イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,638、パスタのレシピ数は1614。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

鴨むね肉のパスタ・パッパルデッレ

   

鴨むね肉のパスタ・パッパルデッレ
鴨むね肉のパスタ・パッパルデッレ
イタリア料理レシピ
パスタはパッパルデッレを使いました
幅の広いパスタです
鴨むね肉のパスタ料理です
トマトソースはフリットを使いコクと味に
深みを持たせるためにソフリットを使用します
裏ごししなめらかなトマトソースを作ります
鴨肉も同じソフリットとトマトソース
赤ワインでじっくり煮込み仕上げます
パルミジャーノを加え味に深みを持たせます
イタリア料理です
名前知らず名前知らず
名前知らず
イタリア料理に使用する食材4人分

















パスタ・パッパルデッレ160g
にんにく1片+1片
たまねぎ1/4個
にんじん1/4個
セロリ1/3本
ローズマリー1枝
ローリエ1枚
乾燥ポルチーニ10g
赤ワイン(フルボディ)100cc
オリーブオイル30cc
ホールトマト400g1缶の半量
トマトソース(裏ごししたもの)200cc
岩塩適量
ブラックペパー適量
パルミジャーノ・レジャーノ30g
パセリ1枝

イタリア料理に使用する食材

ハリーズ・バー(HARRY’S BAR)を運営する
チプリアーニの高級パスタ
イタリア・ヴェネチアで
生れた最高級最高品質のパスタブランド
【チプリアーニ】
チプリアーニ一族はヴェネツィアに
「ハリーズ・バー(HARRY’S BAR)」
オープンし一躍有名に!
高級パスタをご自宅でお楽しみ下さい
『チプリアーニパスタ・パッパルデッレ』
●イタリアの名家【チプリアーニ】から直輸入!
●茹で時間わずか4分
歯ごたえ・弾力感がヤミツキの
『パパルデッレ』
【重 量】220g
【原産国】イタリア
【原材料】デュラム小麦、卵
【茹で時間】4分

鴨ロース(むね肉)フレッシュ
500g (1~2枚)【冷蔵】

大分県産 ローズマリー

青森県 田子町産 にんにく
上級品Mサイズ【田子町産にんにく BM 20個前後】
青森県が誇るブランド産地田子町から、
産地直送でお届けします!

★アカデミー賞でも使われた貫禄のオリーブオイル★ 
イタリア・シチリア産
エキストラバージン・オリーブオイル
「セグレート・メディテラーネオ
(Segreto Mediterraneo)」
500ml

月桂樹(ローリエ) 10g

乾燥ポルチーニ 高級

有機栽培 ホールトマト 400g

パルミジャーノ リゼルヴァ6年熟成 約220g

玉ねぎ(10kg・箱入)収穫量日本一の網走管内の産地から新鮮直送します!

静岡県産他 セロリ(1本)

にんじん(500g)

アナリサ(アンナリサ)サンマルツァーノDOPホールトマト(4号缶)

バローネ・リカーゾリ 
ブロリオ・キャンティ・クラッシコ[2008]750ml
(イタリア・赤ワイン)
品種 サンジョヴェーゼ
タイプ 赤-ミディアム~フルボディ
地域 イタリア トスカーナDOCG
生産者 バローネ・リカーゾリ

「神様からの贈り物」イタリア シシリー島の岩塩 荒粒タイプ

★有機JAS認定品 粒ブラックペッパー(ホール) 40g 

【新品】プジョー 【PEUGEOT LIFE】ペッパー/ソルト電動ミル(エリ)


イタリア料理レシピ手順
***最初にトマトソースを作ります
1.にんにくは
  縦に2等分し中の芽の部分を
  綺麗に取り嫌な味を無くします
2.トマトホールは
  ボウルに
  缶の中から実3個を取り出し
  手でへたと中の種をこそげ
  落とします
  ジュースの半量を入れます
3.たまねぎ・にんじん・セロリ・にんにくは
  微塵切りにします
4.フライパンに
  オリーブオイル・にんにくを
  入れ弱火で丁寧に炒めます
5.にんにくの
  香りが立ってきたらたまねぎ・
  にんじん・セロリを入れ弱火で
  40分ぐらい木べらでフライパンの底を
  こすげながら焦げ付かないようにして
  炒め続けます
  しっかり水分を飛ばします
  飴色になったらOKです
  これはイタリア料理では
  良く使われる調味料になります
  これをソフリットと言います
  ソースにこくと深みが出ます
6.フライパンにボウルに入れた
  トマトを加えます
7.30分間弱火で煮込みます
8.あら熱が取れたら裏ごしします
  なめらかなソースができあがります
***本体を作ります
9.乾燥ポルチーニは
  ボウルに入れヒタヒタの水を入れ
  10分間漬けておきます
  柔らかくなったらしっかり絞ります
  粗く刻みます
  絞り汁と漬けていた水は
  取っておき料理に使います
10.鴨肉は粗く刻みます
   フライパンにオリーブオイルを入れ
   中火にて熱し鴨肉を入れ炒めます
   出てきた脂は捨てます
   別の器に移しておきます
11.トマトソースを作る材料と同じ量の
   ソフリットを作ります
12.炒めた鴨肉を加えます
   赤ワインを入れます
   さらにローズマリー・
   ローリエを加えます
   ポルチーニとボウルに取っておいた
   絞り汁を加えます
13.裏ごししたトマトソースを加えます
   40分間コトコトと中火より
弱い火力で煮込みます
   塩・ブラックペパーで味を調えます
14.パスタパンにたっぷりのお湯を
   沸かし塩を軽く一握り加え
   パスタを入れ茹でます、
   パスタの茹で時間は袋に表示されている
   時間より2分間短めに茹であげます、
   仕上がり時にアルデンテを味わえます、
15.煮込んだソースの中に
   茹で揚がったパスタを入れ
   混ぜ合わせます
   すり下ろしたパルミジャーノを加え
   混ぜ合わせます
16.食器に盛り付け刻んだパセリを
   振りかけます
イタリア料理に使用する調理器具

柳宗理sori Yanagiスタイリッシュステンレスボウル5個セット

使い勝手のいい、
しっかりした作りの
チーズおろし(四面グレーター)

ドイツ 正規Fissler 『フライパン28cm』 プロコレクション/フィスラー

IH対応
フィスラー(Fissler) プロコレクション マルチスター 20cm

リチャードジノリ(Richard Ginori) ベッキオホワイト プレート 26cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ

にほんブログ村

ポチッと応援 お願いいたします、
Googleの新しい
「いいね!」
システムです
こちらもポチッとよろしくお願いします

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. ベッカズ より:

    鴨むね肉のパスタ・パッパルデッレ
    鴨の深い味わいで
    絶品パスタですね~~~
    素敵です。
    応援★

  2. ぴよ より:

    おはようございます。
    鴨肉が、パスタ料理に!!
    エレガントで、リッチ度が溢れるご馳走パスタですね。
    玉葱、人参、セロリを炒めてトマトでコトコトに込んで、
    裏ごしされたソフリットに、ローズマリーとポルチーニを加えて
    鴨肉をコトコトに込まれる…と、
    思い浮かべるだけで、先日TVで放送されていた
    映画‘幸せのレシピ’の厨房に入り込んだような感じがしました。
    とても、おいしそう。。。です。
    乾燥ポルチーニの戻し汁は、料理スープとして使用できるのですね。
    ありがとうございます。勉強になりました。
    応援☆ポチッ

  3. nene より:

    ryujiさん、おはようございます
    きゃー
    このパスタ、わたしの好みかも。。
    いただきたいな~~☆

  4. taeco より:

    おはようございます♪
    2日程前、別の方のブログで、カモを使ったお料理を見て、カモ料理を食べたいなぁ~と思っていたんです!そしたら、パスタにまで使えるのですねぇ~@@ いつもですが、こちらも、とても美味しそうです~@@ カモ、買わなきゃ…です。

  5. メロン より:

    おはようございます^^
    鴨肉~
    食べたいですね~
    まだ1度しか食べた事無いです(汗
    しかもお蕎麦屋さんの鴨南蛮。
    今日も美味しそうなレシピ
    ありがとうございました^^
    ポチッ☆っと応援♪

  6. kazuyoo60 より:

    エキナセアの雰囲気に近いですが、こちらは八重の花ですし--、同じ花を見つけられません。

  7. ranran より:

    鴨むね肉なんて食べたことないですよ。。。
    1度は食べて見なきゃーなりませんね。
    とっても美味しそう♪

  8. ゆうモモち より:

    パッパルデッレならこのくらい深みのあるソースが合いますね♪☆応援

  9. mayunbo94 より:

    鴨のパスタ初めてです!
    濃厚で贅沢なパスタ^^
    おいしそ~う♪食べた~い♪
    応援☆

  10. らるむ。 より:

    こんにちは。
    こちらは昼間から雷が鳴り始めました^^:
    鴨は好物ベスト3にはいるくらい大好きです!
    鴨のパスタだなんて・・・あぁ食べたいなぁ~(≧∇≦)
    セロリが入ってるけど、これならきっと食べます!
    嬉しいレシピです♪
    ポチ☆

  11. puffpuff より:

    美味しいトマトソースがあって
    いっそうおいしくなるんでしょうね!
    たくさんのお花の数々にびっくり
    そしてとっても楽しいです!

  12. tana より:

    こんにちわ^^
    鴨のムネ肉をトマトソースとフリットで…とっても美味しそうです!!
    これを使ったパスタも美味しいんでしょうね☆
    パッパルデッレ、初めて聞きました~いろんなパスタがあって、それぞれ合う料理って違うんでしょうね~イタリア料理、奥が深いな~って思いました!^^
    応援ポチリ☆

  13. こんばんは。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    本日のパスタも素敵ですね。
    とても美味しそうです。
    食材の組み合わせ方は、とても勉強になります。
    是非作ってみます。
    全部ポチっと応援させて頂きます。

  14. ゆりりん より:

    鴨肉のパスタですと!?
    凄い素敵なパスタ。
    ゴージャス☆オシャレですね~。
    特別な日に食べたいです
    応援ポチです。

コメントを残す

  関連記事

スナップエンドウとヘーゼルナッツ パスタ ペンネ・リガーテ ミントソース
アーモンドのズッパ (スープ)
グリーンアスパラガスのスープ
イベリコ豚のソテー・プラムのソース和え
パスタ ほうれん草パスタ リコッタチーズ和え
プロバンスのスープ fumet de poisson
パスタ リングイネ ゴルゴンゾーラ アーモンドソース
完熟ミニトマトのソテー ブラックオリーブ添え
フレッシュポルチーニ茸のリゾット
no image
野菜炒めの煮物