イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,637、パスタのレシピ数は1614。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

なすのマリネ(Melanzene)

   

なすのマリネ(Melanzene)
なすのマリネ(Melanzene)
 
イタリア料理レシピ
Melanzene イタリア語でマリナータといいます
マリネのことです
なすを薄く縦にカットして
オーブンでローストします
なすのうまみを水分を飛ばして
凝縮します
アンチョビーを隠し味にします
イタリア料理です 
ビオラビオラ
ビオラ
イタリア料理に使用する食材2人分





なす2本
オリーブオイル30cc
にんにく2片
アンチョビーフィレ1枚

イタリア料理に使用する食材

なす(3本)
手間暇かけたこだわり栽培なので
なすの旨味が違います! 炒め物
煮物はもちろん
お漬物・ぬか漬けなどのシンプルな
お料理にもどうぞ♪

アンチョビー 365g ロイヤルパール
スペインからの美味しい食材
カンタブリア地方の
アンチョビを原料にした”ロイヤルパール”は、
発酵熟成した魚醤のような
魚の旨みと絶妙な加減の塩がさらに
上質なオリーブオイルによってまろやかな
余韻を感じさせます

フレスコバルディのラウデミオ オリーブオイル 500cc 
エキストラヴァージンオリーブオイルは
酸度(遊離オレイン酸の%)が
1%以下の物ですが、
このラウデミオは、
その酸度が約0.2%という最高品質の
エキストラヴァージンオリーブオイルです

青森県 田子町産 にんにく
2Lサイズ【田子町産にんにく C2L 12個前後】
青森県が誇るブランド産地田子町から、
産地直送でお届けします

シチリア産岩塩・粗粒
この岩塩は
シチリア島ペレッリーノ鉱山の
地下1000mのところから採掘され
太古の岩塩は、お料理の味を
ぐっと引き立たせてくれます

プジョー エリス 電動 ソルトミル』 ソルト/ミル/塩/ワンハンド/片手
粗さ調整可能


イタリア料理レシピ手順
1.にんにくのチップは
  なすのマリネが完成した後で
  盛り付ける少し前に調理します
2.にんにくは
  横に1mmの厚さにスライスします
  切り口の中心にアル芽の部分を
  爪楊枝などできれいに取ります
3.フライパンに
  オリーブオイル・にんにくを入れ弱火で
  丁寧に炒めます
4.にんにくが少し色づいてきたら
  アンチョビーフィレを
  微塵切りにしたものを入ります
  にんにくがきれいに色づいてきたら
  火を止めフライパンの底を
  水気を含ませたタオルの上にのせ
  急激にフライパンの温度を下げ
  にんにくの色が濃くならないように
  します
5.なすは
  へたの部分をカットします
  縦に8mmぐらいの厚さに
  カットします
  切り口に塩を振りかけ10分間置き
  水気とアクをきれいに拭き取ります
6.オーブンの
  温度を230℃に設定し余熱します
7.天板に
  オーブンシートを敷き
  その上になすをのせます
8.10分間ぐらいローストします
  なすの上に塩を振りかけます
  裏返します
  さらに10分間ローストし塩を
  振りかけます
  調理用の網の上に
  なすが重なり合わないように
  丁寧に乗せます
9.あら熱を取ります
10.バットになすを並べます
   その上ににんにくを炒めたときの
   オイルを上からかけます
   30分間ごとに2回なすを裏返し
   マリネを続けます
   2時間ほどおいたら美味しくいただけます
11.食器に盛り付けます
   そのときにんにくチップを
   なすの上に乗せるようにして
   飾りにします
イタリア料理に使用する調理器具

有元葉子 ラ・バーゼ ステンレス角型3点セット

フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm

パティシエール オーブンシート PP728 テフロン

リチャード・ジノリ(Richard Ginori)クリッパー プレート24cm
徒然なるままに…なんてね。
dove-2さんのブログです 
 
今は写真に夢中担っています
楽しい写真が見られますを
古いおつきあいです
よく私のレシピで料理をお作り頂いております
ぜひご訪問下さい
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. おさむ より:

    なすひとつとっても、丁寧に愛情をもって、料理されている。
    美味しそうです。

  2. siawasekun より:

    おはようございます♪♪
    なすのマリネ(Melanzene)、・・・・・・。
    食べたくなりましたよ。
    ぜひ、・・・・・・。
    いつも、コメント&応援ポチに、深謝です。
    応援ポチ♪♪

  3. らるむ。 より:

    おはようございます。
    凄くシンプルな材料に驚きですが、アンチョビの塩気でナスの旨味が味わる一品ですね♪
    しばらくナスを食べてないので、食べたくなっちゃいました(*^^)v
    応援☆

  4. ryuji_s1さん>おはようございます♪
    茄子のマリネ美味しそうですね。
    私も茄子好きなので、ラザニアにもオリーブオイルで焼いてから入れました。
    アンチョビーや油との相性が良いですよね(^-^)

  5. dr_ortho より:

    今年もきれいなビオラが咲きましたね。
    いつも拙ブログへのコメントありがとうございます。応援ぽちに来ました。

  6. kazuyoo60 より:

    可憐なビオラですね。良い色のを買われました。
    ナスとニンニクですか。ニンニクは買って焼酎に漬けたりしたのはあるのですが、苦手なのです。使えば美味しいとは思うのですが。

  7. メロン より:

    おはようございます^^
    お茄子はマリナータと言うのですね~
    ありがとうございます^^
    イタリアンのお店に行くと、
    イマイチ解らないメニューが多いですからね(汗
    このお茄子のお料理は、
    作りやすいですね♪
    いつもありがとうございます^^
    ポチッ☆っと応援♪

  8. taeco より:

    ナスのマリネにアンチョビを使うのですねぇ~@@ おいしそう~。アンチョビフィレも買っていきたいな~と思いました@@;すでに容量オーバーなので、減らさなきゃいけないのですが…(^^; 

  9. SIvaji より:

    ニンニクのオイルでマリネするんですね~。
    油と相性の良いナスがニンニク風味のオイルとよくマッチしそうです。

  10. RiRi* より:

    こんにちは、RiRi*です。
    コメントありがとうございました。
    記事の一番上にあるイラスト、とてもかわいいですね。
    ささっと書いたような手書きフォントが、イラストによくあっています!

  11. Sakulanbo より:

    わあ、茄子のマリネ、ほんと茄子のうまみが凝縮されていておいしそうですね。これならアメリカの巨大茄子でもおいしくできるかもしれません。あ、ちょっと大味になっちゃいそうですけど、今度試してみたいです。

  12. イヴォンヌ より:

    なすおいしいですよね~
    オーブンで焼いてアンチョビで味付けおいしそう~♪

  13. こんばんは。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    本日のお料理も魅力的ですね。
    とても美味しそうです。
    是非作ってみます。
    全部ポチッと応援させて頂きます。

  14. しぇりこ より:

    なす~美味しいですよね。
    なすのマリネの作り方を見て
    あまりの丁寧さにびっくり!
    ビオラ~寒空の中きれいですよね。
    応援2ぽち☆

  15. はるこ より:

    いつも、茄子の食べ方のいいのが見つからなくて困っていたので、これはうれしいです。
    アンチョビ大好きだし、、、
    今日は、アンチョビを買いに行こうと思っています。
    詳しいレシピとってもうれしいです。
    茄子好きの妹にさっそく知らせなくては、、

コメントを残す

  関連記事

豚バラ肉の白ワイン煮
新ジャガイモのサルサ・ブェルデソース和え
大羽いわしのパスタ スパゲッティ
古代米イタリア産 黒米 riso nero venere タケノコ のリゾット
パスタ ペンネ菜の花のくるみ添え
no image
アンチョビーのサラダ
栗とキノコのパスタ フェットチーネ
今が旬のとりたての瀬戸内の小イワシのフリット
no image
パスタ ペスカトーレ
イノシシパラ肉のコンフィキャベツ添え