イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,691、パスタのレシピ数は1638。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

牛バラ肉のパスタ リガトーニ

   

牛バラ肉のパスタ リガトーニ
牛バラ肉のパスタ リガトーニ
イタリア料理レシピ
牛バラ肉はお湯でしっかり煮込み
軟らかくします
そのときに出た脂と美味しいスープをわけます
その分け方はソースパンごと冷凍庫に入れ
一日おきます
脂が浮いてしっかり固まります
その固まりをとり除きます
脂をそぎ落とした肉を
赤ワインとトマトソースで
さらに煮込みます
太と目の穴あきのショートパスタ
リガトーニを使用します
穴の中にソースがしみこんで
美味しくいただけます
イタリア料理です
ランタナランタナ
ランタナ
イタリア料理に使用する食材2人分




















パスタ リガトーニ140g
牛パラ肉500g
にんにく1片
パルミジャーノ・レジャーノ40g
パルミジャーノ・レジャーノスライス(20g)
スティックセニュール4本
赤ワイン200cc
トマトソース60cc
トマトソース材料
トマトホール缶400g
たまねぎ1/4個
セロリ1/4本
ローリエ1枚
オリーブオイル30cc
バジルの葉4枚
オリーブオイル45cc+20cc
イタリアンパセリ1枝
ブラックペパー20粒
岩塩適量

イタリア料理に使用する食材

手作りオーガニックパスタ・リガトーニ500g
太めの筒状パスタ
リガトーニは、ショートパスタの一種
表面に筋の入った、直径9~15mmくらいの
太めのマカロニをいいます
「線を引く」意のイタリア語「rigare」に由来する

近江牛バラブロック 500g
バラ:アバラ骨の周囲の肉を指す
赤身と脂身が交互に3層になっているので
三枚肉とも呼ばれる

足長ブロッコリー(別名:スティックセニュール)
【プロ厳選】【築地発送】
鮮度抜群、入荷後即発送
足長〈あしなが〉ブロッコリー
1束、約150グラム前後

青森県 田子町産 にんにく 2Lサイズ
【田子町産にんにく C2L 12個前後】
青森県が誇るブランド産地田子町から
産地直送でお届けします!

エキストラバージンオリーブオイル 560ml
【オーガニック】 【超最高級品】デリエラ農園産
シチリアの歴史ある農園で作られた
シチリアの太陽を一杯浴びて育った
最も高い品質のオリーブの実2品質を
手摘みで収穫して作られている
最高品質のオリーブオイルです

イタリア/アナリサ(アンナリサ)サンマルツァーノDOPホールトマト(4号缶)
シリアルナンバーがついて
世界の1本のトマト缶になるのも、嬉しい響きですね!

淡路産たまねぎ5kg(M~L玉が18玉前後)
淡路たまねぎは通常5ヶ月のところを
7ヶ月かけてじっくり育てた
やわらかくて、みずみずしい
淡路島産たまねぎをお楽しみ下さい

長野県産 セロリ(1本)
ビタミンB1、ビタミンB2が豊富で食物繊維が多く、
強壮、利尿、整腸などに効果があるとされ、疲労回復や
美肌効果、便秘予防などに重宝されています

月桂樹(ローリエ) 10g
肉の味と香りを引き出し、臭みを消してくれます

シシリー島の岩塩
「神様からの贈り物」イタリア シシリー島の岩塩 荒粒タイプ

粒ブラックペッパー(ホール)
辛味、芳香性が強く
インドの査定で品質が良い胡椒(ペッパー)です
◆内容量:50g。

ペッパー/ソルト電動ミル
【新品】プジョー 【PEUGEOT LIFE】ペッパー/ソルト電動ミル(エリ)
下記の続きを読むをクリックしてください、
詳しいレシピをご覧いただけます、


イタリア料理レシピ手順
***最初にトマトソースを作ります
1.このトマトソースは
  北イタリア地方のレシピです
  トマトソースを裏ごしして使います
2.たまねぎは
  粗微塵にします
3.セロリは
  粗微塵にします
4.トマトホールは
  缶から取り出しながら
  手でつぶしボウルに入れます
  ジュースも入れます
5.ソースパンに
  オリーブオイルを入れ
  たまねぎ・セロリを加えて
  弱火で丁寧に炒めます
6.たまねぎが
  透明になって来たら
  ボウルに入れておいたトマト・
  ジュースを入れます
7.中火にしてローリエを加えます
8.一度沸騰させすぐに弱火に戻し
  20分間ぐらい煮込みます
9.あら熱が取れたら
  裏ごしをします
10.トマトソースのできあがりです
11.牛バラ肉は
二つに切り分けソースパンに入れ
  たっぷりの水を入れ
  一度強火で沸騰させその後
  弱火にして2時間煮込みます
  牛バラ肉は別の器に移します
  ソースパンのスープのあら熱が
  取れたら
  冷凍庫に入れ冷やします
  
12.次の日ソースパンの上に脂が
  しっかり固まっています
  その脂をしっかり取り除きます
  ソースパンを中火にかけ
  スープの量が1/3になるまで
  煮詰めます
13煮詰め終えたら
  別の器に入れておいた
  牛バラ肉はフォークを
  二本用意し両手で持ち
  肉をさくようにして粗く
  ほぐし入れます
  赤ワインを入れ
  強火にしてアルコール分を
  飛ばします
  弱火で煮込みます
  1/2ぐらいになるまで煮詰めます
  塩で味を調えます
14.スティックセニュールは軽く
    塩茹でします
    3等分します
15.イタリアンパセリは
   葉の部分を粗く刻みます
16.にんにくは
   縦に2等分し中の種を取り除き
   嫌な味をふせぎます
   微塵切りにします
17.ブラックペパーは
   小さなビニール袋に入れ
   肉タタキなどでタタキつぶします
   香りが強く辛味も増します
18.パスタパンにたっぷりのお湯を
   沸かし塩を軽く一握り加え
   パスタを入れ茹でます
   パスタの茹で時間は袋に表示されている
   時間より1分間短めに茹であげます
   仕上がり時にアルデンテを味わえます
19.フライパンに
   オリーブオイルを入れ
   にんにくを加えて弱火で丁寧に
   炒めます
20.にんにくの
   香りが立って来たら
   煮込んでいた肉とソースを入れ
   中火にかけます
   スティックセニュールを入れます
21.茹で上がったパスタを入れ
   パルミジャーノのすり下ろしを
   加え混ぜあわせます
22.食器に盛り付け
   タタキつぶしたブラックペパーを
   振りかけます
   イタリアンパセリを振りかけます
   パルミジャーノのスライスを飾ります
イタリア料理に使用する調理器具

ステン張 裏ごし 木枠 細目(40メッシュ) 9寸(27cm)

フィスラー ニュープロコレクション シャローパン24cm

ドイツ 正規Fissler 『フライパン28cm』 プロコレクション/フィスラー

IH対応
フィスラー(Fissler) プロコレクション マルチスター 20cm

ウェッジウッド ホワイトコノート ディープパスタディッシュ28cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ

にほんブログ村

ポチッと応援 お願いいたします、
料理レシピブログトーナメント - 料理ブログ村
料理レシピブログトーナメント

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. アコ より:

    お久しぶりに伺いましたらまたまたリッチなイタリアンのレシピが、、、、。
    ますます盛りだくさんなブログになっていますね。
    ryujiさんのところで知ったジェノベーゼソースはは息子が大好きです。
    さんまのお料理に物ですが3回ぐらいは作りました。最近のことではありません。この季節になるとあの美味しかったさんまのことを思い出し作ろうと思いながら特に今年の夏は体力的に参ってしまって実行できないでおります。また時々うかがわせてくださいませ。  ありがとうございました。

  2. ゆりりん より:

    「牛バラ肉のパスタ リガトーニ」
    聞くだけでも美味しそうです。
    おもてなしにも喜ばれそうです。
    煮込まれた牛肉は柔らかそうです。
    食べたいな^m^
    応援ポチです

  3. こんばんは。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    本日のパスタは豪快ですね。
    とても美味しそうです。
    胸がワクワクするパスタですね。
    全部ポチっと応援させて頂きます。

  4. えみ姉 より:

    牛バラ肉大大大好きです~!
    おなかが空いてる今はたまらないレシピです~!
    ぽちっと応援して拍手~☆(≧▽≦人)

  5. puffpuff より:

    おおお~なんと豪華なパスタ!
    柔らかく煮込まれたお肉とスープが最高ですね!
    余計な脂も取り除いて最高のスープが取れますね。

  6. tana より:

    こんにちわ^^
    とっても手の込んだ一品!
    自分で作るのは難しそうですね…^^;
    でも、煮込まれたお肉とパスタがとっても美味しそうです!!
    応援ポチリ★

  7. ako_bishoku より:

    こんにちは。
    コメントをいただき、ありがとうございました!
    本当に美味しそうなのと、絵も素敵ですね♪
    この夏は体調を崩しがちでお肉も控えめに
    しているのですが、久しぶりに食べたく
    なってきました。 いつか作ってみたいです☆

  8. りりり より:

    時間をかけて煮込んだ牛バラ肉を
    包丁を使わずフォークでほぐしてまた煮込む。
    とてもやわらかくて美味しそうです^^
    ポチ♪

  9. suzu より:

    牛バラ肉が柔らかくて美味しそう。
    脂をそぎ落として丁寧に作ったソースがまた魅力的です。
    こういうお料理が家で食べられたら最高ですね!

  10. Sakulanbo より:

    こんにちは
    トマトと牛バラ肉の味がしっかりリガトーニにしみてそうで、とってもおいしそうです。ステキな組み合わせですね。

  11. plumeria より:

    ryujiさん
    こんにちは
    最近はイタリアンが多いです!
    来月の結婚式に向けて野菜たっぷりヘルシー料理を心掛けています。 和食若しくはイタリアンが沢山のお野菜を取れるので作っています
    栄養バランスが良いオススメレシピがありあましたら宜しくお願いします!

  12. mayunbo94 より:

    おいしそう~♪
    一度冷やして脂を取り除くひと手間が
    さらにおいしくしますね!
    応援☆

  13. taeco より:

    ryujiさんのブログで、レシピを拝見すると、口の中にイタリアンの味が広がるんです。これはすごいことだなーって思います。梅干しってきいて、酸っぱく感じるのと同じ反射をしちゃいます(笑)今日も、牛ばら肉が、いろんな香ばしい味で調理されて、口の中でとろけそうです~♪ 夫につくってあげたくなります♪♪♪

  14. mana より:

    ryujiさん こんにちは♪
    牛バラ肉もこんなおしゃれなお料理になるんですね~
    牛丼ばかりだわ^^;
    赤ワインとトマトソースで煮込んだとろとろの牛肉
    美味しそうですぅ~~
    >秋は美味しい食材がいっぱいですね^^

  15. メロン より:

    こんにちは^^
    わぁ~
    今日の牛バラ肉のお料理
    豪華で美味しそう♪♪♪
    食べたら絶対大好物になりそうです^^
    いつも素敵なレシピありがとうございます~
    ポチッ☆っと応援♪

  16. kazuyoo60 より:

    ランタナが元気で沢山咲きましたね。色も綺麗ですね~。
    油をある程度抜かれるのですね。獣脂は冷蔵庫でも固まりますが、冷凍庫ですとより綺麗に分かれるのですね。
    脂で思い出しますが、中国の高地に住む部族の女性が、交易の場所へ行きます。父親に少しだけ良い肉を買って、残りは脂身を買うのです。
    日本は飽食ですのに。かなり前のドキュメントですが、いまだに記憶に残っています。

  17. ranran より:

    牛バラ肉がとてもやわらかそうでおいしそうですね。
    そんなおいしそうな牛バラ肉が入っているソース、、、きっとおいしい(*^_^*)

  18. haru より:

    こんにちは~
    リガトーニ美味しそうですねぇ~
    バラ肉から出たお味、もう最高ですぅ。
    上品なお味に仕上がりそうですね。
    いつもありがとうで~す。

  19. tamakiti より:

    パスタ大好きです。
    でも、こんなに本格的なのは
    レストランでしか食べれませんよね~。

  20. ぴよ より:

    おはようございます。
    北イタリア風トマトソース×牛バラ肉&スープの
    リガトー二の一皿!!
    濃厚で奥深い味わいが広がりそう…と、感じました。
    下準備で、牛バラ肉を煮込んで、寝かせて、
    脂とクリアスープにしておくことが大切なのですね。
    太めの筒状のリガトー二に、牛バラ肉&ソースが絡んで
    とっても、おいしそう。。。です。
    応援☆ポチッ

  21. らるむ。 より:

    おはようございます。
    リガトーニ好きなんです!
    太いパスタって、なんか魅かれます。
    柔らかく煮込んだ牛バラ肉でソースを作るなんて、最高ですね(≧∇≦)
    お腹空きました~!
    ポチ☆

  22. siawasekun より:

    おはようございます♪♪
    牛バラ肉のパスタ リガトーニ、・・・・・・。
    食べたくなりましたよ。
    ぜひ、・・・・・・。
    昨日も、コメント&応援ポチに、恐縮です。
    応援ポチ♪♪

是非 あなたのご意見をお願いします 質問があれば分かる範囲でお答えしたいと思っております

  関連記事

黒あわびのリゾット サフラン風味
揚げナスのパルミジャーノチーズ風味
白魚のカルパッチョ
子持ち鮎ときのこのフリット
乾燥ポルチーニ茸のパスタ タリアテッレ ポルチーニオイル
ほうれん草のポタージュ
パスタ チプリアーニ タリオリーニ 温泉たまご乗せ
パンチェッタ クリームパスタ リガトーニ
鶏もも肉のスプマンテ煮込み
パスタ スパゲッティ ルッコラとアーモンド
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。