イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,581、パスタのレシピ数は1587。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

仔羊ロース芯のソテー 赤ワインソース

   

仔羊ロース芯のソテー 赤ワインソース
仔羊ロース芯のソテー 赤ワインソース
 
イタリア料理レシピ
仔羊ロースの芯のみの製品を使います
あたりにる脂身やバラ肉の部分は
きれいにカットされています
非常に柔らかな部位です
肉の表はこんがりと中は
レアに焼き上げましょう
ソースは
ズーゴ・ディ・カルネをメインに使います
それに赤ワインを加え
味に深み持たせました
イタリア料理です
ボケボケ
ボケ
イタリア料理に使用する食材2人分









仔羊のロース芯400g
じゃがいも1個
オリーブオイル30cc
にんにく2片
エシャロット1個
ズーゴ・ディ・カルネ100cc
岩塩適量
ブラックペパー適量

イタリア料理に使用する食材

オーストラリア産 ラムショートロインアイ(ロース芯)【約1kg】
この商品は、
仔羊のロースのみに成形した商品です。
ラムで一番柔らかい部位といっても
過言ではありません

ダウロアンポルダ(DAURO EMPORDA)オリーブオイル500ml
ノーベル賞授賞式に提供される
唯一のメーカーが造る
オリーブオイルの傑作!

フォンドヴォー 240g
西洋料理にはかかせない
ダシといえば フォンドヴォー。
この「キスコ」のフォンドヴォーは
厳選した仔牛骨と牛肉をこんがりと焼き、
野菜はしっかりと炒め、
丹念にアクを取り除きながら
じっくり煮込むという、
フォンドヴォーづくりの基本を
忠実に守り作られています。

イタリア 高級赤 ワイン
バルベーラ ダルバ ヴィッララターナ
Barbera d’Alba lo Zoccolaio Sucule
イタリア北部ピエモンテ州高級赤ワイン
果実実がしっかりしてコクがある、
フルボディ。
バルベーラ種100%。
ガーネット色を帯びたルビーレット

ドロゲリア社サーレ・ディ・ロッチァ 岩塩 フィノ 細粒 1kg
この岩塩は、
シチリア島ペレッリーノ鉱山の
地下1000mのところから採掘されたものです

青森県 田子町産 にんにく 2Lサイズ C2L 12個前後
森県が誇るブランド産地田子町から、
産地直送でお届けします!

ベルギー産エシャロット(300グラム)
褐色の薄皮に包まれ、
ペコロスのような形をしています。
摩り下ろして、ドレッシングに入れたり
みじん切りにして 炒め、
魚や肉料理の香りつけなどに使われます。

【ブラックペッパー】 ホール100g
【最高品質】
有機オーガニック素材の無農薬・無肥料

プジョー 電動ペッパーミル エリスセンス 20cm
「エリス」は、挽き具合を
前もって選択できるシステムを備えています。
単4電池6本付き


イタリア料理レシピ手順
1.ジャガイモは
  皮を剝いて厚さ1cmの輪切りにします
  フライパンにオリーブオイル20cc入れ
  ソテーします
  きれいな焼き色を付けます
  添え物にします
2.にんにくは
  縦に二等分にし中の芽の部分を
  きれいに取りいやな苦みをなくします
  叩きつぶします
3.エシャロットは
  微塵切りにします
4.仔羊の肉に
  本当に軽く全体に塩を振りかけます
***ソースを作ります
5.ソースパンにに
  オリーブオイル40ccを入れにんにく・
  エシャロットを入れ弱火で丁寧に炒めます
  エシャロットにしっかり火が通ったら
6.赤ワインを入れ強火にして
  アルコール分を飛ばします
ズーゴ・ディ・カルネ(フォンドボー)を
  入れ1/3ほど煮詰めます
7.裏ごしします
8.フライパンにオリーブオイルを
  入れ仔羊の焼く面に塩を振ります
  仔羊を入れ中火でソテーします
  しっかり焼き色がついたら上面に
  塩を振りかけ
  裏返しソテーします
  しっかり焼き色がついたら
  再び裏返し軽く火を通します
  すぐに裏返して軽く火を通します
9.仔羊の肉を
  8mmぐらいの厚さにスライスします
10.食器にソースを流し込み
   その上に肉を盛りつけます
   ジャガイモのソテーを飾ります
イタリア料理に使用する調理器具

フィスラー NEWプロコレクション ソースパン浅型20cm

18-8ステンレスうらごし 24cm

フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm

.L コケー ヘミスフィア ゴールドストライプ プレゼンテーションプレート 31cm
gardening
和代さんのブログです
花のことがすごくお詳しく
私がわからないときは必ず教えて頂いております
PCのことにも造詣が深く
素晴らしいレティーです
楽しみに訪れては
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. おさむ より:

    こんばんわ
    そもそも、子羊は大好きなんですが、この丁寧に仕上げられた赤ワインソースでは、さらに食欲をそそります。
    とってもおいしそうです。

  2. siawasekun より:

    おはようございます♪♪
    仔羊ロース芯のソテー 赤ワインソース
    、・・・・・・。
    食べたことがありません。
    食べたくなりましたよ。
    ぜひ、・・・・・・。
    いつも、コメント&応援ポチに、深謝です。
    応援ポチ♪♪

  3. らるむ。 より:

    おはようございます。
    仔羊ロースの芯のみ使用とは、これまた贅沢ですねー(≧∇≦)
    かなり柔らかいんでしょうね♪
    羊が苦手な私ですが、レアに魅かれて食べてみたいです(*^_^*)
    応援☆

  4. kazuyoo60 より:

    ボケが綺麗に咲きましたね。今の時期のはなんだか愛おしいです。
    朝昼晩、ジャガイモが出てきてうんざり気味のコメントがありました。確かに、それほどの量は私たちは食べてませんが、このおかげで生き残れる人が増えたのも事実ですね。

  5. メロン より:

    おはようございます^^
    仔羊の芯
    興味深い食材ですね♪
    赤ワイン私も買って来なくちゃ~
    いつもありがとうございます^^
    ポチッ☆っと応援♪

  6. タヌ子 より:

    脂身を取り除いたピュアな部分だけを使う贅沢なお料理ですね。
    こういう美味しいお肉は色々なスパイスを入れずにシンプルに味わうのが一番ですね。

  7. Sakulanbo より:

    子羊のロースの芯だけなんて
    これまた贅沢ですね。
    これも食べてみたいです。

  8. toruneko65 より:

    あまりにも綺麗なイラストお料理に
    コメントしてしまいました。
    子羊のロースなんて本当に贅沢な食材ですね。
    札幌のデパ地下でも買うことが出来ません。
    本当にやわらかそうで、美味しそうです。
    素晴らしいレシピありがとうございます。
    お忙しそうなので返コメは御無用ですよ。。

  9. taeco より:

    今日もとてもおいしそうですねぇ。仔羊ロース芯はいただいたことがない気がします~。いつかいただく日が来るのかしら…^^; レシピを頭の中に入れておいて、いつの日かつくれたらって思います^^

  10. suzu より:

    表面はこんがり、中はレアに焼き上げた仔羊のロース
    とっても美味しそうです。
    じゃがいもソテーをのせて見た目もいいですね。
    クリスマスにもピッタリですね!

  11. nanako より:

    ryujiさん、こんにちは!
    子羊のロース、柔らかいお肉が
    とろけそうに美味しいんでしょうね!
    赤ワインのソースも味わってみたいです!

  12. yuko より:

    仔羊・・・・
    それもロースの芯のみ・・・
    柔らかくておいしいのでしょうね
    赤ワインソースがまたおいしそうです
    食べてみたいお料理です
    ポチッポチっ

  13. こんばんは。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    本日も美味しさが満点ですね!!
    とても美味しそうなソテーです。
    是非作ってみます。
    全部ポチっと応援させて頂きます。

  14. はるこ より:

    お客さんがいらした時にいいですね、、
    ソースがすごく食欲をそそりますね!
    このレシピ、お友達の若い子に教えてあげたくなりましたのでプリントアウトしました。
    このオリーブオイルどこにでも売っているのかしら、、シャロットは家にあるのと同じみたいです、、、

  15. ranran より:

    子羊のロースの芯だけなんて絶対贅沢な食べ方ですよねー♪
    食べてみたい。。。今日はかなり質素な夕ご飯だったの(関係ないけど(笑。)

  16. ボーノ より:

    ryujiさん
    コメントありがとうございました。
    日中は、いいお天気でしたね!
    夜は寒いので風邪に気お付けましょ。
    応援☆!

  17. ortho より:

    ボケの花が綺麗ですね。ボケの花の時期は春と思っていましたが、今の時期にも咲くんですね。知りませんでした。
    拙ブログでのコメントありがとうございました。

  18. Sivaji より:

    ソース・ボルドレーズに近いですが、最後にバターで繋がないところが違うところですね。
    芯のみなので、脂のくどさがなく、繊細な感じで、キレのよいソースがアクセントになっていそうです。

コメントを残す

  関連記事

かぼちゃのゴルゴンゾーラ仕立て
キノコの煮込み パスタ リングイネ
甘エビとからすみのパスタ
菜花の アンチョビー水牛バター風味
鶏肉とさといも煮
パスタ タリアテッレミニトマト ミントソース
スナップエンドウとグラナ・パダーノ 生ハム添え
青唐辛子 ちりめんじゃことペペロンチーノ
アンチョビーとクリーンアスパラのパスタ リングイーネ ガルム風味
柿とあんぽ柿のパスタ スパゲッティ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。