イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,575、パスタのレシピ数は1584。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

牛バラ肉の赤ワイン煮込みソース パスタ タヤリン(バローロ)

   

牛バラ肉の赤ワイン煮込みソース パスタ タヤリン(バローロ)
牛バラ肉の赤ワイン煮込みソース パスタ タヤリン(バローロ)
イタリア料理レシピポーチュラカポーチュラカ
ポーチュラカ
イタリア料理に使用する食材2人分















パスタ タヤリン(バローロ)140g
牛バラ肉ブロック1000g
赤ワイン750ccc
無塩バター60g
にんにく6枚
たまねぎ1/2個
にんじん1/2本
セロリ1/2本
パルミジャーノ・レジャーノ30g
オリーブオイル30cc+30cc
HCQフォンドボー100cc
ブラックペパー適量
岩塩適量
イタリアンパセリ1枝

イタリア料理に使用する食材

ブルニア タヤリン(バローロ)250g
ピンク色がかわいい!
イタリアワインの王様「バローロ」を
練りこんであるパスタ。
ジビエのパスタソース、クリームソースなど
コクのあるソースと相性抜群。
バターをよく使う地域なので、
オリーブオイルの代わりに
バターを使ってもおいしく召し上がれます。
固めに茹で上げ、ソースでパスタを軽く煮込み、
味をしみこませるとさらにおいしい。

国産牛バラブロック約1kg
国産牛のバラブロックです。
バラは脂が強くのっている部位です。
脂を落として使うと難しい部位です。
カルビなど脂を付けて楽しむ部位です。
網焼きでカリッと焼くとおいしいですね。
通常のカルビを作る場合はこれより
3割位脂を落とすイメージで購入すると
失敗は無いと思います。

オズワルド・ヴィベルティ バローロ[2005]750ml(ピエモンテ・赤ワイン)
LA MORRA の海抜300メートルに位置する
3つの違った畑で栽培され、
1ヘクタール当たりの生産量は4500L程度。
8~10日間の発酵の後、
2年間オークのバリックと500Lのトノーで更に、
1年間瓶内熟成。
濃いルビーのようなガーネットレッド色。
熟れたプラム、ラズベリーやブラックベリーの
豊かで持続性のある香り。
繊細で、程良いタンニンにより、
調和のとれた、豊かな味わい。総生産本数は、3000本。
品種 ネッビオーロ100%
タイプ 赤-ミディアム~フルボディ
地域 イタリア ピエモンテDOCG
生産者 オズワルド・ヴィベルティ

キスコ:HCQフォンドボー【1kg】
【特徴】
選び抜かれた最上級の仔牛の骨と
新鮮な野菜を使用し、
じっくりと時間をかけてコトコト煮込みました。
完成度が高く、コクと旨味が十分にあるので、
あまり煮詰めずにご使用いただけます。
【原材料】
仔牛骨・野菜(玉葱・人参・セロリ・にんにく)・
ホールトマト・トマトペースト・植物油脂・食塩・香辛料

蒜山ジャージーバター
原材料 ジャージー生乳100%(岡山県産)
無塩・発酵 箱入り450グラム

エクストラヴァージンオリーブオイル『タジャスカ』【750ml】
イタリア/リグーリア産
“タジャスカ”はマイルドで軽やかな香り、
甘く優雅な中にも生命力あふれる
アーモンドにも似た豊かな風味が特徴で、
色は“黄金の麦藁色”と呼ばれ、
特に魚介類を中心とした地中海料理に最適です。

田子町産にんにく CL 14個前後
青森県 田子町産 にんにく 送料無料 訳ありLサイズ

シシリー島の岩塩
「神様からの贈り物」イタリア シシリー島の岩塩 荒粒タイプ

ペッパー/ソルト電動ミル
【新品】プジョー 【PEUGEOT LIFE】ペッパー/ソルト電動ミル(エリ)

愛知産 ”特選ハーブ” イタリアンパセリ
愛知県産
別名「パスレー」とも呼ばれています。
パセリの仲間だお思ってください。
だから、パセリの香りがします。見た目はパセリよりも、
上品でスマートです。
下記の続きを読むをクリックしてください、
詳しいレシピをご覧いただけます、


イタリア料理レシピ手順
1.ここでで紹介した牛バラ肉のブロックは
  すごく脂身が多く1000gあるのですが
  1/3は脂身です
  でもその脂身が美味しいのです
  すこし脂身が多すぎるので外側に
  張り付いている脂身は全てカットします
  これでかなり脂身が少なくなり
  700g以下に減ります
  これをソテーし煮込むことによって
  肉の量は300gぐらいに減ります
  全量使います
  この肉の全体に塩・ブラックペパーを
  まぶしすり込みます
2.フライパンにオリーブオイルを入れ
  牛バラ肉全体に焼き色をしっかり
  付けます
3.たまねぎ・にんじん・セロリは
  微塵切りにします
4.にんにくは
  縦に2等分し中の種を取り除き
  嫌な味をふせぎます
5.大きめの鍋に
  オリーブオイル・無塩バターを入れ
  にんにく・野菜を弱火で丁寧に炒めます
  40分間炒め続けます
  しっかり水分がなくなったら
  牛肉を入れます
6.赤ワインを
  注ぎ入れ強火で煮込みます
  アルコール分を飛ばします
  水分が足りなくなって来たら
  水を加え中火で煮込みます
  2時間ぐらい煮込みます
7.肉がしっかり軟らかくなって来たら
  フォンドボーを入れます
8.塩・ブラックペパーで味を調えます
9.イタリアンパセリは
  葉の部分を粗く刻み最後に
  振りかけます
10.パスタパンにたっぷりのお湯を
   沸かし塩を軽く一握り加え
   パスタを入れ茹でます、
   パスタの茹で時間は袋に表示されている
   時間より2分間短めに茹であげます、
   仕上がり時にアルデンテを味わえます、
11.肉を取り出し繊維に添って
  バラバラにします
  フォークを両手に持って
  引き裂くようにすると
  簡単にできます
12.フライパンに鍋からソースを
   移し入れ
   バラバラにした肉を入れます
13.茹で上がったパスタを入れ
   ソースを絡めます
   火を止め
   パルミジャーノ・レジャーノチーズを
   加え混ぜます
14.食器に盛り付け
   イタリアンパセリを飾ります
イタリア料理に使用する調理器具

チーズおろし(四面グレーター)
使い勝手のいい、
しっかりした作りの
おろしの形状がそれぞれ4つの面で違います。
半硬質、硬質タイプのチーズを
レシピやお好みに合わせておろせます。
チーズはおろしたてが一番です。

フィスラー ニュープロコレクション シャローパン24cm

ドイツ 正規Fissler 『フライパン28cm』 プロコレクション/フィスラー

IH対応
フィスラー(Fissler) プロコレクション マルチスター 20cm

J.L コケー ヘミスフィア
ゴールドストライプ プレゼンテーションプレート 31cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ

にほんブログ村

ポチッと応援 お願いいたします、
料理レシピブログトーナメント - 料理ブログ村
料理レシピブログトーナメント

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. らるむ。 より:

    おはようございます。
    ポーチュラカっていろんな色があるんですねー。
    我が家は黄色とピンクが咲いていました。
    牛バラ肉の赤ワイン煮込み大好き!
    お腹いっぱい食べるのが夢です(笑)
    そっか、自分で作ればいいんですね^m^
    バジル入りのパスタに続いて、赤ワインを練り込んだパスタまであるとは・・・さすがイタリアです!
    応援☆

  2. らいむ より:

    バローロを練りこんだパスタ。
    なんだか贅沢でステキですね♪

  3. ぴよ より:

    おはようございます。
    バローロ赤ワインを織り込んだタヤリンパスタを、初めて知りました。
    牛肉のブロックを、香味野菜!赤ワイン!フォンドボー!で…ダイナミックさと
    上品さの2つの顔を持つ一皿に驚きました。
    煮込まれた牛バラ肉の豊かな香りと
    しとやか味わいは、とびっきり素敵なのだろうな…と、思いました。
    とっても、おいしそう。。。です。
    応援☆ポチッ

  4. ranran より:

    牛バラ肉を赤ワインで煮込むとやわらかくてとてもおいしくなりますよねー。
    自分でこんなおしゃれな料理が作れたらうれしいな(^v^)

  5. kazuyoo60 より:

    ポーチュラカのこの色、作ったことが有ります。可愛いですね。
    赤ワインを練り込むのですか。いろんなのが有りますね。
    バラ肉の1/3が脂肪!、我が身と比較しています。あ~あ。
    煮込んだ美味しさ、嬉しい料理です。ただでさえ食べ過ぎかなと思っています。果物が大好きですし、ついつい食べてしまいます。

  6. タヌ子 より:

    ワインをボトル一本使う贅沢な一品。
    美味しくないはずがないですよね。
    ビーツで色づけした薄いピンクのパスタは観たことがありますが、こんなに鮮やかなパスタは見かけたことありません。
    フランスのグルメショップだったら見つかるかな。

  7. メロン より:

    こんにちは^^
    牛肉の赤ワイン煮込み
    聞いただけでよだれが~
    美味しそうですね^^
    これは嫌いな人はそうそういないでしょう!!
    いつもありがとうございます^^
    ポチッ☆っと応援♪

  8. AL17 より:

    >牛バラ肉の赤ワイン煮込みソース 
    凄い!!パスタからして既に美味しそうな
    お肉の練り込み入りなのですね~@@!
    煮込みソースで涎が垂れちゃってます>。!堪りませんよぉ~ヾ(^▽^)ノ
    今日も素敵なご紹介を有難うございます。
    ぼち

  9. puffpuff より:

    お久しぶりです!
    パスタもお肉も赤ワイン!
    ほんと、カワイイパスタですね♪
    名前もかわいい!
    ポーチュラカ、素敵な色のお花です!
    大好きです。

  10. keiton より:

    こんにちは。
    パスタの色が美しい・・・・
    ワインの香りがするんでしょうか。
    試してみたいです。

  11. mana より:

    ryujiさん こんにちは♪
    なんだか難しい名前ですが^^;
    美味しそうです。
    これまた おしゃれな1品ですね。

  12. えみ姉 より:

    急に涼しくなったのでこってりトロ~リの温かな牛バラがとっても食べたいと思ってました!!!
    ぽちっと応援して拍手~☆

  13. fuu より:

    こんばんは!
    バローロ飲んでみたいです
    手打ちパスタに赤ワインを練り込んでも出来ますか?
    ソースも美味しそうです。

  14. mocci より:

    ryujiさん、こんばんは!
    とっても嬉しいコメントをありがとうございました♪
    少し涼しくなってきて、丁度トマトソースのパスタが食べたいな~と思っていたところでした。
    ちょっと大人な風味のパスタ、とーっても美味しそうです!
    今夜も応援ポチっと。

  15. koyahi より:

    これは、ご馳走パスタですね!
    バローロ、1本使っちゃう・・・
    うーん、私、飲んじゃうかもです ^^;
    すっごく、美味しそう!!

コメントを残す

  関連記事

アグー豚ロース肉の低温ロースト ハーブ風味
アレンジコーヒー NO.3 カフェ・ロワイヤル
パスタ オレッキエッテ 菜の花のソテー
平牧三元豚バラ肉の柔らか煮
そらまめのムース トマトクーリー
釜揚げしらすのスパゲッティ
ホタテのクリーム煮
フレッシュトマトと水牛のモッツアレラのパスタ トルティリオーニ(フジッリ)
白菜のココット ロースト
牡蛎のシャンパン蒸し
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。