イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,635、パスタのレシピ数は1613。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

なすとパプリカのパスタ リングイネ

   

なすとパプリカのパスタ リングイネ
なすとパプリカのパスタ リングイネ
 
イタリア料理レシピ
パプリカは丁寧に焼き皮を剝きます
甘みが最高に引き出せます
なすも水気とアクを抜くと
味も格段に良くなります
ブラックオリーブは大粒の最高の商品を
使用しました
味に奥行きが感じます
パスタはリングイネを使いました
リングイネとは雀のしたを意味し
パスタの断面が楕円形になっていて
ソースの辛みが強いパスタです
イタリア料理です
キクキク
キク
イタリア料理に使用する食材2人分














パスタ リングイネ140g
なす60g
パプリカ(黄)1個
フレッシュトマト1個
ブラックオリーブ10粒
ケッパー(塩漬け)30粒
アンチョビーフィレ2枚
にんにく1片
オリーブオイル適量
ペコリーノロマーノ30g
バジルの葉8枚
ブラックペパー(粗挽き)たっぷりと
岩塩適量

イタリア料理に使用する食材

ジェンティーレ ブロンズパスタ(リングイネ)』
西麻布の隠れ家的レストラン
「オステリア・トット」の
イタリアン料理お取り寄せ
【オステリア・トットお取り寄せ】
おいしいイタリアン料理をご自宅で。

イタリア産ペペロンチーノ 100g
辛味の中に旨味たっぷりのペペロンチーノ

フラーテピエトロ ブラックオリーブ3個セット
【イタリアから直輸入】
120年以上家族代々守ってきた
オリーブ畑で作った極上のオリーブ。
フラーテピエトロ一家
最も大きな「GGG」サイズの極上のオリーブ。
太陽の恵みを受け、
ほんのりとした甘みがあります。
オリーブの中でも最大となる
「ベッラディチェリニョーラ」種。

アンチョビー 365g ロイヤルパール
スペインからの美味しい食材
カンタブリア地方のアンチョビを原料にした
”ロイヤルパール”は、
発酵熟成した魚醤のような
魚の旨みと絶妙な加減の塩が
さらに上質なオリーブオイルに
よってまろやかな余韻を感じさせます

「セグレート・メディテラーネオ (Segreto Mediterraneo)」 500ml
2004年
米アカデミー賞 (オスカー)
授賞式パーティーで使われた
実績もあるワンランク上のEXVオリーブオイル!

塩蔵ケッパー (500g)
ケッパーの大生産地、
シチリア島の北東部に浮かぶ
リーパリ島産のケッパーの塩漬け。
4~6mmの厳選された
小粒のケッパーのつぼみを
シチリアのミネラルたっぷりの
海塩で塩蔵しています

サーレ・ディ・ロッチャ【岩塩】グロッソ・フィノ
容量 1.000g
イタリアのシシリー島で採取した岩塩です。
まろやかな味で料理を
すばらしい味覚に引き立てます。
パスタ、お肉、お魚料理、サラダ、
漬け物などにどうぞ。

粗さ調整可能 『プジョー エリス 電動 ソルトミル』
ソルト/ミル/塩/ワンハンド/片手


イタリア料理レシピ手順
1.にんにくは
  縦に二等分にし中の芽の部分を
  きれいに取りいやな苦みをなくします
  みじん切りにします
2.ぺぺロンチーノは
  手で二つに折り中の種を
  きれいに取り除きます
3.塩漬けのケッパーは
  ボウルに入れ水をひたひたに入れ
  10分間漬け塩抜きします
  ざるにあけしっかり水気を切ります
  ペーパータオルで水気を拭き取ります
4.なすは
  へたを取り除き5mmの厚さに
  輪切りにします
  切り口に塩を振り10分間置き
  水分とアクがでできますので
  ペパータオルできれいに拭き取ります
4.パプリカ(黄)は
  魚焼き様の網をガスレンジに乗せ
  その上で皮が真っ黒くなるまで焼きます
  冷水につけ皮を剝きます
  へパータオルで水気を拭き取ります
  縦に幅5mmにカットします
5.ブラックオリーブは
  種抜き器を使用して種を取り除いたおきます
  3mmの厚さの輪切りにします
6.ペコリーノロマーノチーズは
  すり下ろしておきます
7.バジルの葉は千切りにします
8.アンチョビーフィレは
  細かくつぶしておきます
9.フレッシュトマトは
  へたを取り除き上部に十文字の
  切り目を入れ沸騰したお湯にいれ
  皮がめくれてきたら冷水にとり皮を
  剝きます
  ペーパータオルで水気を拭き取ります
  横に二等分し中の種をきれいに取り除き
  1cm角にカットします
10.フライパンに
   オリーブオイル・にんにく・
   ペペロンチーノを入れ弱火で丁寧に炒めます
11.香りが立ってきたら
   アンチョビーを入れます
   すぐになすを入れ中火にして炒めます
   トマトの角切りを加えます
   軽く一煮たちさせ
   ブラックオリーブ・ケッパーを
   入れます
   パプリカとバジルの葉を入れます
12.弱火に戻して
   15分から16分ぐらい煮込みます
   塩・ブラックペパーを振り入れ
   味を調えます
13.パスタパンに
   たっぷりをお湯を沸騰させ
   塩を軽くひとつかみ入れ
   パスタを入れゆでます
   パスタのゆで時間は袋に
   表示されている時間より
   2分間短めにゆでます
   仕上がり時にアルデンテを
   お楽しみいただけます
14.パスタが
   茹で上がったら水気を切り
   フライパンに入れソースを絡めます
15.食器に盛り付けます
   ペコリーノロマーノチーズを
   振りかけます
イタリア料理に使用する調理器具

チーズおろし(四面グレーター)

柳宗理sori Yanagiスタイリッシュステンレスボウル5個セット

オリーブの種抜き機 オリーブストーナー

フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm

フィスラー/Fissler ニュープロコレクションマルチスター20cm

Teema (ティーマ) プレート26cm   ブラック
オリーブオイル専門の素敵なお店を見つけました
Asuオリーブオイルの店
を紹介します
ブログは
Asu・・・オリーブとオリーブオイルのある生活
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. らるむ。 より:

    おはようございます。
    素材をきちんと下処理してあげると、よりおいしく変化してくれますよねー(*^_^*)
    野菜たっぷりで、優しい味のしそうなパスタが魅力的です♪
    応援☆

  2. ゆりりん より:

    パプリカを焼くとホンと美味しいですよね~。
    甘味があって大好きです。
    ひと手間かけるとお野菜も
    本当に美味しくなります。
    素敵なパスタ食べたいな。
    さすがですわ(^-^)/

  3. メロン より:

    おはようございます^^
    お茄子とパプリカのパスタ
    ケッパーを入れると良いのですね~
    一段と美味しくなりそうです♪♪♪
    キクもこうやって観ると可愛らしいお花ですね^^
    いつもありがとうございます^^
    ポチッ☆っと応援♪

  4. howdygoto より:

    おはようございます。
    ナスは大好きです。
    パブリカの香りと会いそうですね。
    なすとパプリカのパスタリングイネ食べてみたいです。

  5. hirokun より:

    こんにちは♪
    いつも訪問&コメントありがとうございます。
    このパスタも美味しそうですね。
    リングイネはあんまり使いません。
    こういうレシピなら、使ってみたくなりますもん。

  6. ぴよ より:

    おはようございます。
    素焼きにしたパプリカ、湯剥きしたトマト、
    アンチョビーのおいしさをキャッチした茄子…。
    1つ1つの優秀な部分が引き出されている。。。と、強く感じました。
    ケッパーの薫りと、ブラックオリーブの味わいが
    さらに加わって、主人公の野菜達が
    とっても、おいしそう。。。です。
    応援☆ポチッ

  7. ranran より:

    ナスのパスタは最高においしいですね♪
    いつも素敵なレシピ、ありがとございます(^v^)

  8. kazuyoo60 より:

    菊が綺麗です。我が家でも咲きだしてきています。
    北陸には今も魚醤があるそうですね。発酵は究極の味を引き出すでしょう。使うのはそれなりに難しいと思いますが。

  9. tamakiti より:

    チーズおろしってのが面白い形してますね~。
    大根もおろせるかな?

  10. puffpuff より:

    茄子とパプリカで美味しいパスタですね!
    きちんと準備をしてから作るとダンゼン美味しくなるんですね。
    やはり料理は愛情です!

  11. mayunbo94 より:

    焼いたパプリカ、ジューシーで甘くって
    大好きです^^
    これまた大好きな茄子との組み合わせ!
    想像しただけでおいしい!!
    今日もまた食べたいです☆応援

  12. nanako より:

    ryujiさん、こんにちは!
    茄子のパスタ美味しいですね、大好きです!
    パプリカで色どりもキレイですね!

  13. taeco より:

    パプリカをパスタに使ったことはなかったですが、独特の触感もあり、色もきれいだし、おいしそうですね~*^^* 今日から夫の実家で夜ご飯をたまにつくらせてもらうことになりました。ランチも担当できる日にはパスタをつくりたいなと思ってます。ryujiさんとこのブロッコリーのパスタか、パルメザンチーノをつかったパスタにしようかと思っていましたが、今日のもおいしそうでいいなぁ~と悩んでます(笑)

  14. 赤ではなく、黄色のパプリカというところが、
    おしゃれです。
    出来上がりの色合いが、優しそうです。

  15. suzu より:

    なす大好きなのですが、いまいちレパートリーがなくて
    いつも同じものばかり。
    こういう素敵なレシピの紹介嬉しいです。
    パプリカも加わると彩りもグッとよくなりますね。

  16. mana より:

    ryujiさん こんにちは♪
    茄子とパプリカ 彩りも豊かでそそられます。
    私もよく使う食材なので 嬉しいです^^
    美味しそうですね。
    パプリカは皮もきれいに取り除くなんて
    やはり手が込んでる~ 口当たりも最高ですね。

  17. りりり より:

    こんにちは。
    一手間かけるとお料理が一段と美味しくなりますね^^
    ナスとパプリカのパスタ美味しそうです♪

  18. タヌ子 より:

    フランスではお野菜が中心のパスタはあまり人気がないようですが、北イタリアでは野菜だけのパスタの種類も多くて、それぞれ野菜の旨味を上手に活かしていました。
    アンチョビオリーブとケイパーの塩味、野菜の甘味がうまくパスタに絡まって美味しそう。

  19. イヴォンヌ より:

    ナスにパプリカ色どりもきれいでしょうね~
    アンチョビにブラックオリーブとどれも私のすきなものばかり♪
    おいしいだろうなぁ~!

  20. tana より:

    こんにちわ^^
    ナスとパプリカって初めての組み合わせかもです☆
    パプリカの甘みととっても合いそうですね~!
    ナスのアク抜きは塩を使うのですね~勉強になります!
    応援ポチリ☆

  21. こんばんは。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    本日のパスタも美味しそうですね。
    お野菜の美味しさが満喫できる素敵なパスタです。
    今回のパスタも是非作ってみます。
    全部ポチっと応援させて頂きます。

  22. ボーノ より:

    ryujiさん
    素敵なパスタ、特大のオリーブ最高ですね。
    イラストも鮮やか色で素敵です。
      応援☆

  23. たかぼん より:

    こんばんは。
    パプリカは、ちょっと苦手です。
    でも、好きなナスと一緒だったら食べれるかも!

  24. より:

    茄子もパプリカも苦手ですが
    これなら食べられる気がします(^^;

  25. こまちまま より:

    今日のパスタもおいしそうです。
    彩りもキレイな仕上がりになりそうですね^^
    うちのダンナサマはナスが大嫌いなので、出張中にでもこっそり作ってみようかな^^

コメントを残す

  関連記事

空豆のクリーム煮  フィリップ・アレオス熟成 ミモレット風味
きゅうりとミントのサラダ 白バルサミコ風味
烏賊のオリーブ焼き
ほうれん草ソース  パスタ  ほうれん草のルオーテ
ラズベリーのシラバブ
ワタリガニの内子とミソのスパゲッティ
チキンの唐揚げ
no image
パルミジャーノ リゾット 野菜添え
いのしし肉のリンゴ添え
下仁田ネギのオランディーズソース