イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,575、パスタのレシピ数は1584。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

ミニトマトシシリアンルージュのコンフィの冷製パスタ カッペリーニ

   

ミニトマトシシリアンルージュのコンフィの冷製パスタ カッペリーニ
ミニトマトシシリアンルージュのコンフィの冷製パスタ カッペリーニ
イタリア料理レシピ
ミニトマトシシリアンルージュは
熱を加えると甘さが増し美味しくなります
コンフィにし冷蔵庫に一晩入れ
マリネしそれをパスタに和えます
パスタはカツペリーニを使用します
冷製パスタです
イタリア料理です
マリーゴールドマリーゴールド
マリーゴールド
イタリア料理に使用する食材2人分










パスタ カッペリーニ140g
シシリアン・ルージュ トマト30個
にんにく1片
オリーブオイル適量
ローズマリー1枝
蜂蜜30cc
レモン1個
ブラックペパー適量
岩塩適量

イタリア料理に使用する食材

ルスティケーラ カッペリーニ 1.0mm 500g
イタリア南東部ピアネーラの田舎で
昔ながらの伝統的な職人仕事、
厳選な原料だけで作られるちょっと贅沢なパスタ

馬場農園シシリアン・ルージュ トマト 1kg
●一流シェフの本格的な味がご家庭で
シシリアンルージュは、
調理してもトマトの中の水分が逃げずbr>
(つまりトマトの中の水分が分離して、
オリーブオイルと遊離しにくい)、
しかもオリーブオイルやサラダオイルを
トマトの果肉の中に取り込む特徴があります。
そのため調理が簡単すぐでき、
『トマトの旨み成分』(グルタミン酸)と
『オイルのマッタリ感』とが絶妙に絡み合い
濃厚で官能的ともいえる味わいになるのです。
ご家庭でも気軽に一流シェフが作ったような
本格的な味が楽しめます。

★アカデミー賞でも使われた貫禄のオリーブオイル★ 
イタリア・シチリア産
エキストラバージン・オリーブオイル
「セグレート・メディテラーネオ
(Segreto Mediterraneo)」
500ml

大分県産 ローズマリー
肉類全般の匂い消しや、風味付けによく使われます。
鶏肉の皮の間に挟んで香り付けしたり、
ポテトと一緒に
炒めたりと、フレッシュハーブですので
かなり香りがつきやすいです
香りが強く、主にフランス料理によく使うものです。
とてもよい香りです。

シチリア産レモン蜂蜜 500g
シチリアのまばゆい太陽の光の中、
レモンの花が香りよく咲きます。
それをミツバチがあつめた純粋なレモンの蜜です。
フタを開けると、本物のレモンの花の香りが広がります。
香料は一切使っていません。

国産地物レモン
[ロイヤルガストロ]ワックス不使用の貴重な国産レモン。

バジル
誰もが知ってるバジルです。
トマトソースや、ピザといった、イタリア系の
料理に合いますね。
なんにでも使ってもらえる、もっとも
ポピュラーなハーブといって良いでしょう。
香りがとってもよいので、ちょっとした料理の
アクセントに使ってくださいね。

シシリー島の岩塩
「神様からの贈り物」イタリア シシリー島の岩塩 荒粒タイプ

ペッパー/ソルト電動ミル
【新品】プジョー 【PEUGEOT LIFE】ペッパー/ソルト電動ミル(エリ)
下記の続きを読むをクリックしてください、
詳しいレシピをご覧いただけます、


イタリア料理レシピ手順
1.シシリアンルージュトマトの
  コンフィを作ります
2.レモンの皮を
  1/2個分すり下ろします
3.ローズマリーは
  茎を取り除き葉の部分を使います
4.トマトは
  へたを取り除きます
5.ボウルにトマトを入れ
  塩・ブラックペパーを振りかけます
  オリーブオイルを廻しかけます
  グラタン皿にトマトをならべ
  200℃のオーブンで15分間
  ローストします
6.ソースパンに
  蜂蜜・レモンのすり下ろした皮
  塩を軽く振りローズマリーを入れます
  オリーブオイル20ccを入れ
  弱火で暖めます
7.ローストしたトマトを
  ソースパンに入れ
  ソースをトマト煮絡めます
  水分が出て来ますので弱火で
  暖めながら飛ばします
  蓋付きの容器に入れ冷蔵庫で
  一晩寝かせ味をなじませます
8.容器からトマトと少しで出来たジュースを
  大きめのボウルに入れます
  オリーブオイル20ccを足し入れ
  混ぜ合わせます
9.パスタパンにたっぷりのお湯を
  沸かし塩を軽く一握り加え
  パスタを入れ茹でます、
  パスタの茹で時間は袋に表示されている
  時間通りに茹であげます、
  仕上がり時にアルデンテを味わえます、
10.茹で上がったパスタは
   ざるに入れ流水であら熱を取り
   ボウルに氷水を入れその中で
   しっかり冷やします
   ペーパータオルでパスタの水を
   出来るだけ拭き取ります
   仕上がりの時に水っぽくなるのを
   防ぎます
11.ボウルに入れ
   トマトと良く混ぜ合わせます
12.食器に盛り付け
   バジルの葉を飾ります

柳宗理sori Yanagiスタイリッシュステンレスボウル5個セット
●商品:ボウルSS(約径13×高さ5cm)
・S(約径16×高さ6.5cm)・M(約径19×高さ7.7cm)
・L(約径23×高さ11.9cm)・LL(約径27×高さ11.7cm)各1
●材質:18‐8ステンレス●日本製

ドイツ 正規Fissler 『フライパン28cm』 プロコレクション/フィスラー

IH対応
フィスラー(Fissler) プロコレクション マルチスター 20cm

ロイヤルコペンハーゲン パスタボウル 30cm ブルーフルーテッド メガ
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
http://food.blogmura.com/italianfood/“>
にほんブログ村
ポチッと応援 お願いいたします、
料理レシピブログトーナメント - 料理ブログ村
料理レシピブログトーナメント

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. ぴよ より:

    おはようございます。
    名前の通りに、真っ赤なシシリアンルージュトマト。
    アイコトマトのように細長くて、
    トマト自身の果汁を維持し続ける特性を持つトマトなのですね。
    そんなシシリアンルージュが、オーブンでコンフィされ、
    はちみつやレモンピールとマリネに!!
    カッペリー二に絡んだシシリアンルージュを観て、
    トマトの究極の美味しさを楽しめそう…と、感じました。
    とっても、おいしそう。。。です。
    応援☆ポチッ

  2. kazuyoo60 より:

    マリーゴールドが可愛いです。元気で良いですね。
    細長いミニトマト、多少味が違うのかな、黄色のは好きで作っていますが。
    料理中の水分、大切ですよね。大好きなトマトたち、手に入れば種類は問いません。

  3. メロン より:

    こんにちは^^
    シシリアンルージュ
    素敵な名前のトマトですね~
    とてもジューシーで美味しいトマトなんでしょうね♪♪♪
    食べてみたいです^^
    最高のトマトと最高のオリーブオイルで
    美味しいお料理食べたいですね♪♪♪
    ポチッ☆っと応援~

  4. jugon より:

    ryuji s1さん、こんにちは
    トマトのコンフィって、初めてです。
    甘さが増して美味しそうですね!
    名前も素敵です。シシリアの原産なのでしょうか?
    シシリアとルージュじゃ、言葉からももう完熟熟の真っ赤なイメージです(^^)

  5. ゆうモモち より:

    今日はぽち逃げで~(´Д`)
    またゆっくり遊びに来ますね♪応援

  6. らるむ。 より:

    こんにちは。
    鴨やレバーのコンフィは知ってるけど、トマトをコンフィにしてしまうとは!
    甘いトマトをさらに甘くマリネし・・・もう極細のカッペリーニと最高の相性ですね(≧∇≦)
    デザートにもなれそうなパスタだな♪
    応援☆

  7. pomodoro より:

    シシリアンルージュは形も色も綺麗で味のバランスも良くて、私も大好きです。蜂蜜も好きでいろいろな料理に使います。
    本当においしそうです。

  8. ゆりりん より:

    トマトのコンフィにするんですねーーー。
    なるほどーー。
    ハチミツレモンのお味も好きです
    冷製パスタが夏はいいですね~。
    応援ポチです

  9. こんばんは。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    シシリアンルージュをセンス抜群に使ってのパスタが素敵です。
    冷製パスタですので、今の時期にぴったりですね。
    とても美味しそうです。
    全部ポチッと応援させて頂きます。

  10. イヴォンヌ より:

    一晩寝かして丁寧に作ったトマトソースとパスタでおいしそう~♪
    冷製パスタはこうするとバツグンでしょうね~

  11. ココア より:

    トマトを一度ローストするのが
    コツなのかしら^^
    カッペリーニ なかなか作りませんが
    暑い時期なので
    つるりと食べれてとっても
    美味しそうです♪
    ローズマリーは我が家にもありますが
    香りが強すぎて子供には不人気なのですが
    トマトと一緒なら大丈夫かも♪

  12. Sivaji より:

    冷製トマトのカッペリーニは、リストランテ・ヒロ時代の山田さんの創作だと聞きますが、トマトに一工夫することで、美味しさが増しそうです。
    茹で時間が冷製のときは表示どおりと長めにするところは、氷水でしまるからでしょうか。

コメントを残す

  関連記事

パスタ 卵のタリオリーニホワイトアスパラ グリーンアスパラ
カブの 白ワインビネガー ラルド風味
スペアリブの赤ワイン煮
パスタ ペンネ ブロッコリー・ミニトマト
パスタ スパゲッティ うすいえんどう豆と新タマネギ
ジロール茸と鴨肉のフェットチーネ
にんじんとマスカルポーネのムース仕立て
パスタ ペンネ リガーテ グリーンアスパラ ポーチェドエッグ添え
パスタ カーゼレッチェ アマトリチャーナ Amatriciana
神戸牛 ヒレステーキのグリル バルサミコソース
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。