イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,574、パスタのレシピ数は1583。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

バッカラのロースト

   

バッカラのロースト
バッカラのロースト
 
イタリア料理レシピ
バッカラbaccalà”とは
塩漬け干し鱈のことです
ノルウェーが本場です
干し鱈bacalà バッカラといい
イタリアでは完全に干したもの
を使用しています
日本では変えないので
baccalà塩漬けを使いました
よくスペルを確かめて見て下さい
どこか違うでしょう
cが2つか1とつかです
おもしろいです
イタリア料理です 
アメジストセージアメジストセージ
アメジストセージ
イタリア料理に使用する食材2人分












バッカラ300g
たまねぎ1/4個
にんにく1片
オリーブオイル60cc
アンチョビー3フィレ
牛乳200cc
薄力粉10g
ペコリーノロマーノ40cc
ブラックペパー適量
岩塩適量
イタリアンパセリ1枝

イタリア料理に使用する食材

バッカラ
ノルウェー産たらの塩漬け 1Kg
この魚肉の味覚は
生のタラからは得られるものとは
全く違った美味なるもの
数ヶ月間塩蔵と乾燥と繰り返し
寒風にさらしたこの魚肉の味覚は
生のタラからは得られるものと
は全く違った美味なるものに
変化しています
脂肪分が少なく
良質のたんぱく質のこの製品は
ダイエットにも適してます

スカーリアさんのアンチョビ フィレのオリーブオイル漬け 550g
イタリア シチリア産 
シチリア・トラバニ産の旨みいっぱいの
自然塩で塩漬けし、熟成後の仕上げは
酸化に強くイワシの旨みを最大に
引き出すといわれる
イタリア産のひまわり油で
仕上げられています
ひまわり油は凝固しにくく
容器も密封出来る瓶なので保存がとても便利です

★特選★ 淡路島たまねぎ (10kg入り)
種蒔から収穫まで
8ヶ月間かけじっくりと育てた
“淡路島産たまねぎ”です
淡路島産の玉葱は
柔らかく、糖度が高いのが特徴です

特選大山おいしい牛乳900ml
鳥取県産の特に乳質の優れた生産者より集乳
した高品質の特選牛乳

ファリーナ TIPO”00”
コンフェツィオーネ
(イタリアの薄力粉タイプ)
ファリーナとはイタリアで小麦粉のこと
その中で00番(ゼロゼロ番)は
一番精製度が高い小麦粉です
主に生パスタ、ピッツァ、パン
お菓子に使われています
小麦の香りが強く最高の風味!

エクストラヴァージンオリーブオイル ヴィッラ マーグラ 500ml
原材料:エクストラヴァージンオリーヴオイル
原産国:イタリア
生産地:トスカーナ州 
グロッセート近郊モンテネーロ ドルチャ
品種:フラントイオ、モライオーロ、レッチーノ

青森県 田子町産 にんにく
2Lサイズ【田子町産にんにく C2L 12個前後】
青森県が誇るブランド産地田子町から、
産地直送でお届けします

イタリア産/ペコリーノロマーノD.O.P【300g】
羊乳を使用して造られる
イタリア最古のチーズとして
そしてレジャーノに続く
超ハード系チーズとして広く
知られてしおります

シチリア産岩塩・粗粒
この岩塩は
シチリア島ペレッリーノ鉱山の
地下1000mのところから採掘され
太古の岩塩は、お料理の味を
ぐっと引き立たせてくれます

プジョー エリス 電動 ソルトミル』 ソルト/ミル/塩/ワンハンド/片手
粗さ調整可能

【ブラックペッパー】 ホール100g
【最高品質】
有機オーガニック素材の無農薬・無肥料

プジョー 電動ペッパーミル エリスセンス 20cm
「エリス」は、挽き具合を
前もって選択できるシステムを備えています。
単4電池6本付き


イタリア料理レシピ手順
1.バッカラは
  水で丸二日程戻し
  塩分を調整する必要があります
2.戻したバッカラは
  しっかり水気を切り
  ペーパータオルで水気を拭き取ります
  食べやすい大きさに切り分けます
3.たまねぎは
  繊維に沿って薄くスライスします
4.にんにくは
  縦に二等分にし中の芽の部分をきれいに
  取りいやな苦みをなくします
  微塵切りにします
5.ペコリーノロマーノは
  すり下ろします
6.アンチョビーは
  すり潰しておきます
7.イタリアンパセリは
  葉の部分を粗く刻みます
8.鱈に薄力粉をまぶします
9.フライパンに
  オリーブオイル20ccを入れ
  中火でソテーします
  両面に焼き色を付けます
10.アンチョビーを入れ
   混ぜ溶かし込みます
11.グラタン皿にソテーした鱈を並べます
12.ペコリーノロマーノを振りかけます
13.牛乳を上に注ぎ入れます
14.塩・ブラックペパーを触れかけます
15.180℃に設定したオーブンに入れ
   40分間ローストします
16.途中でチーズが焦げすぎるようなら
   アルミホイルを上にのせ加減します
17.グラタン皿のまま食卓に提供し
   皿に取り分けます
イタリア料理に使用する調理器具

チーズおろし(四面グレーター)

フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm

SAシャトレ 小判グラタンセット
サイズ   480×238×73
シェリコの1日
syerikoさんのブログです 
しぇりこ(お世話係)
愛犬シェリコ(ポメラニアン)
♂8月で12歳になりました。
自宅で着付けを教えながら 
お庭で花、野菜作りを楽しんでいます
自分流にお料理や作品作りも~~♪
ぜひご訪問下さい
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

バッカラ関連
バッカラとひよこ豆のソース
バッカラのペペロンチーノ風味
バカラオ (塩だら)のオリーブ・ケッパー添え

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. おさむ より:

    こんばんわ
    なるほど、食べたことがないので、まさに味の想像ができません。
    素材がものをいうお料理ですね。
    日本の塩鱈やフランスのブランダードに使う塩鱈、ポルトガルの名物の塩鱈、それらともまた違いそうです。

  2. yuko より:

    バッカラ 大好きです
    たらの旨味が凝縮していますよね
    アンチョビと玉ねぎ ニンニク ぺコリーノどれもバッカラのお味を引き立て
    美味しい一皿ですね
    今度作ってみたいと思います
    素敵なレシピありがとうございます
    ポチッポチッ

  3. らるむ。 より:

    おはようございます。
    塩漬け干し鱈のことをバッカラと言うのですね。
    勉強になります。
    ヨーロッパではよく干し鱈を料理に使ってますよねー。
    作ってみたい料理があるんですが、日本だとお取り寄せしなきゃだし、なかなか^^;
    いつか味わってみたいです。
    応援

  4. しぇりこ より:

    あらー!私のブログの紹介があるぅー♪
    うわーぉ!!!ありがとう。感激でぇーす。(^0^)
    バッカラ~って初めて聞きました。
    1度味わって見たいです。
    アメジストセージ~宝石のようにきれいな色ですよね。
    気品があって好きです。
    応援ぽち☆

  5. kazuyoo60 より:

    アメジストセージがまだこんなに元気ですか。
    干し鱈ですか。塩鱈を昔はよく食べた記憶です。水で戻すのですか。棒鱈は先日水に浸けました。同じ種類の鱈かな?。
    棒鱈は大好きで、毎年少しですが焚きます。

  6. tamakiti より:

    おおっ!
    これまた聞いたことのない料理です。
    料理の数は無限ですね。

  7. ranran より:

    バッカラもアンチョビも未知な味だけど、きっとおいしいんでしょうねー♪
    おしゃれだなー
    P

  8. タヌ子 より:

    クロアチアでは完全に乾燥した棒鱈のようなものしか買えませんでしたが、フランスでは塩鱈が普通に買えます。
    コチコチになった乾燥鱈には苦労しましたが、塩鱈だったらどうにか調理できそうです。
    鱈と大蒜の組み合わせは美味しいですよね。
    ニンニクとアンチョビと牛乳、バーニャカウダ味のグラタンになりそうですね。

  9. dove-2 より:

    塩ダラと干ダラの味わいを合体させたような感じなのでしょうか?
    とても美味しそうですね。
    チーズの焼ける匂いが漂ってきそうです。
    口の中でぽろっと砕けるタラの感触が浮かびます。
    手に入る食材を使って何とか工夫調理できたらいいのですが…。
    出来上がりは…とても香ばしいタラのグラタン…のような味わいですか?

  10. taeco より:

    バッカラ、探してみまーす♪ おいしそう~。ryujiさんのアンチョビを使ったパスタがおいしかったのを思い出しました。タイでまたアンチョビも探さなきゃ…^^

  11. mayunbo94 より:

    バッカラ!!
    食べてみたかったんですー!!
    アンチョビとチーズと合わせるなんて
    間違いなくおいしいですね^^
    食べたーい☆

  12. suzu より:

    塩漬け干し鱈って食べて食べてみたいです。
    生のたらとまた違って味に深みがありそうですね。
    ダイエットに適しているって心惹かれる人も
    多いかもしれませんね!

  13. イヴォンヌ より:

    干し鱈の料理おもしろいですね~
    塩漬けの干し鱈ってノルウェー産ってのが食べてみたいですが、干し鱈をこうしてぺコリーノ・アンチョビ・牛乳でオーブン焼きしてチーズと合わせたらおいしいでしょうね!

  14. こんにちは。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    バッカラを使ったお料理は美味しいですよね。
    私も大好きです。
    本日も魅力的なお料理に感服いたしました。
    全部ポチっと応援させて頂きます。

  15. えみ姉 より:

    塩漬けの干し鱈!初めて見ました♪
    味も生とちがった旨味があるんですね!
    これはとても興味深い☆
    食べてみたいです~。
    ぽちっと応援して拍手~☆

  16. たかぼん より:

    こんばんわ。
    タラの干しものって日本だと売ってないのですね。
    どんな食材でも揃うイメージだったのですが、ないものもあるのですね。
    当然と言えば当然なのでしょうが(^_^;)

  17. TWINS より:

    こんばんは~
    >寒風にさらしたこの魚肉の味覚は
    作り方が鮭の塩引きに似てます!
    おいしいだろうことが想像できますね(^^)

  18. こまちまま より:

    バッカラ・・?
    これまた初耳です。
    タラを乾燥させたものがあるんですね~!
    旨みがぎゅっと凝縮してそうです。
    淡路産玉葱・・私も大好きです^^

  19. アヤナー より:

    ご無沙汰してます。アヤナーです。これは簡単で美味しそうです。早速明日干し鱈をかって来て作ってみます。何度がお料理ブログの方にいらしていただいたようでありがとうございます。フェースブック、ツイッターとなんかあっぷあっぷしていたのですが、ブログの方久しぶりに更新しました。これからもよろしくお願いします。

コメントを残す

  関連記事

パスタ タリアッテレ パンチェッタとゴルゴンゾーラのソース
パスタ フェットチーネ バジルソースとペルパエーゼ
パスタ リングイネ 菜の花とボッタルガ
no image
ひよこ豆のフジッリ スープ仕立て
カキのフリッター ゴルゴンゾーラの衣で
ズワイカニのスパゲッティ
イチゴ 紅ほっぺの冷製パスタ リキュール風味
牛テールスペイン風煮込み料理
no image
ガスパチョ
豚もも肉と野菜の煮込み
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。