イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,574、パスタのレシピ数は1583。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

しいたけとズッキーニのソテー半熟たまご添え

   

しいたけとズッキーニのソテー半熟たまご添え
しいたけとズッキーニのソテー半熟たまご添え
イタリア料理レシピ
ラルドって言うのは「ラード」のイタリア読み
分厚いラードに塩と香辛料を擦り込んで
熟成させたものです
スローフード協会が、
トスカーナ地方、カラーラの裏手の山中にある小さな村、
コロンナータ村のラルド「Lardo di Colonnata」を
とりあげてかなり
イタリアでも盛り上がっています
自然海塩と香辛料を擦り込み、
大理石の箱に入れて何ヶ月も
熟成させ純白のきれいなラルドの完成です
肉厚のしいたけ・ズッキーニのソテーです
イタリア料理です
ランタナランタナ
ランタナ
イタリア料理に使用する食材2人分











生しいたけ4個
グリーンズッキーニ1/2本
ラルド20g
無塩バター20g
にんにく1片
たまご2個
パルミジャーノ・レジャーノ20g
オリーブオイル10cc
岩塩適量
ブラックペパー適量

イタリア料理に使用する食材

しいたけ
ハウスで育てていて、雨ざらしにしてないので、
包丁で切ると、断面が真っ白なんですよ♪
大分県産 原木生椎茸 500g(大きさ6cm~8cm、数量10~15個)

グリーンズッキーニ
なんてこった!
一見、胡瓜のようですが、実はカボチャの仲間なんです。
肉質は茄子に似てほのかな苦味があります。
炒め物や、ほかの野菜と煮こむと美味しくなります。
ラタトュイユには必須。
大きさとしては、太さ約5センチ、長さ約15センチです。
1本、約200g

たまご
この「こく」たまりません!
天然水で育った 産地直産 名古屋コーチンたまご(卵)

イタリア シエナの幻の黒豚チンタセネーゼ ラルド 約500g~1kg 
幻の黒豚、チンタセネーゼのラルド(脂身の塩漬け)

カルピス 特撰バター 食塩不使用 (450g)
厳選した新鮮な牛乳から
うまれたカルピス(株)「特撰バター」
一流フランス料理店のシェフから絶賛を受け
知る人ぞ知る「幻バター」といわれてきました
乳本来の風味があり、クリーミーで
淡白な仕上がりです。

青森県産にんにく A級
1ネット(サイズ2L)(約1kg)

パルミジャーノ・レッジャーノ 8年熟成 カット 
白いツブツブはアミノ酸の結晶で
長期熟成による旨味の証し。
アメ色に輝くチーズは
甘く香ばしく味にも深みが出ています。

★アカデミー賞でも使われた貫禄のオリーブオイル★ 
イタリア・シチリア産
エキストラバージン・オリーブオイル
「セグレート・メディテラーネオ
(Segreto Mediterraneo)」
500ml

シシリー島の岩塩
「神様からの贈り物」イタリア シシリー島の岩塩 荒粒タイプ

粒ブラックペッパー(ホール)
★有機JAS認定品 粒ブラックペッパー(ホール) 40g 

ペッパー/ソルト電動ミル
【新品】プジョー 【PEUGEOT LIFE】ペッパー/ソルト電動ミル(エリ)
下記の続きを読むをクリックしてください、
詳しいレシピをご覧いただけます、


イタリア料理レシピ手順
1.しいたけは
  石突き・茎の部分はカットします
  厚くスライスします
  1個4等分ぐらいです
  縦に真っすぐ包丁を入れカットします
2.にんにくは
  包丁の腹などで叩き潰します
3.ズッキーニは
  へたを取り除き縦に2等分し
  半分を横に4等分にします
4.塩を切り口に振り10分間おき
  ペーパータオルで切り口を
  拭き取ります
5.パルミジャーノは
  すり下ろしておきます
6.たまごは
  常温に20分間置き
  ソースパンにたっぷりのお湯を
  沸騰させたまごを入れ2分間経ったら
  冷水に入れ冷まします
  たまごの殻を剝きます
  半熟たまごのできあがりです
7.フライパンに
  無塩バターを入れにんにくを
  加えて弱火で炒めます
  にんにくに焼き色が付いて
  香りが経ってきたら
  にんにくは取り出します
8.しいたけを
  入れ中火で炒めます
  火が通ってきたらラルドを加えます
  ラルドをしいたけに絡める様にします
  塩・ブラックペパーを軽く振ります
  取り出し容器に移しておきます
9.次に同じフライパンに
  ズッキーニを入れ炒めます
  軽く焼き色を付けます
  塩・ブラックペパーを振りかけます
10.食器に
   しいたけ・ズッキーニを盛り付けます
   パルミジャーノを振りかけます
   軽くオリーブオイルを振りかけます
   半熟たまごをのせ包丁で
   半分にカットします
   半熟たまごに塩・ブラックペパー(粗挽き)を
   多めに振りかけます
イタリア料理に使用する調理器具

チーズおろし(四面グレーター)
使い勝手のいい、
しっかりした作りの

ミニシリーズ ソースパン 16cm
●小さくても完璧なフィスラーのミニシリーズ。
●お鍋の表面は汚れの目立たないサテン仕上になっております。
 メインディッシュからちょっとした付け合せ、
 下ごしらえなど、オールマイティに活躍してくれるので、
 料理上手が手放せなくなるサイズです。
 また、使い方いろいろでどちらのご家庭でも喜ばれ、
 プレゼントに最適です。

リチャード・ジノリ(Richard Ginori)プリマベーラ プレート25cm
リチャードジノリ(Richard Ginori)は
イタリア生まれの生粋の職人気質ブランド。
1735年にトスカーナ大公国のカルロ・ジノリ侯爵が、
自領であるドッチアに磁器窯を開き創業しました。
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ

にほんブログ村

ポチッと応援 お願いいたします、
料理レシピブログトーナメント - 料理ブログ村
料理レシピブログトーナメント

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. siawasekun より:

    おはようございます♪♪
    しいたけとズッキーニのソテー半熟たまご添え、・・・・・・。
    食べたくなりましたよ。
    できることなら、・・・・・・。
    昨日も、コメント&応援ポチに、恐縮です。
    応援ポチ♪♪

  2. ryuji_s1さん、こんばんわ♪
    ラードにも、このような高級食材が存在するのですね。
    不勉強な私は知りませんでした。私だけかな?^^;
    いつも知らない世界を見せて頂いて、とても参考になりますm(__)m
    応援ぽち♪

  3. ゆりりん より:

    半熟卵がまさにとろーーっと
    濃厚なソースですね~。
    美味しそう。
    お野菜も摂れてまた嬉しい一品ですね~。
    応援ポチですーー

  4. ぴよ より:

    おはようございます。
    厳選された良質のラルドの旨みを、キャッチして
    こんがり焼けたズッキーニ!!
    独自の旨みが、ラルドでひきたてられた椎茸!!
    個々にソテーされてラルドで最大限に
    持ち味を活かされた野菜を感じました。
    半熟たまご&パルミジャーノチーズが
    ソースとなって、野菜に絡む
    ‘しいたけとズッキーニのソテー半熟たまご添え’、
    とっても、おいしそう。。。です。
    モーニングに、ブランチに食卓に登場したら、
    とびっきりの1日になりそうな夏の一皿ですね。

  5. kazuyoo60 より:

    もう今は鍋類を買いませんが、鍋を買うのも好き?だった時があります。持ち手が大きくて頑丈そうです。
    シイタケもズッキーニ、他の野菜も焼いたら一味違いますね。

  6. ranran より:

    私が住む大分の椎茸もおすすめです(笑。
    半熟タマゴってなんであんなに美味しいんでしょうねー。
    イタリア料理に椎茸って使うんですねー

  7. メロン より:

    こんにちは♪
    肉厚の椎茸たまりませんね~
    私も今日はズッキーニを使ったお料理を作ってみました♪
    椎茸とズッキーニの組み合わせも美味しそうです^^
    いつもありがとうございいます^^
    ポチッ☆っと応援~

  8. TWINS より:

    おはようございます。
    ラルドはきっと溶けるだろうから、
    これは椎茸とズッキーニを
    おいしくいただく料理なのでしょうか?(^^)
    半熟タマゴは常温にして
    熱湯2分ですか、なるほど~(._.) φ メモメモ

  9. ボーノ より:

    しいたけとズッキーニのソテー半熟たまご添え食べたーい!名古屋コーチン最高ですね…
    応援ポチッ☆

  10. らるむ。 より:

    こんにちは。
    今日は物凄く猛暑です(>_< ) ラルド・・・ラードを塩漬けにするなんて、凄い発想ですよねー。 熱したら溶けてしまうのに・・・。 でも、熟成されて、とても風味が良いのでしょうね。 肉厚しいたけがステーキに変身しそうですね♪ 応援☆

  11. nanako より:

    ryujiさん、こんにちは!
    これでとろとろの半熟卵の出来上がり!
    名古屋コーチンの新鮮卵だからこその美味しさですね!
    黄味をからめていただく野菜の美味しさは
    最高のごちそうでしょうね!

  12. nene より:

    ryujiさん、こんばんは♪
    半熟卵をそえたもの、
    わたし大好きです!!
    それだけでお料理に濃さがましますもんね^^

  13. こんばんは。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    本日のお料理も魅力的ですね。
    半熟卵が添えてあるのが素敵ですね。
    しいたけとズッキーニのハーモニーに惹かれます。
    とても美味しそうですね。
    全部ポチッと応援させて頂きます。

  14. イヴォンヌ より:

    まぼろしの黒豚ラルドってどんなお味なんでしょ?!
    ズッキーニとしいたけ・チーズと半熟たまごいいですね~♪

  15. MOMO より:

    マッシュルームでなく、シイタケというところが面白そう!和風でなくイタリアンにも使えるシイタケなんですね。ドイツでも、シイタケと言う名前で売られているので、どんどん洋食レシピにも利用してみよう!!!!

コメントを残す

  関連記事

家族のクリスマス会
パスタ リングイネ カリフラワー
マグロのカルパッチョ
タコのトマト煮のスパゲティ・キタッラ
パスタ スパゲッティ うすいえんどう ペコリーノ・トスカーノ フレスコ風味
ゴルゴンゾーラチーズとくるみの舞茸パスタ
ジャガイモとトマトのモッツアレラサラダ
イカスミのリゾット
パスタ カソンチェッリCasoncelli チーズ詰め
アサリと焼きなすの煮浸し
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。