イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,637、パスタのレシピ数は1614。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

真だことジャガイモの煮込み

   

真だことジャガイモの煮込み
真だことジャガイモの煮込み
 
イタリア料理レシピ
たこの桜煮ですが
小豆と抱き合わせて煮ますと
板前たちは『桜煮』と言っております
アズキはタコを柔らかくしてくれるだけじゃなく
タコの色までも鮮やかにます
今日は桜煮してある真だこを使います
真だこの風味がジャガイモにしみこんで
素敵な味をお楽しみいただけます
にんにくとペペロンチーノの香りが
すごくうれしいです
イタリア料理です
ドウダンドウダン
ドウダンの紅葉
イタリア料理に使用する食材2人分










真だこ300g
じゃがいも3個
たまねぎ1/4個
にんにく2片
ペペロンチーノ1本
ホールトマト1缶
オリーブオイル40cc
白ワイン(辛口)40cc
海塩適量

イタリア料理に使用する食材

真たこ
淡路島・明石・瀬戸内海産の真だこを
自家製 湯がきたて!!
500~600gの活たこを桜茹でしました。

新じゃがいも!知床海洋ミネラル栽培品【北あかり10kg】
北海道産新ジャガイモを産地直送!
新鮮な新じゃがいもを土つきでお届けします!
成長過程で昆布エキスを散布する海洋ミネラル栽培で育てた
特別栽培の新ジャガイモ「キタアカリ」です。
サイズはM~3Lの不揃いになります

★特選★ 淡路島たまねぎ (10kg入り)
★甘み・食感は絶品!当店自信の淡路島たまねぎです

田子町産にんにく CL 14個前後
青森県が誇るブランド産地田子町から、産地直送でお届けします!

イタリア産ペペロンチーノ100g
辛味の中に旨味たっぷりのペペロンチーノ

「セグレート・メディテラーネオ (Segreto Mediterraneo)」 500ml
2004年
米アカデミー賞 (オスカー)
授賞式パーティーで使われた
実績もあるワンランク上のEXVオリーブオイル!

白ワイン 辛口 750ml
イタリア トスカーナ ジリオ島 IGTトスカーナ ビアンコ

イタリア サンマルツァーノDOPホールトマト(4号缶)
サンマルツァーノはイタリアで、
DOP(原産地呼称)の認定を受けた
トマトの原種そのものの
サンマルツァーノです。


和歌山産完熟房つきミニトマト 1.5kg産地箱入
糖度10度前後!果物のような甘さと美味しさ
農薬はほとんど使用せず、
特殊な粘着シートを使うなどの栽培管理をし、
消費者が安全にお召し上がりいただけるように
気遣っています。

田子町産にんにく CL 14個前後
青森県が誇るブランド産地田子町から、産地直送でお届けします!

イタリア産ペペロンチーノ 100g
辛味の中に旨味たっぷりのペペロンチーノ

フラミンゴ (Flamingo) ブランド 天日干しオーガニック・ソルト (海塩)
イタリア・シチリア産
Grosso (粗粒) フラミンゴ (Flamingo) ブランド
海水のミネラル分を豊富に含んでいるので、
料理の甘さやまろやかさを引き立ててくれます


イタリア料理レシピ手順
1.たこは
  3cmの幅で輪切りにします
2.にんにくは
  縦に二等分にし中の芽の部分を
  きれいに取りいやな苦みをなくします
  包丁の腹でタタキつぶします
3.ペペロンチーノは
  手で二つに折り中の種を
  きれいに取ります
4.ジャガイモは
  皮を剝き4等分にします
5.たまねぎは
  みじん切りにします
6.ホールトマト缶から
  実を2個取り出しそれをつかいます
7.ソースパンに
  オリーブオイルを入れにんにく・
  ペペロンチーノを加えて弱火で
  丁寧に炒めます
8.にんにくが
  色づいてきたら取り出します
  ペペロンチーノも取り出します
9.たまねぎを
  加え中火にして炒めます
10.たまねぎが
   透明になってきたら
   たこを入れ炒めます
11.白ワインを入れ
   強火にしてアルコール分を
   飛ばします
12.ホールトマト・じゃがいも・
   水50ccから60ccを加え蓋を閉め
   20分から25分間煮込みます
13.食器に盛り付けます
イタリア料理に使用する調理器具

柳宗理sori Yanagiスタイリッシュステンレスボウル5個セット

Fissler 『ソースパン深型18cm』

リチャードジノリ ベッキオ ホワイト 白 フラットプレート(平皿) 26cm
オリーブオイル専門の素敵なお店を見つけました
Asuオリーブオイルの店
を紹介します
ブログは
Asu・・・オリーブとオリーブオイルのある生活
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. おさむ より:

    こんばんわ
    タコとじゃがいもをトマトで煮込むことがあるんですね。
    まだまだ知らないイタリア料理がたくさんあります。

  2. らるむ。 より:

    おはようございます。
    アズキがタコを柔らかくしてくれるなんて裏技、初めて聞きました!
    いい事聞いちゃった♪
    タコのエキスを吸いこんだじゃが芋が食べたいです(≧∇≦)
    応援☆
    うちにもドウダンらしき木があります。
    名前がわからなかったので、写真が参考になりました(*^_^*)

  3. メロン より:

    おはようございます^^
    真タコとじゃがいもの煮込み
    ホールトマトを使ってイタリアン~
    美味しそうですね!!
    真似っこしたいです♪♪♪
    ポチッ☆っと応援♪

  4. suzu より:

    たこを小豆と一緒に似ると柔らかく色鮮やかになるんですね。
    とってもいい事聞きました。
    その小豆で煮たたこを使ったじゃがいもの煮込み、とっても美味しそう。
    トマトで煮込んで素敵なイタリアン。
    これからの季節にピッタリでいいですね!

  5. tamakiti より:

    おお、タコ食べる国って少ないらしいですが、
    イタリアはOKなんですね。
    お国の経済事情がちょと心配ですが、
    他の国心配してる場合じゃないかも。

  6. toruneko65 より:

    明石のタコほど、有名ではありませんが
    北海道にも美味しい真タコが有りますので
    美味しいジャガイモで是非是非作ってみます。
    なんでもイタリア料理にしてしまうryujiさんに脱帽です。

  7. たかぼん より:

    こんにちは。
    タコとジャガイモとトマトの組み合わせですか。
    イタリア料理って感じですね。

  8. kazuyoo60 より:

    真っ赤になりましたね。近くの街路樹になっている小さなドウダンツツジ達も一部の株が赤くなってきています。
    蛸とジャガイモの取り合わせですか。蛸は好きですが、酢ダコが多いかな。和食と食材の共通点は多いですね。美味しいでしょう。

  9. ranran より:

    真ダコ。。ゴクリ(笑。
    美味しそう♪♪
    真ダコがイタリアンになるんですかー?
    小豆で真ダコがやわらかくなるなんて知らなかったです^_^;

  10. taeco より:

    真ダコ大好きです。煮込んだことはないですが、とてもおいしそうですねぇ~@@

  11. こんにちは。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    本日のお料理も素敵ですね。
    とても美味しそうです。
    全部ポチっと応援させて頂きます。

  12. より:

    タコとじゃが芋は組み合わせて使ったことがありません
    これは試してみないと・・・

  13. のどか より:

    ryuji さん、こんばんは。
    小豆とタコの話し、興味深いです。
    イタリアでも小豆を使う、ということではなく、日本の板前さんは小豆とタコで桜煮を作るよ。そのタコをイタリア料理に使うとキレイで美味しいよ、というお話しですよね?
    かぼちゃと小豆が「いとこ煮」で、タコと小豆は「桜煮」というのですね。勉強になりました。ありがとうございます。タコ小豆、今度やってみます!

  14. こまちまま より:

    こんばんわ!
    タコとジャガイモ、おいしい組み合わせですよね^^
    ずっと昔に、タコとジャガイモでジェノベーゼ風に作ったことがあります。
    タコ・・最近あまり安くないので久しく食べてません・・・食べたいです。。

  15. 蛸の桜煮、大好きです。
    小豆入れるんですね。へ~そうなんだと思いました。 
    私は、昔、テレビで見た大根の汁入れて煮ます。 
    ジャガイモですね。
    そうそう、おでんのタコも好きです。 
    おでんにジャガイモも入れます。
    蛸の出汁、美味しいですね

  16. kei より:

    こんばんは。
    タコとジャガイモって合いますよね。
    サラダを作ったことはありますが、
    煮込むのですね。
    白ワインと合いそうですね。

  17. melody nelson より:

    タコとジャガイモの組み合わせは考えつきませんでした。おいしそうですね! そしてペペロンチーノをアクセントにするんですね…作ってみたいです。
    小豆がタコの色を鮮やかにするのはぜんぜん知りませんでした。勉強になります~!!

  18. きー。 より:

    たこを使ったイタリア料理、おいしそう。
    これ、食べてみたいです。
    たこをと小豆にそんな秘密があったんですね。
    初めて知りました。

コメントを残す

  関連記事

no image
ジャガイモのスープ(ビシソワーズ) キャビア添え
オッソブッコ シードルワイン煮込み
鯛、ホタテのお刺身 春野菜添え
鱈の白子のスパゲッティ-ニ
no image
パスタ ペスカトーレ
生ハムと菜の花のパスタ フェットチーネ
ゆり根のクリームスープ
車エビのガーリック風味のオリーブオイル焼き
パスタ フジッリ トレビスとたまごたっぷりのクリームソース
パスタ リングイネ 空豆のクリームソース ペコリーノ トスカーノ フレスコ 風味