イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,693、パスタのレシピ数は1639。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

米なすとモッツアレラチーズのミルフィーユ仕立て

   

米なすとモッツアレラチーズのミルフィーユ仕立て
米なすとモッツアレラチーズのミルフィーユ仕立て 
イタリア料理レシピ
米なすの水分を極限まで絞り
米なすに火を通したときの柔らかすぎる食感を
なくししっかりした歯触りを与えます
トマトソース モッツアレラ パルミジャーノ
バジルの風味が相まってすばらしい味のハーモニーを
お楽しみいただけます
イタリア料理です
アリッサムアリッサム
アリッサム
イタリア料理に使用する食材2人分













米なす4個
水牛モッツアレラチーズ250g
パルミジャーノ100g
バジルの葉6枚
オリーブオイル30cc
薄力粉適量
たまご1個
揚げ油(オリーブオイル)500cc
岩塩適量
トマトソース用食材
400g
たまねぎ1/4個

イタリア料理に使用する食材

米なす
1個(約220~330g前後)
※大きさにより重さが前後します

モッツァレラ ブッファーラ(バッファ)チーズ(水牛) 約250g
生産規定では原料は
登録された水牛の乳のみを
使用するとされています
水牛が放牧されている
湿地帯独特の特徴である“麝香”を有し
やわらかく弾力があり
表面には清乳がしたたってミルキーな味わいです

パルミジャーノ レジャーノ 36ヶ月以上熟成
イタリアチーズとしてあまりにも有名な
『パルミジャーノ レジャーノ』
うまみ成分が凝縮してできた
アミノ酸の白い結晶のジャリジャリとした
歯ごたえがあり、甘くしっとりとしています
当店が販売するものは
その中でも「36~48ヶ月」という
気の遠くなるような長い期間をかけて熟成された最高級品です

バジル ハーブ
香りが素敵なハーブです
イタリア料理に欠かせません

オリーブオイル 純イタリア産オリーブ(500mL)
ディチェコ エクストラ ヴァージン
●イタリア国内で収穫されたオリーブだけを
  厳選して作られたこだわりのオリーブオイルです。
●酸度0.4%

小麦粉 “0”タイプ
0粉は軟質小麦で00粉よりも
小麦の表皮の部分が多く粒子も
少しザラザラし
色も灰色がかっています
パン等発酵生地や
さっくり感を出したいお菓子作りに最適です

名古屋コーチンたまご(卵)
この「こく」たまりません!
天然水で育った 産地直産

サーレ・ディ・ロッチャ・グロッソ
パスタを茹でるのに最適の塩!
小麦の旨さを引出します!
ドロゲリア社

粗さ調整可能 『プジョー エリス 電動 ソルトミル』
ソルト/ミル/塩/ワンハンド/片手

サンマルツァーノDOPホールトマト(4号缶)
シリアルナンバーがついて、
世界の1本のトマト缶になるのも、
嬉しい響きですね!
またトマト缶に産地呼称証明が付いています


イタリア料理レシピ手順
***最初にトマトソースを作ります
1.たまねぎは
  薄く繊維に沿ってスライスします
2.ソースパンに
  オリーブオイルを入れ
  たまねぎを入れ丁寧に弱火で炒めます
  たまねぎが透明になってきたら
  トマトホール缶の中身すべてを入れます
  そのときトマトは手でつぶしながら入れます
  中火で煮込み一度沸騰させ塩を加え
  弱火に戻して40分間煮込みます
  あら熱が取れたら漉し器で漉します
3.米なすは
  へたをカットします
  縦に5mmぐらいの厚さにカットします
  ペーパータオルを2枚重ねに敷き
  その上に米なすをのせます
  塩を軽く切り口に振りかけます
  その上にペーパータオル2枚重ねをし
  上に重しをのせ(フライパンでもOKです)
  なすに含まれている水分を
  できる限り出します
  10分間ぐらいおいてなすを取り出し
  手でしっかり絞ります
4.溶き卵に薄力粉を入れ混ぜ合わせます
5.その中に茄子を入れころもをつけます
6.天ぷら鍋に
  オリーブオイル500ccを入れ
  180℃に熱して衣をつけた茄子を
  入れあげます
7.グラタン皿に
  トマトソースを敷き込みます
8.あげた米なすを
  並べ敷き込みます
  その上にバジルの葉を
  手で適当な大きさにちぎり
  振りかけるようにおきます
9.モッツアレラは
  手で小さくちぎり1/3を
  バランスよく乗せます
10.パルミジャーノは
   すり下ろしたもの1/3を上に
   かけかけます
11.またトマトソース・なす・バジル・
   モッツアレラ・パルミジャーノを
   のせます
12.これをもう一度繰り返し3層重ねにします
13.オーブンの温度を180℃に設定し
   暖めておき
   その中にいれ20分から25分間ローストします
14.テーブルにグラタン皿を置き
   銘々の食器に盛りつけます
イタリア料理に使用する調理器具

フィスラー NEWプロコレクション ソースパン浅型20cm
少量の野菜や肉を炒めるのに最適なサイズのソースパン
サイズ 径20cm、41×22×13.7cm
個装サイズ:23×40.2×12cm
製造国 ドイツ

チーズおろし(四面グレーター)

誰でも天ぷら名人になれる鍋。 温度計付き 天ぷら鍋

リチャードジノリ(Richard Ginori) クリッパー グラタンディッシュ 21cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. ボーノ より:

    ryujiさん 
    コメントありがとうございます。
    今日も秋晴れでいい天気でしたね、毎日こうあればいいですね!

  2. kuwachann-2_0 より:

    バジルと茄子。夏の一品ですね。おいしそうです。
    今年我家にイタリアからのお客様がありました。その人がお手製のパスタとトマトソースを作ってくれました。一緒に買いものに行きましたが、トマトを手に取って選び、卵も厳選してました。材料へのコダワリがイタリア料理なんですね。

  3. イヴォンヌ より:

    なすにトマトソース・バジル・チーズは相性抜群ですよね。
    水分をとって揚げた米なすおいしいでしょうね~!

  4. バイオマスおやじ より:

    うーむ、これは旨いに違いない。このことであった。

  5. こんにちは。
    コメントありがとうございました。
    ときどき寄せていただいていますがいつも丁寧な下処理など凄いなと思ってます。
    前にお土産でペックの水牛のモッツァレッラをいただいたんですが本当においしかった♪
    おなすとのミルフィーユ!想像しただけでお腹がすいてきてしまいました(笑)

  6. こんばんは。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    本日も素敵なお料理ですね。
    とても美味しそうです。
    ミルフィーユ仕立てというのが魅力的です。
    全部ポチっと応援させて頂きます。

  7. suzu より:

    米なすを使った素敵なお料理ですね~
    なすとトマトとチーズって美味しい組み合わせですよね。
    水分をしぼって揚げたなす、どんな感じか食べてみたいです。

  8. mana より:

    ryujiさん こんにちは♪
    美味しそうです~
    ナスとチーズって なんであんなに美味しいんでしょうね^^
    ミルフィーユ仕立て すっごく食べたいです。
    >BBQは15人の予定でしたが
    12名でほぼ完食しましたよ^^;

  9. Sivaji より:

    米ナスとモッツァレラ、いいですね~。
    揚げたナスをグラタンに使うというのは、なるほどと思えるのですが、思いつきませんでした。

  10. ranran より:

    ナスにチーズにトマト、最高ですね^_^
    アリッサムはうちにお庭にも植えてます。小さい花がとーってもかわいいですよね♪
    投票、本当にありがとうございました_(_^_)_感謝感謝です。
    P

  11. 思わず、ムサカを思い出しました。
    茄子、トマトソース、チーズ、最高です。
    お休みの日の昼下がりにワインと友にいただきたい。
    アリッサム、かわいくいい香りです。
    昔飼っていた メジロがアリッサムの花の蜜吸っていました。

  12. メロン より:

    こんにちは^^
    クジャクアスターでしたか^^
    ありがとうございます~
    お茄子・チーズ・トマト
    最高に合いますね♪♪♪
    いつもありがとうございます^^
    ポチッ☆っと応援♪

  13. tamakiti より:

    おお~
    お菓子のミルフィーユも好きですが
    これも美味しそうですね~♪

  14. kazuyoo60 より:

    アリッサムが綺麗ですね。こんなに元気に咲いてるなんて素晴らしいです。
    生後1年ぐらいの時にヤギの乳を飲んでいたそうなので、機会があったら飲んでみたい気もします。水牛の乳は牛乳に近いのかなと想像しています。
    つい先日、自宅のヤギの乳を搾ってのチーズ作り、最初は白いチーズ、残ったので茶色のチーズができていました。2種類も作れるのは初めてでした。
    モッツアレラも好きです。熟成の長短で味が変わるのもチーズが生きてるからですね。

  15. ゆりりん より:

    米ナスを絞って揚げて!!???
    えーーーーっっ。
    スゴォイです~。
    ビックリビックリです。
    そしてイタリアンに変身。
    いえ、大変身。
    食べてみたいですわo(^-^)o

  16. らるむ。 より:

    おはようございます。
    以前米ナスの重ね焼きを作った事がありますが、とってもオイリーになってしまい・・・。
    水出しの方法がとても参考になりました(*^_^*)
    応援☆

  17. タヌ子 より:

    以前ムサカを作った時、濃厚ホワイトソースの代わりにモッツァレラを乗せて焼いたことがありますが、本物のムサカよりも食べやすくて感動したことがあります。
    茄子とモッツァレラとトマトソース。
    最高の組み合わせですね。

  18. taeco より:

    こんばんは^^ こちら、とってもおいしそう&ミルフィーユの形状が、ものすごくおしゃれですよねぇ*^^* つくりたいなぁ~ってそわそわしちゃいます!!チーズやハムがたくさんありますが、なぜか、まだ、パルメジャーノチーズやモッツアレアチーズ、なすを見かけていない気がします…。来週くらいからいろいろ探し始めようと思います^^; 今日もパスタ食べてきました~(笑)♪

是非 あなたのご意見をお願いします 質問があれば分かる範囲でお答えしたいと思っております

  関連記事

パスタ フェットチーネ・リガーテ ゴルゴンゾーラとパンチェッタ
揚げなすの パルミジャーノチーズかけ
じゃがいもとパンチェッタのミッキーと仲間たち ショートパスタ
芽キャベツのソテー ごま風味
豚フィレ肉のソテー マッシュルームソース添え
パスタ フジッリ トレビスとたまごたっぷりのクリームソース
パスタ キタッラ 牛フィレ肉のラグー
パスタ カラマーリ イカとイカスミソース
米茄子の フレッシュチーズ ストラッチャテッラ ロースト
鶏モモ肉のロールローズマリー風味
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。