イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,581、パスタのレシピ数は1587。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

ヨーグルトのサラダ

   

ヨーグルトのサラダ
ヨーグルトのサラダ
イタリア料理レシピ
手作りチーズ工房・アドナイの
素晴らしいヨーグルトを使います
濃厚なヨーグルトとお野菜そして
ブラックオリーブ・ケッパーの風味が
生ハムのブロックの歯触りと
すごくマッチします
芝桜芝桜
芝桜
イタリア料理食材2人
ヨーグルト(無糖)………………..60cc
じゃがいも……………………..2個
にんじん……………………….1本
マッシュルーム………………….6個
ブラックオリーブ………………..4個
ケッパー(塩漬け)………………..20粒
コルニッション …………………2本
肩ロースの生ハム(コッパ)……….60g
レモン…………………………1個
たまご…………………………1個
オリーブオイル………………….20cc
ブラックペパー………………….適量
岩塩…………………………..適量
イタリア料理に使用する食材

ヨーグルト?アイスクリーム?クリームチーズ?
なんとも微妙な味わいは他では味わえません。
手作りチーズ工房・アドナイの自家用ヨーグルト!
プレーンヨーグルト(300ml)×4本 (無糖と加糖が選べます)
普通のヨーグルトと味わいがどう違うのか?それは
● ヨーグルト
● アイスクリーム
● クリームチーズ
を3つ合わせてかき混ぜたら、こんな味になるのでは?
という感じ。
でもくどさはまったくありません、
ヨーグルトですからね。
でも濃厚な風味があって、
いい牛乳を使っているなぁというのが
実感できます。

ほくほくのじゃがいもをどうぞ
北海道産じゃがいも男爵

にんじん(500g)
濃厚なのにクセの少ない旨みと、
まるで柿を食べているかのような
自然で爽やかな甘みが特徴の、
常連様に大人気の
千葉県産にんじんです。

【イタリアから直輸入】
120年以上家族代々守ってきた
オリーブ畑で作った極上のオリーブ。
フラーテピエトロ一家
【イタリアから直輸入】
120年も家族代々守られたオリーブ畑で作られた
最も大きな「GGG」サイズの極上のオリーブ。
太陽の恵みを受け、 ほんのりとした甘みがあります。
オリーブの中でも最大となる
「ベッラディチェリニョーラ」種。
『フラーテピエトロ ブラックオリーブ』

塩蔵ケッパー (250g)
ケッパーの大生産地、
シチリア島の北東部に浮かぶ
リーパリ島産のケッパーの塩漬け。
4~6mmの厳選された
小粒のケッパーのつぼみを
シチリアのミネラルたっぷりの
海塩で塩蔵しています。

コルニッション
極小きゅうりを、
香辛料を加えたビネガーに漬け込んだピクルスです。
おつまみやサンドイッチ、肉料理、カレーなどの
付け合せにどうぞ。

日本随一のマッシュルーム生産者!
『芳源ファーム』が育てた、東京行列店絶賛の逸品!
敷きわらからこだわった無農薬栽培なので安心!
旨みの深さの違いを
ぜひお試しに!
生のままが、よりおいしい!
抗酸化作用も高い
マッシュルーム
約100g

肩ロースの生ハム
無添加 自然熟成生ハムコッパブロック
肩ロースの生ハムです。
通好みの少々クセのある生ハムです。
フルボディの赤ワインをお好みの方にお薦めです。

オーガニック栽培のオリーブを手摘みして、
丁寧に手間隙かけて作りました
アルチェネロ オーガニック
エキストラバージン オリーブオイル【イタリア発】

「神様からの贈り物」イタリア シシリー島の岩塩 荒粒タイプ

【新品】プジョー 【PEUGEOT LIFE】ペッパー/ソルト電動ミル(エリ)
下記の続きを読むをクリックしてください
詳しいレシピをご覧いただけます、


イタリア料理レシピ手順
1.じゃがいもは
  皮付きのまま塩ゆでします
  2cm角にカットします
2.にんじんは
  皮を剝き塩茹でします
  2cm角にカットします
3.ブラックオリーブは
  種を取り除き
  2mmの厚さにスライスします
4.ケッパーは
  ボウルに入れ水を加えて
  20分間つけ置き塩抜きをします
  ザルにあけ水気をしっかりと
  切ります
  ペーパータオルで
  さらに水気を拭き取ります
5.コルニッションは
  2mmの厚さにスライスします
6.マッシュルームは
  1mmの厚さにスライスに
  スライスします
7.生ハムは
  1cm角にカットします
8.たまごは
  卵黄のみを使います
9.レモンは
  搾っておきます
10.ボウルに
   卵黄・レモン汁・
   オリーブオイル・塩・
   ブラックペパーを入れ
   混ぜ合わせます
11.ボウルに
   全てを入れ混ぜ合わせます
12.ヨーグルトを
   加え混ぜ合わせ
   できあがりです
13.食器に盛り付けます
イタリア料理に使用する調理器具

きれいに簡単に
スタッフドオリーブが作れます♪
オリーブの種ぬき機

柳宗理 キッチンセットC
柳宗理/SoriYanagi 
キッチンセットC
ステンレスボウル16cm、19cm、23cm、
パンチングストレーナー16cm、19cm、23cm

IVV アリア 1873/52 チャージャープレート 31cm(ブラック)
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ

にほんブログ村

ポチッと応援 お願いいたします、

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. taeco より:

    夜更かししていて、またまた来ちゃいました@@; 拍手とかクリックしないと、「続き」を読めませんでした…。でも、ちゃんと、最後まで読めました。もちろん、応援ポチも完了してます☆ ヨーグルトのサラダってきいて、想像するものと全く違うものでびっくりですが、とっても魅力的なサラダですね。

  2. らるむ。 より:

    ぉお~こちらではまぼろしのヨーグルト!(笑)
    濃厚でおいしそうですね
    うちも芝桜が咲きました。
    手入れが悪かったので、いつもの半分ほどですが、キレイですよね(*^_^*)
    応援☆

  3. kazuyoo60 より:

    シバザクラ綺麗に咲きましたね。
    ヨーグルトは好きなほうと思います。別にメーカーにこだわっていませんが、濃厚なヨーグルト、おいしさの違いが私にもわかるかな?。

  4. メロン より:

    おはようございます♪
    お野菜を使ったヨーグルトのサラダは
    変わってますね~
    ヨーグルトのサラダはフルーツを使ったもの
    しか食べた事ありません~
    いつも変わったお料理の紹介
    ありがとうございます^^
    応援ポチッ☆

  5. ranran より:

    ヨーグルトは私はいつも手作りです。
    今日もたらふく食べて今常温で作ってる最中!
    でもこの濃厚なヨーグルトたべてみたい\(^ ^)/
    きっとこちらのサラダもおいしいんだろうなぁ~
    応援☆

  6. すぴかか より:

    こんにちは★

  7. Sakulanbo より:

    こんにちは
    ヨーグルトと生ハムの組み合わせって
    初めて聞きました。
    さわやかでおいしそうですね。

  8. mayunbo94 より:

    このヨーグルトが凄ーく気になります♪
    それを使ったサラダ!
    生ハムの角切りやいろんなお野菜
    贅沢なサラダです♪
    食べたーい!!
    応援☆

  9. こんにちは。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    本日のお料理は、お野菜がたっぷりですね。
    ヨーグルトのサラダというのが素敵ですね!!
    とても美味しそうです。
    ポチッと応援させて頂きます。

  10. ひろ より:

    ryujiさん、こんばんわ(^.^)
    お久しぶりです。
    色々忙しく、なかなかお邪魔出来なくて、
    本当に申し訳ありません< (_ _)>ペコリ
    やっと、少し落ち着いたので、
    さっそくお邪魔させていただきました(笑)
    相変わらず素敵な料理ですネ
    感服します。
    ポチッ!応援させていただきます(^.^)

  11. ゆりりん より:

    素晴らしいヨーグルト興味ありますわーー。
    だってryujiさんオススメですからねーー。
    食べてみたいなぁ
    お野菜も摂れますね~。
    応援ポチです。

  12. Ryu より:

    友人の勧めで地中海ヨーグルト育てて毎日食べています。サラダに使える…思い出しました。今はバナナジュースなんぞを作る時にも加えています。

コメントを残す

  関連記事

牛ホホ肉の赤ワイン煮込み
豚バラ肉とスペアリブとカーヴォロ・ヴェルッツァの煮込み
ウスイエンドウのリゾット パルミジャーノ風味 生ハム添え
枝豆だだちゃ豆のリゾット ペコリーノ・トスカースタジオナート風味
秋鮭とカマンベールチーズのロースト
プラムの赤ワイン煮
鶏のソテー オレンジソース
パスタ オレキエッテ 枝豆のペコリーノ・トスカーノチーズソース 生ハム添え
うすいえんどう豆とラザニア
ウニの冷製パスタ フェデリーニ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。