イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,638、パスタのレシピ数は1613。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

スペインのアンチョビーとガーリックのパスタ タリアッテレ ガルム風味

   

スペインのアンチョビーとガーリックのパスタ タリアッテレ
スペインのアンチョビーとガーリックのパスタ タリアッテレ ガルム風味
 
イタリア料理レシピ
スペインの最高のアンチョビーを使います
アンチョビーの癖が少なくうまみがたっぷりの
味わいは絶品です
たくさんのアンチョビーを使っても
魚臭くありません
うまみが増します
パスタはタリアッテレ
幅の広い麺を使います
人々をたっぷりそして
ペペロンチーノは種ごと使い
辛みを強調しております
イタリア料理です 
アプチロンアプチロン
アプチロン
イタリア料理に使用する食材2人分









パスタ タリアッテレ140g
アンチョビーフイレ12枚
ガルム10cc
にんにく4片
ペペロンチーノ2本
オリーブオイル60cc
海塩適量
1枝

イタリア料理に使用する食材

グラニャーノ  ナポリ タリアテッレ 500g
【カンパーニャ】
パスタ発祥の地で受け継がれる伝統の
低温乾燥もちもちパスタ

ORTIZ★【オルティス社製】樽出し芳醇アンチョビ(瓶詰)★
スペイン産アンチョビ・フィレ
柔らかく深い味わい
アンチョビの概念がくつがえる極上品です
原材料はスペイン・カンタブリコ海で
水揚げされたカタクチイワシ
新鮮なイワシから骨や皮を取り除いてフィレにし
樽の中で6ヶ月以上も寝かせて発酵させています
肉厚の身はやわらかく引き締まっていて
お口の中で深い旨味がじーんとひろがります
一般のアンチョビにありがちな骨っぽさは全くありません
まさに、アンチョビの概念をくつがえす一品

フレスコバルディのラウデミオ オリーブオイル 500cc 
エキストラヴァージンオリーブオイルは
酸度(遊離オレイン酸の%)が
1%以下の物ですが、
このラウデミオは、
その酸度が約0.2%という最高品質の
エキストラヴァージンオリーブオイルです

イタリア産ペペロンチーノ 100g
辛味の中に旨味たっぷりのペペロンチーノ

青森県 田子町産 にんにく
2Lサイズ【田子町産にんにく C2L 12個前後】
青森県が誇るブランド産地田子町から、
産地直送でお届けします

イタリア/チェターラ産:コラトゥーラ・ガルム(魚醤)【250ml】
アンチョビから作られた調味料
臭みがないので、どんなお料理にも合います
塩気もまろやか
味に上品な深みとコクと塩気を足す調味料です

シチリアトラパニ産 「究極の一番塩」(200g)
ミネラル分を豊富に含んだ塩田の海水
天日によって凝縮され
塩が結晶化します
この結晶をフィオール・ディ・サーレ
(塩の花)といいます
自然の力だけで一番最初に
塩田に浮かぶこの塩の結晶を
手ですくっただけの
無添加・無精製の塩が、この《究極の一番塩》です

プジョー エリス 電動 ソルトミル』 ソルト/ミル/塩/ワンハンド/片手
粗さ調整可能


イタリア料理レシピ手順
1.にんにくは
  厚さ2mmの小口切りにします
  中の芽の部分をきれいに取り
  いやな苦みをなくします
2.ペペロンチーノは
  へたをカットし
  種ごと厚さ2mmの小口切りに
  します
3.アンチョビーフィレは
  6枚はすり潰したおきます
  残りの6枚は横に2等分しておきます
4.イタリアンパセリは
  葉の部分を粗く刻みます
5.パスタパンに
   たっぷりをお湯を沸騰させ
   お湯の量の1%の塩を加え
   パスタを入れ茹でます
   パスタのゆで時間は袋に
   表示されている時間より
   2分間短めにゆでます
   仕上がり時にアルデンテを
   お楽しみいただけます
6.フライパンに
  オリーブオイル・にんにくを入れ
  弱火で丁寧に炒めます
7.にんにくの
  香りが立ってきたら
  ペペロンチーノを入れ軽く炒めます
8.すり潰したアンチョビーを
  加え中火にして混ぜます
9.パスタの茹で上がりの2分前に
  2等分したアンチョビーフィレを
  加えます
10.ガルムを加え混ぜます
11.茹で上がったパスタの
   水気をしっかり切り
   フライパンに入れソースを絡めます
イタリア料理に使用する調理器具

フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm

フィスラー/Fissler ニュープロコレクションマルチスター20cm

リチャードジノリ(Richard Ginori) ベッキオホワイト ラウンドプラター 29cm
ワーキングマザーのシンプル★食卓ダイアリー
bunさんのブログです
 
業は建築家
ワーキングマザー歴15年
仕事も暮らしもenjoy&美味しく
楽しい前向き人生めざしてます
ぜひご訪問下さい
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

アンチョビーのレシピ関連
アンチョビー パスタ ジェラルド ディ ノーラ スパゲッティーニ ガルム風味
カチョカヴァッロチーズのアンチョビーソース
イタリアンキャベツ『アクート』 アンチョビーオイルソース
たまねぎとアンチョビーのパスタ リングイネ
パスタ フジッリ・コン・ブーコのアンチョビーソース風味

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. おさむ より:

    まさに、鰯のうまみのオンパレードですね。美味しそうです。
    タリアッテレ、いいですね、食べたくなりました。

  2. taeco より:

    タリアテッレで、このお味、どんな感じなのだろう~。ワクワクするレシピでした*^^* ryujiさんのブログに来るたびに、むしょうにパスタが食べたくなります@@

  3. らるむ。 より:

    おはようございます。
    アンチョビというと細麺を想像してしまうけど、太麺のタリアテッレを使うんですね。
    アンチョビの旨味と塩気がおいしそうです♪
    今、おせちメニューを考えてたので、胃の中が甘ったるいモードに。
    おせちの合間にいただきたいな(*^_^*)
    応援

  4. kazuyoo60 より:

    寒くなった頃に賑やかに咲きだす元気な子、今年も綺麗に咲きましたね。
    釜揚げシラスを貰った時に1パックを冷凍しました。それを戻して、食べきれなかった分(ほぼ半量)をホワイトソースに入れてグラタンにしました。贅沢過ぎると思いながら、とても美味しかったです。
    鰯の美味しさはです。田作りも大好きです。大昔は田んぼに撒いたほどですのにね。

  5. タヌ子 より:

    これはアンチョビの美味しさがポイントになりそうですね。
    種ごと使ったペペロンチーノとにんにくで体が温まりそうな、冬にぴったりのパスがですね。

  6. ゆりりん より:

    結構たっぷりアンチョビを使うのですね~。
    美味しそうです。
    低温じっくり乾燥させてタリアテッレ☆
    是非食べてみたいです!!

  7. メロン より:

    おはようございます^^
    スペインの最高級のアンチョビ
    沢山使っても魚臭くならないのですね♪
    スーパーで売っているものは、
    ほんのちょっとでも結構強烈なので、
    風味付け代わりに使っていますが、
    最高級のものも味わってみたいですね♪
    いつもありがとうございます^^
    ポチッ☆っと応援♪

  8. Sakulanbo より:

    こんにちは
    アンチョビーのパスタ、おいしそうですね。
    アンチョビーの味が鍵となるとすると...
    ホールフーズあたりに探しに行けば、
    もしかしたら質のいいものが見つかるかも
    しれません。探してみます。

  9. mayunbo94 より:

    魚臭さのないおいしいアンチョビとガルムを使ったパスタ!
    シンプルなのに凄ーくおいしそう!!
    我が家にはないガルムを探さなくっちゃ~☆

  10. イヴォンヌ より:

    アンチョビはちょこっと使いでも味がでて私は大好き♪
    このパスタ食べたいなぁ~!

  11. bun より:

    いろいろといつも感謝です♪
    シンプルなレシピはやはり確かな素材への信頼がいちばんですよね。
    スペインのアンチョビ って学ばせていただきました。
    ポチポチして帰ります。

  12. こまちまま より:

    ガルムって何ぞや!???
    と思っていたら、魚醤のことなんですね~。
    魚醤といえばナンプラーが思い浮かびますが、風味はあんな感じなのかな。。
    それともアンチョビ風味が強いのかな。。

コメントを残す

  関連記事

鯛の塩窯蒸し ハーブ風味
鴨胸肉のステーキ バルサミコソース
フレッシュトマトとブッファラモッツアレラのパスタ スパゲッテーニ
夏野菜のポモドーロ
生ホタテとポテトのローズマリー風味
パスタ リングイーネ  梅雨イワシ
鴨とイチジクのパスタ
仔牛ヒレ肉のカツレツ
鶏骨付きもも肉のマスタード風味
no image
野菜畑のフェットチーネ