イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,638、パスタのレシピ数は1614。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

本マグロの中トロ ボッタルガ 温度たまご添え ケッパー グリーンアスパラ

   

本マグロの中トロ ボッタルガ 温度たまご添え
本マグロの中トロ ボッタルガ 温度たまご添え
イタリア料理レシピ
マグロの旨みを最大限引き出した一品です
クールブイヨンで魚臭さを取り除き
本来のマグロの持つ素晴らしい風味を
味わえます
ボッタルガの塩気がすごくマッチします
アボガドはマグロとすごく合います
イタリア料理です
ホットリップスホットリップス
ホットリップス
イタリア料理に使用する食材2人分

























本マグロ中トロ250g
ボッタルガ20g
アボガド1/2個
たまねぎ1/2個
きゅうり1/2本
ケッパー(塩漬け)20粒
マッシュルーム4個
グリーンアスパラ2本
たまご2個
バジルの葉4枚
シブレット4本
オリーブオイル10cc
レモン10cc
岩塩適量
ブラックペパー適量
クールブイヨン300cc
500cc
白ワイン(辛口)200cc
にんじん1/2本
たまねぎ1/2個
セロリ1/2本
白ワインビネガー25cc
パセリの茎1本
ローリエ1枚

イタリア料理に使用する食材

天然本マグロ中とろです
天然本マグロ
あっさりした脂ととろける食感♪
天然本マグロ中トロ約250g

からすみ[ボッタルガ] ブロック一本物
地中海に浮かぶイタリア領サルディニア島の
ボッタルガ(カラスミ)からすみ。
日本のカラスミは半乾ですが、
イタリアのは完乾に近いものです。
サルディニア島の人々は
とても繊細な味覚感覚を持っているようで、
ボラの卵を最初に漬け込むのに
サルディニアで採れた塩しか使わない。
よその塩で作ると味が違うと言います。

アボガド
メキシコと中央アメリカ原産です
熱帯、亜熱帯で生育します
樹高は25m程の大きさになり
濃い緑色の果実をつけます
5月頃に花が咲き
果実の収穫は11〜12月頃に行われます

ケッパー塩漬け
ケッパーは英語で、
イタリア語はカッペロ(cappero)と言い
フウチョウボクのつぼみのことです。
ケッパーは地中海岸などで採れる小豆大の
グリーンのつぼみの塩漬けや酢漬けです。
独特のさわやかな風味があり、
肉などの脂っぽさを消してくれます。

マッシュルーム
生のままが、よりおいしい!抗酸化作用も高い
マッシュルーム約100g

ヴェルメンティーノ 白 750ml イタリア産白ワイン
格付 トスカーナI.G.T. アンティノリ社 辛口
Vermentino 豊かな個性をもち、
フルーティで凝縮感のあるアロマ。
色合いは麦わら色の輝く黄金色です。
口に含むと、アロマに満ちあふれ、
長い余韻が心地良く残ります。
「グァド・アル・タッソ」エステートで
造られています。

たまご
この「こく」たまりません!
天然水で育った 産地直産 名古屋コーチンたまご(卵)

レモン
[ロイヤルガストロ]
ワックス不使用の貴重な国産レモン。

北海道産グリーンアスパラ【2kg】2L-M 35本×【2箱】
秀品・正規品】
大地の香りと、上品な甘みをお届け致します♪

シブレット1束
【プロ厳選】【築地発送】
鮮度抜群、入荷後即発送
約30グラム前後

ワインビネガー/☆モスカート(白)
甘口ワイン・モスカートが醸すさっぱりした風味
料理とワインを知り尽くしたシェフが作る
料理の為のヴィネガー
ワインヴィネガー
チェーザレ・ジャッコーネ“モスカート”

月桂樹(ローリエ) 10g
「月桂樹(ローリエ) 10g」は、
肉の味と香りを引き出し、
臭みを消してくれます。
ブイヨンを取るときやカレーライスを作るとき、
マリネやピクルスを作る時などにお使いください。

シシリー島の岩塩
「イタリア・シチリア産
フラミンゴ (Flamingo) ブランド
オーガニック・ソルト 海塩の結晶

粒ブラックペッパー(ホール)
★有機JAS認定品 粒ブラックペッパー(ホール) 40g 

ペッパー/ソルト電動ミル
【新品】プジョー 【PEUGEOT LIFE】ペッパー/ソルト電動ミル(エリ)
下記の続きを読むをクリックしてください、
詳しいレシピをご覧いただけます、


イタリア料理レシピ手順
1.***最初にクールブイヨンを作ります
  玉ねぎ・ニンジン・セロリは
  皮をむいておきます
2.玉ねぎは
  繊維に添って出来るだけ
  薄くスライスします
ニンジンは
  5cmの幅にカットして
  薄くスライスします
セロリは
  5cm幅にカットして
  薄くスライスします
3.ソースパンに
  玉ねぎ・ニンジン・セロリ
  水・白ワイン・ローリエ・パセリの茎
  白ワインビネガーを入れ沸騰させ
  弱火に戻し20分ぐらい煮込み
  漉します
  あら熱を取ります
  クールブイヨンのできあがりです
4.マグロ中トロは
  塩を軽く振り冷蔵庫に1時間ほど
  入れておきます
5.冷蔵庫から取り出し
  出てきた水分をペーパータオルで
  きれいに取ります
6.クールブイヨンに
  入れ冷蔵庫に入れ
  1時間ぐらいマリネします
7.取り出して水気をペーパータオルで
  きれいに拭き取ります
8.アスパラは固い部分はカットし
  塩茹でします
  1cmの幅にカットします
9.アボガドは
  皮を剝き種を取り除いて
  半月型にし5mm厚にスライスします
  ボウルに入れレモン汁を振りかけ
  塩・オリーブオイルを振りかけます
10.きゅうりは
   へたを取り皮を剝いて
   1cmの角切りにします
11.たまねぎは
   3mm角にカットます
12.ケッパー塩漬けは
   ボウルに入れ水を加えて5分間
   塩抜きをします
13.マッシュルームは 
   薄くスライスします
14.バジルの葉は
   千切りにします
15.シブレットは
   そのまま使います
16.ボッタルガは
   粗く刻みます
17.ボウルに
   たまねぎ・きゅうり・ケッパー・
   マッシュルーム・アスパラ・バジルの葉
   を入れ塩・ブラックペパー・
   オリーブオイルを加え混ぜ合わせます
18.たまごは
   常温に20分間置き
   ソースパンにたっぷりのお湯を
   沸騰させたまごを入れ2分間経ったら
   冷水に入れ冷まします
   たまごの殻を剝きます
   半熟たまごのできあがりです
   ここでは白身を外します
   黄身のみ使います
   大きなスプーン乗せ
   塩・オリーブオイルを軽く振り
   ガスバーナーで軽くあぶります
19.マグロは
   軽く湯煎します
   表面が薄く白くなったらOKです
   すこし暖めるという感じです
   表面に軽くオリーブオイルを
   塗りつけます
   2cm角にカットし乗せます
20.食器に盛り付けます
   ボウルで和えたたまねぎ・きゅうり・
   ケッパー・マッシュルーム・アスパラを
   食器に最初に盛り込みます
  アボガドをのせます
  
  マグロを乗せます
  温度たまごをのせます
  ボッタルガの粗く刻んだものを
  飾りつけるように乗せます
  シブレットを飾ります
イタリア料理に使用する調理器具

柳宗理sori Yanagiスタイリッシュステンレスボウル5個セット
●商品:ボウルSS(約径13×高さ5cm)
・S(約径16×高さ6.5cm)・M(約径19×高さ7.7cm)
・L(約径23×高さ11.9cm)・LL(約径27×高さ11.7cm)各1
●材質:18‐8ステンレス●日本製

プリンス ガスバーナー GT-5000
世界で使われている、ヨシナガ製のハンディーバーナー。
GT-5000は、鋭角な炎、スポット的なロウ付けに最適。
◆1500度電子着火で安定した炎。
◆縦、横、逆さどんな角度でも安定した炎。
◆ガスタンク容量170gで約100分連続燃焼。
◆電子着火。

J.L コケー ヘミスフィア ゴールドストライプ ディナープレート 26cm
パリから列車で南下すること約3時間のところに、
フランスの有名な陶磁器の窯元が集まる
リモージュがあります。
食器のデザインも手がけるアーティストが
オーナーになったことにより、
さらに料理と一体となった「食の芸術」を担う
工房としてリモージュをリードしています。
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ

にほんブログ村

ポチッと応援 お願いいたします、
料理レシピブログトーナメント - 料理ブログ村
料理レシピブログトーナメント

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. めがっち より:

    こんにちわ~。
    コメントありがとうございます^^
    結果がわかるまでヤキモキしても
    どうしようもないのでジッと我慢。。
    いい結果が出ることを祈ってます。
    いつも美味しそうなパスタや料理♪
    今日はマグロですね~。
    からすみって未だに食べた事がない私。
    高い高級食材なんですよね~。
    食べてみたい・・・

  2. ぴよ より:

    おはようございます。
    本マグロ×イタリアのからすみボッタルガ!!
    上質な食材に、アスパラ、アボガド、キュウリの
    涼しげな夏野菜と、半熟たまごの濃厚な黄身が添えられて、
    とても、優雅な時間が流れそう…と、感じました☆。
    香味野菜のクールブイヨンでマリネされたマグロが湯引きされ、
    とっても、おいしそう。。。です。
    応援☆ポチッ

  3. ranran より:

    マグロの赤、アスパラの緑、卵の黄色、見た目も楽しめそうなお料理ですね。
    まぐろはあまり生で食べるのがすきではないけど、これなら美味しくいただけそう♪♪

  4. まさ より:

    マグロとボッタルガ…。
    シブレット、バジルとのハーモニーなのでしょうね。
    なんともおいしそう!
    最近パスタをとんと食べていなかった・・。
    とっても食べたくなっています。

  5. kazuyoo60 より:

    チェリーセージが頑張っていますね。
    クールブイヨンだけでも美味しそうです。
    マグロとアボガドも相性抜群のようですね。

  6. メロン より:

    こんにちは♪
    本マグロの中トロ!!
    豪華ですね~
    今日のお料理はいつもより材料が多いし、
    かなり手が込んでますね♪♪♪
    食べてみたいです~^^
    いつもありがとうございます♪
    ポチッ☆っと応援♪

  7. dodonga より:

    ホットリップスってセージかな?

  8. Aqua より:

    Ryujiさん、こんばんは。
    マグロの中トロ、娘の大好物です!
    私はどちらかと言えば淡白なお魚が
    好みなのですが、とてもオイシそうなレシピですね。
    温泉卵!これが中々アメリカでは
    手に入らないんですよ~。
    美味しいですよね!

  9. らるむ。 より:

    こんにちは。
    今日はものすごーく猛暑です!
    中トロにカラスミに温度卵にアスパラ・・・どれもこれも好きな食材で、特に中トロ!!
    想像しただけでヨダレが出そうです(≧∇≦)
    ブイヨンでマリネしたマグロは食べた事ないです。
    応援☆

  10. タヌ子 より:

    大好物ばかりが勢ぞろいした一品。
    これは絶対試してみないと!
    このガスバーナー、ずっと探してるんですが、未だに見つけてません。
    パリで頑張って探してみます。

  11. mayunbo94 より:

    今日も素敵な一皿♪
    まぐろ、実は苦手ですが、これは食べられそうです^^
    というか食べたいです!!
    応援☆

  12. tana より:

    こんにちわ^^
    ボッタルガってカラスミのことなんですね!
    お酒のつまみにとっても良さそうな一品ですね~☆
    アスパラもマグロもとっても美味しそうです!
    お写真のピンクの小さな花、ホットリップスって名前だったんですね!初めて知りました~
    応援ポチリ♪

  13. こんばんは。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    本日のお料理も素敵ですね。
    中トロの持ち味を活かした魅力的なお料理ですね。
    とても美味しそうです。
    全部ポチッと応援させて頂きます。

  14. ヴィシア より:

    お久しぶりです!コメントありがとうございました。
    マグロとアボカドは合いますよねー。
    うちでは、海苔と一緒にすし飯にのせて「マグロアボカド丼」にしてよく食べますよ。簡単です。
    カラスミの効いたマグロのお料理、おいしそうですね。しかも半熟卵の黄身がとろりと・・・想像するだけで幸せになります。(^^)

  15. イヴォンヌ より:

    ボッタルガってからすみのことを言うんですね。
    まぐろにアボカドにからすみにと豪華な組み合わせ。
    ケイパーがさっぱりさせて、おいしいでしょうね~♪

  16. ゆりりん より:

    マグロにアボカド、アスパラ、きゅうり。
    涼しげなお野菜もプラスされ、とっても美味しそうですね~。
    からすみまで加わって、おもてなしの豪華な一品ですね。
    食べてみたいです^m^
    応援ポチです。

  17. ひろりん より:

    本まぐろ、お刺身でも十分おいしいのに
    イタリアンでさらにおいしさアップですね。
    暑いときにはとてもいいメニューだわ。

  18. 実に美味しそうです。
    マグロの下準備がぁ~~、完璧なのでしょうか。
    なるほど、こうやって下準備するのですね。
    とても、素敵なレシピでした。

  19. こんばんわ~♪
    アボガドとマグロの相性ってイイんですか。
    不勉強なもので初めて知りました☆
    夏らしいサッパリした味わいが美味しそうです!

コメントを残す

  関連記事

春キャベツのアニスシールドホール風味
アボガドのサラダ
ビフライ
パスタ パッケリ・ディ・トゥミニア ホワイトアスパラ カルボナーラ仕立て
にんじんと枝付きレーズン
パスタ ジリ・リガーティ ミートソース
ひよこ豆のパスタ キタッラ フレッシュトマト
リングイネのジェノベーゼソース和え
豚肩ロース肉のブドウ風味
蕪のビネガー風味 グアンチャーレ添え