イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,641、パスタのレシピ数は1615。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

仔羊のカチャトーラ

   

仔羊のカチャトーラ
仔羊のカチャトーラ
 
イタリア料理レシピ
カチャトーラとは猟師風のことです
仔羊の骨付きもも肉を使います
ぶつ切りにしたバラ肉を
赤ワインビネガーのみでしっかり煮込みます
ローズマリーの甘い香りが素敵です
イタリア料理です
ビオラビオラ
ビオラ
イタリア料理に使用する食材6人分









仔羊骨付きもも肉1000g
にんにく2片
アンチョビーフィレ3枚
オリーブオイル30cc
赤ワインビネガー80cc
ローズマリー3枝
イタリアンパセリ2枝
岩塩適量

イタリア料理に使用する食材

骨付きラムレッグカット済み1pc 約1kg 
お肉はやっぱり骨付き肉で!
(仔羊の骨付きモモ肉ぶつ切り)
骨付きラムレッグを骨の
付いた状態のままカットしました
煮込み料理やステーキとしてどうぞ 

アンチョビー 365g ロイヤルパール
スペインからの美味しい食材
カンタブリア地方の
アンチョビを原料にした”ロイヤルパール”は
発酵熟成した魚醤のような魚の旨みと
絶妙な加減の塩がさらに
上質なオリーブオイルによって
まろやかな余韻を感じさせます

ランガローロ赤ワインビネガー【500ml】
イタリア/ピエモンテ州クネオ:

エクストラヴァージンオリーブオイル ヴィッラ マーグラ 500ml
原材料:エクストラヴァージンオリーヴオイル
原産国:イタリア
生産地:トスカーナ州 
グロッセート近郊モンテネーロ ドルチャ
品種:フラントイオ、モライオーロ、レッチーノ

青森県 田子町産 にんにく
2Lサイズ【田子町産にんにく C2L 12個前後】
青森県が誇るブランド産地田子町から、
産地直送でお届けします

ローズマリー ハーブ
肉類全般の匂い消しや
風味付けによく使われます
鶏肉の皮の間に挟んで香
り付けしたり
ポテトと一緒に 炒めたりと
フレッシュハーブですので
かなり香りがつきやすいです

愛知産 ”特選ハーブ” イタリアンパセリ
別名「パスレー」とも呼ばれています
パセリの仲間だお思ってください
だから、パセリの香りがします
見た目はパセリよりも
上品でスマートです

シチリア産岩塩・粗粒
この岩塩は
シチリア島ペレッリーノ鉱山の
地下1000mのところから採掘され
太古の岩塩は、お料理の味を
ぐっと引き立たせてくれます

プジョー エリス 電動 ソルトミル』 ソルト/ミル/塩/ワンハンド/片手
粗さ調整可能


イタリア料理レシピ手順
1.仔羊骨付きもも肉は
  一昼夜かけ冷蔵庫で
  自然解凍しておきます
2.仔羊肉を
  100gぐらいずつにカットします
3.にんにくは
  縦に二等分にし中の芽の部分をきれいに
  取りいやな苦みをなくします
  粗く刻みます
4.アンチョビーフイレは
  細かく叩いておきます
5.イタリアンパセリは
  葉の部分を粗く刻んでおきます
6.フライパンに
  オリーブオイル・にんにくを入れ
  弱火で丁寧に炒めます
7.にんにくの
  香りが立ってきたら
  アンチョビー・ローズマリーを入れ
  軽くませながら炒めます
8.肉を並べて入れ
  塩を軽く振ります
  中火で炒め
  焼き色がついたら裏返し塩を
  振りかけます
9.全面に焼き色を付けるように炒めます
10.赤ワインビネガーを
   廻し入れます
11.蓋を閉め
   前もって250℃にオーブンに
   温度を設定しておき
   その中に入れ50分間蒸し煮にします
   20分ごとに蓋を開け
   鍋の底にたまったソースを
   スプーンですくい上からかけます
   そして肉をひっくり返しソースを
   絡ませます
12.できあがったら
   イタリアンパセリを振り
   入れ混ぜ合わせます
イタリア料理に使用する調理器具

フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm

楽しいキッチン
バリ猫(ゆっきー)さんのブログです
  
「好きこそものの上手なれ」を
モットーに日々料理をしています>
丁寧な料理 レシピをぜひご覧下さい
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

過去の仔羊の料理レシピを参考までに
仔羊ロース芯のソテー 赤ワインソース
仔羊のミートソースのパスタ リングイネ
仔羊の骨付きジャンクのロースト ハーブ入り岩塩
仔羊とペコロス(小たまねぎ)のフリカッセ

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. らるむ。 より:

    おはようございます。
    カチャトーラ好きですが、羊さんですね・・・。
    羊肉もバラ肉とか売ってるんですね!
    ちょっとバラ肉には魅かれますが、苦手な羊さん^^;
    私の作るカチャトーラはトマトですが、赤ワインビネガーだとさっぱりしてて、良さそうですね♪
    応援☆

  2. snc より:

    こんにちは、
    先日はお寄り下さいましてコメントも戴けましてありがとうございました。
    イタリア料理のカチャトーラは鶏肉が有名ですので我が家でしてもたまに作りすが仔羊でしたらこの時期にとても合いそうですね、赤ワインヴィネガーで煮込まれますとお肉が柔らかく特有の匂いも消えましてさっぱりととても美味しそうです。

  3. kazuyoo60 より:

    羊肉って綺麗ですね。普段は目にすることが無いです。奈良は田舎で買う人が少ないからなのでしょう。
    香辛料ハーブ類は食べられると分かったら、思わぬ所でも役に立ちますね。山椒の実を多用しています。

  4. メロン より:

    おはようございます^^
    仔羊♪
    柔らかくて美味しいのでしょうね~
    なかなか食べる機会がありませんが、
    一度は食べてみたいです♪♪♪
    いつもありがとうございます^^
    ポチッ☆っと応援♪

  5. tamakiti より:

    北海道では羊はよくジンギスカンで食べますが、
    その肉はほとんど輸入品らしいです。
    食料需給率があまり低いと心配ですね。
    TPPどうなるんでしょう?

  6. タヌ子 より:

    お肉料理ってステーキ以外は材料が沢山必要な気がしてしまいますが、これは本当に少ない食材で美味しくでいるのですね。
    赤ワインヴィネガーで柔らかく煮るお料理はクロアチアにもありましたが、イタリア料理の影響なのかもしれませんね。
    お箸で切れるほど柔らかくなりますよね。

  7. りかりん より:

    ryujiさん、こんにちは!
    えへへ、牡蠣真似しちゃった(^ ^)
    私も牡蠣大好き!
    冬はやっぱり牡蠣よね☆
    今日のもやっぱり美味しそう!

  8. SIvaji より:

    仔羊の腿のブロック、いいですね~。
    アンチョビの風味に赤ワイン酢の酸と甘み、仔羊の香りがよくマッチしそうです。
    トマトが入っていないのが、珍しく思います。

  9. Sakulanbo より:

    わ、子羊のカチャトーラって初めて聞きました。チキンは時々作るのですけれど。
    食べてみたいです。

  10. taeco より:

    仔羊骨付きもも肉はいただいたことがおそらくないので、味が分からないですが、これもおいしそう~。白ワインビネガーばかり使っていましたが、お肉には赤ワインビネガーな感じなんですかね^^ 今度、赤ワインビネガーを買おうと思いました♪

  11. こんにちは。
    カチャトーラ 私が知っているのとはまた違う感じで美味しそうな料理です。
    仔羊の肉は うちではめったに使うことはないのですが・・・
    (高級なイメージ&レストランのイメージが強すぎて)
    こんな素敵な料理おうちでできたら すてきでしょうね~。
    「楽しいキッチン」
    何気にご紹介いただきありがとうございます。

  12. ゆりりん より:

    このカット断面の羊肉って初めて見ます。
    綺麗なお肉ですね~。
    いやーー絶対美味しそうです。
    高級レストラン等で出てきそうな一品ですね~
    応援ポチです

  13. イヴォンヌ より:

    骨付きラム肉は意外に近所では売ってないですが、家では大好きなお肉です♪
    これおいしそうですね~!

  14. mayunbo94 より:

    子羊のカチャトーラ、赤ワインビネガーだけなんですね~!!
    おいしそう♪
    鶏肉のカチャトーラばかり作ってましたが
    挑戦したくなりました☆

  15. こんばんは。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    本日のお料理も魅力的ですね!!
    とても美味しそうです。
    是非作ってみます。
    全部ポチっと応援させて頂きます。

  16. suzu より:

    カチャトーラ、料理名は知っていましたが意味までは
    知りませんでした。
    鶏肉で作ることが多いですが、仔羊で作ると見栄えも
    いいですね。柔らかく煮込んだお肉が美味しそう!
    これ是非作ってみたいです。

  17. たかぼん より:

    こんばんわ。
    猟師風って意味なんですね。
    骨付きで豪快です。

  18. yuko より:

    子羊なら くさみも少ないですし
    赤ワインビネガーで煮れば 柔らかくておいしくできますね
    これからの季節
    お客様がいらしたときなどいいですね
    素敵なレシピありがとうございます
    ポチッポチッ☆

コメントを残す

  関連記事

マロン入りミルクジャム
スチューベン(ぶどう)のクラフティ
グリーンサラダ ミント・バジルを添えて
イチジクのパスタ フェデリーニ ゴルゴンゾーラ風味
シタビラメのムニエル
パスタ イカ墨 スパゲッティー  枝豆とミニトマト
no image
プルーンの赤ワイン煮
パスタ キタッラ 賀茂ナスペーストソース
豚肩ロースのブルーベリーソース
パスタ キタッラ 鶏レバー低温調理 バルサミコ風味