イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,689、パスタのレシピ数は1637。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

シンプルな小鯛のアクアパッツア

   

シンプルな小鯛のアクアパッツア
シンプルな小鯛のアクアパッツア
イタリア料理レシピ
鯛の旨みと味を損なわない程度の味付けで
魚のお好きな方にはたまらない料理です
鯛の下処理をしっかりすることが大切です
アクアパッツアとは狂った水と言う意味です
沸騰したスープの事を表しているようです
イタリア料理です
紫陽花紫陽花
紫陽花
イタリア料理に使用する食材2人分









小鯛2尾
ホールトマト1缶400g
にんにく1片
白ワイン(辛口)/TD>100cc
オリーブオイル100cc
パセリ2枝
岩塩適量
ブラックペパー適量

イタリア料理に使用する食材

天然だから!
柔らかくてジューシーな塩焼でも!
鯛めしでも美味しい!小鯛
1枚(約300g、約20cm)

オーガニックホールトマト
・イタリア産400g固形量240g
【オーサワジャパン】

青森県 田子町産 にんにく
上級品Mサイズ
田子町産にんにく BM 20個前後】
青森県が誇るブランド産地田子町から、
産地直送でお届けします!

★アカデミー賞でも使われた貫禄のオリーブオイル★ 
イタリア・シチリア産
エキストラバージン・オリーブオイル
「セグレート・メディテラーネオ
(Segreto Mediterraneo)」
500ml

【取寄商品】
ヴェルメンティーノ 白 750ml
 イタリア産白ワイン 
格付 トスカーナI.G.T.
アンティノリ社 辛口

イタリア・シチリア産
フラミンゴ (Flamingo) ブランド
オーガニック・ソルト 海塩の結晶
「フィオール・ディ・サーレ (塩の花)」

★有機JAS認定品 粒ブラックペッパー(ホール) 40g 

【新品】プジョー 【PEUGEOT LIFE】ペッパー/ソルト電動ミル(エリ)

長野県産 パセリ(50g)


イタリア料理レシピ手順
1.鯛の裁き方

2.鯛は
  えらと内臓を取り除きます
  鱗を取ります
  これでOKです
3.ホールトマトは
  缶から実のみを取り出し
  手でへたと種をしごいて取ります
  つぶしボウルに入れておきます
4.にんにくは
  包丁の腹などで叩き潰します
6.パセリは
  茎の部分は取り除き
  葉の部分を微塵切りにします
7.フライパンに
  オリーブオイル50ccを入れ
  中火で熱します
  オリーブオイルが
  熱くなってきたら
  鯛を入れ軽く炒めます
  鯛を裏返し
  にんにくを入れ炒めます
8.白ワインを
  注ぎ入れます
  パセリの
  みじん切りを入れます
  水を100cc入れます
9.蓋をして弱火で少し煮込みます
  にんにくを取り出します
  塩・ブラックペパーで
  味を調えます
10.食器に盛り付けます
   最初に鯛を盛り付け
   上からスープを廻しかけます
   オリーブオイル50ccを
   廻しかけます
イタリア料理に使用する調理器具

柳宗理sori Yanagiスタイリッシュステンレスボウル5個セット

ドイツ 正規Fissler 『フライパン28cm』 プロコレクション/フィスラー

リチャードジノリ(Richard Ginori) ベッキオホワイト プレート 26cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ

にほんブログ村

ポチッと応援 お願いいたします、
Googleの新しい
「いいね!」
システムです
こちらもポチッとよろしくお願いします

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. Sivaji より:

    シンプルなアクアパッツァですね~。
    小鯛の質で決まりそうですね。
    私は、どうしても、旨味がほしくて、
    ドライトマトやら、アサリやらを追加してしまいます。

  2. ゆりりん より:

    シンプルイズベストですよね~。
    鯛大好き!
    アクアパッツァの出てきたスープと
    パンを一緒に食べると美味なんですよね~
    応援ポチです!!

  3. taeco より:

    こんばんはー^^
    タイ、美味しそう~*^^*
    最近、お魚食べていませんが、ryujiさんのブログを見ると、むしょうに食べたくなりました@@

  4. tana より:

    こんにちわ^^
    白身魚好きです!
    アクアパッツア、初めて聞きました!
    沸騰したスープを鯛にかけるって意味なんですね~
    スープが美味しそうで、より鯛を美味しく頂けそうです☆
    アジサイキレイですね^^
    雨は憂鬱だけど、雨に濡れたアジサイはとっても好きです☆
    応援ポチリ!

  5. こんばんは。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    アクアパッツアは美味しいですよね。
    私も大好きです。ryuji_s1さんのお作りになるアクアパッツアは間違いなく美味しいでしょうね。
    全部ポチっと応援させて頂きます。

  6. nene より:

    ryujiさん、こんにちは~☆
    アクアパッツア、
    自宅で作るなんて、すご~い
    自宅がレストランにはやがわりですね^^

  7. ranran より:

    アクアパッツァは作った事がないのですが、ぜひ作って食べてみたいと思っていました。
    鯛のさばき方、じっくり勉強させてください(@_@;)

  8. らるむ。 より:

    こんにちは。
    新鮮な魚がなかなか安く買えない海なし県なのでアクアパッツアはまだ家では作った事がないんですが、改めて説明を読むと簡単ですねー。
    今年こそは挑戦してみたいな(*^^)v
    応援☆

  9. mayunbo94 より:

    わ~おいしそーう!!
    アクアパッツア、作った事ないんです^^;
    鯛のさばき方、勉強になりました。
    挑戦してみようという気になりました^^
    応援☆

  10. AL17 より:

    素晴らしい包丁捌きに見取れて
    しまいました。
    大変有り難い伝授をしっかりと
    おさらいしたいと思います。
    >小鯛のアクアパッツア
    凄い美味しそうです~
    素敵なレシピをいつも有難うございます。
    ぼち♪

  11. puffpuff より:

    アクアパッツアは初めてイタリア料理の本を見て作った思い出の料理です。
    出来上がりがいいのかどうなのかわからなかったけど
    ちょっと感動した記憶があります^^

  12. メロン より:

    こんにちは^^
    小鯛は高級品ですね♪
    アクアパッツアにしても美味しそう~
    いつもありがとうございます♪
    ポチッ☆っと応援^^

  13. ぴよ より:

    おはようございます。
    鯛をまるごとお皿に盛り付けたアクアパッツァ!!
    豪快で、海の幸‘鯛’が堪能できそうな一皿ですね☆。
    ほこっ☆と、ほぐれる鯛の身を楽しんだ後、
    爽やかなトマトの酸味×鯛の旨み。。。スープまで
    楽しめるアクアパッツァ。とても、おいしそう。。。です。
    鯛を下処理をする時、ブラシを使って
    血合いを洗い流すとよいのですね。
    勉強になりました。
    応援☆ポチッ

  14. ベッカズ より:

    アクアパッツァって作った事ないですが
    美味しそうですね~~~
    小鯛がすごく美味しくなりそ~~~
    あぁ~~~~食べてみたい\(^o^)/
    応援★

  15. kazuyoo60 より:

    たぶん同じアジサイと思います。1つの装飾花が大きいでしょう。
    鯛ですか。暫く買ってませんでした。捌くのはかなり大きいのもしましたが。オリーブオイルの使い方ががポイントですね。

  16. おはようございますm(__)m
    我が愛媛は、養殖真鯛の生産が日本一なんだそうな。
    いや、私も最近知ったんですけどね(^_^;)

  17. タヌ子 より:

    アクアヴァッツァは手間がかかると言う印象が強く、作ったことがありませんでしたが、これだったら簡単に作れそうです。
    昨年築地で買った、お魚のさばき方の本も少しは活用しないといけないので、練習がてら作ってみたいです。
    余ったら身をほぐしてパスタのソースにしても美味しそうですね。

是非 あなたのご意見をお願いします 質問があれば分かる範囲でお答えしたいと思っております

  関連記事

国産レモンのパスタ リングイネ
牛ホホ肉の赤ワイン プラネタ ブルデーゼ煮のパスタ
そら豆のカルボナーラ
瀬戸内産小いわしのマリネ
パスタ リングイネ 葉付きかぶ パルミジャーノ風味
空豆とペコリーノ トスカーノ スタジオナートのポタージュ
鶏もも肉 ブラックオリーブの赤ワイン煮込み
マアジのカルパッチョ オレンジ風味
no image
ペコリーノ・ロマーノのサブレとトマトの生ハム添え
パスタ キタッラ まだらの白子 ボッタルガ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。