イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,693、パスタのレシピ数は1639。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

鹿肉ロースのラグー パスタ パルデッレ

   

鹿肉ロースのラグー パスタ パルデッレ
鹿肉ロースのラグー パスタ パルデッレ
 
イタリア料理レシピ
秋も深まりジビエの季節です
一度はジビエを味わいませんか
鹿のロース肉を使います
500gのブロックを使いますが
仕上がりのグラム数は300g以下になります
トロトロになりソースに溶け込んでいます
スーゴ・ディ・カルネは
フォンドボーのことです
コクのあるソースを作ります
ソフリットイタリアの調味料をしっかり
入れコクと味に奥行きを与えます
たまねぎ・にんじん・セロリを丁寧に炒め
しっかり水分を飛ばしたものです
赤ワインをたっぷり使い
チョコレート(カカオ70%)を入れ
鹿肉の臭み取り除きます
パスタはパルデッレを使います
すごく幅の広いパスタです
かみ応えがあり味の強い
ジビエによく合います
イタリア料理です
南天南天
南天
イタリア料理に使用する食材4人分












パスタ パルデッレ 140g
鹿肉ロース500g
たまねぎ1/4個
にんじん1/4本
セロリ1/4本
オリーブオイル20cc+20cc+20cc
ローズマリー(ドライ)3g
赤ワイン200cc
スーゴ・ディ・カルネ100cc
チョコレート(カカオ70%)50g
岩塩適量

イタリア料理に使用する食材

チプリアーニ パッパルデッレ
特に『パルパルデッレ』は、
幅広の“太麺”であるにもかかわらず、
薄さはあくまでも“1ミリ”という
世界一の薄さなのがとても珍しいですよね

鹿肉 ロース ブロック ジビエ料理【500g】
■鹿肉:ロース(ブロック)
■数量:500g
※ブロックが「2つ」
以上になる場合もありますので、ご了承ください。
■産地:国産(天然)
■状態:冷凍
※生ではお召し上がり頂けません。
最低限表面には火を通してください。
■発送元:お狩庵(兵庫県朝来市)

キスコ:HCQフォンドボー【1kg】
【特徴】
選び抜かれた最上級の仔牛の骨と
新鮮な野菜を使用し、
じっくりと時間をかけて
コトコト煮込みました。
完成度が高く、
コクと旨味が十分にあるので、
あまり煮詰めずにご使用いただけます。

★特選★ 淡路島たまねぎ (10kg入り)
★甘み・食感は絶品!
当店自信の淡路島たまねぎです

にんじん(500g)
濃厚なのにクセの少ない旨みと、
まるで柿を食べているかのような
自然で爽やかな甘みが特徴の、
常連様に大人気の千葉県産にんじんです

セロリ
ビタミンB1、ビタミンB2が
豊富で食物繊維が多く、
強壮、利尿、整腸などに効果があるとされ、
疲労回復や美肌効果、便秘予防などに
重宝されています

タブレット カカオ豆入り カカオ70% フランス産チョコレート
タブレットは板チョコレートです。
100g入り
コートジボワール トリニダードトバゴベネズエラ
カカオ70%のチョコレートです。
ノワール アカリグア カカオ豆入

バローネ・リカーゾリ 
ブロリオ・キャンティ・クラッシコ[2008]750ml
(イタリア・赤ワイン)
この価格帯のキャンティの中では、
トップクラスの評価を得ています。
それも毎ヴィンテージです!

エクストラヴァージンオリーブオイル『タジャスカ』【750ml】
イタリア/リグーリア

信頼と実績のプジョー 電動ペパーミルプジョー 
電動ペッパーミル エリスセンス 20cm

マスコット ローズマリー(パウダー) 20g
「マスコット ローズマリー(パウダー) 20g」は、
甘く爽やかなほろ苦さを持つ
強い芳香のハーブです。
肉や魚の臭み消し、香り付けにお使い下さい。

ペコリーノロマーノ DOP 9~12ヶ月熟成 約250gブロック(アウリッキョ)
羊乳、食塩、レンネット
内容量:約250g
原産国:イタリア
生産地:ロンバルディア州クレモナ

サーレ・ディ・ロッチャ・グロッソ
パスタを茹でるのに最適の塩!
小麦の旨さを引出します!
ドロゲリア社


イタリア料理レシピ手順
1.ペコリーノロマーノは
  すり下ろしておきます
2.***ソフリットを造ります
  たまねぎ・にんじん・セロリは
  微塵切りにします
3.ソースパンに
 オリーブオイル20ccを入れ
  弱火で丁寧に炒めます
  しっかり水分を飛ばすため
  木べらでフライパンの底を
  こすげながら
  40分間炒めます
4.鹿肉は
  500gのブロックに塩をすり込みます
5.ソフリットの入ったソースパンに
 ローズマリー(ドライ)を加えます
  軽く中火で炒め香りを出します
6.鹿肉を
  入れオリーブオイル20ccを足して
  表面に軽く焼き色を付けます
7.スーゴ・ディ・カルネを入れ
  230℃に設定したオーブンに入れ
  1時間30分ぐらい煮込みます
8.途中肉をひっくり返し
  ソースを上から回しかけます
  2回ぐらい繰り返します
9.肉を取り出し
  5mm角にカットします
10.再びソースの入った
   ソースパンに戻し入れ
   チョコレートを加え
   230℃のオーブンに15分間入れ
   煮込み味をなじませます
11.パスタパンに
   たっぷりをお湯を沸騰させ
   塩を軽くひとつかみ入れ
   パスタを入れゆでます
   パスタのゆで時間は袋に
   表示されている時間より
   2分間短めにゆでます
   仕上がり時にアルデンテを
   お楽しみいただけます
12.フライパンに
   適量のソースを入れ暖め
   茹で上がったパスタを入れ
   ソースを絡めます
13.食器に盛りつけ
   オリーブオイルを廻し入れ
   ペコリーノロマーノを振りかけます
イタリア料理に使用する調理器具

柳宗理sori Yanagiスタイリッシュステンレスボウル5個セット

チーズおろし(四面グレーター)

フィスラー NEWプロコレクション ソースパン浅型20cm

フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm

フィスラー/Fissler ニュープロコレクションマルチスター20cm

リチャード・ジノリ(Richard Ginori)ベッキオホワイト ラウンドプラター 29cm
九神未来総合文学集&
クラリネット奏者大空と共に生きる

心を優しく笹見込む様な素晴らしい詩を
一杯投稿しているブログです
ご紹介します
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. AL17 より:

    こんばんは~^^
    鹿の肉って 中々スーパーでは売っていませんがとっても美味しそうです~
    ローズマリーは 家のとメーカーさんが
    同じです(笑)
    南天が又素敵に撮れていますね♪
    いつも美味しいレシピを有難うございます。
    ぼち2させて頂きます。

  2. こまちまま より:

    こんにちわ!
    ラグーソース、とっても好きです^^
    しかも鹿肉だなんて、ちょっと贅沢ですね!
    太麺に絡んでおいしそうですーー。
    なかなか作れないレシピですけど、想像して我慢しておきます^^

  3. イヴォンヌ より:

    ジビエ料理もたまにはいいですよね~♪
    鹿肉ってどんなお味なんでしょ?食べたことないので是非食べてみたいです!

  4. ツマ より:

    鹿肉はこの間BirthdayDinnerで初めて頂きました。
    その時はフランボワーズのソースで甘酸っぱくて・・・
    こちらではチョコレートを使用?
    貧困な私の想像力ではどんなお味なのか・・・
    きっと格別に美味しいのは間違いないでしょうけれど・・・☆

  5. bun より:

    鹿肉とチョコレートにバローネ 
    すばらしい組み合わせ 感動でした。
    ポチx2して帰ります

  6. melody nelson より:

    ジビエ、シーズン到来ですね!
    とってもおいしそう~
    チョコレートを使うところが凄いなぁ…
    ハッとしました
    トライしてみたいですが、上級編でしょうか!? このパスタ、ぜひ食べてみたいです。

  7. tana より:

    こんにちわ^^
    今日のパスタもとっても美味しそうですね!
    鹿肉、赤ワインだけじゃなくてチョコレートも使って臭みを取るんですね!
    チョコで肉の臭みを取るのは初めて知りました!
    お肉が溶けるほどしっかり煮込んだラグー、とっても美味しそうです^^
    応援ポチリ☆

  8. jugon より:

    ryuji s1さん、こんばんは
    本当ですね、もうジビエの季節です。
    今日、ジビエのことを考えていました
    鹿肉のラグー、トロトロにして・・・言葉だけで美味しそうですぅ

  9. suzu より:

    鹿肉はまだ食べたことがないかも?
    赤ワインとチョコレートで臭みを消すのですね。
    私は臭みのあるお肉も大丈夫ですが、けっこう苦手な人も
    多いですよね。こうやって丁寧に作って臭みがなければ
    ちょっと苦手な人でも美味しく食べられそうですね!
    じっくり煮込んだラグー、是非食べてみたいです。

  10. ranran より:

    鹿肉大好きです♪
    でも鹿肉の入ったパスタなんて驚きです!(^^)!

  11. taeco より:

    学生時代、先生が鹿肉の鍋料理とかつくってくれたのを思い出しました。鹿肉おいしいですよねぇ~♪♪♪ 鹿肉を使ったイタリアンも味わいたいなぁ~って思いました^^

  12. 秋良 より:

    南天綺麗ですね。
    鹿のにおいどう処理するのかなぁと
    思ったらチョコレートなんですねぇ。
    勉強になりましたぁ~。

  13. たかぼん より:

    こんにちは。
    鹿肉って食べた記憶がないですね。
    臭みがあって固そうなイメージなのですが、そんなことないのですかね。

  14. mayunbo94 より:

    鹿肉食べた事ないんです~^^;
    でもryujiさんの作り方なら
    鹿臭さも消えて、私でも食べられそうです!!
    なんだか冬って感じのパスタでおいしそ~う♪
    ☆ポチ2ですね^^

  15. Sakulanbo より:

    わあ、鹿肉なんて贅沢ですね。
    ソースのチョコレートで臭みを取るなんてすごいです。鹿肉がお取り寄せできるなんて知りませんでした。おいしそうです。

  16. puffpuff より:

    ジビエもパスタだと気軽にいただけそうです。
    鹿肉、滅多に食べませんが大好きです♪
    クリスマスのイメージです。
    南天の実がいっぱい!!

  17. こんにちは。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    本日は鹿肉のラグーですね。
    とても美味しそうです。
    いつもながらの素晴らしいお料理です。
    全部ポチッと応援させて頂きます。

  18. おさむ より:

    おはようございます。
    鹿の煮込みですね、大好きです。
    あの野性的なかおり、たまりません。
    チョコを加えるの、昔からのレシピでしょうか、最近のものでしょうか。
    めずらしく感じます。
    コクがでますよね。
    ローズマリーで香りづけしてから煮込むのは、イタリアンだなと思いました。

  19. メロン より:

    おはようございます^^
    今日は鹿肉ですね!!
    鹿肉は正真正銘食べた事ありません。
    どんな食感なのでしょうね???
    南天
    可愛らしい実をつけて存在感がありますね。
    いつもありがとうございます^^
    ポチッ☆っと応援♪

  20. tamakiti より:

    北海道では鹿が増えすぎて困ってるようです。
    食べたことないですけど、
    意外と美味しいらしいですね。

  21. ゆりりん より:

    鹿肉のラグーですか!!
    素敵です☆
    クリスマスにもいいですよね~。
    ハーブの使い方といい、
    本当にいつも感動のレシピです。
    応援ポチ☆

  22. kazuyoo60 より:

    南天の実が沢山実って、お正月気分です。我が家のは昨年今年と実着きが悪いです。重い房の時が何年も続いていましたのに、今は昔です。
    ジビエですか。名前だけは知っています。撃った直後処理が肝心だそうですね。前にテレビで見ました。
    鹿肉、トナカイ、野鳥など、狩猟民族と言われた方達の喜びの季節なのでしょう。
    イノシシやイノブタ、キジ、数回しか食べてませんが、美味しいです。
    兵庫県にお住まいだったのですね。

  23. toruneko65 より:

    北海道はよく、鹿にくが手に入りますが、
    どうも、苦手で…新鮮なのに。
    夫の知人に狩をする友人がいますので。
    臭味にチョコレートを使うとは・・・
    とても勉強になりました!

  24. nanako より:

    ryujiさん、おはようございます!
    ソースにチョコを使う…
    どんな感じに仕上がるのでしょうか?
    鹿肉ロース食べてみたいです!

  25. 濃厚なソースと、パルパルデッレがよく合いそうです。冬の料理という感じです。
    パルパルデッレ、いただいたことありませんが、厚さは薄いのですね。とても美味しそうです。
    南天の実よく付いています。すごいです。
    うちは、すぐに落ちたり、鳥に食べられたりで、いつも全滅です。

  26. らるむ。 より:

    おはようございます。
    鹿肉のラグーとは珍しい!
    でも、ジビエ料理に憧れてるし、馬鹿鴨類大好きなので、想像しただけでもおいしそうです(≧∇≦)
    香味野菜のソフリット効果で臭みもなくコクありのおいしいソースですね♪
    応援☆

  27. siawasekun より:

    おはようございます♪♪
    鹿肉ロースのラグー パスタ パルデッレ
    、・・・・・・。
    食べたことがありません。
    食べたくなりましたよ。
    ぜひ、・・・・・・。
    昨日も、コメント&応援ポチに、恐縮です。
    応援ポチ♪♪

  28. やまおぼる より:

    応援頂き、どうもありがとうございます。
    ソースにチョコレート使うんですね。
    お肉のコクが増して美味しそうです。

是非 あなたのご意見をお願いします 質問があれば分かる範囲でお答えしたいと思っております

  関連記事

かきのソテー カリカリのパン粉がけ
じゃがいもとリコッタチーズ・マスカルポーネのピュレー
ゴルゴンゾーラのパスタ ストラッチ
インゲンの牛肉巻き ヴィンコットソース
アグー豚肩ロース ローストのフェンネル風味
no image
ブッタネスカ スパゲッティ
牛テールのブランディ風味のスープ
ペペロンチーノたっぷりのピリ辛 パスタ キターラ ゴルゴンゾーラ風味
まいわしのマリネ
サルシッチャのソテー 白ワイン風味
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。