^^

  13. ねこねこ より:

    アジアーゴ・チーズ、初めて聞きました。
    え~、食べてみた~い。
    とてもお勉強になります。
    アジアーゴ・チーズ、アジアーゴ・チーズ・・・
    言ってないと忘れそうです^_^;

  14. tana より:

    こんにちわ^^
    ラディッキオ、初めて知りました~
    苦みが強い野菜はちょっと苦手なんですが、調理すると美味しくなるんでしょうか??
    アジアーゴも初めて知りました~
    今日の食材は初めて尽くしです><
    最近はryujiさんのおかげで、イタリアの食材詳しくなったつもりでしたが、まだまだですね^^
    応援ポチ!

  15. こんばんは。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    本日のパスタも素敵ですね。
    苦みばしったお野菜は大好きですので
    このパスタは、私の好みです。
    とても美味しそうです。
    ポチッと応援させて頂きます。

コメントを残す

  関連記事

黒イチジクのコンポート リキュール マスカルボーネ
アホ・ブランコ(冷たいニンニクのスープ)Ajo Blanco
no image
鶏肉のロースト 赤ワインソースいちじく添え
食べられる国宝マンガリッツァ豚肩ロースのオーブンロースト
ちぢみほうれん草のソテー
舞茸のクリームソースパスタ フェットチーネ
蛸のガーリック
ほうれん草のエッグパスタ・フェットチーネ
no image
パルミジャーノとブラックペパーのパスタ
豚足料理