イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,688、パスタのレシピ数は1636。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

ホワイトアスパラの パスタ ラ・ファブリカ・デッラ

   

ホワイトアスパラの パスタ ラ・ファブリカ・デッラ
ホワイトアスパラの パスタ ラ・ファブリカ・デッラ
イタリア料理レシピ
ホワイトアスパラのソースを作り
パスタを絡めます
パスタはラ・ファブリカ・デッラを使います
バネの様にねじれていて
すごくソースの絡みが強いです
グリルしたアスパラを飾りいただきます
イタリア料理です
オギザリスオギザリス
オギザリス
イタリア料理に使用する食材2人分











パスタ ラ・ファブリカ・デッラ140g
ホワイトアスパラ6本+4本
たまねぎ1/4個
鶏のブロード60cc
生クリーム60cc
無塩バター30g
オリーブオイル適量
岩塩適量
ブラックペパー適量
イタリアンパセリ1枝

イタリア料理に使用する食材

△フジッリ ハンドメイド/ラ・ファブリカ・デッラ・パスタ社 500g

ホワイトアスパラガス超極太
【3L以上、1Kg】
北海道産

淡路産 たまねぎ

キスコ:冷凍ブイヨン【1kg】
【特徴】
丁寧にアクや脂を取り除き
くせのない味に仕上げた濃縮タイプ
新鮮な野菜と鶏の旨味のバランスが絶妙で、
評価の高いブイヨンです。

★アカデミー賞でも使われた貫禄のオリーブオイル★ 
イタリア・シチリア産
エキストラバージン・オリーブオイル
「セグレート・メディテラーネオ (Segreto Mediterraneo)」
500ml

風味豊かで
軽やかな味わいが絶品!
直輸入
ジェンナーリさんが作る
極上発酵バター 無塩125g

フレッシュクリーム 生 1000ml 森永乳業 [冷]

「神様からの贈り物」イタリア シシリー島の岩塩 荒粒タイプ

★有機JAS認定品 粒ブラックペッパー(ホール) 40g 

【新品】プジョー 【PEUGEOT LIFE】ペッパー/ソルト電動ミル(エリ)

愛知産 ”特選ハーブ” イタリアンパセリ


イタリア料理レシピ手順
1.イタリアンパセリは
  茎の部分は取り除き葉の部分のみを
  集め粗く刻みます
2.ホワイトアスパラガスは下部の堅い部分は
  カットします、
  下の方2/3の皮をピラーで剝きます
  スープ用に使用する6本は
  2cm~3cmの長さにカットします、
3.ホワイトアスパラは
  茹でるだけではアスパラギン酸の苦味が
  他のアスパラより強いので、
  4分沸騰したお湯で茹で
  火を止めて蓋をして5分ぐらい
  そのままにしておくと
  苦味が消えとても甘くなります
  3L以上  3~5分
  2L     3分
  M.L 1.5~2分
  を目安に太い部分に串などを
  刺し柔らかさを確かめます
4.たまねぎは
  繊維に沿って薄くスライスします、
  鍋にバターを入れ中火にかけバターが
  泡だったら
  たまねぎを入れ炒めます。
  しっかり火が通り透明感が出たら
  OKです、
5.ホワイトアスパラガスを
  2cm~3cmに
  カットしたものを入れて
  さらに炒めます、
6.ブイヨンを注ぎ入れます、
 蓋をして15分間煮込みます、
 ホワイトアスパラガスが
  柔らかくなったらOKです、
7.フードプロセッサーまたは
  ミキサーにかけペースト状にします、
  裏ごし器で裏ごしします、
8.フライパンに入れペーストを入れ
  生クリームを加えて
  中火にかけ暖めながら
  塩・胡椒で味をととのえます、
9.飾り用のアスパラガスは
  オリーブオイルを塗り
  グリルで綺麗な
  焼き色を付けます、
  4等分に斜め切りに
  カットします
10.パスタパンにたっぷりのお湯を
   沸かし塩を軽く一握り加え
   パスタを入れ茹でます、
   パスタの茹で時間は袋に表示されている
   時間より2分間短めに茹であげます、
   仕上がり時にアルデンテを味わえます、
   フライパンに入れソースに絡めます
11.茹で上がったパスタを
   フライパンに入れソースを絡めます
12.食器に盛り付けます
   グリルしたホワイトアスパラを
   上に飾り
   イタリアンパセリを振りかけます
イタリア料理に使用する調理器具

♪ルクルーゼ グリルロンド

【アルミうらごし[30メッシュ] 小】

ドイツ 正規Fissler 『フライパン28cm』 プロコレクション/フィスラー

IH対応
フィスラー(Fissler) プロコレクション マルチスター 20cm

IVV アリア 1873/52 チャージャープレート 31cm(ブラック)
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ

にほんブログ村

ポチッと応援 お願いいたします、

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. ぴよ より:

    こんばんは。
    ねじ切りのような形をしていて、
    ロングなパスタ‘ラ・ファブリカ・デッラ’を初めて観ました。
    ホワイトアスパラガスがフードプロセッサーで
    ピューレ状態になった
    クリーミーなパスタソース!!
    白百合のような純白なアスパラガスのソースは、6月の花嫁のように感じました。
    アスパラガスソース&飾り用の焼いたアスパラガスの
    2通りのアスパラガスが楽しめる一皿、
    とても、おいしそう。。。です。
    応援☆ポチッ

  2. こんばんは。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    本日のパスタも美味しそうですね。
    ホワイトアスパラガスを美味しく味わうことが出来る素敵なお料理ですね。
    このパスタも作ってみたいと思います。
    ポチッと応援させて頂きます。

  3. puffpff より:

    オキザリス、花も葉っぱもカワイイですね。
    きょうは暑かったです。
    涼しげな色合いに食欲が出ます!

  4. taeco より:

    こんにちは。今日は、朝が忙しくて、遅くなりました^^; これからまた出かけなくちゃいけないんですが。。。
    ryujiさんは、ホワイトアスパラガスのレシピが、イタリアンなのに、ものすごくたくさんお持ちで、本当にすごいですね!! かめのようですが、私も、ryujiさんのおかげもあって、時々、イタリアンに挑戦できるようになりました*^^*
    今日の分、応援済です♪

  5. mayunbo94 より:

    ここ何日間かT.Vでホワイトアスパラガスを見てました!
    おいしいですよね~^^
    茹で方勉強になりました。
    ホワイトアスパラガスのパスタ
    食べたいです♪
    応援☆

  6. メロン より:

    こんにちは♪
    こちらではなかなか手に入りにくい
    ホワイトアスパラガス!
    北海道産だと美味しそうなイメージが
    強いですね♪
    いつも変わったお料理を観ることが出来て
    楽しいです^^
    応援ポチッ☆

  7. ranran より:

    ホワイトアスパラは缶詰でしか食べたことがありません。
    グリーンアスパラは先日北海道の極太を頂きましたがめっちゃくちゃ美味しかったです。
    ホワイトアスパラのパスタってどんな味なんでしょー。
    食べてみたいです♪

  8. conon より:

    ご無沙汰してしまってすみません。
    相変わらずメニューにもブログの記事作りも、
    丁寧さが伝わりますね、
    ホワイトアスパラソース濃厚な触感が思い浮びます。焼き色を付けたグリーンアスパラもしっかり仕事してくれてますね。
    同じ食材が全く違う役割を担って素敵なパスタが完成するんですね♪
    ご馳走様でした。

  9. ベッカズ より:

    グリーンもいいけど
    ホワイトアスパラもいいですよね~~
    パスタにからんで美味しそう\(^o^)/
    素敵レシピに応援★

  10. kazuyoo60 より:

    オキザリスが賑やか、綺麗に咲きましたね。夏に咲くのは持ってるのですが。
    ホワイトアスパラは店か缶詰です。今は少しずつ上がるグリーンアスパラを喜んで食べています。奈良でも生のホワイトが並ぶようになりましたが。

  11. らるむ。 より:

    ネジのようなパスタおもしろいですねー。
    ネジネジ部分にホワイトアスパラのソースが絡んでおいしそうです(*^_^*)
    Wアスパラの茹で方も参考になりました♪
    応援☆

是非 あなたのご意見をお願いします 質問があれば分かる範囲でお答えしたいと思っております

  関連記事

素揚げのなす パルミジャーノ風味
ホワイトアスパラガスとホタテのグリル
no image
マッシュルーム ローズマリー風味
烏賊の塩辛
豚バラ肉の煮込み 赤ワイン風味
パスタ スパゲッティ 枝豆のペスト
パスタ リングイネ 春キャベツとツナ ケッパー風味
仔羊の骨付きジャンクのロースト ハーブ入り岩塩
カチョカバロチーズのロースト リンゴソテー添え
仔牛の骨付きロース・リブの煮込み クルミソース
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。