イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,574、パスタのレシピ数は1583。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

ひよこ豆のStufato(ストゥファート)

   

ひよこ豆のStufato(ストゥファート)
ひよこ豆のStufato(ストゥファート)
 
イタリア料理レシピ
Stufatoとは煮込み料理のことで
ポトフとよく似ています
ひよこ豆のホクホク感がおいしさを募ります
グアンチャーレとは豚のほほ肉の生ハムです
皮付きで脂身がすごく甘みがあり美味しい生ハムです
その皮は味にこくがあり煮込むと
柔らかくとても美味しいです
それにグアンチャーレの脂身も加えています
スーゴ・ディ・カルネ(フォン・ド・ボウ)と
野菜のブロードでしっかり味を付けています
塩・ブラックペパーは使いません
イタリア料理です 
パイナップル セージパイナップル セージ
パイナップル セージ
イタリア料理に使用する食材2人分






ひよこ豆30g
グアンチャーレ40g+30g
スーゴ・ディ・カルネ100cc
野菜のブロード200cc
オリーブオイル30cc

イタリア料理に使用する食材

ボルギーニ社 チェーチ(ひよこ豆) 500g
イタリア、トスカーナ産の有機栽培
(オーガニック)のひよこ豆です。
ホクホクとした食感で、
サラダ、スープ、煮込み料理によく使われます。
世界中で愛されるひよこ豆ですが、
イタリアではチェーチ、スペインでは
ガルバンゾと呼ばれます。

プレシーラ社グアンチャーレ 約700g不定貫
グアンチャーレは
イタリアのパンチェッタと同じように
脂の層とお肉の層に分割されております
最大の特徴と致しましては、
豚のトントロを塩付けにして
生ハムにしたようなイメージです。
その脂身は・・・もう、もう甘くてたまりません

キスコ:HCQフォンドボー【1kg】
【特徴】
選び抜かれた最上級の仔牛の骨と
新鮮な野菜を使用し、
じっくりと時間をかけて
コトコト煮込みました。
完成度が高く、
コクと旨味が十分にあるので、
あまり煮詰めずにご使用いただけます。

ウェル社ビオロジコオーガニック野菜ブロード(コンソメ)150g
無農薬自然農法により栽培した
野菜を使ったブロード(コンソメ)です

ダウロアンポルダ(DAURO EMPORDA)オリーブオイル500ml
ノーベル賞授賞式に提供される
唯一のメーカーが造る
オリーブオイルの傑作!


イタリア料理レシピ手順
1.ひよこ豆は
  ボールに入れ、水でよく洗います
  このとき、ゴミや欠けた豆
  しなびた豆・浮き上がってくる豆などを
  取り除きます
  状態の悪い豆は味も悪く
  煮あがり時にムラになります
  豆の量の3倍ぐらいの水に
  6時間くらい浸けておきます
  表皮に皺のある豆が混じっておらず
  各粒が均一にふっくら膨らんだ状態に
  なっていれば大丈夫です
2.グアンチャーレは
  表面に皮がついています
  その皮40gをそぎ落とし
  5mm幅×20mmにカットします
3.グアンチャーレは
  身の部分を30g粗く刻みます
4.ソースパンに
ひよこ豆とひよこ豆の戻し汁50cc
スーゴ・デイ・カルネ100cc
  野菜のブロード200cc
  グアンチャーレの皮40g・身30gを
  入れます
  蓋をしてオーブンの温度を230℃に
  設定し余熱しておきソースパンを
  入れます
  1時間30分間煮込み途中で
  木べらで鍋の底をこすげるようにし
  かき混ぜます
5.ボウルに移しへらでしたから
  上に上げるように静かにまぜ
  あら熱を取ります
6.食器に盛り付けます
イタリア料理に使用する調理器具

フィスラー NEWプロコレクション ソースパン浅型20cm

リチャード・ジノリ(Richard Ginori)プリマベーラ プレート25cm
フレンチ、イタリアンのレシピ -グルメレシピ-
Sivajiさんを紹介します  

ワインソムリエでもあり
フランス料理を中心に素敵なレシピを
紹介されています
丁寧な料理 レシピをぜひご覧下さい
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. yuko より:

    ひよこ豆大好きです
    あのホクホク感がたまりません・・・
    塩とコショウ無しで グアンチャーレの塩気と旨味で煮ていくんですね
    おいしそうです
    今度作ってみます
    いつも素敵なレシピありがとうございます
    すごく勉強になります
    ポチッポチッ☆

  2. siawasekun より:

    おはようございます♪♪
    ひよこ豆のStufato(ストゥファート)、・・・・・・。
    珍しいです。
    ご紹介、ありがとうございました。
    いつも、コメント&応援ポチに、深謝です。
    応援ポチ♪♪

  3. melocoton より:

    わっ。 
    ひよこ豆とグアンチャーレなんて理想のコンビです!

  4. らるむ。 より:

    おはようございます。
    ひよこ豆はホクホクしてて人気がありますよね(*^_^*)
    材料がシンプルなだけに、グアンチャーレの旨味が引き立ちそうですね♪
    手間暇がかかってる分、食べた時の喜びが大きいですね!
    応援☆

  5. メロン より:

    おはようございます^^
    お豆を使ったお料理
    たまにしか作らないのですが、
    これからどんどん取り入れていこうかな~と思っています♪♪♪
    いつもありがとうございます^^
    ポチッ☆っと応援♪

  6. たかぼん より:

    こんにちは。
    この時期だと、このような温かい料理は体が温まるからいいですね。

  7. Kay より:

    体がほっこりと喜びそうな煮込み料理ですね。
    グアンチャーレというものを、初めて知りました。美味しそうな料理の数々と主に、沢山の食材を学ぶことができます。感謝のポチポチ!でした。

  8. ranran より:

    ひよこ豆は大好きでいろいろな料理に使ってます。こんな料理にも使えるんですね~♪
    とてもおいしそうヽ(〃v〃)ノ

  9. りかりん より:

    ryujiさんこんにちは!
    ヒヨコマメって・・・お恥ずしながら、イタリアのものだとは知らなかった私(^^;)
    そっか、そうだったんですねぇ。
    私、お豆類使うの下手なのですが、今度何かで使ってみよう~っと!

  10. あやん より:

    こんにちは!
    とても詳しく、わかりやすいレシピに感激です。
    レシピの料理イラストも可愛らしく、こういうことも出来る方だなんて、どんな方なんだろうと考えてしまいました^^
    食材は見たことも聞いたこともないのに、
    使ってみたい、食べてみたいなと^^
    オーガニックの野菜コンソメに大変興味があります♪

  11. mayunbo94 より:

    ひよこ豆のストゥファート、ほくほくお豆とグアンチャーレの旨味が
    おいしそーうですね!!
    ほっとします^^
    ☆応援

  12. minerva より:

    ryujiさん、コメントありがとうございます。
    そして色々とお気遣い頂きまして感謝です
    グアンチャーレ、初耳でした。
    食べてみたいです!
    本当に脂が美味しそうですね。
    脂とお肉の旨味がにじみ出たスープは
    最高の味わいでしょうね
    これからもryujiさんの素敵なオリジナルレシピ
    楽しみにしています。

  13. Sakulanbo より:

    ひよこ豆の煮込みですか。ホクホクしておいしそうですね。グアンチャーレって初めて聞きました。

  14. puffpuff より:

    ひよこ豆、大好きです。
    たっぷり作っておきたいお料理です!

  15. suzu より:

    ひよこ豆大好きです。
    栄養もあるしあのホクホク感がいいですよね。
    これからの季節にピッタリの煮込み料理。
    グアンチャーレとよく合って美味しそうですね!

  16. taeco より:

    ひよこ豆、おいしいようですねぇ。私は自分では、お豆腐や大豆しか買わないのですが、豆も取り入れていかなくてはと思う今日この頃です。とても勉強になります^^

  17. dove-2 より:

    ひよこ豆はスープや煮込み料理によく使いますがとても美味しいですね。
    牛・豚・鶏・魚介…何れとでも合いますし…。
    doveがこの料理で当たり前に思いつくのはベーコンやソーセージですが、生ハムを御使いになるとはさすがryujiさんです。
    使ったことはありませんが、なるほど、この生ハムなら脂肪や皮はとても好い味を出してくれるでしょう。
    脂肪は甘味を、皮は香ばしさを。
    全体としてまろやかで濃厚な味わいを…。
    喉が鳴ります。…素晴らしいです。

  18. dove-2 より:

    ひよこ豆はスープや煮込み料理によく使いますがとても美味しいですね。
    牛・豚・鶏・魚介…何れとでも合いますし…。
    doveがこの料理で当たり前に思いつくのはベーコンやソーセージですが、生ハムを御使いになるとはさすがryujiさんです。
    使ったことはありませんが、なるほど、この生ハムなら脂肪や皮はとても好い味を出してくれるでしょう。
    脂肪は甘味を、皮は香ばしさを。
    全体としてまろやかで濃厚な味わいを…。
    喉が鳴ります。…素晴らしいです。

  19. ツマ より:

    こんにちは。
    ひよこ豆とっても美味しいしほくほく感が大好きです。
    我が家はカレーによく入れます。
    こんなイタリアン、是非食べてみたいですーー
    塩を入れなくても素材からの塩っ気だけでいいんですね!!

  20. こんばんは。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    とても美味しそうなお料理ですね。
    このお料理は、ひよこ豆が大好きな私好みです。
    是非作ってみます。
    全部ポチッと応援させて頂きます。

  21. イヴォンヌ より:

    ひよこ豆って大好きです♪
    ガンチャーレと煮込み野菜の旨みで味を出してヘルシーでおいしそう~

  22. kei より:

    こんばんは。
    ひよこ豆のホクホク感。
    大好きです。
    シンプルな一品ですね~。

  23. 森の子 より:

    ひよこ豆って名前は、可愛いけれど、結構大きいんですよね。
    こういうスープ・・ですよね?は、お腹に優しいから好きです。

  24. ゆりりん より:

    ほくほくのひよこ豆大好きです。
    シンプルに素材の味をいただくお料理ですね!!
    優しい味わい。
    食べてみたいです

  25. こまちまま より:

    こんばんわ!
    これまたおいしそうです!
    塩と胡椒を使わなくてもおいしいなんて。
    この豚が旨みを出してくれるんですね。
    うーん、おダシをいただきたい!!
    豆も大好きなので、とても魅力的です^^

  26. おさむ より:

    こんばんわ
    グアカチャーレという、ほほ肉の生ハムを使うところが特徴ですね。
    とても美味しそうです。

  27. はるこ より:

    ひよこまめ、、
    大好きな人が多いですね~
    私もそのひとり、、、
    この方法ではまた違った美味しさを味わえそうです。
    いつも素敵なレシピ、、、アリガトウございます。

コメントを残す

  関連記事

鶏もも肉の赤ワイン煮込み
鯛のムニエルトマトソース和え
イタリアンキャベツ『アクート』 アンチョビーオイルソースがけ
豚もも肉のパイナップル煮込み
イノシシ肉の煮込み ポレンタ添え
カリカリにんにくのペペロンチーノ ルッコラ乗せ
イベリコ豚バラ肉と干しイチジクの甘酢煮込み
no image
トマト・モッツアレラチーズ ジャガイモのジェノベーゼソース和え
焼きなすのマスカルポーネムース アーモンド添え
丹波地鶏の朝引きのささみのサラダ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。